menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 肩関節を学ぶための最高の企画を考えました!
  2. 入谷誠先生へのインタビュー
  3. あなたは脳画像をみて、予後予測できますか?
  4. 質の高い医療を追求する
  5. ついに、鈴木俊明先生の書籍が予約販売開始!
  6. 膝蓋骨の前下方が腫れた症例
  7. 理学療法士の開業で一番大事なこと
  8. 50歳にリーチとなった誕生日
  9. 膝の内視鏡術後にずっと痛みが取れない症例
  10. 林典雄先生 到来!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

出版社の社長就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月15日に出版した林典雄先生執筆の書籍「運動器疾患の機能解剖学に基づく評価と解釈 上肢編」
は、おかげさまでAmazonリハビリテーション医学部門第1位を獲得しました。(^_^)


この書籍は本当に我々の業界の底上げに絶対必要な書籍だと思っております。
全ての療法士のデフォルトとして、是非読んで頂きたい書籍です!!
読み終えて・・・
「読んで良かった!」
「運動器って面白いな」
「療法士って、魅力ある仕事だな!」
・・・と思うことを約束できる書籍です(^_^)
是非、ご覧下さい。
→ http://amzn.to/2stkWGg

さて今回の記事は出版社の代表取締役社長に就任したことについてです。
実は病院を退職してから、運動と医学の出版社の代表取締役社長に就任致しました。
肩書はすでに代表取締役になっていたのですが、法的な登記上で正式に代表取締役になりましたので、このブログで報告させていただきます。

実は運動と医学の出版社の書籍は、もともとほとんど私が企画した書籍なんです。
この出版社では、リハビリテーション医療に関わる「臨床の書籍」「スキルアップに必要な書籍」、そして「一般の方の健康に関わる書籍」を主に出版して、医療と社会に真に貢献できる会社を目指しています!
→ http://motion-medical.co.jp

特に臨床書籍に関しては、私の理念があります。
それは・・・
臨床書籍に関しては
本物の臨床家が書いた書籍だけを出版する。
本物の臨床家が書いた文面を3年目の療法士でもわかる文面にまで掘り下げて校正する。

たったこれだけですが、他の医学系出版社が、本当の意味でこの条件を満たすのは、とても難しいことだと思います。
まず1つ目の「本物の臨床家が書いた書籍だけを出版する」についてですが・・・・
通常の医学系出版社は、誰が臨床家として優れているのか、判断が難しいと思います。
これは決して他の出版社を否定している訳ではなく、実際に患者を診ている臨床家の視点でしか、臨床家を評価することはできないと思います。
また、原稿を読んだり、講演を聴いたりしても、その臨床家が現場で実際に良好な結果を出しているかどうかを判断することはなかなか難しいと思います。

そして2つ目の「3年目の療法士でもわかる文面にまで掘り下げて校正する」ことですが・・・
私はこれまでいろいろな医学系出版社からたくさんの原稿を依頼されてきましたが、その修正や校正は「てにをは」と誤字脱字程度のことで、内容については一度も出版社から直されたことがありません。
つまり医学書の場合、その内容の本質を出版社の人間が理解することが困難なので修正することができないし、また内容を理解していても原稿を頼む先生の大半は高名な先生なので、内容を修正することができないわけです。
しかし・・・我々がこれまで行ってきた校正(文面を修正する作業)は、原稿が真っ赤っ赤になるほど修正させて頂きました。
なぜならば、トップランナーの臨床家と、3年目の療法士では、知識はもちろんのこと、思考回路や視点・盲点があまりにも違うからです。
なので、普通の療法士には理解できない文面になってしまうことも多々あります。
このため3年目の療法士が理解するためには、どうしてもハシゴをかける役割の人が必要になるわけです。
この校正作業は、本当に気の遠くなる作業です。
例えばボバースの書籍は、原稿を全ていただいてから出版するまでに3年かかりました。
原稿も原型をとどめないほど修正や加筆要求、図の追記などをさせて頂きましたが、筆者の古澤先生は、あれだけ高名な方でありながら、本当に本当に粘り強く付き合ってくれました。
普通の器の人なら憤慨していたと思いますので、古澤先生の器の大きさと、良いものを分かりやすく伝えたいという執念のような強い想いにとてもとても感謝しております。

このように書籍を出版するまでには、本当に気の遠くなるような大変な作業がたくさんあります。
今後もたくさんの苦難があるかと思います。
でも「本当に現場で役立つ書籍」、そして「本当に社会に貢献できる出版社」を目指して、これからも日々、全力で前進していきます。
そして、今回の林典雄先生の書籍のような誰が読んでも「臨床に役立つ書籍!」をどんどん出版していきます!!

まだまだ出版社社長としましては、新参者ではございますが、もっともっと「良い書籍」「分かりやすい書籍」「臨床の現場に役立つ書籍」を出版していきたいと真摯に考える次第です。
皆さんのご助言やご指導の程、宜しくお願い致します。
そして、皆さんのお力添えをお借りして、より良い出版社に育てていただけるとありがたく存じます。
これも合わせて何卒宜しくお願い申し上げます。

追伸1

先日、関内で講演があったので、久しぶりにラーメン二郎に行ってきました。
これまで数え切れないほどのラーメンを食べてきました(関東労災ラーメンクラブの部長をしてました)が、やはり二郎が1番うまいと思います。
今回も並び始めてから食べ始めるまで1時間かかりました。おかげで本1冊読めました。(^_^)

 

追伸2

出版社のイラストを作ってくれる療法士のイラストレーターを募集してます。
絵心があり、AdobeのIllustratorも使えるような療法士の方がいれば、下記のフォームから、是非、私に連絡頂けると幸甚です。
→ http://pt-sonobe.com/question

運動連鎖を臨床に活かす(財前知典先生・園部俊晴コラボセミナー)

日時:2018年6月3日(日)東京
【園部からの推薦文】
上肢と体幹の運動連鎖」について、財前 知典先生にお話しいただき、「下肢と体幹の運動連鎖」について、園部俊晴が話します!
リハビリ医療に携わっているセラピストは誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを認識しています。しかし、体幹の機能異常がどのように動作にリンクしているのか、また上肢・下肢の運動連鎖とどのように関連し合っているのかを理解しているセラピストはほとんどいません。今回、「体幹の見方と誘導方法」「上肢・下肢の運動連鎖との関連」について説明します。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/bLD6omXvGZw
応募はこちらから
https://undouki0603.peatix.com/

 

リハビリテーションに活かす脳画像のみかた
~臨床で活用するための皮質を中心とした基礎知識~ (阿部浩明先生)

日時:2018年6月9日(土)基礎編、10日(日)臨床編

【園部からの推薦文】:
「リハビリテーションに活かす脳画像のみかた」を2回にわたってお話しいただきます。2回の研修会を通じて、脳画像情報から自ら臨床推論し、その可能性について考えられるようになるための礎を築くことを目標とします。
第1回の基礎編では、なぜ画像情報を活用することで評価と治療プログラムの精度が上がるのか?その概念について解説し、画像を活用する上で必要不可欠な基本的な皮質を中心とした脳解剖を整理します。
第2回の応用編では、病巣と症状の関係性が理解できるようにします。三次元的に神経線維の走行を解説し、その神経線維が臨床でよく眼にする水平断面上でどのように走行するのかを解説します。また最後に複数の事例を紹介して損傷領域と神経症状の関連を学びます。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/JBKv0xQ18yE
応募はこちらから
https://undouki06090610.peatix.com/

 

肩関節の治療のあり方 ~医師と理学療法士の連携~

日時:2018年6月24日(日)東京
【園部からの推薦文】:
肩関節の治療の医師とPTのコラボ企画です!AMは西中直也先生にご登壇いただき、臨床で多い肩関節疾患の説明と手術の概要について話していただきます。そして、PMに千葉先生が肩関節の理学療法について話していただきます。超一流のDrとPTのこんな企画はめったにありません。お見逃しなく。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/hwCAMeeCnYs
応募はこちらから
http://motion-medical.co.jp/?pid=129812675

 

下肢の運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略(工藤慎太郎)

日時:平成29年7月22日(日)東京
【園部からの推薦文】:
いま、最も注目を集めている理学療法士 工藤慎太郎先生が、運動器疾患の「なぜ?」に迫ります。今回は下肢の運動機能障害の見方として昨年実施したものからVersion upしてお話させていただきます。
【到達目標】
1.小殿筋機能を理解する
2.腸脛靭帯・外側広筋の滑走性を理解する
3.腓腹筋と屈曲拘縮の関係を理解する
4.足関節の不安定性と足部の運動学を理解する

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/Dg4Z5MHoI7M

応募はこちらから
https://undouki0722.peatix.com/

 

私の考える膝関節・足関節の理学療法(赤羽根良和・園部俊晴 夢のコラボ)

日時:平成30年8月5日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今春弊社より「機能解剖学的にみた膝関節疾患の運動療法」を発刊した赤羽根先生による「膝」の講演と園部先生の「足関節」です!
お二人による熱く濃い夏の1日をお約束します。
豊富な経験に基づいた評価と治療方法をお二人から学ぶ絶好の機会をお見逃しなく。
何度受講しても新しい発見があります。

応募はこちらから
http://motion-medical.co.jp/?pid=118429557

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

 

9月8日(土) 木俊明先生 体幹の運動療法 東京・発明会館

 

9月29日(土) 成田崇矢先生・園部俊晴先生コラボセミナー  「私の考える腰痛の理学療法」 川崎・産業振興会館

 

10月6日(土)まだ未定     川崎・産業振興会館

 

10月7日(日) 山本伸一先生 タイトル未定 川崎・産業振興会館

 

10月21日(日)赤羽根良和先生 タイトル未定  川崎・産業振興会館

 

11月3日(祝) 赤羽根良和先生 肩関節の理学療法 東京・損保会館

 

11月11日(日) 山田英司先生 変形性膝関節症の理学療法 東京・会場未定

 

12月16日(日) 赤羽根良和先生、園部俊晴先生コラボセミナー 「私の考える膝関節・足関節の理学療法」 東京・会場未定

 

2019年

1月13日(日) 木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナ 膝関節の理学療法(スポーツ・変形性膝関節症・力学) 多摩市民館

メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:2103名(2018.4.4時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 開業して一年が経ちました

  2. こんなもんかな・・・。

  3. 膝蓋骨の前下方が腫れた症例

  4. 力学を学ぶ上で最高に良いものができました!

  5. 高齢者の足って、こうじゃないですか?

  6. カイロプラティック・オステオパシーのトップランナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 肩関節を学ぶために・・・凄腕の「医師」と・・・…
  2. 先週の母の日は皆さん、母親や奥様にどうされました?園部家では毎年母の日は…
  3. 先日、POSTの森田佳祐先生が私の臨床を撮影に来ました。本物の患者を治療…

Facebook

ページ上部へ戻る