menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 症例検討会(一般参加)
  2. 笑い声
  3. 満席! 赤羽根の足関節、園部の膝関節
  4. 鈴木俊明先生の体幹講演で得たもの
  5. 怪物!鈴木俊明先生
  6. 開始肢位の重要性
  7. 開院記念パーティーと今の想い!
  8. 必見!! 膝OAの簡単テーピング
  9. 高齢化社会に療法士が貢献できること
  10. 入谷誠先生のお墓参り
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

怪物!鈴木俊明先生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月12日の座学と、8月13日の実技の二日間の講演を鈴木俊明先生にしていただきました。

とにかく、その怪物ぶりには、私も、世界の今ちゃんも、アームストロング中山も、度肝抜かれました。
ワンピースに例えると「カイドウ」が出てきた時のような凄みがありました。
想像を絶するほど、タフな先生です。一言で言うと「怪物」です。
しかもヒューマンタッチで、笑いをしっかりとれます。(^_^)

講演前には、私と30分もいろんな話で盛り上がり、その後10時から講演が始まって、昼休みも「来た人にできるだけ役立つものを持ち帰ってもらいたいから、昼休みは全部質問の時間にあてさせてください」と昼休みを全く取らず、ぶっ続けで講演を行い、途中で挟んだ休憩時間も全て質問の時間にあて、そして講演が終わった後も質問が殺到し、それに答えていました。

つまり・・・・
朝の9時15分から、会場が閉鎖される17時まで、ずっと休みなく・・・トイレもいかず・・・食事もとらず・・・・、しゃべり続けていただきました。
これができるのは、おそらく明石家さんまと鈴木先生位かもしれません。(^_^;)

そしてその後、懇親会を行ったのですが、タクシーの中でも、そして懇親会でも、途切れることなく理学療法談義を行っていただきました。
その強靭なタフさと、清い熱意、そして人間味ある発言には、共感と、圧倒されるような凄みを感じました。
おそらく私の人生で出会った人の中で、最もタフで、最もお酒が強いです(懇親会の飲む量も、想定外の強さを感じました。)。
ワンピースの「カイドウ」と例えたのが分かっていただけましたでしょうか。

そして・・・
本当に尊敬できる臨床家です!!
体幹機能の改善ということを言えば、最高の力を有していると思います。
とにかく臨床が、実際に自分がしてきた研究と常に結びついているんです!

予測と経験による感ももちろん必要ですが、「自分の研究に基づいて治療したい」いうをポリシーを持っていることも、とても参考になりました。

鈴木先生の治療の特徴を言うと、とにかく狙いをピンポイントに絞って、そこを狙い撃つように運動療法を行うこととです!!
しかも、その狙いを改善するのが早い!!
本当に一瞬なんです。
その技術が凄いかどうか・・・、
その変化が真実を貫いているか・・・、
それは、臨床深くやっている人なら分かると思います。

また脳神経疾患を、脳のことではなく、できるだけ運動学に基づいた考え方で解決しようとする理念もよくわかりました。
これは脳神経学を主体として治療している人たちの批判ではありません。
療法士にとっては、やはり運動学が第一優先すべき理論であり、運動学たちを主体とした概念によって、臨床を行えれば、その方が良いという鈴木先生のポリシーだと思います。

脳神経疾患の分野でも、いろんなトップランナーを見てきましたが、どの考えを否定するとか・・・、どの考えだけが正しいとか・・・、そんなことではなく、一人一人の臨床家の考え方と理念を学び、自分自身の治療概念に取り入れていくことがとても大事だと私は考えています。
強烈な個性と、強い理念を持った鈴木先生ですが、私はとても共感しましたし、今後も長いお付き合いをさせていただきたいと勝手ながら思っております。
来年もまた私の研究会でお呼びすることが決まっていますので、その時はぜひご参加ください。
それとジャパンライムで、来年の5月に私と鈴木先生のコラボ・セミナーも決まっています。
とてもうれしかったのは、このコラボ・セミナーに、鈴木先生が私を指名してくれたことです。
切り口は、全く違いますが、根本的なことは同じだなと私は勝手ながら考えています。
この企画は必ず人が殺到すると思いますよ。(^_^)

また運動と医学の出版社の書籍も、今、鈴木先生と試行錯誤しながら進めています。
こうしたことを通じ私なりに鈴木俊明先生の考えを広く広めることができれば、大きな貢献ができると信じています。

追伸①

下記は元、サッカー韓国代表のキム・サンフン選手です。
最近、園部の髪の毛がめっきり少なくなりましたが、このときはまだ髪の毛がいっぱいありました(^_^;)

追伸②

ちきしょー!
忙しいのに・・・・、また30分も並んで、豚星のラーメン食べてしまいました(^_^;)

 

私の企画したセミナー

肩関節インピンジメント症候群の見方と運動療法の考え方について(赤羽根良和)

日時:平成29年10月15日(日)東京
【園部からの推薦文】:
肩峰下インピンジメント症候群を中心にインピンジメントの病態の理解と機能解剖を解説します。臨床経験5年程度のセラピストの方を対象としていますので、基本的なことがらを押さえながら丁寧に説明をしていきます。このセミナーを理解することで、インピンジメントの病態を理解し、どのような運動療法が有効かを考えていけるよう指導していきます。
最高のセラピストの本物の技術を是非学んでください。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://www.youtube.com/watch?v=6qp9dwfXXwE

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=119403112

バイオメカニクスを用いた動作・歩行分析の理解と治療への展開(畠中 泰彦 先生)

日時:平成29年11月18日(土)東京
【園部からの推薦文】
畠中泰彦先生は、バイオメカと動作分析の第一人者です。この分野のトップランナーの話を聞いておくことは、臨床、研究などの思考過程において、生涯役立つ礎になると考えています。是非、ご参加下さい。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://www.youtube.com/watch?v=T43RVKK9C5E

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/07/20171118hatanaka/

歩行・走行動作を改善するためのPNFアプローチ 頭蓋ー下顎部の位置や運動のコントロールを中心に、PNFコンセプトを利用したアプローチ(市川 繁之先生)

日時:平成29年11月23日(祝)東京
講師:市川 繁之先生(Human Conditioning PNF center代表)
【園部からの推薦文】
市川繁之先生は、本邦におけるPNFの第一人者であり、最高峰の知識と技術を有していることは誰でも知っています。その市川先生が近年は「頭蓋ー下顎部の位置や運動のコントロール」を重要視しているそうです。その理由は、頭蓋や下顎部が身体運動やメカニカルストレスに大きな影響を与えるからのようです。そこで最も基本となる歩行・走行動作において、頭蓋や下顎部が「どのような影響を及ぼしているのか」また「治療としてどのように利用できるのか」について、お話し頂ければと思っております。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/e5o42O2fgyE

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/08/20171123pnf/

メールマガジンの登録

このブログのメルマガ登録をすると下記の情報をお知らせします

■力学的推論を理解するためのメール講座
このメール講座では50回以上に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。

■臨床と役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)
・ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 入谷式神奈川支部の症例検討会

  2. 研究会の2つの体幹実技講演

  3. 鈴木俊明先生の体幹講演で得たもの

  4. 第1回学術集会を終えて

  5. 本当の意味で臨床に役立つ新しい企画

  6. 体幹から考える理学療法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 今回は、新しい企画をご紹介いたします。その企画とは・・・、コンディション・ラボでの症例検討会…
  2. 2017/9/11

    笑い声
    最近、帰宅の際、玄関のドアが開く音を聞くと毎日のように、4歳の娘が走ってきて「お父さん!お父さん!」…
  3. 先日、赤羽根良和先生と園部のコラボセミナーを行いました。今回は赤羽根先生が足関節、園部が膝関節の…
ページ上部へ戻る