menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 症例検討会(一般参加)
  2. 笑い声
  3. 満席! 赤羽根の足関節、園部の膝関節
  4. 鈴木俊明先生の体幹講演で得たもの
  5. 怪物!鈴木俊明先生
  6. 開始肢位の重要性
  7. 開院記念パーティーと今の想い!
  8. 必見!! 膝OAの簡単テーピング
  9. 高齢化社会に療法士が貢献できること
  10. 入谷誠先生のお墓参り
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

鈴木俊明先生の体幹講演で得たもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月12日・13日の鈴木俊明先生の講演では、多くのことを得ることができました。
そのことについて、私なりに得たことをまとめてこのブログで紹介させて頂きます。
下記の内容は、読んでくれた方に必ず役立つと思いますが、その解釈には私の個人的な考えが多分に含まれています。
鈴木先生にご迷惑がかからないためにも、あらかじめそのことを踏まえて、読んでみてください。(^_^)

● 中枢神経疾患の治療における筋を賦活する手技の重要性

まず体幹をコントロールするにあたり、体幹筋を賦活する手技が多いということを感じました。
鈴木先生自身は、筋を緩めることも、賦活することも、両方自在にできるのですが、賦活する手技を使うことの方が多いようです。

これまでたくさんのトップランナーを見てきましたが、臨床では、筋を賦活したり強化したりする手技も、筋を緩めたりストレッチしたりする手技も、両方必要です。

しかし特に運動器の分野では、どちらかというと筋を緩めたりストレッチしたりする手技の方が重要だと私は考えていますし、これまで聞いてきた講演でもそういった技術を紹介する先生が多かったように思います。

これは運動器疾患においては、多くは麻痺があるわけではないので、使っていない筋があったとしても、アライメントや、筋・関節のバランス調整をして、その筋が使える環境を作ることの方が重要であり、使える環境を作ることができれば、筋が自動的に賦活されると言えるのかもしれません。

だから、筋を賦活したり強化したりする手技も、筋を緩めたりストレッチしたりする手技も、両方必要なのですが・・・
運動器の分野では、どちらかと言うと、筋を緩める技術の方が重要であると私は考えています。

実際に、攣縮している筋を緩めることができたり、短縮した筋腱をストレッチングする技術を持っていると、それだけで効果的に痛みを取ることができますし、それだけではなく筋肉のバランスが変わり、使っていない筋肉が使えるようになることはよくあることです。

一方、中枢神経疾患の場合は、事情が異なってきます。
なぜなら、麻痺などによって、筋が使えない状態になるからです。
だから、まずは筋を賦活し、収縮の感覚を取り戻すことが重要だと言えるのかもしれません。
ではどうしたら、使えなくなっている筋を賦活することができるのか?
鈴木先生の講演では、このことについて多く触れていただきました。

紹介していただいた知見と技術は、全て鈴木先生が自身の研究によって、実証しているものばかりで、研究と臨床が本当に結びついていることがすごいなと感じました。
また中枢神経疾患の場合、筋の収縮感覚を促通した上で、使える環境を作っていくということが重要だと改めて痛感しました。

● 自身の研究によって、確信を持った理論を持つことの重要性

鈴木先生の講演では、常識からは逸脱していると思えることが多いと思います。
たとえば、一般には座位をとるとき、多くの臨床家が体幹の安定性を作るために腹部の筋肉が重要であると考えています。
しかし、鈴木先生は「座位を取るだけなら、腹筋はほとんど不要である。背筋だけが必要である。」と述べています。
誤解して欲しくないのは、これは腹部の筋が不要と言っているのではありません。
あくまでも安定した座位を取るだけであれば、腹部の筋は不要であり、最長筋・多裂筋などの背面の筋がうまく働いていれば、安定した座位が取れるということです。
確かに力学的に考えれば、うなずける話です。
座位で姿勢筋緊張が低いケースを多く見受けますが、まず我々が取り組むことは、最長筋や多裂筋を復活し、安定した座位としての姿勢セットを作ることが重要であることが分かります。

しかし、こうした常識とは違った理論も、自分自身の研究で確認しているからこそ確信を持って患者に行うことができる。
そういったことの重要性を学んだ気がします。

● 筋の作用を部位ごと詳細に把握することで臨床の幅が広がることの重要性

通常の座位では多裂筋が主に働き、姿勢保持をしています。
しかし腰椎が屈曲した肢位の座位では、腸肋筋の活動が大きくなり、それだけではなく、多裂筋の活動が小さくなります。
つまり・・・
この2つの筋は、トレードオフする関係にある。
このことは、私の臨床でもめちゃくちゃヒントになりました。
というのは、以前から、腰部の筋の張りを訴える患者の場合、多裂筋付近に張り感を訴える患者と、やや外側の腸肋筋に張り感を訴える患者がいることは感じていました。
今回の鈴木先生の話を聞いたことで、私の中でアイディアが色々と浮かび、治療する上でのヒントが得られたように思います。
また、「きれいな座位とは最長筋と多裂筋が働いて、腸肋筋が働かない肢位のことである」と述べていたことも、臨床的なアイディアを頂いたように思います。

● 結論的視点

中枢神経疾患のリハビリで、3単位を使うことはよくあります・・・。

でも本当に我々は、この3単位という時間をしっかり考えて・・・、そして、その日その日ごとに明確な結果を出して、治療を行っているでしょうか。
途中でもうやることがなくなって・・・、ただ一緒に歩くだけ、ただ一緒におしゃべりするだけで時間を費やしてはいないでしょうか。
我々療法士は学ぶことがたくさんあります。
そして学べば学ぶほど、考えることがたくさんあることが分かります。
そして何より、考えて治療すればするほど、患者の笑顔が増えていくことが分かります。
そこにたどり着くためには、苦しいこともあると思います。
でもそれがプロフェッショナルとしての仕事なんだと私は考えます。
なぜなら・・・、プロフェッショナルはそんなに甘いものではないからです。

まだまだ書き足りないくらいで、伝えたいことがいっぱいあるのですが、今回は、このぐらいにさせていただきます。

私も明日から臨床で感じたことをいろいろな形で実証していくことで、確信の持てる理論を増やしていきたいと思います。
そして、「謙虚」、「ひたむき」を忘れずに、臨床と向き合っていきたいと思います。

追伸

下記は、アメフト元日本代表の東松瑛介選手です。本人に許可を頂いたので、掲載致します。どのスポーツでも貢献できるようにまだまだ成長していきます(^_^)

私の推薦する書籍

以下は私がおすすめする書籍です。

林典雄先生の運動器疾患の機能解剖学に基づく評価と解釈 上肢編

92030123

林典雄先生は、「組織学的推論」の王様です。機能解剖の知識と、病態を解釈する力においては、林典雄先生は最高の力を有しています。
本書を読み終わった後に、
「運動器疾患っておもしろい!」
「運動器疾患をさらに深く学びたい!」
と感じるはずです。
この書籍の園部の解説を下記のURLでご覧下さい。
→ https://youtu.be/zS5eF50r1zM

→ ご購入はコチラ

腰椎の機能障害と運動療法ガイドブック

92030123

この書籍についているDVDをみれば、絶対、「すげえ!」と思うはずです。
この書籍の園部の解説を下記のURLでご覧下さい。
→ https://youtu.be/vxWivfp_hWs

腰痛を組織学的仮説検証の切り口から考える上で、素晴らしい書籍です!

→ ご購入はコチラ

リハビリの先生が教える「健康寿命が10年延びるからだのつくり方」

この書籍は、一般書でありながら、私の臨床の全てが詰まった最高の書籍ができたと思っています! 我々リハビリの先生は歳をとってくると、“どこが硬くなるのか・・・”、“どこが変形してくるのか・・・”、“どこが弱くなるのか・・・”といったことを最もよく知っていると思います。つまり、健康寿命に最も貢献できる職種の一つです。この本を読んでいただければ、我々療法士が今後の高齢化社会に何を成すべきかが分かっていただけると思います。
そして、疾病によって生じた障害を治療することはもちろん大切ですですが・・・、健康寿命に貢献することで、社会も、利用者も、その家族も、そして我々療法士にとっても、みんなが幸せになる社会貢献ができることを分かっていただけると思います。
共感しましたら、SNSなどで広く広めて頂き、「リハビリの先生が教える・・・」のキャッチから始まるこの本をみんなの力でヒット作にのし上げて頂けると大変嬉しく思います。

療法士の臨床にも必ず役立つ内容であることを約束します!!
→ご購入はコチラ
リハビリの先生が教える「健康寿命が10年延びるからだのつくり方」

脳卒中後遺症者へのボバースアプローチ ~基礎編~

92030123

日本人国際インストラクターが執筆した貴重な書籍!ボバースアプローチは、世界で最も普及した脳卒中のリハビリテーション治療概念です。私自身の成長に大きく貢献した書籍です!
→ ご購入はコチラ

脳卒中後遺症者へのボバースアプローチ臨床編

100657973

この書籍にはなんと筆者の古沢先生が実際に患者を治療した臨床映像が付いています。日本最高峰の療法士の実際の治療を見れる機会は滅多にないと思います。

この書籍の解説動画は下記から
→ https://www.youtube.com/watch?v=r_VzXPQzmKY

→ ご購入はコチラ

アキレス腱断裂の治療

107162992

この本の筆者の内山英司先生は、タイトルにあるように、「名医」と呼ばわりにふさわしい偉大な医師であることを、一緒に働いてきた立場として断言できます。
そして、このような真に臨床に即した素晴らしい書籍に関わらせていただいたことをとても光栄に感じております。

この書籍の重要性について、私なりに下記の映像にまとめましたので、是非ご覧ください。
→ https://www.youtube.com/watch?v=at3WZS90YO0

→ ご購入はコチラ

皮膚テーピング~皮膚運動学の臨床応用

73830551

皮膚運動学の最もバイブルとなる書籍です!海外でも発売。「皮膚は運動療法の一画を担うほどの重要な器管である」ということが理解できます。

この書籍の解説動画は下記から
→ https://www.youtube.com/watch?v=j4CQLYzL6YQ

→ ご購入はコチラ

肩関節拘縮の評価と運動療法

59307739

大ヒット書籍!組織学的仮説検証行うにあたり基盤となる書籍だと思います。また筆者の赤羽根先生は私の友人であり、本物の臨床家です。

この書籍の解説動画は下記から
→ https://www.youtube.com/watch?v=6qp9dwfXXwE

→ ご購入はコチラ

入谷式足底板 ~基礎編~(DVD付き)

33857057

私の師の入谷誠先生が初めて出版した単著。入谷先生は私が出会った最も優れた臨床家であり、世界最高峰の臨床家です。入谷先生の考えを広めることは、私の人生の使命の1つです。

この書籍の解説動画は下記から
https://www.youtube.com/watch?v=fULv2wsmn64

→ ご購入はコチラ

改訂版「スポーツ外傷・障害に対する術後のリハビリテーション」

‰ü’ù”ŃXƒ|ƒŠƒn•Ž†ƒJƒo[iƒ^ƒCƒgƒ‹•j

スポーツ分野において、手術件数日本一を誇る関東労災病院のスタッフにより執筆。多数の養成校で教科書として採用され、スポーツ以外の分野でも役立つことを約束できる書籍です。

この書籍の解説動画は下記から
https://www.youtube.com/watch?v=3ZrEGidJs3A

→ ご購入はコチラ

改訂版・「効果的な文章の書き方」入門

56202265

伝えたいことをわかりやすく、短時間で、書く技術を記載。また自分の考えていることがまとまりやすくなり、専門職として成長するためのツールとなります。

この書籍の解説動画は下記から
→ https://www.youtube.com/watch?v=gB-SZ8Jch_k

→ ご購入はコチラ

メールマガジンの登録

このブログのメルマガ登録をすると下記の情報をお知らせします

■力学的推論を理解するためのメール講座
このメール講座では50回以上に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。

■臨床と役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)
・ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 本当の意味で臨床に役立つ新しい企画

  2. 研究会の2つの体幹実技講演

  3. 怪物!鈴木俊明先生

  4. 入谷式神奈川支部の症例検討会

  5. 第1回学術集会を終えて

  6. 体幹から考える理学療法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 今回は、新しい企画をご紹介いたします。その企画とは・・・、コンディション・ラボでの症例検討会…
  2. 2017/9/11

    笑い声
    最近、帰宅の際、玄関のドアが開く音を聞くと毎日のように、4歳の娘が走ってきて「お父さん!お父さん!」…
  3. 先日、赤羽根良和先生と園部のコラボセミナーを行いました。今回は赤羽根先生が足関節、園部が膝関節の…
ページ上部へ戻る