menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 症例検討会(一般参加)
  2. 笑い声
  3. 満席! 赤羽根の足関節、園部の膝関節
  4. 鈴木俊明先生の体幹講演で得たもの
  5. 怪物!鈴木俊明先生
  6. 開始肢位の重要性
  7. 開院記念パーティーと今の想い!
  8. 必見!! 膝OAの簡単テーピング
  9. 高齢化社会に療法士が貢献できること
  10. 入谷誠先生のお墓参り
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

満席! 赤羽根の足関節、園部の膝関節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、赤羽根良和先生と園部のコラボセミナーを行いました。
今回は赤羽根先生が足関節、園部が膝関節の内容で、半日ずつ行わせて頂きました。
前回とは逆の組み合わせです!!

会場は満席です!

私と赤羽根先生は、治療の手技は全く違います。
でも二人でいろいろディスカッションしていくと、結果的に治療の目標がとても似ているんです。
つまり・・・、
一人の患者に対する“狙い”がとても似ているんです。

私は常々思うのですが、若い療法士は、卓越した技術ばかりを求めます。
確かに治療技術はとても重要です。
しかしながら、“狙い”が定まらなければ、その技術を活かすことができません。
だから仮説検証の中で、まずは「目の前の一人の患者に対して、何を“狙い”として治療するのか」、これが1番重要なんだと思います。
そして”狙い”が明確になってこそ、治療技術が上がっていくのだと考えています。
なぜならば、”狙い”が明確で、そこに自分の治療技術を施行すると、その結果が分かるからです。

この意味がわかるでしょうか・・・。

どういったことかと言うと・・・、
”狙い”が明確になっていない人は、治療後の結果に対して、”狙い”が間違っていたから結果が出なかったのか、それとも治療技術が足りなくて結果が出ないのか、その違いが分からないからです。
しかし”狙い”が明確になっていれば、自分の治療技術を施行したときに、その治療技術の良し悪しが分かってきて、より適正な技術を身につけられるんだと思います。

例を一つ挙げましょう。

例えば、「膝が120度までしか曲がらない」といった患者がいます。
この患者に対して、膝が曲がらない理由が絞り込めない療法士は、“狙い”を定めて治療することができません。
だから、やみくもにただ習ってきた様々な治療技術を施行しようとします。
しかし・・・、
この過程では、なぜ効果が出ないのか、出たとしても何の組織にどんな技術が有効だったのかがよく分からないのです。
しかし評価の中から、「明らかに膝蓋上嚢の外側部に癒着がある」と判断できたとします。そうすれば、「膝蓋上嚢の外側部の滑走をよくする」という明確な“狙い”をもって治療をすることができます。
ここまで分かれば・・・、
自分の技術として、癒着の滑走を促す治療技術をこの部位に施行し、もしその場で膝の屈曲角度が明らかに改善すれば、“狙い”通りに上手くいった、ということになります。
この過程であれば、さらにより滑走を促すためにはどのような工夫が必要なのかということを考えるようになり、治療技術も患者を診るたびに向上してくるわけです。

当たり前のことなんですが・・・、
きっとこうした当たり前の過程をずっと繰り返していくことが、10年後の自分の姿を変えていくことなんだと思います。

臨床はこういった当たり前のことの繰り返しなんだと思います!!

追伸①

サッカー日本代表ワールドカップ出場決めましたね!めっちゃ、興奮しました。(^_^)
それとケーヒルが出てくると、めっちゃ恐ろしいですね。
「近頃の若い子は・・・」という言葉をよく聞きますが、今の代表の若い選手はとてもしっかり考えを持っているし、チームのために走り続ける清い心を持っていると感じました。
すごい!!
若手の療法士も、明確な考え方と、純粋な気持ちを自分を育んでください!!

私もいつまでも初心の気持ちで前進していきます。

追伸②

下記はフットサル元日本代表の金山友紀選手です。
フットサル界ではとても有名な選手です。
いちど試合も見に行きましたが、極めて卓越した技術を持っている選手です。
さすがです。。。。。

 

私の企画したセミナー

肩関節インピンジメント症候群の見方と運動療法の考え方について(赤羽根良和)

日時:平成29年10月15日(日)東京
【園部からの推薦文】:
肩峰下インピンジメント症候群を中心にインピンジメントの病態の理解と機能解剖を解説します。臨床経験5年程度のセラピストの方を対象としていますので、基本的なことがらを押さえながら丁寧に説明をしていきます。このセミナーを理解することで、インピンジメントの病態を理解し、どのような運動療法が有効かを考えていけるよう指導していきます。
最高のセラピストの本物の技術を是非学んでください。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://www.youtube.com/watch?v=6qp9dwfXXwE

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=119403112

バイオメカニクスを用いた動作・歩行分析の理解と治療への展開(畠中 泰彦 先生)

日時:平成29年11月18日(土)東京
【園部からの推薦文】
畠中泰彦先生は、バイオメカと動作分析の第一人者です。この分野のトップランナーの話を聞いておくことは、臨床、研究などの思考過程において、生涯役立つ礎になると考えています。是非、ご参加下さい。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://www.youtube.com/watch?v=T43RVKK9C5E

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/07/20171118hatanaka/

歩行・走行動作を改善するためのPNFアプローチ 頭蓋ー下顎部の位置や運動のコントロールを中心に、PNFコンセプトを利用したアプローチ(市川 繁之先生)

日時:平成29年11月23日(祝)東京
講師:市川 繁之先生(Human Conditioning PNF center代表)
【園部からの推薦文】
市川繁之先生は、本邦におけるPNFの第一人者であり、最高峰の知識と技術を有していることは誰でも知っています。その市川先生が近年は「頭蓋ー下顎部の位置や運動のコントロール」を重要視しているそうです。その理由は、頭蓋や下顎部が身体運動やメカニカルストレスに大きな影響を与えるからのようです。そこで最も基本となる歩行・走行動作において、頭蓋や下顎部が「どのような影響を及ぼしているのか」また「治療としてどのように利用できるのか」について、お話し頂ければと思っております。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/e5o42O2fgyE

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/08/20171123pnf/

メールマガジンの登録

このブログのメルマガ登録をすると下記の情報をお知らせします

■力学的推論を理解するためのメール講座
このメール講座では50回以上に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。

■臨床と役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)
・ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 笑い声

  2. 私の原動力である「頂いている」という かけがえのない気持ち

  3. 出版社の社長就任

  4. 早起きは人生を変える力がある!

  5. それは「今の自分」

  6. 今年1年を振り返って

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 今回は、新しい企画をご紹介いたします。その企画とは・・・、コンディション・ラボでの症例検討会…
  2. 2017/9/11

    笑い声
    最近、帰宅の際、玄関のドアが開く音を聞くと毎日のように、4歳の娘が走ってきて「お父さん!お父さん!」…
  3. 先日、赤羽根良和先生と園部のコラボセミナーを行いました。今回は赤羽根先生が足関節、園部が膝関節の…
ページ上部へ戻る