menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事
  2. 畠中泰彦先生の「動作分析」講演を聴いて気付いたこと
  3. カイロプラティック・オステオパシーのトップランナー
  4. 電子ジャーナル10号発刊!!
  5. 脳性麻痺における倒立振り子(映像と解説)
  6. 第2回 臨床に役立つ治療技術集会 演題募集!
  7. すごい臨床家が狙う3つの身体部位
  8. 高齢者の足って、こうじゃないですか?
  9. 力学を学ぶ上で最高に良いものができました!
  10. 股関節痛で来院してきた症例で注意すること
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

畠中泰彦先生の「動作分析」講演を聴いて気付いたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、畠中泰彦先生「動作分析」の講演を受講しました。

畠中先生はバイオメカニクスではこの業界の第一人者であり、最も大きな業績を作ってきたひとりの先生です。
この講演を聞いて、私の中に、たくさんの「気づき」がありました。
これまで疑問に感じていたことで私なりの解釈をしていたことが、かなり解決できたんです。(^_^)

そして自分の考えに確信を持てたこともいくつかあり、大きな収穫がありました。
特に、昼休みに同席したときに、「臨床の問題点は、LD Tstに焦点がある」ということについていろいろ話させて頂き、これまで臨床で感じていたことが研究者の視点からも頷けることがよくわかりました。
講義の中でも、「特に、Tstにいろいろな異常が表出しやすい」という一言には、心の中で思わず「そうなんだよ!」と言ってしまいました。

その他、これまで考えていた「筋活動」や「関節モーメント」のことで、どこにも書いていない話についても、バイオメカニクスの権威の畠中先生に直接お聞きできたことで、かなり確信が持てることがありました

今後も畠中先生のような基礎医学や研究をしっかり行っている先生とも、よい関係を気付いていき、真に臨床を追求していきたいと考えています。

こうしたことで、研究を中心とする立場の先生、異分野の業界の先生、この業界のすごい技術者など、様々の立場のトップランナーの方と与え合う関係をしっかり構築していきたいと思います。

先日、ここ数年、この業界のトップランナーの講演をたくさん聞いてきました。
理学療法士になって26年以上経ちますが、こうしたいろんな方の話を聞くと、いくら学んでも足りないことがいっぱいあると痛感します。

そして次のようなことを感じることがあります。

それは・・・、
同じ講演を聴いたとしても、3年目の私と、今の私では感じ方が相当違うだろうなということです。

これはどういったことかというと、学ぶことはとても大事ではありますが、自分の持っている知識や経験の量によって、感じ方は相当違うということです。

誤解して欲しくないのは、若い時に学ぶことが無駄だと言っているわけではないです。
それはそれで大変重要なことです。

しかし、知識や経験をたくさん積んで・・・、そしてさらに学ぶと、また違う気づきがあるんです。
このことはいろんな場面でいえます。
例えば書籍を読む時もそうです。
臨床3年目の療法士がカパンディを読んだとします。
でも10年目になった時にもう一回読み直すことで、3年目には分からなかったたくさんの「気づき」があるわけです。
そういったことを踏まえて、我々はずっと学び続けることが大事なんだと私は感じています。
そしてその学び続けたことが、常に患者の笑顔につながり、そして回り回って自分のためになる、ということを忘れないでほしいんです。

多くの療法士が、職場に入ると、尊敬できる先輩もそれほどいなくて・・・、
「療法士の仕事って、こんなもんかな」と、いつの間にか流れ作業だけをするようになってしまいます。

でも・・・、それじゃー、つまんないよね。。。。
あきらめず学び続ける。
その気持ちがとても大事なんだと思います。
成長をあきらめたら終わりです。

常に10年先の自分を見て、成長し続けることが・・・、患者にとって、働いている施設にとって、そして何より自分にとって、結局それが一番良いことだと私は考えています。

追伸1

サッカーU-17、U-18 代表に選ばれた渡邊 夏彦選手がコンディション・ラボにいらっしゃいました。クレバーで、武藤二世と呼び声高い選手です。がんばって頂きたいです。

追伸2

運動と医学の出版社の9期目の決算もほぼ終わり、みんなでお疲れ様会も兼ねて、少し豪華なお寿司を取りました。この1ヵ月は相当仕事頑張ったので、うれしいご褒美です。

神経内科医が語る 神経疾患の捉え方(神経内科医・玉川聡先生)

日時:平成30年1月7日(日)(JR川崎駅すぐ)
【園部からの推薦文】
今回は、たまがわクリニック院長、神経内科医の玉川聡先生をお招きします。
テーマは「神経内科医が語る 神経疾患の捉え方」です。神経内科医である先生が、どのような思考のもとに、どのような診察をして、診断に導くのかという流れから、各論として特徴的な神経変性疾患をとりあげ、その疾患の概説から最新治療に至るまでお話ししていただきますので、神経疾患の理解が深まります。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演ですので、是非、ご参加下さい。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/o8uosorzDdw

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/09/2018-01-07tamagawa/

マッスルインバランスの理学療法(荒木 茂 先生)

日時:平成30年1月27日(日)東京
【園部からの推薦文】:
荒木茂先生(日本理学療法協会理事)は、福井勉先生が「日本一 器の大きいPT」と称するほどの偉大な理学療法士です。
荒木先生のお話しを聞くと、「異常な姿勢アライメント」「異常な運動パターン」が「マッスルインバランス」と関与していることが分かります。
「マッスルインバランス」をしっかり評価できること、その意義を理解していること、改善できることが、どれだけ重要か・・・、その意味が分かって頂けると思います。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=Fv1jbTiPnNY&authuser=0

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=123357270

股関節疾患の画像解剖に基づく運動療法(浅野昭裕先生)

日時:2018年2月11日(日)
【園部からの推薦文】:
浅野昭裕先生は、林典雄先生や赤羽根先生が所属する整形外科リハビリテーション学会の代表理事を務める最高の臨床家です。我々の臨床で極めて多い股関節疾患について、画像解剖から鋭く解説していただきます。浅野先生の股関節の講演はなかなか決めませんよ(^_^)
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://youtu.be/jIKsvCzSE7M

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/2018-02-11asanoseminer/

変形性膝関節症に対する保存的治療戦略(山田英司先生)

日時:平成30年2月12日(祝)東京

【園部からの推薦文】:

山田英司先生は、変形性膝関節症の理学療法において本邦で最も著名な先生の一人です。変形性膝関節症は2400万人いると言われています。だから、変形性膝関節症を知り尽くした先生から、学ぶ事はあまりにも大きな意義があります。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/yIX2a6W1FEw

応募はこちらから
http://undouki.com/2017/10/20180212yamadaknee/

 

私の考える脳卒中の理学療法

1.PNFを用いた脳卒中患者の評価と治療(松田現先生)

2.効果的な理学療法の実現(佐藤房郎先生)

日時:平成30年3月4日(日)東京

【園部からの推薦文】:
脳卒中を学ぶのに、信頼できる最高の2人の先生をお招きしました。
この2人のトップランナーの脳卒中の講演を1日で同時に学べる機会はまずありません。最高のセラピストが、脳卒中を「どのように捉え」そして「どのように治療に展開しているのか」、そういったことを学んでおくことは全ての治療においてとても重要です!

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://youtu.be/CorsnIbwbvE

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180304cva2/

日常行動における動作戦略としての4スタンス理論と障害について(廣戸聡一先生)

日時:平成30年3月11日(日)東京

【園部からの推薦文】:
この人は本物の怪物です。
私は4スタンス理論をリハビリの分野を・・・、必ず融合させたいと思っています。そのくらい臨床的にあまりに意義のある概念です。先入観を持たず、廣戸先生の話を一度は聞いて下さい。これまでの概念が一変するような、度肝抜かれる理論と技術であることがわかります。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://youtu.be/klvPLFnnT_M

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180311hiroto/

 

『腰痛症に対する多面的考察と筋の連動性を用いた臨床アプローチ(川井筋系帯療法を応用したアプローチ)

日時:平成29年3月21日(祝)東京
【園部からの推薦文】:
今回は川井筋系帯療法治療センター院長の川井太郎先生をお招きします。我々の業界において、筋のアプローチをできることはとても重要な技術になります。しかもその技術は複数習得しておくとさらに印象に行かしやすくなります。そういった意味で、川井筋系帯療法は、科学的理論に立脚しながら従来の西洋医学や一般的な常識にはとらわれず、斬新な着想と方法で研究と実践を積み重ねております。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180321kawai/

 

メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:1715名(2017.12.1時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measure/domain/sp_setting/index.html

【AU】
http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/mail/anti-spam/fillter/function-11/

【Softbank】
http://www.softbank.jp/mobile/support/antispam/settings/indivisual/whiteblack/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 出版社の社長就任

  2. 新たなスタートから1週間が立ちました!

  3. 私の原動力である「頂いている」という かけがえのない気持ち

  4. 本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事

  5. 自分の生き方を見つけた瞬間

  6. 気付いたら会員1000名を越えていました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 先日、本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事があったんです。このことは、私にとって、そし…
  2. 先日、畠中泰彦先生の「動作分析」の講演を受講しました。畠中先生はバイオメカニクスではこの業界…
  3. 先日、臨床家のための運動器研究会で、伊澤勝典先生をお招きしました。伊澤勝典先生は、カイロプラティ…
ページ上部へ戻る