menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 3年目までの療法士は何から学べばよいのか?
  2. 足関節捻挫後にずっと痛みがとれない!
  3. 怪物・鈴木俊明先生の凄み!
  4. 坐骨神経痛に対する評価と運動療法
  5. 肩関節を学ぶための最高の企画を考えました!
  6. 入谷誠先生へのインタビュー
  7. あなたは脳画像をみて、予後予測できますか?
  8. 質の高い医療を追求する
  9. ついに、鈴木俊明先生の書籍が予約販売開始!
  10. 膝蓋骨の前下方が腫れた症例
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

診断名だけで治療をしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて今回は、毎日の臨床を行うにあたり、とても大切な概念を話したいと思います。

通常、医療機関では、医師が診断して、そして、その後に我々療法士のところに処方が出されます。

しかし・・・、

特に運動器の場合は、医師が診断したその診断名は、大半は画像診断です。

例えば、腰に痛みがあり、足にも痺れがあり、MRIを撮ってヘルニアが出ていれば・・・、大半の医師は迷いもなく椎間板ヘルニアと診断します。

そして、その診断名が我々療法士のもとに指示箋として送られてくるわけです。

この過程で、大半の療法士も、患者も、何ら迷いもなく椎間板ヘルニアが今の症状を作っていると思い、椎間板ヘルニアのリハビリが行われるわけです。

といっても通常は、ストレッチングをしたり、体幹筋を鍛えたり、物理療法をしたりといった程度でしょう。

私の若い頃もそうでした。

でもよく考えてみてください。

この過程で、本当に椎間板ヘルニアが今の症状を作っていると言えるでしょうか。

椎間板ヘルニアが画像上あるのは事実です。

しかし大事なのは、いま出ている症状が本当に椎間板ヘルニアによるものなのか?ということです。

なぜなら、例えば中高年の人で全く無症状の人を1,000人集めてMRIをとれば、おそらくかなりの頻度で椎間板ヘルニアの画像所見があるとおもいます。

そう考えると、この患者で画像上、椎間板ヘルニアがある事は事実ですが、本当に椎間板ヘルニアが症状の原因かどうかは分かりませんよね

だから・・・、

もう少し踏み込んだ仮説検証が必要だと思います。

実際に、いろいろな評価技術を取得し臨床で応用していくと、実際には痛みを拾っているのはヘルニアではないことも非常に多いんです(もちろん、やはり椎間板ヘルニアが症状の原因のこともあります)。

具体例を挙げるなら、椎間板ヘルニアがあり下肢の痛みがあっても・・・、

その原因が梨状筋孔であったり、仙腸関節だったり、また下肢自体だったりすることは決して少なくありません。

また臀部・大腿の疼痛までなら、椎間関節や腰背部のコンパートメントが原因のこともあると思います

実際に、梨状筋症候群や仙腸関節、椎間関節痛、腰背部のコンパートメント症候群の評価方法や疼痛部位について学んで欲しいです。

そうすれば、この意味が良く分かると思います。

(詳しく知りたい人は、まずこちら → http://motion-medical.co.jp/?pid=127202760

誤解して欲しくないのは、これは医師に対する批判ではありません。

医師には医師の盲点、療法士には療法士の盲点、各々立場によって盲点が異なります。

だから、お互いが、一人ひとりの医療人が患者のために、助言しあえる関係を作っていくことがとても大事だと思います

この関係を作るには時間がかかるでしょう。

この関係を作れないからといって、相手を批判する人もいるでしょう。

でもそれではダメです。

まず我々がしっかりとした結果を出し、「あの患者はどうしたらあんなに良くなったの?」と言われるようになって、はじめていろいろディスカッションが出来ると思うんです。

我々は、医師の診察に基づいて治療を行います。

しかし療法士も、良い治療への一助を医師に与える立場と責任を負っていないといけない。

そのためには、治療結果と豊富な知識が必要です。

それが一人一人の患者のためになることを若い療法士は知ってほしいです。

追伸

桜ジャパンの藤本麻衣子選手がコンディション・ラボに来てくれました。これまでたくさんの怪我を経験してきた選手ですが、いつも前向きで、その姿勢にはとても参考になることがあります。復帰の手助けに少しでも貢献できればうれしく思います。

肩関節の治療のあり方 ~医師と理学療法士の連携~

日時:2018年6月24日(日)東京
【園部からの推薦文】:
肩関節の治療の医師とPTのコラボ企画です!AMは西中直也先生にご登壇いただき、臨床で多い肩関節疾患の説明と手術の概要について話していただきます。そして、PMに千葉先生が肩関節の理学療法について話していただきます。超一流のDrとPTのこんな企画はめったにありません。お見逃しなく。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/hwCAMeeCnYs
応募はこちらから
http://motion-medical.co.jp/?pid=129812675

 

下肢の運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略(工藤慎太郎)

日時:平成29年7月22日(日)東京
【園部からの推薦文】:
いま、最も注目を集めている理学療法士 工藤慎太郎先生が、運動器疾患の「なぜ?」に迫ります。今回は下肢の運動機能障害の見方として昨年実施したものからVersion upしてお話させていただきます。
【到達目標】
1.小殿筋機能を理解する
2.腸脛靭帯・外側広筋の滑走性を理解する
3.腓腹筋と屈曲拘縮の関係を理解する
4.足関節の不安定性と足部の運動学を理解する

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/Dg4Z5MHoI7M

応募はこちらから
https://undouki0722.peatix.com/

 

私の考える膝関節・足関節の理学療法(赤羽根良和・園部俊晴 夢のコラボ)

日時:平成30年8月5日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今春弊社より「機能解剖学的にみた膝関節疾患の運動療法」を発刊した赤羽根先生による「膝」の講演と園部先生の「足関節」です!
お二人による熱く濃い夏の1日をお約束します。
豊富な経験に基づいた評価と治療方法をお二人から学ぶ絶好の機会をお見逃しなく。
何度受講しても新しい発見があります。

応募はこちらから
http://motion-medical.co.jp/?pid=118429557

 

マッスルインバランスの理学療法(荒木 茂 先生)

日時:2018年8月26日(日)東京
【園部からの推薦文】:
ヒット作『マッスルインバランス』の著者の荒木茂先生に講演いただきます。
マッスルインバランスとは、姿勢や生活習慣、職業など毎日繰り返される物理的ストレスによって、特定の筋、関節などの組織が炎症を起こすことが原因となる「筋の不均衡」です。この「筋の不均衡」を改善させるために必要なテクニックをだれにでもわかるように解説して頂きます。
理学療法は医学として標準化された再現性のある評価方法と治療方法が必要である。医師や他の医療職、患者に理解できるような治療でなければ医学として認められない。特殊な技術や難しい手技ではなく新人でもできる標準的アプローチが必要である。今回は運動器疾患に対して基本的な評価方法と過緊張筋抑制のためのテクニック、弱化筋の活性化エクササイズ、運動パターン修正エクササイズについて研修する。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=Fv1jbTiPnNY&authuser=0
応募はこちらから
→ https://undouki0826.peatix.com/view

 

膝の理学療法をとことん追求!(園部俊晴・今屋健・宇戸友樹)

日時:2018年9月16日(日)福岡
【園部からの推薦文】:
3名の講師で、「機能解剖」「スポーツ疾患」「変形性膝関節症」の視点でとことん膝関節の理学療法を追求します。絶対、臨床に役立つ講演です。是非、ご覧ください。
宇戸友樹先生(膝関節の機能解剖)
今屋健先生(膝関節のスポーツ整形外科疾患の理学療法~ACL損傷を中心に~)
園部俊晴先生(変形性股関節症の理学療法)
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=O2SMg_CMyVM
応募はこちらから
→ https://undouki0916.peatix.com/view

 

私の考える膝関節の理学療法 実技セミナー(園部 俊晴)

日時:2018年9月17日(日)福岡
【園部からの推薦文】:
膝関節は下肢の中間関節として機能し、荷重位での運動連鎖とメカニカルストレスなどの「力学的な知識と解釈」は不可欠となります。また機能障害として、膝関節の各組織の評価や運動療法などの「組織学的知識」も不可欠であり、「力学]と「組織学」がリンクしていることが分かれば、治療の展開は格段に変わってきます。
今回のセミナーでは、膝関節における「力学」と「組織学」の評価・治療について、実技を多く取り入れながら説明します。
明日からすぐに使える技術満載します。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=Yjui38NM0sY
応募はこちらから
→ https://undouki091701.peatix.com/view

 

体幹と骨盤の評価と運動療法(鈴木俊明先生)

日 時:平成30年9月8日土曜日 東京
【園部からの推薦文】
体幹筋の神経・筋機能を正常化させるためには、動作にともなう体幹筋の正しい働きを知ることが重要です。健常者の体幹筋の作用は、座位、立位において異なっています。特に、座位、立位での側方移動にともなう内腹斜筋の働きは活動する線維が全く異なります。 座位では、移動側の内腹斜筋 斜走線維の筋緊張は移動にともない低下し、移動距離の増加にともない筋緊張の低下は維持されますが、最後に筋緊張が増加します。最後の増加は静止性収縮としての働きです。また、移動側と対側の内腹斜筋 斜走線維は移動に伴い増加します。立位では、側方移動にともない移動側の内腹斜筋 下部横行線維の筋緊張は次第に増加します。移動側と対側の内腹斜筋 下部横行線維はほとんど活動しません。
このような違いを理解することで、適切な体幹筋のトレーニングを行うことができるわけです。要するに正しい評価ができるかが重要です。今回は、体幹・骨盤の評価を中心に紹介します。
具体的には以下の3点について講義します。
1.健常者での座位における体幹機能
2.健常者での立位における体幹機能
3.上肢運動における体幹機能

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=131579195

 

成田崇矢先生・園部俊晴先生コラボセミナー
「腰痛の評価と治療」

日時:2018年9月29日(土)川崎駅すぐ
【園部からの推薦文】
成田崇矢先生は私が出会った天才的臨床家の1人です。彼の凄さは、理論がシンプルでしかも臨床の実践から作り上げた効果的戦略を有していることです。実践と結果を伴っていないで、治療戦略を掲げる講師はたくさんいますが、格が違うことがわかると思います。成田先生の病態に関する知識、評価方法、その結果の解釈、アプローチ方法を是非知って下さい。また午後からは園部が仙腸関節障害についてご説明します。とても良いセミナーになると思いますよ。
まずは動画をご覧ください
→ https://www.youtube.com/watch?v=4GlZrDNBp4A
応募はコチラから
→ https://undouki0929.peatix.com

 

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

10月6日(土) 村木孝行先生  肩関節疾患の病態メカニズムを突き止め、改善するための評価と治療  川崎・産業振興会館

 

10月7日(日) 山本伸一先生 ボバース関連 川崎・産業振興会館

 

10月21日(日)赤羽根良和先生 タイトル未定  川崎・産業振興会館

 

11月3日(祝) 赤羽根良和先生 肩関節の理学療法 東京・損保会館

 

11月11日(日) 山田英司先生 変形性膝関節症の理学療法 東京・会場未定

 

12月16日(日) 赤羽根良和先生、園部俊晴先生コラボセミナー 「私の考える膝関節・足関節の理学療法」 東京・会場未定

 

2019年

1月13日(日) 木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナ 膝関節の理学療法(スポーツ・変形性膝関節症・力学) 多摩市民館

2月22日(土)  林典雄先生  東京  度肝抜かれます!

3月10日(日)  山田英司先生 変形性膝関節症の理学療法 

3月31日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

4月14日(日)  な、なんと吉尾雅春先生の脳卒中の理学療法 

5月26日(日)  廣戸聡一先生 到来!   神の技術! 

6月9日(日)  赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

6月23日(日)  小野志操先生 再来! 

 

メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:2215名(2018.6.1時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 笑い声

  2. 3年目までの療法士は何から学べばよいのか?

  3. 入谷式を伝えていく

  4. 福井勉先生に言われたこと

  5. カイロプラティック・オステオパシーのトップランナー

  6. 今年1年を振り返って2017

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 先日、横浜マリノスの山田康太選手がコンディション・ラボにいらっしゃいました。…
  2. 6月5日に発売した鈴木俊明先生の『体幹と骨盤の評価と運動療法』は好評です(^_^)Amazo…
  3. 先日、尊敬している鈴木俊明先生とコラボセミナーをしてきました。「私の真骨…

Facebook

ページ上部へ戻る