menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 息子の臨床見学
  2. 読者からの質問(足関節背屈制限の改善について)
  3. 園部のDVD『膝関節の理学療法』が発売されました!
  4. “凡人”の私のやり方
  5. めっちゃ重要! 足関節後方組織の機能解剖
  6. 腰部脊柱管狭窄症とPLFテスト
  7. 医師と療法士が認め合う関係
  8. 本物を伝える
  9. 最も臨床的な荷重位でのストレステスト
  10. ミシュランガイドに載ったとんかつ屋のおばちゃんの言葉
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

入谷誠先生へのインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の母の日は皆さん、母親や奥様にどうされました?

 

園部家では毎年母の日は子供二人と私で、お母さんのために料理を作るのですが、今年はセミナーと娘の行事があってできませんでした。(_ _)

 

でも息子と2人で花屋さんに行ってお花を買ってきました(夕方に行ったら、これしか残っていませんでしたが・・・)。

 

食事の後のサプライズで妻もとても喜んでいました。(^_^)

 

 

 

さて、今回は5年前に入谷 誠先生に行ったインタビューの記事を紹介させて頂きます。

 

お伺いした項目は下記の5つです。

Q1 : 臨床でいつも心がけていることはなんですか?

Q2 : 毎日のタイムスケジュールを教えていただけますか?

Q3 : お休みはどのように過ごされていますか?

Q4 : 尊敬する人を医療人と、医療分野以外の人で教えてください。またその理由があればお聞かせください。

Q5 : 医療人として成長に一番必要なものは何でしょうか?

この内容は下記のページにすべて記載されていますので、是非、ご覧下さい。

 

 

http://undouki.com/2013/10/iritaniinterview/

 

 

 

この質問の入谷先生の回答に対して私の感じたことや解釈を少々紹介させて下さい(回答は省略しております。すべて閲覧されたい方は、上記URLのページを参照下さい)。

 

入谷先生の回答は青字で示し私の感じたことは黒字で示します。

 

Q1:臨床でいつも心がけていることは何ですか?

A1:次の4つのことを心がけています。

 

1つ目として、自分の精神状態を常に一定の状態に保つようにしています。

2つ目として、患者様を診るときに先入観を持たず、素直に現象を捉えていくようにしています。

3つ目として、症状が良くなる方向が分かっても、反対に悪くなる方向へも誘導して、「確認」するようにしています。

4つ目として、患者様一人一人に全力投球するようにしています。一期一会の精神で患者様に対応し、一回一回が勝負だと思いながら臨床と向き合うようにしています。

 

この回答の2つ目と3つ目は、若い療法士にとってとても大事なことです。多くの理学療法士がセミナーや文献を読んで、「偉い人がこう言っている」とそれだけを信じて、臨床を繰り返します。

 

こうした意見や考えを理解し、実施することは大事です。

 

しかしもっと大切な事は、思い込みを捨てて、素直な気持ちで臨床と向き合うことだと思います。

 

「この疾患であれば、こうすればよくなる」また、「この部位に痛みがあればこう対応する」と決め込んでいる自分を脱するのには時間がかかることを我々は知らないといけないと思います。

 

それと4つ目の「毎日、一期一会の精神で患者と一回一回が勝負」という気持ちは、私も常にそういった気持ちで臨みたいものです。

 

改めて読んでみて本当に反省する点が多いと感じます。

 

Q2:毎日のタイムスケジュールを教えていただけますか?

A2:起床は3時30分、9時から臨床に入り、19時に診療を終えます。週に1~2日は無理やり予約を入れてくる人がいるので、その日の終了は21時くらいになります。

その後家に帰り、食事をして少しのんびりして、21時半~22時ごろには就寝しています。

 

天才 入谷誠先生もひたすら努力と鍛錬を積み重ねていたことを、1番近くにいた私はよく知っています。

 

Q3:お休みはどのように過ごされていますか?

A3:休みは月に1-2回。休みは、平日と同じように起床し、職場へ6時ごろには着いています。セミナーや研修会の配布資料やプレゼンの準備、依頼原稿などを仕上げています。時間があるときには、日ごろ臨床での気づきについて記載してあるので、それをチェックして、考慮しなければならないことを考えるようにしています。また自分の身体を使って足底板の処方や訓練方法、テーピング、鍼、マッサージ等の治療に関するものや、人間の動く仕組みに関するものについて、試したいことを行ったりします。この時間が大変心地よい時間帯になっています。

 

入谷先生は常に「理学療法」ということに大半の時間を使っていたことが分かります。賛否両論あると思います。

 

ただ・・・これが良いとか悪いとかの議論ではなく、プロフェッショナルを極める人は、このように人生の大半を1つのことに捧げている人が多いということは事実だと思います。

 

 

Q4:尊敬する人を医療人と、医療分野以外の人で教えてください。またその理由があればお聞かせください。

A4:尊敬する医療人は柔整・はり師・マッサージ師として開業していた亡き父、そして柔整師として現在開業している兄です。医療人以外では現在は日本航空を立て直した「稲盛和夫氏」です。

稲盛和夫の書籍で、是非読んで欲しい本があります。

それは「生き方」という本で世界的にも大変ヒットした本です。

人が生きる上で、とても大切なことが書いてあります。

ぜひ読んでみてください。

 

Q5:医療人として成長に一番必要なものは何でしょうか?

A5:素直な気持ちで、「患者様を少しでも苦痛から解放させてあげたい」と思うことだと思います。それはいつも身体のことを考えているということで、誰よりも努力するということであると考えています。

「患者のため、患者のため・・・」と口先でこの言葉を口にする人はたくさんいます。

でも・・・

そのために本当の努力をしている人、一回一回患者と勝負している意識を持っている人は、めったにいません

 

自分や自分の家族だったら「こんな理学療法士に見てもらいたい」・・・、自分はそういった理学療法士です、と胸を張って言える仕事をしたいものです

 

 

 

追伸

日立ハイテク クーガーズのヌンイラ玲美選手がコンディション・ラボに来ていただきました。明るくて、めっちゃ素敵な女の子です(^_^) お姉さんは柔道をしていて、世界柔道でなんと銀メダルを取ったそうです。チームのエースとして活躍してくれるととても嬉しいです。

 

 

追伸2

今年もやります!財前・園部のコラボセミナー(^_^)

 

今年も財前先生と面白いコラボセミナーやりますよ。

下記を是非ご覧ください。

【運動連鎖を臨床に活かす(財前知典先生・園部俊晴コラボセミナー)】

日時:2018年6月3日(日)東京
【園部からの推薦文】
上肢と体幹の運動連鎖」について、財前 知典先生にお話しいただき、「下肢と体幹の運動連鎖」について、園部俊晴が話します!
リハビリ医療に携わっているセラピストは誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを認識しています。しかし、体幹の機能異常がどのように動作にリンクしているのか、また上肢・下肢の運動連鎖とどのように関連し合っているのかを理解しているセラピストはほとんどいません。今回、「体幹の見方と誘導方法」「上肢・下肢の運動連鎖との関連」について説明します。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/bLD6omXvGZw
応募はこちらから
https://undouki0603.peatix.com/

マッスルインバランスの理学療法(荒木 茂 先生)

日時:2018年8月26日(日)東京
【園部からの推薦文】:
ヒット作『マッスルインバランス』の著者の荒木茂先生に講演いただきます。
マッスルインバランスとは、姿勢や生活習慣、職業など毎日繰り返される物理的ストレスによって、特定の筋、関節などの組織が炎症を起こすことが原因となる「筋の不均衡」です。この「筋の不均衡」を改善させるために必要なテクニックをだれにでもわかるように解説して頂きます。
理学療法は医学として標準化された再現性のある評価方法と治療方法が必要である。医師や他の医療職、患者に理解できるような治療でなければ医学として認められない。特殊な技術や難しい手技ではなく新人でもできる標準的アプローチが必要である。今回は運動器疾患に対して基本的な評価方法と過緊張筋抑制のためのテクニック、弱化筋の活性化エクササイズ、運動パターン修正エクササイズについて研修する。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=Fv1jbTiPnNY&authuser=0
応募はこちらから
→ https://undouki0826.peatix.com/view

 

体幹と骨盤の評価と運動療法(怪物!鈴木俊明先生)

日時:2018年9月8日(日)東京
【園部からの推薦文】:
書籍「体幹・骨盤の評価と運動療法」の出版記念講演です!
体幹筋の神経・筋機能を正常化させるためには、動作にともなう体幹筋の正しい働きを知ることが重要です。健常者の体幹筋の作用は、座位、立位において異なっています。特に、座位、立位での側方移動にともなう内腹斜筋の働きは活動する線維が全く異なります。 座位では、移動側の内腹斜筋 斜走線維の筋緊張は移動にともない低下し、移動距離の増加にともない筋緊張の低下は維持されますが、最後に筋緊張が増加します。最後の増加は静止性収縮としての働きです。また、移動側と対側の内腹斜筋 斜走線維は移動に伴い増加します。立位では、側方移動にともない移動側の内腹斜筋 下部横行線維の筋緊張は次第に増加します。移動側と対側の内腹斜筋 下部横行線維はほとんど活動しません。
このような違いを理解することで、適切な体幹筋のトレーニングを行うことができるわけです。要するに正しい評価ができるかが重要です。今回は、体幹・骨盤の評価を中心に紹介して頂きます。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://www.youtube.com/watch?v=QNJrPcUmQHs

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
http://motion-medical.co.jp/?pid=131579195

 

膝の理学療法をとことん追求!(園部俊晴・今屋健・宇戸友樹)

日時:2018年9月16日(日)福岡
【園部からの推薦文】:
3名の講師で、「機能解剖」「スポーツ疾患」「変形性膝関節症」の視点でとことん膝関節の理学療法を追求します。絶対、臨床に役立つ講演です。是非、ご覧ください。
宇戸友樹先生(膝関節の機能解剖)
今屋健先生(膝関節のスポーツ整形外科疾患の理学療法~ACL損傷を中心に~)
園部俊晴先生(変形性股関節症の理学療法)
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=O2SMg_CMyVM
応募はこちらから
→ https://undouki0916.peatix.com/view

 

私の考える膝関節の理学療法 実技セミナー(園部 俊晴)

日時:2018年9月17日(日)福岡
【園部からの推薦文】:
膝関節は下肢の中間関節として機能し、荷重位での運動連鎖とメカニカルストレスなどの「力学的な知識と解釈」は不可欠となります。また機能障害として、膝関節の各組織の評価や運動療法などの「組織学的知識」も不可欠であり、「力学]と「組織学」がリンクしていることが分かれば、治療の展開は格段に変わってきます。
今回のセミナーでは、膝関節における「力学」と「組織学」の評価・治療について、実技を多く取り入れながら説明します。
明日からすぐに使える技術満載します。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=Yjui38NM0sY
応募はこちらから
→ https://undouki091701.peatix.com/view

成田崇矢先生・園部俊晴先生コラボセミナー
「腰痛の評価と治療」

日時:2018年9月29日(土)川崎駅すぐ
【園部からの推薦文】
成田崇矢先生は私が出会った天才的臨床家の1人です。彼の凄さは、理論がシンプルでしかも臨床の実践から作り上げた効果的戦略を有していることです。実践と結果を伴っていないで、治療戦略を掲げる講師はたくさんいますが、格が違うことがわかると思います。成田先生の病態に関する知識、評価方法、その結果の解釈、アプローチ方法を是非知って下さい。また午後からは園部が仙腸関節障害についてご説明します。とても良いセミナーになると思いますよ。
まずは動画をご覧ください
→ https://www.youtube.com/watch?v=4GlZrDNBp4A
応募はコチラから
→ https://undouki0929.peatix.com

 

肩関節疾患の病態メカニズムを突き止め、改善するための評価と治療(村木孝行先生)

日時:2018年10月6日 (土) 川崎駅すぐ
【園部からの推薦文】:
“肩関節疾患の理学療法となると、「何をしたらよいのかわからない」、「難しい」、などという声をよく聞くことがあります。それは仕方のないことだと思います。なぜなら、学校で教わることは少なく、臨床実習においても症例を担当することも少ないからです。しかしながら、肩関節疾患の症状が構造異常のみならず機能異常によって引き起こされていることが多いことから、理学療法の効果が国内外で認められており、その需要は高まっています。
本セミナーでは肩関節疾患で生じる病態の原因となる機能異常をどのように評価すれば良いか、その機能異常に対してどのように治療を進めていくかについての理論と実践方法を紹介・解説して頂きます。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://1006undouki.peatix.com/view

 

明日に活かせる脳卒中上肢機能アプローチ(山本伸一先生)

日時:2018年10月7日 (日)川崎駅すぐ
【園部からの推薦文】:
昨年大変好評頂いたボバース国際インストラクターの山本伸一先生の講演です。
脳卒中に対する上肢機能へのアプローチとして「筋の長さを保ち、変位した筋/関節アライメントを修正・活性化する」「姿勢アライメント/筋凍結をより正常化したなかで運動を誘導する」ことが求められます。運動には欠かせない「感覚ー知覚」を理解し、中枢神経系との相互作用を再構築することも「活動のため」に重要なことです。医学的な背景があってこそのセラピストによる「包括的アプローチ」です。
今回の研修では、脳卒中における肩の痛み、肩甲帯・手の問題等を整理し、実技体験を行います。初めての方でも全く構いません。わかりやすく説明して頂きます。明日からの臨床に活かせていただければと思います。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://undouki1007.peatix.com/view

ボバース概念の映像を見て下さい。(園部解説!)
https://www.youtube.com/watch?v=r_VzXPQzmKY

 

腰椎の機能障害の見方と運動療法の考え方(赤羽根良和)

日時:2018年10月21日(日)川崎駅すぐ
【園部からの推薦文】
腰痛は9割以上が罹患すると言われている国民病である。また、腰痛は疼痛の発症源が分からず、非特異的腰痛が多いとされている。しかし、腰部の組織を的確に圧痛所見をとると、そのほとんどは下位腰椎と骨盤周辺である。つまり、この部位から疼痛が発症していることが多いと考えられる。また、的確な圧痛所見や理学所見を行うには、解剖と機能解剖をベースとした知識が必要となる。これらを確実に行えれば、いわゆる病態を絞り込むことが出来るようになる。すると、実施すべき運動療法も必然的に決まるはずである。セミナーでは、解剖・機能解剖を中心とした講義を行い、腰痛を改善させるための一助となる形で進行し、腰痛の病態を絞り込む方法論を解説して頂きます。本物の臨床家の実際の臨床をしっかり学べる機会です。

まずは赤羽根先生執筆の腰椎の書籍の解説映像を見て下さい。(園部解説!)
https://www.youtube.com/watch?v=vxWivfp_hWs

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://1021undouki.peatix.com/view

 

肩関節と肩甲帯の拘縮の見方と運動療法の考え方(赤羽根良和先生)
あの赤羽根良和が肩の治療の秘訣を教えます!

日時:2018年11月3日(土)東京お茶の水
【園部からの推薦文】:
肩関節と肩甲帯の拘縮は、肩関節周囲炎をはじめ、罹患率も高くセラピストは必ず遭遇する疾患の一つです。臨床において、肩関節と肩甲帯の拘縮を除去することは非常に重要となります。そのためには、肩関節や肩甲帯に付着する筋肉を知っておく必要があります。さらにそれらの筋を的確に伸張や滑動させ、短縮や癒着といった評価を行う必要があります。 セミナーでは、これらの基礎知識を出来るだけ分かりやすく説明をします。これにより、解剖や機能解剖が理解できると思います。運動療法はその考え方を説明します。ケースによって運動療法のやり方は異なります。ただし、ベースを押さえておけば、様々なことに対して対応できると考えています。このセミナーを通して、解剖や機能解剖が理解でき、実際の運動療法の治療成績が向上することを目標とします。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://1103undouki.peatix.com/view

まずは赤羽根先生執筆の肩の腰椎の書籍の解説映像を見て下さい。(園部解説!)
https://www.youtube.com/watch?v=vxWivfp_hWs

 

変形性膝関節症に対する評価と治療
山田英司と園部俊晴の夢のコラボ実現!

日時:2018年11月11日(日)東京
【園部からの推薦文】:
変形性膝関節症は、我々療法士が最も多く診る疾患といえます。その数は高齢化社会に伴い、年々増え続けている現状があります。こうした観点から、今回は手術療法と保存療法の両方を一日にお話しします。手術療法と術後のリハビリテーションについては山田英司先生にお願いしています。変形性膝関節症の治療数と知識において山田先生より凄いと思った先生と私が出会ったことありません。必ず参考になる点がたくさんあると思います。
また保存療法については園部が担当します。痛みをその場で楽にする技術を満載でお伝えいたします。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://undouki1111-2.peatix.com/view

山田英司先生の膝OAの映像はコチラ(園部解説!)
https://youtu.be/yIX2a6W1FEw

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

12月16日(日) 赤羽根良和先生、園部俊晴先生コラボセミナー 「私の考える膝関節・足関節の理学療法」

2019年

1月13日(日) 木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナ 膝関節の理学療法(スポーツ・変形性膝関節症・力学) 多摩市民館

2月22日(土)  林典雄先生  東京  度肝抜かれます!

3月10日(日)  山田英司先生 変形性膝関節症の理学療法 

3月19日(日) 第3回治療技術集会 予定 多摩市民館ホール  

        アウトプットの場です! 発表も、聴衆も、どんどんご参加下さい。 

3月31日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

4月14日(日)  な、なんと吉尾雅春先生の脳卒中の理学療法  「脳卒中の動作特性と理学療法の展開」予定

4月28日(日)  成田崇矢先生  天才臨床家! 

5月26日(日)  廣戸聡一先生 到来!   神の技術! 

6月30日(日)  赤羽根良和先生・園部俊晴 コラボセミナー 川崎  度肝抜かれます! 

6月23日(日)  小野志操先生 再来! 

7月14日(日)  工藤慎太郎先生 今一番注目の臨床家! 

7月28日(日) 木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナ 膝関節の理学療法(スポーツ・変形性膝関節症・力学) 川崎

8月25日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

9月8日(日)  山田英司先生・園部俊晴 コラボセミナー  

12月1日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:2215名(2018.6.1時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 林典雄先生 到来!

  2. 入谷誠先生が直接評価した秘蔵映像

  3. あなたは脳画像をみて、予後予測できますか?

  4. 硬さの優位性について

  5. 研究会の2つの体幹実技講演

  6. マジですごいぞ!! 成田崇矢先生

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. お盆があけましたね。。。。皆さんのお盆はどんなお盆でだったでしょうか。…
  2. ワンピースは、いよいよ「和の国編」に入りましたね (^_^)今回は最高に…
  3. いつも園部ブログをご愛顧いただき誠にありがとうございます。このたび私が出…

Facebook

twitter

Instagram

  • 下山した後に、カツ丼を食べたのですが、そのカツ丼が忘れられない位おいしかったです。(^_^) 夕方5時ぐらいに帰宅したのですが・・・、
その後、疲れ切って6時には寝てしまいました。
この日、目覚ましをかけるのを忘れて、起きたのはなんと朝の4時でした。
つまり10時間も寝てしまったんです。
だから体もすっかり回復して、翌日からパワー全開で臨床に向かうことができました。(^_^) #登山後のカツ丼
#たっぷり睡眠
#パワー全開

#八ヶ岳
#赤岳-横岳-硫黄岳縦走
  • ようやく下山しました。

#八ヶ岳
#赤岳-横岳-硫黄岳縦走
#下山
  • 右側の一番高い山が赤岳です。

#八ヶ岳
#赤岳-横岳-硫黄岳縦走

フォロー

ページ上部へ戻る