menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 最高の臨床家たちから私が得たもの
  2. 倒立振り子の後半相の動きで患者に指導していること
  3. 自分の生き方を見つけた瞬間
  4. 韓国から5人のバスケット代表選手来院!
  5. 症例検討会(一般参加)
  6. 笑い声
  7. 満席! 赤羽根の足関節、園部の膝関節
  8. 鈴木俊明先生の体幹講演で得たもの
  9. 怪物!鈴木俊明先生
  10. 開始肢位の重要性
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

研究会の2つの体幹実技講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「臨床家のための運動器研究会の第1回学術集会」の一般参加の応募を開始しました。
詳細を下記のURLでご覧ください。
http://undouki.com/gakujutsu/gakujutsu-2017-1st/

 

さて、今回は2人の臨床家を紹介させてください

先日、臨床家のための運動器研究会の「12月10日(体幹・上肢の運動連鎖と理学療法の展開:財前知典先生)」と「12月17日(体幹機能の運動療法:中村尚人先生)」の2つの体幹に関する実技講演を行いました。

 

この2つの講演は、正直言って、私にとって想定外の収穫がありました(^_^)

 

「体幹・上肢の運動連鎖と理学療法の展開」を講演頂いた財前知典先生、広尾整形外科の副院長であり、私と同じ入谷式足底板のインストラクターでもあります。

講演の内容は驚きを隠せないものがいくつもありました。例えば、「呼吸を変化させる方法」「入谷式カウンター理論の応用方法」「下顎・上顎の考え方」「動作の見方」などについては、具体的な方法だけでなく、財前先生なりの試行錯誤の「経緯」がとてもとても参考になりました。

また、動作を変化させる技術も本物でした(動作の変化が良好なものか、ただ変化しただけか、私の目はごまかされませんので、、、(^_^))。

 

実際に、講演で話して頂いたいろいろな技術を臨床で試してみましたが、とても役立つものがいくつもありました。

特に、上顎の動かし方は、先日紹介した日本代表のサッカー選手もその変化を感じていました。また、その後に来たリオオリンピックの陸上の選手もはっきり感じていました。

今後、自分の中に取り入れていき、さらに良い反応が出るように私なりの応用と展開をしていきたいと思っています。

 

「体幹機能の運動療法」を講演頂いた中村尚人先生は、理学療法士でありながら、ピラティスやヨガのインストラクターであり、自分で起業し、人の健康維持に広く貢献している先生です。またそれだけではなく、噛み合わせや合気道、人類学など様々な分野に精通しているのに驚きました。発想がとにかく異端児です!

特に、人類学についてはおそらくリハ業界の中で最も精通している先生だと思います。例えば、「胸骨が何故、2つに分かれているのか」「肋骨の形が猿、類人猿、人で、どうして違いがあるのか」「頸椎の棘突起が動物によってどうして違うのか」など、動物の形態を紐解く思想と、それを臨床で応用する考え方が、とても参考になりました。

また、中村先生の荷重位におけるニュートラルの考え方は、この業界の普遍の定理として誰にも必要な考え方だと感じました。

中村先生とは、講演が終了した4時半ぐらいから7時くらいまで、二人で全くいとまがないほど熱く語り合ってしまいました。彼の思想には、とても共感しましたし、とても刺激を受けることができました。

財前先生も中村先生も、まだ30代の理学療法士ですが、とても尊敬できる存在だと感じました。

こんなに若い理学療法士でこれだけの考え方や、展開ができる人がいるのですから、私もまだまだ頑張らないといけないなと、強く刺激を受けた12月の2つの体幹実技講演でした。

 

下記は、先日足底板を作成したJリーグの選手です。長崎から来ていただきましたが、とても喜んでいただきました(^_^)

実は、先日紹介した日本代表の小林 悠 選手と、幼稚園から大学まで一緒にサッカーをしてきた親友の仲らしいです。

そんなに長きにわたって、お互いをよく知る関係の親友がいるって・・・うらやましいほどすごいことだなと感じました。

 

本人の許可をいただいたので写真を掲載します。

 

 

また、以下は研究会の講演予定です。是非ご覧ください。

 

脳卒中片麻痺の観察による臨床歩行分析~分析のための基本と治療への展開~

日時:平成29年1月14日(土)東京都新宿区

<園部のコメント>

今回は弓岡光徳先生をお招きし、「脳卒中片麻痺の歩行分析」をテーマに講演頂きます。

いろいろな先生の歩行を考え方や分析の方法を理解し、治療アプローチまでを考える事は日々の臨床において極めて重要です。

講師の弓岡先生は「ペリー歩行分析 正常歩行と異常歩行 医歯薬出版」の翻訳者の一人であり、歩行の力学に最も精通している一人です。

当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

先着順にて応募受付中とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。

http://undouki.com/2016/10/cvawalkyumioka/

 

変形性膝関節症の理学療法(山田英司先生)

日時:平成29年2月11日(土)東京

<園部からの推薦文>

変形性ひざ関節症は、理学療法士において最も基盤となり、そして最も数多く見る疾患の1つです。

それを踏まえ、私の知人に、「膝OAで1番わかりやすく知識と技術を使い伝えられる療法士は誰ですか?」という問いに対して、それは「山田英司先生だと思います」という回答を得ました。これがこの講演を企画した最も大きな経緯です。山田英司先生は、理学療法列伝の第1号を執筆した逸材であり、今後最も注目される理学療法士の1人です。私自身、その考え方や実際の力を見せていただくことをとても楽しみにしています。ぜひご参加ください。

応募はこちらから

→ http://undouki.com/2016/10/kneeyamada001/

 

バイオメカニクスを用いた動作・歩行分析の理解と治療への展開(畠中 泰彦 先生)

日時:平成29年11月18日(土)東京
【園部からの推薦文】
畠中泰彦先生は、バイオメカと動作分析の第一人者です。この分野のトップランナーの話を聞いておくことは、臨床、研究などの思考過程において、生涯役立つ礎になると考えています。是非、ご参加下さい。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://www.youtube.com/watch?v=T43RVKK9C5E

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/07/20171118hatanaka/

歩行・走行動作を改善するためのPNFアプローチ 頭蓋ー下顎部の位置や運動のコントロールを中心に、PNFコンセプトを利用したアプローチ(市川 繁之先生)

日時:平成29年11月23日(祝)東京
講師:市川 繁之先生(Human Conditioning PNF center代表)
【園部からの推薦文】
市川繁之先生は、本邦におけるPNFの第一人者であり、最高峰の知識と技術を有していることは誰でも知っています。その市川先生が近年は「頭蓋ー下顎部の位置や運動のコントロール」を重要視しているそうです。その理由は、頭蓋や下顎部が身体運動やメカニカルストレスに大きな影響を与えるからのようです。そこで最も基本となる歩行・走行動作において、頭蓋や下顎部が「どのような影響を及ぼしているのか」また「治療としてどのように利用できるのか」について、お話し頂ければと思っております。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/e5o42O2fgyE

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/08/20171123pnf/

機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法 赤羽根良和先生!

日時:平成29年12月3日(日)東京
【園部からの推薦文】:
赤羽根先生の「膝」、マジで凄い!! って必ず思います。
臨床では痛みが主体となりますが、「痛みの発生機序は何か?」「痛みの部位と痛みを作っている部位との因果関係はどうか?」「組織が硬いから痛いのか?」「筋力が弱いから痛いのか?」「アライメントが悪いから痛いのか?」など、これらを適切に鑑別する必要があります。さらに、精度の高い評価から病態を推測し、そこからスキルの高い治療が求められます。これらを達成するには、解剖と機能解剖をベースとした基礎知識は重要です。今回の講演がこれらのクリニカル・ヒントになれば幸いです。

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=123018238

下肢の骨折の機能解剖学的運動療法(松本正知先生!)

日時:平成29年12月17日(日) 東京御茶ノ水
【園部からの推薦文】
いよいよこの研究会に骨折のリハビリに最も精通した松本 正知先生(桑名西医療センター)をお招きすることができました!
足関節では顆部骨折と天蓋骨折、膝関節周辺骨折では膝蓋骨骨折、股関節では大腿骨頸部骨折を題材として、それぞれの関節を治療するために必要な基礎知識の整理、整形外科的治療の理解、運動療法の考え方を座学にてお話ししていただきます。臨床、研究などの思考過程において、生涯役立つ礎になると考えています。
是非、ご参加下さい。

まずはこちらの紹介動画をご覧ください。(園部解説)!
→ https://www.youtube.com/watch?v=maDLgE0hEcQ

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/09/20171217matkougi/

神経内科医が語る 神経疾患の捉え方(神経内科医・玉川聡先生)

日時:平成30年1月7日(日)(JR川崎駅すぐ)
【園部からの推薦文】
今回は、たまがわクリニック院長、神経内科医の玉川聡先生をお招きします。
テーマは「神経内科医が語る 神経疾患の捉え方」です。神経内科医である先生が、どのような思考のもとに、どのような診察をして、診断に導くのかという流れから、各論として特徴的な神経変性疾患をとりあげ、その疾患の概説から最新治療に至るまでお話ししていただきますので、神経疾患の理解が深まります。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演ですので、是非、ご参加下さい。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/o8uosorzDdw

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/09/2018-01-07tamagawa/

マッスルインバランスの理学療法(荒木 茂 先生)

日時:平成30年1月27日(日)東京
【園部からの推薦文】:
荒木茂先生(日本理学療法協会理事)は、福井勉先生が「日本一 器の大きいPT」と称するほどの偉大な理学療法士です。
荒木先生のお話しを聞くと、「異常な姿勢アライメント」「異常な運動パターン」が「マッスルインバランス」と関与していることが分かります。
「マッスルインバランス」をしっかり評価できること、その意義を理解していること、改善できることが、どれだけ重要か・・・、その意味が分かって頂けると思います。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=Fv1jbTiPnNY&authuser=0

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=123357270

メールマガジンの登録

このブログのメルマガ登録をすると下記の情報をお知らせします

■力学的推論を理解するためのメール講座
このメール講座では50回以上に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。

■臨床と役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)
・ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 体幹から考える理学療法

  2. 鈴木俊明先生の体幹講演で得たもの

  3. 入谷式を伝えていく

  4. 怪物!鈴木俊明先生

  5. 入谷式神奈川支部の症例検討会

  6. 内山英司先生のアキレス腱断裂の書籍

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 「臨床家のための運動器研究会」を立ち上げて約8年になります。下記の写真に掲載した臨床家以外にも多…
  2. 先日、20年間乗っていた車がいよいよだめになり、車を買い替えました(^_^;)28歳のときに…
  3. 園部ブログをいつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。このブログを始めてちょうど1年に…
ページ上部へ戻る