menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事
  2. 畠中泰彦先生の「動作分析」講演を聴いて気付いたこと
  3. カイロプラティック・オステオパシーのトップランナー
  4. 電子ジャーナル10号発刊!!
  5. 脳性麻痺における倒立振り子(映像と解説)
  6. 第2回 臨床に役立つ治療技術集会 演題募集!
  7. すごい臨床家が狙う3つの身体部位
  8. 高齢者の足って、こうじゃないですか?
  9. 力学を学ぶ上で最高に良いものができました!
  10. 股関節痛で来院してきた症例で注意すること
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

今年1年を振り返って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「第1回学術集会」は、おかげさまでたくさんの人に応募頂いております。初めての企画だったので、反響があるのか心配だったのですが必ず満席になりそうです(^_^)。みんなで良い会にしましょう! 参加希望はお早めに。。。。
http://undouki.com/gakujutsu/gakujutsu-2017-1st/

さて、今年ももう終わりですね・・・。
今年1年は私にとって、とても良い1年でした。そして、人生で一番働いた年でした(ほとんど、朝の2時起きてがんばりました。寝る時間ですね・・・・(^_^;) )。
そして、何より自分自身が理学療法士として、1番成長できたと強く感じる1年でした。
このブログを始めて、1番最初の記事にも書きましたが(http://pt-sonobe.com/archives/361)、こんな47歳のおっさんにもなって、今年が1番成長できたと思えたことは、自分自身とても嬉しく思っています。

私は入谷式の治療を通じて、ここまで25年間理学療法を行ってきました。
今では、、、、、、入谷先生とは全く治療のやり方が変わっています
ただ入谷式の治療概念そのものは全く同じだと自分では思っています。
そして今後、、、、、、入谷先生亡き後、入谷式の治療概念を私なりにしっかりと伝えていかなければならないと強く感じております。

入谷先生は入谷先生のやり方、私は私のやり方で良いのだと思います
なぜなら、入谷先生は天才的な臨床家ですし、私は凡人なのですから・・・・・。

でもその中で入谷先生が築き上げた治療概念をしっかりと捉え、その概念の中でこの業界の治療が発展していくような礎を作りたいと強く思っているのです。

そして、この今の考えを天国の入谷先生も「それでいい!」と言ってくれているように、勝手ながら思っています。

私の目標や達成すべきことは、まだまだ先にあります・・・・・。

でも、「ここまでわかってきた!」と思える環境の中で、これから目一杯自分で未開拓地帯にガンガン走っていけると思うと、不安もあるけど、、、、楽しみでワクワクします。

もう47歳のおっさんですが、、、、、、
まだまだ成長できる!・・・そう強く信じて来年も前進していきます!
今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

下記は先日足底板を作成したロンドンオリンピックおよびリオオリンピック陸上200m代表の高瀬選手です。本人に快く許可を頂いたので、写真を掲載します。

本人も私も納得する動きを作ることができました。

日本のトップスプリンターを診るといつも思うのですが、日本最高速の走りを・・・目の前で見られるって・・・   よく考えるとすごいことだな、って思うのです(^_^)

 

 

====園部企画の講演予定======
「脳卒中片麻痺の観察による臨床歩行分析~分析のための基本と治療への展開~」
日時:平成29年1月14日(土)東京都新宿区
園部のコメント
今回は弓岡光徳先生をお招きし、「脳卒中片麻痺の歩行分析」をテーマに講演頂きます。
いろいろな先生の歩行を考え方や分析の方法を理解し、治療アプローチまでを考える事は日々の臨床において極めて重要です。
講師の弓岡先生は「ペリー歩行分析 正常歩行と異常歩行 医歯薬出版」の翻訳者の一人であり、歩行の力学に最も精通している一人です。
当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

先着順にて応募受付中とさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。
http://undouki.com/2016/10/cvawalkyumioka/

 

「変形性膝関節症の理学療法(山田英司先生)」
日時:平成29年2月11日(土)東京
園部からの推薦文:
変形性ひざ関節症は、理学療法士において最も基盤となり、そして最も数多く見る疾患の1つです。
それを踏まえ、私の知人に、「膝OAで1番わかりやすく知識と技術を使い伝えられる療法士は誰ですか?」という問いに対して、それは「山田英司先生だと思います」という回答を得ました。これがこの講演を企画した最も大きな経緯です。山田英司先生は、理学療法列伝の第1号を執筆した逸材であり、今後最も注目される理学療法士の1人です。私自身、その考え方や実際の力を見せていただくことをとても楽しみにしています。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2016/10/kneeyamada001/

神経内科医が語る 神経疾患の捉え方(神経内科医・玉川聡先生)

日時:平成30年1月7日(日)(JR川崎駅すぐ)
【園部からの推薦文】
今回は、たまがわクリニック院長、神経内科医の玉川聡先生をお招きします。
テーマは「神経内科医が語る 神経疾患の捉え方」です。神経内科医である先生が、どのような思考のもとに、どのような診察をして、診断に導くのかという流れから、各論として特徴的な神経変性疾患をとりあげ、その疾患の概説から最新治療に至るまでお話ししていただきますので、神経疾患の理解が深まります。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演ですので、是非、ご参加下さい。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/o8uosorzDdw

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/09/2018-01-07tamagawa/

マッスルインバランスの理学療法(荒木 茂 先生)

日時:平成30年1月27日(日)東京
【園部からの推薦文】:
荒木茂先生(日本理学療法協会理事)は、福井勉先生が「日本一 器の大きいPT」と称するほどの偉大な理学療法士です。
荒木先生のお話しを聞くと、「異常な姿勢アライメント」「異常な運動パターン」が「マッスルインバランス」と関与していることが分かります。
「マッスルインバランス」をしっかり評価できること、その意義を理解していること、改善できることが、どれだけ重要か・・・、その意味が分かって頂けると思います。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://www.youtube.com/watch?v=Fv1jbTiPnNY&authuser=0

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=123357270

股関節疾患の画像解剖に基づく運動療法(浅野昭裕先生)

日時:2018年2月11日(日)
【園部からの推薦文】:
浅野昭裕先生は、林典雄先生や赤羽根先生が所属する整形外科リハビリテーション学会の代表理事を務める最高の臨床家です。我々の臨床で極めて多い股関節疾患について、画像解剖から鋭く解説していただきます。浅野先生の股関節の講演はなかなか決めませんよ(^_^)
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://youtu.be/jIKsvCzSE7M

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/2018-02-11asanoseminer/

変形性膝関節症に対する保存的治療戦略(山田英司先生)

日時:平成30年2月12日(祝)東京

【園部からの推薦文】:

山田英司先生は、変形性膝関節症の理学療法において本邦で最も著名な先生の一人です。変形性膝関節症は2400万人いると言われています。だから、変形性膝関節症を知り尽くした先生から、学ぶ事はあまりにも大きな意義があります。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/yIX2a6W1FEw

応募はこちらから
http://undouki.com/2017/10/20180212yamadaknee/

 

私の考える脳卒中の理学療法

1.PNFを用いた脳卒中患者の評価と治療(松田現先生)

2.効果的な理学療法の実現(佐藤房郎先生)

日時:平成30年3月4日(日)東京

【園部からの推薦文】:
脳卒中を学ぶのに、信頼できる最高の2人の先生をお招きしました。
この2人のトップランナーの脳卒中の講演を1日で同時に学べる機会はまずありません。最高のセラピストが、脳卒中を「どのように捉え」そして「どのように治療に展開しているのか」、そういったことを学んでおくことは全ての治療においてとても重要です!

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://youtu.be/CorsnIbwbvE

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180304cva2/

日常行動における動作戦略としての4スタンス理論と障害について(廣戸聡一先生)

日時:平成30年3月11日(日)東京

【園部からの推薦文】:
この人は本物の怪物です。
私は4スタンス理論をリハビリの分野を・・・、必ず融合させたいと思っています。そのくらい臨床的にあまりに意義のある概念です。先入観を持たず、廣戸先生の話を一度は聞いて下さい。これまでの概念が一変するような、度肝抜かれる理論と技術であることがわかります。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://youtu.be/klvPLFnnT_M

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180311hiroto/

 

『腰痛症に対する多面的考察と筋の連動性を用いた臨床アプローチ(川井筋系帯療法を応用したアプローチ)

日時:平成29年3月21日(祝)東京
【園部からの推薦文】:
今回は川井筋系帯療法治療センター院長の川井太郎先生をお招きします。我々の業界において、筋のアプローチをできることはとても重要な技術になります。しかもその技術は複数習得しておくとさらに印象に行かしやすくなります。そういった意味で、川井筋系帯療法は、科学的理論に立脚しながら従来の西洋医学や一般的な常識にはとらわれず、斬新な着想と方法で研究と実践を積み重ねております。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180321kawai/

 

メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:1715名(2017.12.1時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measure/domain/sp_setting/index.html

【AU】
http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/mail/anti-spam/fillter/function-11/

【Softbank】
http://www.softbank.jp/mobile/support/antispam/settings/indivisual/whiteblack/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 高齢者の足って、こうじゃないですか?

  2. 高齢化社会に療法士が貢献できること

  3. 自分の生き方を見つけた瞬間

  4. 臨床27年目で新たなステージへ

  5. すごい臨床家が狙う3つの身体部位

  6. 入谷式を伝えていく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 先日、本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事があったんです。このことは、私にとって、そし…
  2. 先日、畠中泰彦先生の「動作分析」の講演を受講しました。畠中先生はバイオメカニクスではこの業界…
  3. 先日、臨床家のための運動器研究会で、伊澤勝典先生をお招きしました。伊澤勝典先生は、カイロプラティ…
ページ上部へ戻る