menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 怪物!鈴木俊明先生
  2. 開始肢位の重要性
  3. 開院記念パーティーと今の想い!
  4. 必見!! 膝OAの簡単テーピング
  5. 高齢化社会に療法士が貢献できること
  6. 入谷誠先生のお墓参り
  7. 『考え方』×『力量』×『熱意』
  8. 胸郭の可動性の重要性
  9. 臨床における姿勢の重要性
  10. 出版社の社長就任
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

読者からの質問(脚長差への介入)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもこのブログをご愛顧いただきありがとうございます。
読者から下記の質問がありました。

========
ひとつ質問させて下さい。以前、脚長差に対する補高について3センチあっても1ミリ程度の挿入で良くなった(確か長年跛行で苦労していた地方から来た年配の方だったと…)と仰っていたことがあったと思います。もちろん症例によって異なるとは思いますが、その方の場合どういった機序だったのでしょうか?詳しく知りたいです。入谷式と名のつくものは手当たり次第に勉強し、園部先生のDVDも穴が開くほど見て、勉強会にも何度か参加させて頂いてますので多少専門的な用語が入っても理解出来ると思います。大変ご多忙とは思いますが、ご返答の程よろしくお願い致します。
========

臨床で疑問に感じることの多い良い質問だと思います。
私の場合、脚長差の補正には、まず機能解剖学的なアプローチが必要だと考えています。というのは、長さが違うことは変えられませんが、機能的に脚長差を作る要素を取り除いていくことがまず大事だと考えています。

例えば膝の伸展制限や、股関節の内転制限は機能的な脚長差を作ることを知っておくことが必要だと考えます。
そしてその後に、インソールで調整するのですが、この補正は昔とはずいぶん脚長差の調整の仕方が私なりに変わってきています

昔は後足部やヒールレイズの調整で長さを変えていたのですが、それよりもむしろ倒立振り子を優先してまず動きを誘導します。
なぜなら、倒立振り子の動きをよくすると、それほど特別な操作をしなくても脚長差の感覚が少なくなるのが事実なんです。
つまり倒立振り子がスムースな動きになると、機能的脚長差はかなり補正されます。
その上で、本人との感覚で、長さが揃ってくる程度まで、踵全体に補高をしています。
脚長差が3センチ位の症例では、最後に補高するのはおよそ1ミリから8ミリ程度に収まります

下記は最近来た脚長差のある実際の症例です。
20年程前に両方のTHAをやって、股関節はガチガチ拘縮しています。
脚長差は3センチぐらいはあると思います。
まずは下記の映像を見て下さい。

この患者さんの場合、最終的に補高したのは2ミリです。これ以上足すと、倒立振り子が崩れるし、また本人も腰に違和感を感じるので、2ミリ補高するのが最も安定した歩行になりました。
たった2ミリで・・・、これだけ体がまっすぐの感じになり、痛みもほとんどなくなっています。
本人からは「ずっと悩んできたけど、歩くのが本当に本当に楽になりました」と喜んでいただいています。
(^_^)

 

赤羽根先生が執筆した腰椎のガイドブックも、園部が編集に関わりました。
これは素晴らしい書籍です(^_^)
5月9日発売!
先行販売は下記です。
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=116062758

 

臨床家のための運動器研究会の講演(園部が企画しました)

赤羽根先生と藤縄先生の2つのセミナーを比べることで、腰痛の「考え方」で見えてくることがたくさんあると思います。

腰痛疾患の仮説検証作業の実際(藤縄 理 先生)

日時:平成29年6月10日(土)10:00-16:00 東京
園部からの推薦文:藤縄先生の話を聞くと、徒手療法が仮説検証のもとに成り立っているということが良く分かるんです。そして、様々な分野の運動療法に非常に多く応用できることが分かると思います。しかも今回は、実際に腰痛の症例を提示して、仮説検証のもとに、評価と治療を行って頂きます。おそらく、この要望を受けてくれる先生はそうはいないと思います。
そして、午後はいろいろな身体の動かし方の技術をデモして頂けるとのことです。絶対、臨床に役立つ講演です!
是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/L14PiMYrIFc
応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/03/20170610fujinawa/

私の企画したセミナー

私の考える膝関節・足関節の理学療法

日時:平成29年8月27日(土) 東京
【園部からの推薦文】
4月に行われたセミナーでは園部俊晴先生に「足関節」と赤羽根良和先生に「膝関節」についてご講演いただきましたが、今回は園部先生に「膝関節」赤羽根先生に「足関節」についてご指導いただきます。豊富な経験に基づいた評価と治療方法をお二人から学ぶ絶好の機会をお見逃しなく。膝も足も「本当によくなるんだあ!」ということを分かって頂けると思いますよ(^_^)

是非、下記の映像を参照ください(園部解説)!
→ https://www.youtube.com/watch?v=Yjui38NM0sY

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=118429557

姿勢(立位・座位)の臨床意義を考える 中村尚人・園部俊晴

日時:平成29年9月9日(土)多摩市民館
【園部からの推薦文】
”姿勢”の臨床的重要性を列挙すると・・・
「全ての運動の開始肢位となる」「全ての運動のデフォルトとなる」「バランス活動との関連性が高」「痛みと関連している」「筋緊張と関連している」「転倒と強く関連している」「高齢化に伴う変化と関連している」「美しさと関連している」「心と関連している」などなど・・・、あまりに多くのことに影響を及ぼします。今回は、力学の視点から園部がお伝えし、ヨガ・ピラティスの視点から中村尚人先生に説明して頂きます。
中村先生は「真理〜進化学・比較解剖学」を踏まえて話して頂きますが・・・めちゃめちゃ面白いですよ(^_^)

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/ON4uk3CYWd4

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/06/20170909ns/

ボバースコンセプトにおける脳卒中ADLアプローチ(山本伸一先生)

日時:平成29年9月17日(日)東京
【園部からの推薦文】:
「身体機能と活動」は、並列的に診るために、体幹機能と上肢の機能の双方を理解する必要があります。ボバースコンセプトは、身体機能を診ていくうえで非常に役に立つと感じています。今回、ボバースの初心者でも分かりやすく講演頂けると思います。また、具体的なADLアプローチを紹介頂きます。「身体機能なくして活動は診ることはできません。」それができるのは、セラピストです。

下記は園部が校正に携わったボバース書籍の映像です。ボバースコンセプトの一部が分かると思います。是非、ご覧下さい!
→ https://www.youtube.com/watch?v=r_VzXPQzmKY

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=118430980

膝関節の理学療法(半月板のリハビリテーション・変形性膝関節症のリバビリテーション) 園部俊晴・今屋 健

日時:平成29年9月24日(日)東京
【園部からの推薦文】:
一日で、「半月板のリバビリテーション」、「変形性膝関節症のリバビリテーション」を学べる充実した講演会です。今屋先生は、半月板損傷の患者を日本でも最高数に近い数を診ています。絶対参考になる話がたくさん聞けると思います(^_^)
また、膝OAでは痛みの要因を説明し、「何を予防すればよいのか」「どうしたら痛みを少なくできるのか」「生活で何を気をつければ良いのか」など、園部の考えを話します。すべての療法士に役立つ知識になることを約束します。

是非、下記の映像を参照ください!
https://www.youtube.com/watch?v=Yjui38NM0sY

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/06/20170924imayasonobe/

肩関節インピンジメント症候群の見方と運動療法の考え方について(赤羽根良和)

日時:平成29年10月15日(日)東京
【園部からの推薦文】:
肩峰下インピンジメント症候群を中心にインピンジメントの病態の理解と機能解剖を解説します。臨床経験5年程度のセラピストの方を対象としていますので、基本的なことがらを押さえながら丁寧に説明をしていきます。このセミナーを理解することで、インピンジメントの病態を理解し、どのような運動療法が有効かを考えていけるよう指導していきます。
最高のセラピストの本物の技術を是非学んでください。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://www.youtube.com/watch?v=6qp9dwfXXwE

応募はこちらから
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=119403112

バイオメカニクスを用いた動作・歩行分析の理解と治療への展開(畠中 泰彦 先生)

日時:平成29年11月18日(土)東京
【園部からの推薦文】
畠中泰彦先生は、バイオメカと動作分析の第一人者です。この分野のトップランナーの話を聞いておくことは、臨床、研究などの思考過程において、生涯役立つ礎になると考えています。是非、ご参加下さい。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://www.youtube.com/watch?v=T43RVKK9C5E

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/07/20171118hatanaka/

歩行・走行動作を改善するためのPNFアプローチ 頭蓋ー下顎部の位置や運動のコントロールを中心に、PNFコンセプトを利用したアプローチ(市川 繁之先生)

日時:平成29年11月23日(祝)東京
講師:市川 繁之先生(Human Conditioning PNF center代表)
【園部からの推薦文】
市川繁之先生は、本邦におけるPNFの第一人者であり、最高峰の知識と技術を有していることは誰でも知っています。その市川先生が近年は「頭蓋ー下顎部の位置や運動のコントロール」を重要視しているそうです。その理由は、頭蓋や下顎部が身体運動やメカニカルストレスに大きな影響を与えるからのようです。そこで最も基本となる歩行・走行動作において、頭蓋や下顎部が「どのような影響を及ぼしているのか」また「治療としてどのように利用できるのか」について、お話し頂ければと思っております。

是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/e5o42O2fgyE

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/08/20171123pnf/

メールマガジンの登録

このブログのメルマガ登録をすると下記の情報をお知らせします

■力学的推論を理解するためのメール講座
このメール講座では50回以上に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。

■臨床と役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)
・ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 読者からの質問「倒立振り子」の見方

  2. 読者からの質問(後足部角とレッグヒール角)

  3. 読者からの質問「膝関節の外旋と膝蓋下脂肪体との関連性について」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 8月12日の座学と、8月13日の実技の二日間の講演を鈴木俊明先生にしていただきました。…
  2. 研究会や、書籍の編集などで、これまでこの業界の多くのトップランナーと接してきました。また、自…
  3. 先日、コンディション・ラボの開院記念パーティーを開催させて頂きました。ドクター3名を含む、総勢4…
ページ上部へ戻る