menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違
  2. 足関節外反捻挫後の粘り強い痛み
  3. そうだ!コンディション・ラボがあるじゃない!
  4. 獲得可動域と実用可動域を知ってますか?
  5. 私と弟子たちの未来への構想
  6. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!
  7. 何年も正座ができない患者っていますよね!「歳だから…」と思ってませんか…
  8. 滑走障害の病態がイメージできてますか?
  9. 夢が叶った瞬間!
  10. 足関節底屈制限を改善するテクニックを紹介!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

治療技術の募集

なぜ、皆様の「治療技術」を募集するのか

この業界には、勉強家であり、実績も上げながら、ただ自分が働いている周辺だけに自身の力を活かしている人がいると思います。 医療は貢献を重んじる業種であることから、こういった知識や技術が埋もれてしまうとしたらもったいないと感じます。
そこで、「学んだ知識や技術を公開する場をつくってはどうだろう」と思い、このサイトを作成しました。ネット上に公表すれば、自分の技術を広めることもできますし、またそのことがたくさんの患者さんの助けるなると思います。

「自分の知識を多くの人に提供するための場」がないことは事実ですので、自らの知識や技術を療法士や患者様に役立てるために、このサイトをご利用してもらえばと思います。
下記に、必要事項をご記入の上、「治療技術の内容」をお送りください。素晴らしい治療技術があれば、私のサイトでぜひ紹介したいと思っております。たくさんのご応募お待ちしております。

    内容に問題がなければチェックボックスにチェックを入れて送信ボタンを押してください(スパム対策です)

    なお、記入例を下記に示しておきます。参考にして頂けると幸いです。
    → 記入例を見る

    公開の選考を検討する折には、治療技術を5分程度までの映像に編集頂き、送っていただきます。あらかじめご了承ください。

    ※注意
    「自分のもっている知識や実績を発信したい」という強い信念をもった方だけが応募するようにしてください。
    またウェブサイトや書籍からコピペしたような知識や技術の公開は、ご遠慮ください。著作権を侵害してしまった場合、当サイトは多大なる被害を受けることになります。

    他には、以下のような注意点があります。
     ○ 虚偽の内容を作成しないでください。
     ○ 著作権物からの盗作・転用は、しないでください。

    ピックアップ記事

    1. 臨床においてスポーツ損傷を診るうえで、まず理解しなければならないことがあります。それは一般整形疾患に…
    2. 先日、バスケットの実業団選手で、外反捻挫の後、痛みが長く取れない患者が来ました。…
    3. 先日、 首が痛くて本当に困っている患者がコンディション・ラボに来てくれました。なんと4年も前…

    Facebook

    twitter

    Instagram

    Instagram は200を返しませんでした。

    フォロー

    ページ上部へ戻る