menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違
  2. 足関節外反捻挫後の粘り強い痛み
  3. そうだ!コンディション・ラボがあるじゃない!
  4. 獲得可動域と実用可動域を知ってますか?
  5. 私と弟子たちの未来への構想
  6. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!
  7. 何年も正座ができない患者っていますよね!「歳だから…」と思ってませんか…
  8. 滑走障害の病態がイメージできてますか?
  9. 夢が叶った瞬間!
  10. 足関節底屈制限を改善するテクニックを紹介!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

カテゴリー:質問への回答

年に一度は母の身体のメンテナンスをしています。メンテナンスは、チェックをすることがたくさんあります。こうやって、自分の周りの大切な人たちの健康に携わっていく…

ワンピースは、いよいよ「和の国編」に入りましたね (^_^)今回は最高に面白くなりそうですね。最後に、カイドウと対決するんだと思います。今から興奮しますね(…

いつも園部ブログをご愛顧ありがとうございます。読者からこんな質問がありました。今診ているかたは20歳の学生で、10代前半のころから下腿の痛みや腰痛があり、ヘルニアと診断されたそうです。SLRやブラガードテストは陽…

先日、20年間乗っていた車がいよいよだめになり、車を買い替えました(^_^;)28歳のときに購入し、48歳まで乗りました。こんな人・・・・、いませんよね(^_^)さて・・・、私の講演に来る受講生から、とても多くい…

いつもこのブログをご愛顧いただきありがとうございます。読者から下記の質問がありました。========ひとつ質問させて下さい。以前、脚長差に対する補高について3センチあっても1ミリ程度の挿入で良くなった(確か長年跛行で苦労し…

いつもこのブログをご愛顧いただきありがとうございます。読者から下記の質問がありました。園部先生のセミナーに参加して、臨床に還元しています。ありがとうございます。その中で整理質問させていただきたいことが…

読者からこんな質問がありました。「膝外旋ストレスと膝蓋下脂肪体について質問があります。 メール講座の可動性に関する仮説検証作業の<力学的推論>の中で「膝蓋下脂肪体と仮説した場合、膝関節には外旋ストレスを受けていることが多い」と説明さ…

読者からこんな質問がありました。「歩行分析に関し、園部先生の勉強会に参加させて頂き、その内容を踏まえての質問です。勉強会の後、倒立振り子を理解すべくスタッフの身体を借りて積極的に歩行の評価に励んでおります。そこで質問なの…

ピックアップ記事

  1. 臨床においてスポーツ損傷を診るうえで、まず理解しなければならないことがあります。それは一般整形疾患に…
  2. 先日、バスケットの実業団選手で、外反捻挫の後、痛みが長く取れない患者が来ました。…
  3. 先日、 首が痛くて本当に困っている患者がコンディション・ラボに来てくれました。なんと4年も前…
ページ上部へ戻る