menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 滑走障害が生じる理由!教えちゃいます!
  2. 骨関節の形態特性の重要性!知ってますか
  3. 痛みが生じやすい「屈折部位」に着目せよ!
  4. 私の資産!あなたの資産ももっと大きくできる!
  5. 新しい弟子を募集
  6. 片麻痺の姿勢と振り出しの特徴を深掘りする!
  7. スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違
  8. 足関節外反捻挫後の粘り強い痛み
  9. そうだ!コンディション・ラボがあるじゃない!
  10. 獲得可動域と実用可動域を知ってますか?
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきます。

滑走障害は臨床であまりにも多い病態です。滑走障害を認識している医療人はそれほど多くありませんが、いつもこのブログでも紹介しているように、その評価方法がわかると滑走障害の病態が非常に多いことがわかります。…

私はどの患者を見る時も、骨関節の形態と可動性をチェックします。なぜだと思いますか?それはその人の持っている骨格の形態と可動性によってある程度動き方が決まってくるからです。…

人の身体をよく観察すると、腱や筋がカーブしてテコのようになっている「屈折部位」がたくさんあります。こうした部位を「wrap around構造」と言い、痛みが出やすいポイントとして知られています。例…

昔、大ヒットした「金持ち父さん、貧乏父さん」という本を知っていますか?この本の中で、「資産」と「財産」の違いについて詳しく書かれていますが、あなたは「資産」と「財産」の違いを述べることができるでしょうか?…

2022年4月から弟子を1人増やそうと考えています。今回の弟子は、運動と医学の出版社に入職してもらいます。私の臨床教育を受けながら、出版社の仕事も行ってもらいます。もちろん、生活に困らない十分な給料もでます。さらに、弊社は本…

片麻痺患者の姿勢や歩行動作には特徴があります。例えば、イラストのように麻痺側の殿部を後方に引いた姿勢はよく見られ、麻痺側下肢を降り出す場合ヒップハイカーやぶん回し歩行など、健常人では見られない異常な動きを…

臨床においてスポーツ損傷を診るうえで、まず理解しなければならないことがあります。それは一般整形疾患に比べ、「スポーツ活動に耐えうる機能を再獲得し競技復帰させることを念頭に置かなければならない」ということです。一般整形疾患にお…

先日、バスケットの実業団選手で、外反捻挫の後、痛みが長く取れない患者が来ました。痛みは内果後方にあり、三角靭帯損傷と診断されていました。よく話を聞いてみると、動き始めがすごく痛いらしく、踏み込み時に背屈すると内果…

先日、 首が痛くて本当に困っている患者がコンディション・ラボに来てくれました。なんと4年も前から首が痛くなって、ずっと困っていたようです。整形外科に行っても、マッサージに行っても、整骨院に行っても……

日常生活において、股関節や膝関節、足関節は使用角度としてどのくらいの角度が必要なのかを、皆さんはご存知でしょうか。これについての答えは、すでに多くの文献に掲載されています。しかし、ここで知っておかなければ…

さらに記事を表示する

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきますので、共感しましたしたらこのブログをSNSなどで広めて頂けると幸甚です。

最新記事

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ピックアップ記事

  1. 滑走障害は臨床であまりにも多い病態です。滑走障害を認識している医…
  2. 私はどの患者を見る時も、骨関節の形態と可動性をチェックします。な…
  3. 人の身体をよく観察すると、腱や筋がカーブしてテコのようになっている「屈折部位」がたくさんあり…
ページ上部へ戻る