menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 生涯をかけて突き詰めた!変形性膝関節の保存療法
  2. 学生からの大切な質問!馬鹿げたエビデンス信者のお話
  3. 旅立ち!俺たちはさらなる高みを目指す
  4. 術後20年間、力の入らなかった症例
  5. 園部セレクト5選
  6. 未来が見える!エコーを使った運動療法(症例映像付)
  7. 術後の筋力…ずっと鍛えさせるつもりですか?
  8. 滑走障害が生じる理由!教えちゃいます!
  9. 骨関節の形態特性の重要性!知ってますか
  10. 痛みが生じやすい「屈折部位」に着目せよ!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきます。

昨年、盟友である山田英司先生が逝去されました。写真にある私と、今屋 健先生、山田英司先生は、ほぼ同世代で、とても仲が良かったんです。一緒に食事をすると、家族のこと、仕事のこと、人生のことなど、話は付きませ…

先日、久しぶりに大学で授業を行いました。その授業の終わりに学生からこんな質問を受けました。実習中に、膝関節の伸展制限の原因が膝蓋下脂肪体だと感じたので、スーパーバイザーに「膝蓋下脂肪体を柔らかくする治療を…

明けましておめでとうございます。皆さんはどんな年末年始でしたか。私は、毎年、年末はスキーに行くのが、家族の恒例となっています。正月は、今年は、コロナがまだ心配なので、親戚も含め、あまり人とは会わず家族で過ごしました。…

先日、術後20年もの間「膝屈曲の筋力が極端に低下」している症例が来ました。でも2回目にいらした時、「筋力の左右差がほとんどなくなったんです!」と喜んでくれました(^_^)今回の症例のように、術後長期間、力…

人のこころを育てるのに最も役立つのは読書だと思います。『7つの週間』の スティーブン・アール・コビー博士も同じことを言っています。読書と年収との関係をみると、「年収の低い人に比べて年収の高い人のほうが読書量は多く、年収と読書…

運動器エコーは今後、急速に発展していき、私たちセラピストにとってかなり身近なものになっていくと思われます。大きな発展を遂げる岐路は、おそらく保険点数化が鍵を握っていると私は考えています。現在の日本の保険点…

術後、長期間、筋力がつかない人って多いですよね?そして、筋力がつかないのは「患者の努力が足りない」と思い込んでいませんか??確かに、指導したエクササイズをあまり行ってくれない患…

滑走障害は臨床であまりにも多い病態です。滑走障害を認識している医療人はそれほど多くありませんが、いつもこのブログでも紹介しているように、その評価方法がわかると滑走障害の病態が非常に多いことがわかります。…

私はどの患者を見る時も、骨関節の形態と可動性をチェックします。なぜだと思いますか?それはその人の持っている骨格の形態と可動性によってある程度動き方が決まってくるからです。…

人の身体をよく観察すると、腱や筋がカーブしてテコのようになっている「屈折部位」がたくさんあります。こうした部位を「wrap around構造」と言い、痛みが出やすいポイントとして知られています。例…

さらに記事を表示する

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきますので、共感しましたしたらこのブログをSNSなどで広めて頂けると幸甚です。

最新記事

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ピックアップ記事

  1. 昨年、盟友である山田英司先生が逝去されました。写真にある私と、今屋 健先生、山田英司先生は、…
  2. 先日、久しぶりに大学で授業を行いました。その授業の終わりに学生からこんな質問を受けました。…
  3. 明けましておめでとうございます。皆さんはどんな年末年始でしたか。私は、毎年、年末はス…
ページ上部へ戻る