閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 長続きする殿部痛は寛骨三筋が原因かも?寛骨三筋の機能解剖と評価を解説!…
  2. 滑走障害はなぜ起こるのか?④
  3. 滑走障害はなぜ起こるのか?③
  4. 滑走障害はなぜ起こるのか?②
  5. 滑走障害はなぜ起こるのか?①
  6. 股関節の可動域は何が大切?
  7. 理学療法士・作業療法士の年収やキャリアアップについて
  8. 梨状筋の過緊張に対する2つのストレッチ
  9. 大殿筋の2つの線維を区分けする意義
  10. 後大腿皮神経および下殿皮神経による殿部痛を診るためのプロセス
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

寛骨三筋とは、内閉鎖筋、上・下双子筋を合わせた総称のことです。寛骨三筋と聞いて、あまりピンとこないセラピストが多いと思います。しかし、着目して臨床を行ってみると、寛骨三筋による疼痛や張り感の訴えは決して少なくないということが分かります。…

今回は「滑走障害が生じる理由」を4回に渡って解説するブログのいよいよ最終回になります。前回までのブログでは、私が考える滑走障害が生じる4つの理由のうち、「摩擦負荷の繰り返しによって生じる滑走障害」、「摩擦負荷の繰り返しによって生じる滑走…

今回は滑走障害が生じる理由を解説する第3回目になります。前回までのブログでは、私が考える滑走障害が生じる4つの理由のうち、「組織の損傷および炎症を起点に生じる滑走障害」、「摩擦負荷の繰り返しによって生じる滑走障害」の2つの理由について深…

今回は「滑走障害が生じる理由」を4回に渡って解説するブログの第2回目になります。前回のブログでは、私が考える滑走障害が生じる4つの理由のうち、「組織の損傷および炎症を起点に生じる滑走障害」について深掘りして解説しました。組織損傷なら…

私は多くの講演で、組織間の滑走性と痛みとの関係について説明してきました。その中で、受講生からよく聞かれる質問があります。それは、「滑走性の低下が生じる理由は何でしょうか」という質問です。確かにこの…

股関節は体幹と下肢を連結して動く大切な関節です。それも踏まえ、股関節の可動性がある方が良いことは誰でもイメージできると思います。では、「股関節の可動域の中でも何が大切ですか?」と聞かれたら、明確に答えられるでしょうか?結論から述…

今回のブログでは理学療法士の年収やキャリアアップについてお話したいと思います。少し耳の痛い話かもしれませんが、皆さんの今後の人生を豊かにするためにも最後までご覧ください。以下は、厚生労働省が発表した理学療法士の収入だ…

皆さんは関節肢位を考慮して操作を行っていますか?臨床で梨状筋に過緊張を伴っている事は非常に多いです。その場合、ストレッチングを行う際、私は2つのタイプでストレッチングの仕方を分けています。1つ目は、大腿骨前捻角が…

今回のブログでは、大殿筋を2つの線維に区分けする意義について紹介したいと思います。大殿筋が股関節伸展に作用することは、どのセラピストでも知っていることだと思います。しかし、それだけでは臨床では足りないと思います。今回…

“後大腿皮神経”および“下殿皮神経”による障害を意識したことがある医療者はそれほど多くないと思います。しかし、注意深く診ていくと、後大腿皮神経および下殿皮神経の障害による下殿部痛や大腿後面部痛を有する患者は、どの施設にいても一定数いると…

さらに記事を表示する

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきますので、共感しましたしたらこのブログをSNSなどで広めて頂けると幸甚です。

最新記事

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

フォロー

ピックアップ記事

  1. 寛骨三筋とは、内閉鎖筋、上・下双子筋を合わせた総称のことです。寛骨三筋と聞いて、あまりピンとこないセ…
  2. 今回は「滑走障害が生じる理由」を4回に渡って解説するブログのいよいよ最終回になります。前回までの…
  3. 今回は滑走障害が生じる理由を解説する第3回目になります。前回までのブログでは、私が考える滑走障害…
ページ上部へ戻る