menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 入谷誠先生が常々言っていた、歩行動作における前後成分の概念!
  2. たった4つの技術から広がる私たちの無限の可能性!
  3. 股関節伸展制限が与える影響!腰椎では前弯だけじゃない!
  4. 治療手技に支配されてはダメ!それでよいのは先駆者だけです!
  5. 踵後面の痛み! ときどき診ませんか?(映像付)
  6. 林典雄先生の運動器機能解剖学研究所へ訪問!
  7. 冬だけ痛くなる! こんな症状ときどきありませんか?
  8. ワクワクできる仕事を行うことが、“成長”を育む!
  9. 股関節の痛みに伴う殿部痛!あなたは医師が見ていても自信満々で変えること…
  10. なんとなく曲げ伸ばしをして、歩かせる。なんとなく行動から卒業しませんか…
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきます。

私が入谷誠先生の師事を受けるようになったのは、理学療法士になって1年目の5月からでした。つまり、新人の時から伝説的な理学療法士のもとで学ぶことができたわけです。今でも、考えれば…

あなたに質問があります。「運動器医療において、我々セラピストが臨床でできることには、どのようなことがあるでしょうか?」この質問への回答はとても重要です。…

股関節伸展制限の影響として、上の図に示すように「腰椎が前弯して骨盤が前傾する」ような姿勢がよく描かれます。実際に股関節伸展制限のある患者が、こういった代償的な姿勢をとることはよく見受けます。   …

「〇 〇 法」「○ ○ 療法」「○ ○ アプローチ」など我々の業界にはたくさんの治療手技があります。そしてその治療手技を学ぶと、それだけが全てと言わんばかりの解…

臨床をやっていると、たくさんの発見があります。そこでいつも気づくことがあるんです。それは「こんな病態あるんだ!」と珍しい病態を発見した後に、よくよく臨床で注…

先日、林典雄先生の運動器機能解剖学研究所にはじめて訪問しました。壁一面に著名なプロ野球選手のユニホームが飾ってあり、林先生の臨床家としての凄みを改めて痛感しました。林先生と話し…

先日、足底筋膜炎で何度か診ている患者がきました。いわゆる足底筋膜炎の症状は、インソールでよくなったのですが…「冬だけ足底全体に動き始めだけ痛くなる」という症状が残っていました。…

弟子たちと、運動と医学の出版社の社員から、続々新しい企画が生まれ、真に我々の業界に役立つ素晴らしい企画がたくさん立てられています。どの企画も必ず達成したいと思うものばかりです。…

股関節の痛みをその場で変えてみせるセラピストはそれほど多くありません。実際に痛みを変えるためには、まず「痛みを発している組織」を含めた病態を理解する必要があります。…

あなたが仕事で大切にしていることは何ですか?これは人によって様々だと思います。↓「目の前の患者さんの痛みを良くする」「臨床推論に基づく治療をする」「患者さんのニーズを尊重したリハビリをする」…

さらに記事を表示する

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきますので、共感しましたしたらこのブログをSNSなどで広めて頂けると幸甚です。

最新記事

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ピックアップ記事

  1. 私が入谷誠先生の師事を受けるようになったのは、理学療法士になって1年目の5月からでした。…
  2. あなたに質問があります。「運動器医療において、我々セラピストが臨…
  3. 股関節伸展制限の影響として、上の図に示すように「腰椎が前弯して骨盤が前傾する」ような姿勢がよ…
ページ上部へ戻る