menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. よく遭遇する膝の伸展制限の診方!4つのタイプ分けを紹介します!
  2. 30年の臨床から導き出された、痛みを改善する為の「方程式」!
  3. 「朝起きたときに痛む」と訴える患者って、意外と多くありませんか。
  4. 代償動作を見極める臨床力! マッスルインバランスからの気づき
  5. またメンタル来たよ!患者の訴えを真摯に受け止めていますか?
  6. 技術を高める近道は臨床推論にあり、天才的臨床家の成田崇矢先生から学ぶ!…
  7. 踏み込み時の足関節痛の謎。なぜ外に踏み込む方が痛いの?
  8. 股関節痛で一番多い部位はどこですか? 答えは「鼡径部」です!
  9. 生き方!あなたは「自分の生き方」を言語化して人に説明できますか?
  10. 園部の弟子たちが少しずつ育っています!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

カテゴリー:臨床日記

今回はウィークリー園部でも紹介している「臨床でよく遭遇する膝の伸展制限の診方」についてご紹介させてください。膝関節は、伸展位で接触面積が多く安定し、屈曲すると接触面積が少なく不安定になる構造をしています。…

「動き始めに痛む」や「朝起きたときに痛む」と訴える患者って、意外と多いですよね。一方で、「長く歩くと痛む」や「運動しているとだんだん痛む」と訴える患者も多いですよね。&nbsp…

あなたは個々の症例に応じた運動療法を考案し、的確に行わせることで、症状の改善を図れていますか?ただ弱い部分を鍛えるだけの「おきまりの運動療法」を行っているだけでは、症状は改善しません。…

臨床で時々、意味不明なことを訴える患者に遭遇しませんか?若い頃は、このような患者に対して「またメンタル来たよ!」と、ネガティブな感情を抱いていました。きっと皆さ…

6月は、臨床も出版社の仕事も、とても忙しかったんです。とにかくがむしゃらに働きましたが、やる事が減らない…(^_^;)それととくにかく、新患の予約依頼がすごく多かったです。今月だけで70件以上…(^_^;)…

林典雄先生監修・赤羽根良和先生執筆の肩関節拘縮「臨床編」はまだまだAmazonリハビリ部門でランクインしています。予想通り、「肩関節拘縮の基礎編」に続き、この書籍はこの…

林典雄先生監修・赤羽根良和先生執筆の肩関節拘縮「臨床編」はAmazonリハビリ部門1 位をずっと維持し、大変好評頂いております!!予想通り、「肩関節拘縮の基礎編」に続き、…

先日、「運動連鎖を臨床に活かす!」の講演が終わりました。会場は満席で、はじめから普段と異なる波動を感じました。講演を終えて、とても反響が大きかったように思います。書籍も…

今回は臨床において・・・、とても、とても大事な話をします。その重要性を理解すると、臨床がまた一歩前進できることを約束しますよ(^_^)臨床で疼痛をとるための組織学的推論を行う過程で、とても、とても大切なことがあります。…

コンディション・ラボの待合室のソファー背面の壁に貼った著名人の写真が全て埋まりました。これまで日本を代表するようなたくさんの著名人をこんなにも診てきたんだな・・・と改めて感じました。これからソファーの前にある壁に写真を貼ってきま…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 今回はウィークリー園部でも紹介している「臨床でよく遭遇する膝の伸展制限の診方」につい…
  2. 私が執筆した書籍『園部俊晴の臨床 膝関節』のamaz…
  3. 「動き始めに痛む」や「朝起きたときに痛む」と訴える患者って、意外と多いで…
ページ上部へ戻る