閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 「大腿前面が鉛のように重くなって歩けない」と言って来た母の友人
  2. リハビリ先進国の理学療法士から学んだ私達の近未来
  3. 病態理解の意義
  4. 距骨外旋を助長する4つの因子
  5. なんで膝が捻れるの?膝が過外旋を生じる理由を解説!
  6. レアだけどとても参考になる腰痛の症例
  7. プロとして実力と同等に必要な事
  8. 肩こりの原因となる肩甲挙筋への滑走操作
  9. 梨状筋が過緊張を起こす病態力学
  10. 長続きする殿部痛は寛骨三筋が原因かも?寛骨三筋の機能解剖と評価を解説!…
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

カテゴリー:臨床日記

先日、母の友人が困っていると言ったので、ラボの休みの日にいらしていただきました。症状を聞くと、どうやら1年も前から「両側の大腿前面が鉛のように重くなって歩けない」と言うんです。また、それだけでなく、 「そのためふらついてうまく歩けな…

先日、膝の術後長期間疼痛が改善しない患者様がコンディション・ラボにいらっしゃいました。海外在住の方で、手術とリハビリはそちらの国で受けてきたようです。国名は控えますが、リハビリ先進国です。これまで行ってき…

私はこれまで、第3水準の評価の重要性を述べてきました。運動器疾患における患者の症状の大半は「痛み」です。運動器疾患を診る医療のプロフェッショナルとして、患者の主訴である「痛み」を改善できることは大切です。しかし医…

私は、常々歩行での力学的負荷が、荷重応答期(LR)と立脚終期(TSt)に集中すると述べてきました(下図)。そのため、障害局所に影響を与える力学的負荷が、LRとTStのどちらに生じているのかを観察することが重要です。…

私はこれまで、膝関節で痛みを発しやすい組織の多くが過外旋と関連が大きいことを述べてきました。これは、膝関節の過外旋によって伸張や圧縮などの負荷が加わる組織があり、その組織に痛みを生じさせるためです(右図)。このことから、膝関節が過外…

先日、 とても勉強になる症例が来ました。1ヵ月半前に、筋トレをしていて腰痛になり、それ以降ずっと激痛に悩まされている症例です。激痛といっても、基本的には朝だけです。朝起きるときに腰の強い激痛があり、何分もかけなけ…

私の妻の話しになってしまいますが・・・、麻衣子さんは、 プロのバレリーナとして活動してきたので、国内外を問わず、たくさんのトップダンサーを見てきました。その中で、実力は最高峰の技術を持っているがそれほど活躍できず終わったダンサーもい…

今回は、肩こりに非常に効果的な肩甲挙筋へのアプローチを紹介します。肩こりの原因として僧帽筋はよく取り上げられます。僧帽筋はもちろん大事ではあるのですが、それよりも肩甲挙筋へのアプローチは肩こりを改善させるためにより重要だと感じていま…

殿部周辺の疼痛と梨状筋は、切っても切り離せない関係があります。殿部に関わる病態を考える際、それほど梨状筋は重要な筋であると言えます。梨状筋は過緊張を伴いやすく、単体でこの筋の実質に疼痛を惹起することもありますが、それだけに留まらず殿部周…

寛骨三筋とは、内閉鎖筋、上・下双子筋を合わせた総称のことです。寛骨三筋と聞いて、あまりピンとこないセラピストが多いと思います。しかし、着目して臨床を行ってみると、寛骨三筋による疼痛や張り感の訴えは決して少なくないということが分かります。…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 先日、母の友人が困っていると言ったので、ラボの休みの日にいらしていただきました。症状を聞くと、ど…
  2. 先日、膝の術後長期間疼痛が改善しない患者様がコンディション・ラボにいらっしゃいました。海外在住の…
  3. 私はこれまで、第3水準の評価の重要性を述べてきました。運動器疾患における患者の症状の大半は「痛み…
ページ上部へ戻る