menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違
  2. 足関節外反捻挫後の粘り強い痛み
  3. そうだ!コンディション・ラボがあるじゃない!
  4. 獲得可動域と実用可動域を知ってますか?
  5. 私と弟子たちの未来への構想
  6. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!
  7. 何年も正座ができない患者っていますよね!「歳だから…」と思ってませんか…
  8. 滑走障害の病態がイメージできてますか?
  9. 夢が叶った瞬間!
  10. 足関節底屈制限を改善するテクニックを紹介!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

書籍「アキレス腱断裂の治療」

私が企画と校正にかからせていただきました

この書籍の筆者の内山英司先生は、タイトルにあるように、「名医」と呼ばわりにふさわしい偉大な医師であることを、一緒に働いてきた立場として断言できます。

そして、このような真に臨床に即した素晴らしい書籍に関わらせていただいたことをとても光栄に感じております。

この書籍の重要性について、私なりにまとめましたので、下記の映像をご覧ください。
→ https://www.youtube.com/watch?v=at3WZS90YO0

この書籍をすべて読み終えれば・・・・

何故この医師に患者が集まるのか

その理由が分かるとおもいます!

そして・・・

スポーツに限らず、すべての臨床家にとって役立つ書籍であることがよくわかると思います

割引価格(消費税分割引き+送料無料)でのご購入を希望の方は。。。
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=107162992

ピックアップ記事

  1. 臨床においてスポーツ損傷を診るうえで、まず理解しなければならないことがあります。それは一般整形疾患に…
  2. 先日、バスケットの実業団選手で、外反捻挫の後、痛みが長く取れない患者が来ました。…
  3. 先日、 首が痛くて本当に困っている患者がコンディション・ラボに来てくれました。なんと4年も前…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る