閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 梨状筋の過緊張に対する2つのストレッチ
  2. 大殿筋の2つの線維を区分けする意義
  3. 後大腿皮神経および下殿皮神経による殿部痛を診るためのプロセス
  4. 思考の整理術!物事をロジックに捉える重要性
  5. 股関節の術後に生じるデュシェンヌ様跛行
  6. 腸腰筋の過緊張と痛みの関係
  7. 上殿神経による殿部痛を診るためのプロセス
  8. 意外と多い!外閉鎖筋による鼡径部痛の特徴
  9. 大腿神経障害で多い2つの絞扼部位とその特徴
  10. 拘縮と姿勢との関連
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

タグ:園部俊晴

はじめまして関東労災病院の園部です。このページは、このブログを開設するに当たり、初めての記事となります。このため、少しだけ長くなりますが、今後の想いを記載させてください。私は今年で47歳になります。体力的にはまだ衰え…

ピックアップ記事

  1. 皆さんは関節肢位を考慮して操作を行っていますか?臨床で梨状筋に過緊張を伴っている事は非常に多いで…
  2. 今回のブログでは、大殿筋を2つの線維に区分けする意義について紹介したいと思います。…
  3. “後大腿皮神経”および“下殿皮神経”による障害を意識したことがある医療者はそれほど多くないと思います…
ページ上部へ戻る