menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事
  2. 畠中泰彦先生の「動作分析」講演を聴いて気付いたこと
  3. カイロプラティック・オステオパシーのトップランナー
  4. 電子ジャーナル10号発刊!!
  5. 脳性麻痺における倒立振り子(映像と解説)
  6. 第2回 臨床に役立つ治療技術集会 演題募集!
  7. すごい臨床家が狙う3つの身体部位
  8. 高齢者の足って、こうじゃないですか?
  9. 力学を学ぶ上で最高に良いものができました!
  10. 股関節痛で来院してきた症例で注意すること
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部 俊晴の記事一覧

先日、本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事があったんです。このことは、私にとって、そして家族にとって、とても大切な出来事になったので、その内容についてこのブログで2回にわたって、記事にさせていただくことにしました。今年…

先日、畠中泰彦先生の「動作分析」の講演を受講しました。畠中先生はバイオメカニクスではこの業界の第一人者であり、最も大きな業績を作ってきたひとりの先生です。この講演を聞いて、私の中に、たくさんの「気づき」がありました。これまで…

先日、臨床家のための運動器研究会で、伊澤勝典先生をお招きしました。伊澤勝典先生は、カイロプラティック・オステオパシーのトップランナーで、その業界では知らない人がいないほど、すごい臨床家です。伊澤勝典先生の講演は、カイロプラティッ…

運動と医学の出版社の電子ジャーナルの新刊出版です!10作品目となった今回は、力作です!パート1、パート2の2部作で出版します。タイトルは・・・、「脳卒中後の痙縮に対する治療」 (チーム医療として取り組むボツリヌス…

コンディション・ラボの待合室のソファー背面の壁に貼った著名人の写真が全て埋まりました。これまで日本を代表するようなたくさんの著名人をこんなにも診てきたんだな・・・と改めて感じました。これからソファーの前にある壁に写真を貼ってきま…

いつもこのブログをご愛顧いただき誠にありがとうございます。私が代表する臨床家のための運動器研究会で、来年もアウトプットの場として、「臨床に役立つ治療技術集会」を開催いたします(治療を見せ合いっこするという概念から名前を「学術集会…

最近のワンピースの展開はあまりにも面白いですね(^_^)月曜の朝は、2時には目が覚めてしまいます・・・・48歳ですが(^_^;)強い奴はたくさんいるってワンピースを読むと感じるんですが、臨床家も同じだと思っています。知れば知…

最近もらった「シャインマスカット」です。これまでの人生で食べたぶどうの中で最も甘いぶどうでした。こんな甘いぶどうがあるとは、正直驚きました。農家の人の地道な作業によって、こんなに甘いぶどうができるんだなと感じました。…

先日、「力学的推論を理解するためのステップ講座」の収録がすべて終わりました。実際にはじめてみると、思ったより時間がかかりました。本当に忙しかったので、途中で何度も断念しそうになりましたが、あきらめずに続けてよかったなと思います。…

来年の1月8日の臨床家のための運動器研究会のメルマガ限定講演【園部俊晴 体幹の理学療法・実技】のですが、応募開始2分で定員に達しました。http://undouki.com/limitedseminer/20180108sonobeji…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 先日、本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事があったんです。このことは、私にとって、そし…
  2. 先日、畠中泰彦先生の「動作分析」の講演を受講しました。畠中先生はバイオメカニクスではこの業界…
  3. 先日、臨床家のための運動器研究会で、伊澤勝典先生をお招きしました。伊澤勝典先生は、カイロプラティ…
ページ上部へ戻る