閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. スポーツ選手に時々見かける距骨下関節の障害
  2. テクノロジーの変化が歩行を変える!
  3. 皆さんはこの足を見てどう思いますか?
  4. スポーツ選手の腰痛治療! そのプロセスを紹介!
  5. 足関節の踏み込みの痛み!とても多いと思いませんか!
  6. 脊柱管狭窄症の保存療法の限界とは
  7. 『臀筋ほぐし』
  8. ギックリ腰の予防
  9. 神経症状が出現する領域!考えたことありますか。
  10. 半月板の手術
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部 俊晴の記事一覧

足関節と踵底面の間の痛みで、原因がよくわからない症例は時々います。先日、下記のような症状を訴えるスポーツ選手が来院されました。本人は、アキレス腱の付け根より奥に痛みを示しますが、「はっきりとどことは言えな…

先日、靴医学会のパネルディスカッションで発表してきました。この学会に参加してみて、テクノロジーの目覚ましい発展に驚きました。今後はさらにテクノロジーが発展し、自分の姿勢や歩き方、走り方を、ウェアラ…

私はこれまで30年間、実にたくさんの足を診てきました。理学療法士でもなかなか診る機会がない、ポリオの足、シャルコーマリートゥース病の足、そして、子供の足、高齢者の足、さらには数々のトップアスリートの足を診てきました。&nbs…

先日、韓国バスケのナショナルチームの選手を診たときの話です。その選手は長い期間、腰痛があって右の仙腸関節付近の伸展時痛を有していました。その選手に対して私は、まず仙腸関節の疼痛…

今回も、先日いらした韓国バスケのナショナルチームの選手を診たときの話です。「踏み込み動作時の足関節の前方の痛みがずっと継続している」との訴えがありました。このような症例は非常に…

7月20日のブログで、下記の研究論文を紹介しました。「50歳以上(平均66・9歳)のヒト938例を無作為にMRI検査したところ、77.9%の人に中等度以上の脊柱管狭窄がありました。そのうち、症状を有してい…

なんと、なんと! あのPHP出版から新しい本を出版しました!!タイトルは『臀筋ほぐし』です!PHP出版といえば、あの松下幸之助が設立した出版社です。私は松下幸之助の大・大・大ファンで、書籍…

今回は患者さんからよく受ける質問として、ギックリ腰の予防法を紹介したいと思います。まずは下記の映像をご覧ください。どうでしたか。ぎっくり腰が起こるシチュエーショ…

先日受講生から出た質問で、このブログの読者にもとても参考になると思ったことを紹介したいと思います。内容は下記です。=================神経症状の質問です。神経症状は原因組織よりも…

以前勤めていた関東労災病院では、おそらく本邦で最も半月板の手術をしていました。さらに言うと他院から半月板の手術をしたけど、長期間痛みが残存する症例も多く来院されていました。こう…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 足関節と踵底面の間の痛みで、原因がよくわからない症例は時々います。先日、下記のような症状を訴…
  2. 先日、靴医学会のパネルディスカッションで発表してきました。この学会に参加してみて、テ…
  3. 私はこれまで30年間、実にたくさんの足を診てきました。理学療法士でもなかなか診る機会がない、…
ページ上部へ戻る