閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 臨床で効果絶大!筋間の滑走障害に対する治療
  2. その動作分析は無駄! 姿勢・動作の評価で重要なこと
  3. 前足部の痛み 靴を履いていないときも痛いですか?
  4. セラピストの絶対的知識!oblique translation理論
  5. 知らないと損する、小殿筋の痛みの第3水準の評価!
  6. 実はとても多い!小殿筋による鼡径部痛
  7. こんなことで本当に痛みの改善が可能か? 必見!関節包の滑走テクニック
  8. 知って、治す、必勝パターン!摩擦負荷!
  9. 外反母趾の人のセルフストレッチング
  10. プロのセラピストとして、あなたは膝関節屈曲をどのように行っていますか?…
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部 俊晴の記事一覧

以前のブログで、滑走障害についてお伝えしました。滑走障害による痛みは臨床ではあまりも多いので、その概念を理解しておくことは大切です。そして、今回は、筋間の滑走障害に対する私の治療を紹介したいと思います。まずは、下記の…

いま、赤羽根良和先生と一緒に大きなことに取り組んでいます。その際、連絡を取り合っていて、気づいたことがあるので、下記に記します。姿勢から全身の関節のアライメントを評価し、その上でさらに動作分析に時間を費やし、詳細…

外反母趾を始め、前足部に痛みを有する症例は、かなり多いものです。例えば、膝関節、股関節疾患の患者であっても、足部の痛みも同時に有していることは結構多く、足部の痛みについても、我々セラピストはある程度知っておかなければならないといえます。…

oblique translation理論は拘縮が及ぼす影響として、あまりにも有名になりましたが、理解していないセラピストはまだまだ多いかもしれません。そこで、今回は園部ブログでもoblique translat…

前回のブログでは、小殿筋の痛みのメカニズムと、その痛みの誘発方法(第2水準の評価)についてお伝えしました。今回はいよいよ第3水準の評価について紹介します。鼡径部の痛みは、股関節疾患で最も多い痛みの1つです…

今回は、知らないと損する小殿筋の痛みについて紹介します。鼡径部に痛みがあり、殿部や大腿外側の張り感を訴える場合は、小殿筋による疼痛が原因と予測します。小殿筋は腸骨翼の殿筋面に起…

前回のブログでは、滑走障害についてお伝えしました。滑走障害による痛みは臨床ではあまりも多いので、その概念を理解しておくことは大切です。そして、今回は、関節包の滑走障害に対する私の治療を紹介したいと思います…

今回は、痛みの要因となる「拘縮に伴う摩擦負荷」について、お伝えしたいと思います。知っているのと、知らないのとでは、大きな違いが生じますので、是非、御覧ください\(^o^)/さっそくですが、まずはこちらの映…

今回は、外反母趾がある人に対する効果的なストレッチングを紹介します。まずは、この動画を御覧ください。どうでしたか。実際に私は、外反母趾の変形を伴っている人には2つのストレッチングを指導しているんです。&…

運動器疾患に限らず、脳血管障害の患者も含め、私たちの臨床で「膝関節の可動域エクササイズ」は、どのセラピストにとっても頻繁に行う施術の一つだと思います。しかし、プロのセラピストとして、あなたは膝を曲げる時に…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 以前のブログで、滑走障害についてお伝えしました。滑走障害による痛みは臨床ではあまりも多いので…
  2. いま、赤羽根良和先生と一緒に大きなことに取り組んでいます。その際、連絡を取り合っていて、気づいたこと…
  3. 外反母趾を始め、前足部に痛みを有する症例は、かなり多いものです。例えば、膝関節、股関節疾患の患者…
ページ上部へ戻る