menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 医師と療法士が認め合う関係
  2. 本物を伝える
  3. 最も臨床的な荷重位でのストレステスト
  4. ミシュランガイドに載ったとんかつ屋のおばちゃんの言葉
  5. 3年目までの療法士は何から学べばよいのか?
  6. 足関節捻挫後にずっと痛みがとれない!
  7. 怪物・鈴木俊明先生の凄み!
  8. 坐骨神経痛に対する評価と運動療法
  9. 肩関節を学ぶための最高の企画を考えました!
  10. 入谷誠先生へのインタビュー
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部 俊晴の記事一覧

先日、POSTの森田佳祐先生が私の臨床を撮影に来ました。本物の患者を治療するところを撮影しました。患者様もいままでどうして身体のバランスがおかしかったのか、またどうして痛みが出ていたの…

私はイタリア人のごとく妻を大切にしておりますが、先日14回目の結婚記念日がありました。早いものでもう14年です。結婚当初の映像は下記です・・・髪ふさふさでした ^^;https://www.youtube.com/w…

いよいよ怪物 鈴木俊明先生の書籍の入稿が終わりました。タイトルは『体幹と骨盤の評価と運動療法』です。http://motion-medical.co.jp/?pid=130881745 …

ゴールデンウィークですね。皆様はどんなふうにお過ごしですか?私は6日の休みのうち4日間はセミナーでした。働き過ぎですね・・・・(^_^;)&nbsp…

今回の記事は、長いです。 でも、理学療法士の将来にとって、とても大事です。「自分は病院勤務でずっとやっていくから、“開業”なんて興味ない」なんて、考えているなら・・・ア…

先日、49歳の誕生日を迎えました。もう50歳目前ですね。^^;私の寿命もあと30年ぐらいしかないと思うと・・・、感慨深いものがあります。…

最近、本当に毎日の臨床が楽しいです(^_^)自分はまだまだ成長できる!そう実感しているからだと思います。49歳ですが・・・&nb…

先日、運動と医学の出版社のセミナーに林典雄先生をお呼びしました。今回のテーマは腰痛でした。毎年、林先生のセミナーに参加すると度肝抜かれることばかりです。今回も本物の凄い技術を目…

amazonリハビリテーション医学部門で、運動と医学の出版社の書籍がベストテンの中に5冊もランクインしました。なんと・・・、こんな小さな出版社の書籍が5冊もランクインしたんですよ。他の…

開業して一年が経ちました機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法お知らせ!赤羽根良和先生執筆の「機能解剖学的にみた膝関節疾患に対する理学療法」が、出版されました! amazonリハビリテーション部門と理学療法…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 先日、運動と医学の出版社の初めての企画「医師と理学療法士によるコラボレーションセミナー」のセミナーに…
  2. 先日、「運動連鎖を臨床に活かす!」の講演が終わりました。会場は満席で、はじめから普段と異なる…
  3. 知人から素晴らしい絵をいただきました。フランスで購入した絵だそうです。…
ページ上部へ戻る