menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 我々の業界のトップランナーの特徴とは?
  2. こんなの5年ぶり!その場でみるみる膝が曲がる技術を動画で公開!
  3. 筋・筋膜性疼痛について なぜ疼痛の範囲が広いのかを解説します!
  4. トップアスリートへの臨床応用!高齢者にも活用できる理由を教えます!
  5. 体幹で重要なローカル筋!その効果的なエクササイズとは?
  6. よく遭遇する膝の伸展制限の診方!4つのタイプ分けを紹介します!
  7. 30年の臨床から導き出された、痛みを改善する為の「方程式」!
  8. 「朝起きたときに痛む」と訴える患者って、意外と多くありませんか。
  9. 代償動作を見極める臨床力! マッスルインバランスからの気づき
  10. またメンタル来たよ!患者の訴えを真摯に受け止めていますか?
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきます。

目の前の症例を良くするには「臨床推論」を正しいプロセスで行う必要があります。もしあなたが、目の前の症例を少しでも良くしたいと思うなら…そしてそれを叶えるため…

捻挫後の痛みがなかなか取れない…骨折後、骨はついたのに痛みがずっと残っている…走った後に痛くなってから、ずっと痛みが改善しない…こういった足関節のトラブルは、皆さんも経…

動きと痛みLabの会員定額サービス『園部俊晴 臨床コース』のサンプル動画が完成しました。動画の内容は股関節の鼡径部痛についてです。(それぞれの関節についても、適宜ご紹介したいと思います)…

先日、母から電話がかかってきて久しぶりにいろいろと長話しをしました。実は二人目が生まれた時麻衣子さんが長く入院していたので母はその間ずっと私の家で一緒に住んでくれました。&…

※この記事の最後に「弟子の募集」が記載されています。興味の有る方は、最後まで呼んでください(^-^)私の教育方針は、「包み隠さず何でも教える」です。…

先日、財前知典先生と対談をしました。理学療法士として「動きを変える」大切なポイントについて話しました。動きを明確に変えられるセラピストはそれほど多くありません。ましては、私の目の前で動き変…

先日、実業団のバスケット選手が来ました。この選手は外反捻挫の後、ずっと内果後方に痛みを伴っていました。診断名は三角靭帯損傷です。問診で詳細に話をうかがうと、動き始めが特に痛いことが分かりま…

『鬼滅の刃』・・・すごい人気ですよね(^-^)先日娘とコンビニに入ったら、娘がふとこんな事を言いました。「お父さん、この店の商品は、鬼滅の刃だらけだね」…

近年、子どもたちの「なりたい職業ランキング」で、ユーチューバーが上がるようになりました。理由は儲かるからですが…これからも儲かり続けるでしょうか?この疑問は、あ…

今回はTHA後数年経って、「電気が走るような痛みが起こった後、膝の痛みに変わった」症例の話です。今回の症例に限らず、いきなり電気が走るような痛みが生じた後、動けなくなるといった症例っていませんか?…

さらに記事を表示する

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきますので、共感しましたしたらこのブログをSNSなどで広めて頂けると幸甚です。

最新記事

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ピックアップ記事

  1. 先日、成田崇矢先生の「こう診てこう治す」の講演を終えました。…
  2. 先日、5年以上膝が曲がらないという方がいらっしゃいました。でも、その場でみるみる膝が…
  3. 筋・筋膜性の痛みは、臨床で多く遭遇する症状の1つです。例えば、腰…
ページ上部へ戻る