menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 入谷誠先生が常々言っていた、歩行動作における前後成分の概念!
  2. たった4つの技術から広がる私たちの無限の可能性!
  3. 股関節伸展制限が与える影響!腰椎では前弯だけじゃない!
  4. 治療手技に支配されてはダメ!それでよいのは先駆者だけです!
  5. 踵後面の痛み! ときどき診ませんか?(映像付)
  6. 林典雄先生の運動器機能解剖学研究所へ訪問!
  7. 冬だけ痛くなる! こんな症状ときどきありませんか?
  8. ワクワクできる仕事を行うことが、“成長”を育む!
  9. 股関節の痛みに伴う殿部痛!あなたは医師が見ていても自信満々で変えること…
  10. なんとなく曲げ伸ばしをして、歩かせる。なんとなく行動から卒業しませんか…
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきます。

先日、成田崇矢先生の「こう診てこう治す」の講演を終えました。今回は、交通事故後、何年も首の痛みで苦しんでいる症例の治療でした。参加した人は度肝を抜かれたと思いますが…

先日、5年以上膝が曲がらないという方がいらっしゃいました。でも、その場でみるみる膝が曲がっていったんです。日ごろの臨床のヒントになるので、是非こちらをご覧ください。いかがでしたか?…

筋・筋膜性の痛みは、臨床で多く遭遇する症状の1つです。例えば、腰痛に背部の筋が関わっていることは、かなり古くから考えられていたことだと思います。不良姿勢や重労働などで筋に負担が…

私は理学療法士になってすぐに、スポーツ整形の手術件数が日本一の病院に就職しました。これまでの臨床経験で、スポーツ整形のある病院に勤務できたことは、大きな財産となりました。その理由はたくさんあります…

体幹の筋は「ローカル筋」と「グローバル筋」の2つに分類され、ローカル筋をいかに働かせるかが重要視されています。(筋の起始や停止が腰椎に直接付着しているものがローカル筋筋の起始や停止が腰椎に直接付着していないものがグロ…

今回はウィークリー園部でも紹介している「臨床でよく遭遇する膝の伸展制限の診方」についてご紹介させてください。膝関節は、伸展位で接触面積が多く安定し、屈曲すると接触面積が少なく不安定になる構造をしています。…

私が執筆した書籍『園部俊晴の臨床 膝関節』のamazon予約が始まりました。弊社のクリエイターが素晴らしい映像を作ってくれましたので、是非ご覧ください。ht…

「動き始めに痛む」や「朝起きたときに痛む」と訴える患者って、意外と多いですよね。一方で、「長く歩くと痛む」や「運動しているとだんだん痛む」と訴える患者も多いですよね。&nbsp…

あなたは個々の症例に応じた運動療法を考案し、的確に行わせることで、症状の改善を図れていますか?ただ弱い部分を鍛えるだけの「おきまりの運動療法」を行っているだけでは、症状は改善しません。…

臨床で時々、意味不明なことを訴える患者に遭遇しませんか?若い頃は、このような患者に対して「またメンタル来たよ!」と、ネガティブな感情を抱いていました。きっと皆さ…

さらに記事を表示する

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきますので、共感しましたしたらこのブログをSNSなどで広めて頂けると幸甚です。

最新記事

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ピックアップ記事

  1. 私が入谷誠先生の師事を受けるようになったのは、理学療法士になって1年目の5月からでした。…
  2. あなたに質問があります。「運動器医療において、我々セラピストが臨…
  3. 股関節伸展制限の影響として、上の図に示すように「腰椎が前弯して骨盤が前傾する」ような姿勢がよ…
ページ上部へ戻る