閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. こんな運動連鎖って本当?スクインティングパテラに対する臨床での考え方は…
  2. スポーツ選手に時々見かける距骨下関節の障害
  3. テクノロジーの変化が歩行を変える!
  4. 皆さんはこの足を見てどう思いますか?
  5. スポーツ選手の腰痛治療! そのプロセスを紹介!
  6. 足関節の踏み込みの痛み!とても多いと思いませんか!
  7. 脊柱管狭窄症の保存療法の限界とは
  8. 『臀筋ほぐし』
  9. ギックリ腰の予防
  10. 神経症状が出現する領域!考えたことありますか。
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

以前勤めていた関東労災病院では、おそらく本邦で最も半月板の手術をしていました。さらに言うと他院から半月板の手術をしたけど、長期間痛みが残存する症例も多く来院されていました。こう…

今回は皆さんが関わることの多い「高齢者の腰痛」について、とても参考になる論文を紹介します(^^)和歌山県立医科大学が2013年に「一般住民における腰部脊柱管狭窄症の画像と臨床症状の関連…

私たちが高齢者の健康寿命を考えたとき、姿勢改善のエクササイズの重要性については理解できると思います。しかし、具体的方法についてはイメージが難しいのではないでしょうか。高齢者の姿勢を改善するためには、図のよ…

股関節で、立脚期の内外転角に関連して生じる痛みは、臨床上、非常に多いと感じています。例えば、トレンデレンブルグ徴候などがイメージしやすいと思います。では…立脚期の股関節の内外転角に影響する因子は何だと思いますか??…

あなたは、足趾の重要性を考えたことがあるでしょうか?私は足部疾患を相当数見てきたからこそ、その重要性をよく知っているんです。特に、 皆さんに知っておいてほしい重要な足趾…

仙腸関節障害は一般的にはよく分かっていない病態かもしれません。一般の人はもちろん、医療者にとってもよく分かっていないことが多いと思います。その理由は、画像に映らないからです。…

坐骨神経のように深部にある末梢神経の「滑り」が悪くなることで、痛みや痺れを呈している症例は少なくありません。しかし、このような末梢神経の滑走障害による病態が、病院で判明されることはそれほど多くないと思いま…

夜間痛は、臨床で多く遭遇する症状の1つです。皆さんも1度は夜間痛の症例に遭遇したり、または自分自身が経験したことがあるのではないでしょうか?肩関節周囲炎や腱板断裂後の症例を診る方であれば、夜間痛は…

私は体幹のアプローチを真骨頂としていますので、側弯症の患者もたくさん診ています。リハビリ医療における側弯症の治療と言われて、あなたは具体的にそれをイメージすることができますか。…

顔が見えなくても、歩いているだけで概ねの年齢は分かるものです。例えば顔にお面をしていても、歩きを見れば高齢者なのか、若者なのかは我々セラピストであればすぐにわかると思います。こ…

さらに記事を表示する

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきますので、共感しましたしたらこのブログをSNSなどで広めて頂けると幸甚です。

最新記事

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

フォロー

ピックアップ記事

  1. 一般的なバイオメカニクスの文献で、次のような図を見ることってありませんか。…
  2. 足関節と踵底面の間の痛みで、原因がよくわからない症例は時々います。先日、下記のような症状を訴…
  3. 先日、靴医学会のパネルディスカッションで発表してきました。この学会に参加してみて、テ…
ページ上部へ戻る