menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 股関節痛で一番多い部位はどこですか? 答えは「鼡径部」です!
  2. 生き方!あなたは「自分の生き方」を言語化して人に説明できますか?
  3. 園部の弟子たちが少しずつ育っています!
  4. 財前先生との対談!得たものとは?
  5. 外反捻挫後、痛みが取れないバスケット選手!
  6. 鬼滅の刃から学んだもの、それは・・・
  7. ユーチューバーという仕事、本当にこれからも稼げる仕事になる?
  8. いきなり電気が走るような痛みが生じた後、動けなくなる!これってなんだろ…
  9. 入谷先生が世界を変えると言っていた『カウンター理論』とは
  10. 素晴らしい臨床家の治療を実際にみる!その経験は一生の宝になる!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきます。

皆様に大変ご好評をいただいている、『入谷誠の理学療法』この書籍を解説したPR映像が完成しました(^-^)このPR映像では、前編と後編と2回に分けて作っていますが、今回は、前編 『入谷式の歩…

今回は、オスグッドシュラッター氏病を例に、筋のストレッチングとその留意点について紹介いたします。臨床で絶対に役立ちますので、まずはこの映像をご覧ください。https://youtu.be/vsiM…

「動作分析テクノロジーはPTの臨床をどう変えるのか」について、株式会社NTTデータ経営研究所・理学療法士 梶原侑馬先生と、ズームライブで対談します!⇓ ⇓ ⇓https://1post.jp/5603&nbs…

私は臨床家として、どんなに忙しくても30分から1時間は「臨床の勉強」をするための時間を作っています。今は本当に便利な時代となり、臨床のことを学ぶにも多くの情報が得られるようになりました。&nbsp…

患者の症状を説明する際…「年だから、痛いのはしょうがない」「年だから、悪くなるのはしょうがない」「それは、年だから…」こ…

前回の講座で、私たちセラピストが臨床で果たすべきことは①可動域・柔軟性の改善②筋力・筋出力の改善③バランスの改善④アライメント・動作の改善であるということをお伝えしました。…

私たちセラピストが臨床でできることにはどのようなことがあるでしょうか?少しだけ考えてみてください。様々な答えが浮かぶと思いますが、私は次…

あなたは患者と真摯に向き合い、適切な評価と仮説検証を繰り返し行っていますか?まずは下記の映像をみてから、このあとの内容を読んでください。https://youtu.be/s7x7n81qAyc…

動作分析をしながらアプローチをしていくと、同じような動きをしているのに、アプローチをした結果が「良かった症例」と、「そうでない症例」がいませんか?動作分析は、最強の評価方法でありながら、とても難しい評価方…

さて、今回はコロナウィルスの自粛によって、自宅にいることが長くなったことで生じる「症状の悪化」についてお伝えいたします。ここ最近、コロナ自粛によって「痛みなどの様々な症状が悪化した患者さん」って多くないで…

さらに記事を表示する

園部俊晴です。臨床に役立つ本物の情報をお伝えしていきますので、共感しましたしたらこのブログをSNSなどで広めて頂けると幸甚です。

最新記事

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ピックアップ記事

  1. 動きと痛みLabの会員定額サービス『園部俊晴 臨床コース』のサンプル動画が完成しまし…
  2. 先日、母から電話がかかってきて久しぶりにいろいろと長話しをしました。&nbs…
  3. ※この記事の最後に「弟子の募集」が記載されています。興味の有る方は、最後まで呼んでく…
ページ上部へ戻る