menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 私と弟子たちの未来への構想
  2. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!
  3. 何年も正座ができない患者っていますよね!「歳だから…」と思ってませんか…
  4. 滑走障害の病態がイメージできてますか?
  5. 夢が叶った瞬間!
  6. 足関節底屈制限を改善するテクニックを紹介!
  7. エビデンスの落とし穴!研究データのバイアスと解釈の仕方が重要!
  8. 腕が痺れる症例、本当に首から来てるの?
  9. 膝OAに大腿四頭筋強化のエビデンスがあるって、本当なの?
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

変形性膝関節症! 立脚終期(Tst)の股関節の特徴

前回のブログでは、立脚終期(Tst)の 股関節の伸展が我々の臨床でいかに重要であるかを説明しました。

 

今回は、変形性膝関節症を例に挙げて説明したいと思います。

 

さっそくですが、下の図を見てください。

 

 

この図は立脚期の股関節の屈曲・伸展角度を表しています。

 

立脚前半は、膝OA患者も健常者も股関節の角度はそれほど変わりません。

 

しかし、膝OA患者では健常者と比較すると、立脚終期(TSt)の股関節の伸展角度が小さくなります。

 

つまり膝OA患者は、この時期に十分な股関節の伸展が起こらないことが特徴と言えるのです。

 

次に股関節の関節モーメントをみてみましょう。

 

下の図は、立脚期の股関節の屈曲・伸展モーメントを表しています。

 

 

膝OA患者の股関節屈曲・伸展モーメントを健常者と比べると、膝OA患者の特徴が表出されます。

 

健常者の場合、

①踵接地時に伸展モーメントが発生し、

②単脚支持期に屈曲モーメントに転じて、

③立脚終期(TSt)で屈曲モーメントが最大となります。

 

これに比べ膝OA患者の場合、

①踵接地時に伸展モーメントが発生するのは健常者と一緒ですが、

②単脚支持期の屈曲モーメントが緩除に転じて、

③立脚終期(TSt)でも屈曲モーメントが小さいままとなります。

 

つまり膝OA患者の股関節屈曲・伸展の機能は、立脚前半ではそれほど健常者と違いはありませんが、立脚後半で股関節の伸展角度と屈曲モーメントが小さくなり、推進機能が効果的に発揮できていないのです。

 

立脚終期(Tst)の 股関節伸展の重要性について、変形性膝関節症を例に説明しましたが、このことはすべての分野のセラピストにおいて重要であると考えています。

 

そしてこのことはいくら深掘りしても足りませんので、明日の臨床で実際に確認してみてください。たくさんの気づきが得られると思いますよ(^-^)

Youtubeでも股関節伸展の重要性について解説していますので是非ご覧ください。

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM「【阿部浩明先生/脳画像シリーズ/Part3】脳画像を活用するための基礎知識と実際のみかた『様々な機能と関連する神経経路』」

◆講 師:阿部 浩明先生
◆開催日:2021年9月12日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

脳画像の活用をテーマ別に学ぶ全4回のシリーズです。
この講義では各種の機能(機能障害)と
それに関わる神経領域・経路について解説します。

[前半]各種機能障害と神経領域・機能 運動・感覚
[後半]各種機能障害と神経領域・機能 高次脳機能
是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20210912.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【阿部浩明先生/脳画像シリーズ/Part4】脳画像を活用するための基礎知識と実際のみかた『実際の脳画像の活用』」

◆講 師:阿部 浩明先生
◆開催日:2021年9月19日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

脳画像の活用をテーマ別に学ぶ全4回のシリーズです。
この講義では理学療法士である講師がどのように臨床で脳画像を活用して

理学療法評価と治療プログラムを立案していくのか、その過程を事例を通して解説します。

[前半]脳画像を用いた評価と治療への応用 その1
[後半]脳画像を用いた評価と治療への応用 その2

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20210919.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【尾崎純先生】SpineDynamics療法から考える腰痛の治療」

◆講 師:尾崎純先生
◆開催日:2021年9月26日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

Spine Dynamics療法は運動力学を基礎として、

患部が形成されたプロセス(原因と結果)を推察します。
そして、腰痛ではなく、腰痛になる身体とその解決について、お話させて頂ければと思います。

●前半
SpineDynamics療法の核となる全体論的臨床推論について解説します。

●後半
腰痛になる身体を解決するための一例をご紹介します。
また、原因から考えていくできれば、治療だけではなく、予防することにも通じます。

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20210926.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「阿部浩明先生/歩行再建シリーズ/前編】脳卒中重度片麻痺例の歩行再建 ~前編~」

◆講 師:阿部浩明先生
◆開催日:2021年10月2日 (土)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

———————————————————
講演テーマ:脳卒中の回復特性と歩行の神経メカニズム
———————————————————

この講義では歩行に関連する基礎知識を整理し、
歩行の神経機構を考慮した
下肢装具を用いた歩行トレーニング戦略について解説します。

[前半] 歩行の重要性と脳卒中の回復特性、下肢装具の活用について
[後半] 歩行の神経メカニズム、自動的制御機構を賦活する介入戦略について

[到達目標] 歩行に関わる基礎的な知識や神経機構を理解して治療戦略の背景が理解できるようになることです。

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211002.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【大見頼一先生】膝関節術後の再受傷の予防~ACL再建術、半月板損傷を中心に~」

◆講 師:大見頼一先生
◆開催日:2021年10月3日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

私は、まず健常選手を対象に股関節機能に着目した予防プログラム(HIP program)を開発し、その介入によって非接触性ACL損傷が有意に減少したことを報告しました(AJSM2018)。

本講演では、HIP programを導入したリハビリプロトコルの実際やそのエビデンスについてお話させていただきます。
私は、特に術後の運動療法プログラムの組み立て方とその指導方法、患者教育が重要と考えており、そのポイントをお伝えします。
また、ACL損傷だけでなく、合併することが多い半月板損傷について、特に縫合術後のリハビリテーションの注意点についても併せて講演させていただく予定です。

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211003.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【阿部浩明先生/歩行再建シリーズ/後編】脳卒中重度片麻痺例の歩行再建~後編~」

◆講 師:阿部浩明先生
◆開催日:2021年10月10日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

——————————————————-
講演テーマ:個々の症例に対する歩行再建戦略の実際
——————————————————-

この講義では歩行効率や力学的特性について解説して、
実際にどのように歩行トレーニングを行なって
歩行能力を再獲得していくかについて解説します。

[前半] 歩行の力学的特性、歩行における効率、下肢装具を使用した歩行再建戦略
[後半] 歩行トレーニングの実際とその経過、個々の症例に対する治療戦略

[到達目標] 重度片麻痺例に対する歩行再建を目指した下肢装具を用いた歩行トレーニングの進め方を理解できるようになることです。

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211010.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【成田崇矢先生・園部俊晴先生】トップアスリートにおける腰痛に対する考え方ー欠かせないポイントー」

◆講 師:成田崇矢先生・園部俊晴先生
◆開催日:2021年10月17日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

———————————-
セミナー内容
———————————-
成田崇矢先生(10:00~12:15)
「アスリートにおける腰痛に対する考え方ー成田先生の欠かせないポイントー」

私がアスリートの腰痛を診る時の思考過程をご紹介したいと思います。

・一般腰痛者とアスリートを見る際の違い                                          ・アスリートに良く認める腰痛(分離症、筋・筋膜性腰痛の病態)                               ・実際の症例の解説(評価、介入)

 

園部俊晴先生(13:15~15:30)
「アスリートにおける腰痛に対する考え方ー園部の視点から欠かせないポイントー」

アスリートの復帰させる知識と技術は、脳卒中のリハビリにも、高齢者のリハビリにも広く応用できると断言できます。
また、アスリートの身体の特徴を知ることは、ある意味対極している高齢者の身体を理解する上で、非常に役立ちます。人類で一番効果的に身体機能を発しているヒトと、身体機能が衰えていったヒトとの両方を知ることによって、多くの“気付き”が生まれるはずです。
リハビリ業界では、まず存在しないセミナーだと思いますので、興味のある方はぜひご参加ください。

【セミナー内容】
◆プログラム
1.アスリートの腰痛の特性
2.触診と解剖
3.疾患別の評価と治療
4.力学的仮説検証の方法
◆受講者へのメッセージ
このセミナーを受講していただけると、アスリートの腰痛の特性がわかるようになると思います。
そして、腰痛が本当に改善するということを知っていただきたいと思っています。
痛みが改善できれば、患者に喜んでいただけることはもちろん、自分のやる気が湧き上がってくることがわかると思います。
アスリートの治療がわかってくると、普段の臨床が 変わってくると思いますよ(^_^)

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211017.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【宮武和馬先生】宮武先生の新・運動器診療アルゴリズムーエコー×理学療法の化学反応ー」

◆講 師:宮武和馬先生
◆開催日:2021年10月31日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

運動器診療は変革の時に差し掛かっている。
構造が壊れていても痛くない症例、手術をしたが痛みが残存している症例など、様々な不思議な現象が明るみになってきた。この事実により運動器診療は混沌としてしまった。

そのような中で、理学療法だけがもつ「治せる」治療があることに私は気づいた。
理学療法の魅力に気づき、気づけば理学療法の虜になっていた。

そんなある時、私はエコーに出会った。
エコーは今まで整形外科医が治せなかった痛みを知ること、治せることができることに気づいた。
そして、今まで理学療法士がなんとなく治していたものが何であったのかが少しずつ見え、自分でも治療介入できることがわかった。

そこで改めて見つめ直した組織が「末梢神経」である。

痛みを出している「組織」を明確にし、それがなぜ痛くなったのか「原因」をはっきりさせていく。
エコーはそのような力を秘めており、今回の講演がぜひ理学療法士がエコーを触れるきっかけになればと思う。

【セミナー内容】
・痛みの「原因」が何であるかを明確にする方法を説明します。
・末梢神経の痛みの評価と治療を説明します。
・患者や選手のために、最速の復帰を目指すには、医師と理学療法士の協力が不可欠です。エコーを通じた共通言語をどのように確立するか説明します。

【到達目標】
・痛みの原因を明確にできる
・痛みの原因を治療するために、どのようなアプローチが最短かディスカッションできる
・末梢神経の痛みの評価と治療ができる

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211031.peatix.com/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. こんなの5年ぶり!その場でみるみる膝が曲がる技術を動画で公開!

  2. 弟子たちに伝えてきた「力学的推論」のプロセスを公開します!

  3. 夢が叶った瞬間!

  4. 股関節伸展制限が与える影響!腰椎では前弯だけじゃない!

  5. 股関節痛で来院してきた症例で注意すること

  6. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. いつも講演で言っている事ですが、我々が患者の痛みを取り除くために一番重要なのは、治療技術ではないと思…
  2. いつも述べていることですが、運動器疾患を診る際は、まずどの組織が痛みを発しているのかを評価して見つけ…
  3. 臨床をしていると、「もう何年も正座ができないんです」とか「ずっと、しゃがめないので和式トイレには入れ…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る