閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 足趾の重要性! 考えたことありますか?
  2. 仙腸関節障害とは 本当にあるの?
  3. 末梢神経の滑走障害! テクニック公開!
  4. 夜間痛の3つの原因について解説!
  5. 側弯症に対する私のアプローチ
  6. 高齢者の歩行の特徴
  7. アキレス腱断裂後の歩行の改善
  8. 椎間板ヘルニアで腰痛と下肢の痺れと痛みがある症例
  9. 最近編み出した臨床力がアップする効果的な学び!
  10. 53歳になりました!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

滑走障害が生じる理由!教えちゃいます!

 

滑走障害は臨床であまりにも多い病態です。

滑走障害を認識している医療人はそれほど多くありませんが、いつもこのブログでも紹介しているように、その評価方法がわかると滑走障害の病態が非常に多いことがわかります

 

私の知っている範囲では赤羽根良和先生、成田崇矢先生がよく滑走障害の病態について、セミナーなどで解説しています。彼らと話しても、臨床における滑走障害の多さを再認識できます。

 

でも滑走障害がなぜ起こるのか?

このことについてはよくわかっていません

 

例えば、術後や外傷後に生じるのであれば理解しやすいですが、普通の生活をしていてなぜ滑走障害の病態が生じるのでしょうか。

実はこのことを理解しておくことが、臨床ではとても重要だと私は考えています。

なので、今回のブログではそのことを園部が教えちゃいます(^_^)

 

私は滑走障害が生じる原因として次の3つの状態があると考えています。

 

①炎症

1つ目は炎症です。術後や外傷後に生じる場合はもちろんですが、それ以外にも炎症症状が起こると、その後、組織修復のための線維化が生じ、滑走障害が生じると考えられます。

 

患者のよくある表現で「ピキ!と音がした後からおかしいんです」と言われることも多いです。

 

②圧縮負荷

2つ目は圧縮負荷がある状態です。例えば膝の過外旋が認められると、足には圧縮負荷が生じるようになります。この状態で長期間動くと、圧縮されながら擦れが起こるため、滑走障害が生じるようになると考えられます。

 

実際、滑走障害のある組織を力学的に観察すると、圧縮負荷が生じていることが非常に多いことがわかります。

 

③短縮・撓み

3つ目は短縮や撓み負荷です。例えば、組織が縮んでいたり撓んでいたりする状態が続くと、硬くなりその状態で可塑性が悪くなると考えられます。 そのため伸びている状態だけではなく、短縮や撓んでいる組織にも滑走障害が生じるわけです。

 

どうでしょうか?

 

臨床は分かれば分かるほど楽しくなります。

 

滑走障害の病態を理解し、そしてその原因がわかると、さらに治療のアイディアがどんどん浮かんでくると思いますよ(^-^)

 

Youtubeで「滑走障害が生じる理由!教えちゃいます!」について解説していますのでご覧ください。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM【二村昭元先生】セラピストへ伝えたい運動器リハビリテーション に必要な臨床解剖学 -肘関節編-

講 師:二村昭元先生

開催日:2022年7月3日(日) 10:00~13:00

 

【セラピストへ伝えたい運動器リハビリテーション に必要な臨床解剖学 -肘関節編-】
肘関節の解剖学的理解といえば、従来であれば外側側副靱帯や内側側副靱帯など、
いわゆる靱帯構造を中心とした安定化と、浅層伸筋群や回内屈筋群などの動的構造に区別される。しかし、そもそも靱帯とは何か、という原点回帰的思考に基づいて、
これらの構造を解析すると、それらの靱帯は周囲筋腱や関節包の一部分を人為的に分離した構造的概念であることが理解できる。[セミナー内容] ●前半の部 肘関節の外側構造を、テニス肘や不安定症と関連から解説する。
●後半の部 肘関節内側構造を、主に野球肘の内側部痛(内側側副靱帯損傷)との関連から解説する。[到達目標] 1)関節構造における靱帯とは何かを理解する。
2)肘関節の外側、内側における靱帯を周囲の腱膜や関節包と関連して理解する。
3)肘関節の関節包の付着部を外側、内側、前方と理解する。

[参考資料] 運動器臨床解剖学ーチーム秋田の「メゾ解剖学」基本講座

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220703.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【齊藤正佳先生】仙腸関節障害の痛みの捉え方と運動療法

講 師:齊藤正佳先生

開催日:2022年7月9日(土) 17:00~20:00

 

【仙腸関節障害の痛みの捉え方と運動療法 ~座学編~】
腰殿部痛の生涯罹患率は高いとされ、我々セラピストも腰殿部痛症例に対して運動療法を実施する機会が多いかと思います。
近年では、画像所見などから病態を捉えられる特異的腰殿部痛が増えたと報告されていますが、必ずしも、そのような症例ばかりではありません。中でも、仙腸関節内病変や仙腸関節外組織の障害による痛み、いわゆる仙腸関節性疼痛はその代表疾患として挙げられます。今回は、仙腸関節外組織の障害による痛みを中心に、評価や運動療法を効率的に実施するためのポイントを提示します。また、仙腸関節性疼痛以外の腰殿部痛に対する評価・運動療法についても一部紹介します。翌日からの臨床に使って頂ける座学となるようお話を進めさせて頂ければと思います。
【セミナー内容】
午前:仙腸関節性疼痛とは何が痛いのかを解剖学的・機能解剖学的に説明した上で、評価・運動療法を紹介します。                                                              午後:仙腸関節性疼痛以外の腰殿部痛も一部提示し、その評価・運動療法について紹介します。

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220709.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM【赤羽根良和先生】赤羽根良和先生は肘・前腕・手関節の有痛性疾患はこう見てこう改善させる

講 師:赤羽根良和先生

開催日:2022年7月24日(日) 10:00~13:00

 

【赤羽根良和先生は肘・前腕・手関節の有痛性疾患はこう見てこう改善させる】
前腕や手関節の有痛性疾患について座学セミナーを行います。
なお、骨折などの外傷性についての内容ではありませんので、宜しくお願い致します。前腕や手関節といえば、外側上顆炎やドケルバン腱鞘炎、バネ指が臨床で多くみられます。
このような疾患が多い一方で、整形外科では物理療法や消炎鎮痛剤の投与しかされていないのが現状です。

それは、様々な要因が考えられますが、根本的な治し方が確率されていないことが原因かと思います。
そもそも、これらの疾患はオーバーユースが原因となることが多く、単純なストレッチングは疼痛を増悪させる要因となります。しかし、教科書で載せられている多くは、ストレッチングを推奨されています。これでは長引くのも仕方ありません。大事なのは伸ばす部位は伸ばす、そして同筋との滑り、拮抗筋の柔軟性、姿勢の改善が重要となります。

当セミナ-では、この辺りをしっかりとお伝えしたいと思います。当日は宜しくお願い致します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220724.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【

【弓岡光徳先生】歩行獲得に向けた理学療法学的治療アプローチ

講 師:弓岡光徳先生

開催日:2022年7月31日(日) 10:00~13:00

 

【歩行獲得に向けた理学療法学的治療アプローチ】
脳卒中片麻痺患者が正常に近い歩行動作を獲得するためには、臥位・寝返り・起き上がり・座位・立ち上がり・立位などの基本動作の獲得が必要となります。
本セミナーでは、「臥位・寝返り・起き上がり・座位での治療アプローチ」として、重力との関係による筋活動の活性化を行い、立位、歩行へつなげる準備に必要な要素や治療方法について学習します。
具体的には、「テンタクル活動」「ブリッジ活動」「ブリッジーテンタクル活動」、「カウンターバランス」、「腰椎骨盤リズム」、「頭部体幹戦略・上下肢戦略」について理解する必要があります。
その上で、「立ち上がりでのアプローチ」「立位での治療アプローチ」を通じて、歩行の準備を行い、「歩行での治療アプローチ」「階段昇降での治療アプローチ」で、歩行動作・段差昇降動作の獲得を目指します。
講義内容
1.臥位での治療アプローチ
2.寝返りでの治療アプローチ
3.起き上がりでの治療アプローチ
1)カウンターバランス
4.座位での治療アプローチ
1)座位・立位・歩行に必要な腰椎骨盤リズム
2)外乱に対する端坐位姿勢維持
3)股関節・足関節・ステップ戦略
(座位バランスと立位バランスの比較)
4)座位でのフォースカップル
5.立ち上がりでの治療アプローチ
6.立位での治療アプローチ
7.歩行での治療アプローチ
8.階段昇降での治療アプローチ

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220731.peatix.com/

 

 

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 胸郭の可動性の重要性

  2. 高齢者の足って、こうじゃないですか?

  3. ワクワクできる仕事を行うことが、“成長”を育む!

  4. 高齢者の歩行の特徴

  5. スティーブジョブズの演説

  6. 代償動作を見極める臨床力! マッスルインバランスからの気づき

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. あなたは、足趾の重要性を考えたことがあるでしょうか?私は足部疾患…
  2. 仙腸関節障害は一般的にはよく分かっていない病態かもしれません。一…
  3. 坐骨神経のように深部にある末梢神経の「滑り」が悪くなることで、痛みや痺れを呈している症例は少…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

フォロー

ページ上部へ戻る