menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. O脚とX脚の臨床的特性
  2. 大きな目標を達成する方法
  3. 2019年 感謝の言葉
  4. スティーブジョブズの究極の質問
  5. どこにいっても、よくならない!
  6. 顎や頚部のズレ
  7. 誰も教えてくれない“成長し続ける”ための4つの心得 4つ目は「成長に必…
  8. 誰も教えてくれない“成長し続ける”ための4つの心得 3つ目は「職場環境…
  9. 誰も教えてくれない“成長し続ける”ための4つの心得 2つ目は「生活のリ…
  10. 誰も教えてくれない“成長し続ける”ための4つの心得 1つ目は「臨床で正…
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

腹内側系と背外側系の神経路について

先日、あの山本伸一先生を臨床家のための運動器研究会にお呼びしました。

 

実力、人柄も含め、最高の臨床家である事はもちろん、現在、作業療法士協会の副会長であり、将来、作業療法業界を牽引するような方です。

 

 

講演終了後、この業界の未来についていろいろなことを話させて頂きました。

 

実りのある話がたくさんできました。

 

そのあと、山本先生から「一緒に写真を撮りましょう!」と言われ、とてもうれしく思いました。

 

 

 

 

さて、今回は神経路の話です。

私は脳卒中などの中枢神経疾患をみるときも、力学が基盤になると考えています。

しかし、神経路の知識も絶対に必要です

こうしたことを踏まえ、今回の記事を読んで頂けると幸甚です。

かならず、知っててよかったと思いますよ(^_^)

 

「腹内側系」「背外側系」の神経路の概念は、運動機能をみる我々療法士にとって臨床で欠かせません。

 

この概念を理解しておくことは、若い療法士にとってとても重要なので、私なりにどの記事よりも最も簡潔にまとめておきます。

 

まず・・・

なぜ「腹内側系」「背外側系」と言われるかというと、脳から末梢への運動伝導路が、主に背髄の腹側および内側を通る経路と、背側および外側を通る経路に分けることができるからです。

 

「腹内側系」の神経路は、主に体幹や上下肢の近位筋といった身体の中心部分を支配しています。

 

「背外側系」の神経路は、主に手足の筋を支配し、特に巧緻性の機能に関与しています。

 

人間の運動遂行にはこの両方の神経機構が重要なのは言うまでもありません。

 

ただし、臨床的には「腹内側系」の神経路があまりにも重要なので、この記事では「腹内側系」の神経路について説明しておきます。

 

 

「腹内側系」体幹を中心に身体の近位部を支配しているため、姿勢制御やバランスを担う経路です!

 

つまり、この経路が障害されると・・・、

 

姿勢を保持するための筋緊張が崩れ、

 

体幹アライメントは変位し、

 

バランスは当然悪くなるわけです。

 

さらに手足を動かすときの土台が安定しないため、手足にうまく力を伝えることができなくなってしまいます。

 

この「腹内側系」の神経路で知っておきたい概念があります。

 

それは、

 

この神経路が、大脳皮質ではなく、脳幹を主体に非随意的にコントロールされているということです。

 

つまり、姿勢制御やバランス保持の機能は、随意的にコントロールするよりも、半自動的な非随意運動によってコントロールされているのです。

 

しかも大脳皮質よりも脳幹を主体に始まる経路なので、より早く駆動され、素早い反応で姿勢制御機構は機能します。

 

わずかな外乱に対する身体の乱れも瞬時に反応して、姿勢やバランスを保持できるのはこのためです。

 

 

だから・・・

 

良好な姿勢制御機構を促すために、無意識下で良好な反応ができる運動を行わせることが重要になることが分かります。

 

この真意はあまりに深いです。

 

素晴らしい臨床家は、こうした反応を患者ごとにいつも探っているといえます。

 

 

さらに、「腹内側系」の神経路は、動いている状況に応じて、先回りして姿勢制御を行う機能があり、これにより安定した動作が遂行できます。

 

人間の機能ってすごいと思いませんか!!

 

高齢者や脳血管障害の患者は特に「腹内側系」の神経路が障害されます。

 

 

だから・・・、

 

姿勢筋緊張の異常、体幹の変位、異常運動パターンが起こりやすくなるわけです。

 

 

さらに加えると・・・

 

体幹を中心に身体の近位部は、空間認知能力が手足など遠位部と比較すると非常に弱いです。

 

このため、「腹内側系」の神経路を賦活することが、いかに重要であるかが分かります。

 

今回の話はあまりにも奥が深く、体幹機能を考える上でとても重要です。

 

また身体の反応として、臨床では信じられないようないろいろな反応がありますが・・・、

 

この神経は、絶対いろいろな場面で関与しています。

 

私自身も全て理解しているわけでは無いですし、また皆さんもすぐに理解できるものでは無いと思います。

 

今回、説明した記事を頭に入れて、すこしだけ意識しながら、臨床と向き合ってみてください。

 

知っているか、知らないかは大きな違いになるからです。

 

 

追伸

下記はプロバレリーナの奥田花純さんです。

バレリーナはみんな品格と美しさがあります。ちょっと緊張します(^_^;)、

推薦セミナー

あの林 典雄先生が伝える最高峰の運動療法!

理学療法士が治すべき肩関節障害~自分の知識にプライドを持とう~

2020年1月25日(土)東京
【園部からの推薦文】:
林典雄先生は肩関節障害の運動療法の目的を次のように述べています。「可動域を改善する?」、「疼痛の消失を図る?」、「筋力をアップする?」、、、、、、。もちろん全部大切です。肩関節機能の主演は「肩甲上腕関節」です。助演が「肩甲胸郭関節」です。講演ではあえて「肩甲上腕関節」を深く掘り下げます。肩関節機能解剖と超音波機能解剖とを踏まえつつ臨床との接点を探ります。真のプロフェッショナルの理学療法とは何かをお伝えすることを約束します。楽しみにしていてください。
応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200125ugoita.peatix.com/view

 

あの福井 勉先生と園部のコラボセミナー!

皮膚の運動学を臨床に活かす

2020年 2月2日(日)東京
【園部からの推薦文】:
皮膚と筋膜は、我々の臨床において「動きの改善」「拘縮の改善」 「痛みとしびれの改善(皮神経)」の主に3つのことに応用できます。このことが理解できると、臨床は画期的に変わっていきます。なぜならば運動器疾患を診る際、「動き」「拘縮」「痛み」 が我々の治療の中核を担うからです。
「動き」を変えることができれば、1人の患者に対して、 我々がどの方向に動きを誘導すれば良いのか、それが分かるようになります。「拘縮」の改善に皮膚や筋膜が関与していることを知れば、 特に術後の症例には皮膚と筋膜のアプローチが必ず必要だということが分かります。そして「痛み」への影響を理解できれば、 これまでよりも痛みや痺れに対する視野が大きく変わることが分かります。
今回の講演は、皮膚運動学の第一人者の福井 勉教授と園部で皮膚の臨床応用をお伝えします。皆様の臨床の視野を拡げる一助になると思います。 ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200202ugoita.peatix.com/view

 

出版記念! 橋本貴幸先生・熊谷匡晃先生のコラボセミナー!

臨床的に最も多い膝関節・股関節拘縮の評価と運動療法

2020年 2月9日(日)東京
【園部からの推薦文】:
運動と医学の出版社の大ヒット作「肩関節拘縮の評価と運動療法」に続く林典雄先生監修の「股関節拘縮の評価と運動療法(著・熊谷匡晃)」 「膝関節拘縮の評価と運動療法(著・橋本貴幸)」が2020年1月までに出版されます。各関節の拘縮を真に捉え、病態を把握すると多くの疼痛が改善することをご理解いただけると思います。運動器疾患の基盤となるセミナーだと思います。運動器の「何から学んだらよいか分からない」という方はまず「拘縮の評価と運動療法」の概念を学ぶ事をお勧めいたします。是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200209ugoita.peatix.com/view

 

八木茂典・今屋 健・園部俊晴 夢のコラボセミナー!

膝の理学療法をとことん追求

2020年 2月11日(祝)東京
【園部からの推薦文】:
このセミナーでは膝関節の理学療法で本邦最高峰の治療をしている3名の理学療法士で、スポーツ、高齢者、力学の視点で膝の理学療法をとことん追求したいと思います。「前十字靭帯損傷の理学療法」を今屋 健先生、「変形性膝関節症の理学療法」を八木茂典先生、「力学から考える膝関節の理学療法」を園部でお伝えいたします。これだけの内容を1日で学べる機会はないです。是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200211ugoita.peatix.com/view

 

村木孝行・園部俊晴 コラボセミナー!

肩関節と股関節の治療を極める

2020年 2月16日(日)東京
【園部からの推薦文】:
四肢の動きの基盤となる「肩関節」と「股関節」を同時に学べるセミナーです。このセミナーでは肩関節の理学療法で本邦最高峰の村木先生をお招きし、「肩関節」と「股関節」の痛みと肩関節運動の関係について解剖学、生体力学、生理学の点から理解を深め、理学療法において何を診て、何を治さなければいけないか、デモンストレーションを交えて解説します。四肢の動きの基盤となる「肩関節」と「股関節」を同時に学ぶ事で、『気づき』がかならずあると思いますよ。なかなか内企画です。是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200216ugoita.peatix.com/view

 

徒手療法の権威、宮本重範先生の座学実技セミナー!

マニュアルセラピー

2020年 「頚部:2月23日(日)」「骨盤:2月24日(祝)」東京
【園部からの推薦文】:
徒手療法にはたくさんの手技があり、どのように学んだら良いのか迷いますよね。そこで、今回、徒手療法の権威であり、約半世紀にわたり徒手療法を追求されている宮本重範先生(北海道文教大学教授)をお招きし、「頚部のマニュアルセラピー」「骨盤のマニュアルセラピー」のセミナーを企画致しました。本邦最高峰の徒手療法の臨床家がどのような「考え」で、どのような「評価」をして、そしてどのような「解釈」をして治療をしているのかとても興味がわきませんか。私は自分の臨床のヒントがたくさんありそうで、とても楽しみにしているんです。是非ご参加ください。

「頚部のマニュアルセラピー」の応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200223ugoita.peatix.com/view

「骨盤のマニュアルセラピー」の応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200224ugoita.peatix.com/view

 

あなたは歩行が診れてますか?変えれていますか?

歩行の基礎と臨床展開

2020年 3月8日(日)東京
【園部からの推薦文】:
歩行動作は、ただ変えるだけではほとんど意味をなしません。「歩行は良くなったけど、痛みは変わらない」・・・なんとことになるからです。だから「何が良い歩行なのか」を結果の出しているセラピストから学ぶ必要があるんです。これを臨床的視点から事例を交えて解説してくれます。効率的な歩行を獲得するための評価手段を説明し、また、早期離床や歩行獲得のための評価手段もあわせて解説してくれます。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200308ugoita.peatix.com/view

 

成田崇矢・園部俊晴コラボセミナー!

腰痛の疾患別アプローチと力学的アプローチ

2020年 3月15日(日)東京
【園部からの推薦文】:
腰痛治療で私が最も尊敬しているのは成田崇矢先生です。今回は臨床現場で最も多い「椎間板ヘルニア」と「脊柱管狭窄症に対する理学療法」についてのお話しを成田先生に行って頂き、「腰痛の力学的アプローチ」の話を園部が行います。成田先生の治療概念をすべての医療人が学ぶ必要があることをわかっていただけると思います。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200315ugoita.peatix.com/view

 

吉尾雅春・園部俊晴の夢のコラボセミナー!

脳卒中と運動器の二人の巨匠が体幹に迫る!

2020年 3月22日(日)東京
【園部からの推薦文】:
あの脳卒中の本邦最高峰の権威、吉尾雅春先生をお招きし、脳卒中患者の体幹の評価や治療についてお話しいただきます。運動器疾患の体幹の評価や治療については園部がお伝え致します。他では絶対に成し得ない企画だと思います。
リハビリ医療に携わっているセラピストは、誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを知っています。しかし、体幹の機能異常がどのように動作と関連しているのか、どうすれば改善できるのかを理解しているセラピストはほとんどいません。今回は脳卒中と運動器の両方の見方を学ぶ上で、貴重なセミナーになると思います。是非、ご覧ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200322ugoita.peatix.com/view

 

今、注目の福吉正樹先生初登場!

機能解剖学に基づいた投球障害肩の病態解釈とアプローチ

2020年 3月29日(日)東京
【園部からの推薦文】:
投球障害肩に対する運動療法として、投球フォームの修正や下肢・体幹などからの運動連鎖を踏まえたアプローチの重要性が広く述べられています。しかしながら、投球動作における疼痛が肩に存在する以上は、そこに何らかの病態が存在するはずであり、ここのアプローチなくして良好な治療成績は望めません。実際、日々の臨床においても肩の機能低下が残存しているがゆえに、完全なる競技復帰まで至らず、当院を受診する選手を多く経験します。では、肩の機能が改善しないと、なぜ完全復帰できないのか…?完全復帰するためには何をどうするべきなのか…?これらに対する答えとして、投球障害肩の病態を機能解剖学的な観点から捉えるとともに、その運動療法について実技を交えながら解説していきます。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200329ugoita.peatix.com/view

 

千葉真一・園部俊晴 コラボセミナー!

高齢者特有の上肢と下肢

2020年 4月12日(日)東京
【園部からの推薦文】:
高齢化社会を迎え、加齢に伴い上肢と下肢はどのように変化するのかを知っておかなければなりません。例えば体幹は円背が生じ、肩甲骨や骨盤の位置も大きく変化し、これに伴って上肢も下肢も変化が生じます。また、高齢者の多くは腱板断裂を生じていて、この対応はすべてのセラピストにとって不可欠になります。さらに膝は内反変形し、足は扁平化します。こうした変化が何を意味するのか? どんな治療が必要になるのかを知っていると知らないとでは大きな違いになります。それを踏まえ、今回は大好きな千葉先生と一緒に臨床に役立つ情報をお伝えします。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200412ugoita.peatix.com/view

 

財前知典・園部俊晴 コラボセミナー!

体幹の理学療法を極めよう!

2020年 4月19日(日)東京
【園部からの推薦文】:
私の真骨頂は体幹機能の改善です。リハビリやスポーツ医療に携わっているセラピストは、誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを知っています。しかし、体幹の機能異常がどのように動作にリンクしているのか、また下肢の運動連鎖とどのように関連し合っているのかを理解しているセラピストはほとんどいません。今回は「体幹の見方と誘導方法」「体幹のマルアライメントの改善方法」「下肢の運動連鎖との関連」について、財前知典先生と一緒に運動療法とインソールパッドの考え方を中心に説明します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200419ugoita.peatix.com/view

 

今年もやります!!

「第4回 臨床に役立つ治療技術集会!」一般参加(聴衆のみの参加)

2020年 5月24日(日)東京
【園部からの推薦文】:参 加 費は ¥3,000(当日集金)です!!
セミナー終わりによく質問されることがあります。
この知識・技術を高齢者の人にどのように活かしたら良いですか?
急性期、回復期、クリニックでどのように活かしたら良いですか?
などなど。
技術は知っていても、実際の現場で活用するとなると悩みますよね。
そこで、みなさんの各施設や各分野でどのように活用しているか、実際によく遭遇することについてどのような治療技術を用いているか、みなさんと共有して話し合いを行いたいと思います。
4回目となる今回のテーマは、
ズバリ
「高齢者に対する痛みと動きの改善のための治療法~急性期から在宅まで~」
大きく変わった点として、
今回は演者と受講生が各テーブルに分かれてディスカッションタイムを設けたいと思います。そうすることで学びも深まり、発表した人も、参加した人も学びがあると考えています。
そして、今回から発表者に対して最優秀演題を決めて豪華景品も贈呈します!!
応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200524ugoita.peatix.com/view

【演題応募について!】
https://ugoitalab.com/chiryogijutsutoroku/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

2020年

5月17日(日) 園部俊晴 東京

6月7日(日) 千葉慎一先生・西中直也先生 コラボセミナー 東京

6月14日(日) 廣戸聡一先生 東京

6月28日(日) 赤羽根良和先生 東京

7月5日(日) 小野志操先生 東京

8月23日(日) 鈴木俊明先生 東京

8月30日(日) 成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

9月6日(日) 園部俊晴 東京

9月27日(日) 財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

10月4日(日) 成田崇矢先生 東京

10月25日(日) 赤羽根良和先生 東京

11月1日(日) 千葉慎一先生 東京

11月8日(日) 浅野昭裕先生 

11月15日(日) 財前知典先生

12月6日(日) 赤羽根良和先

12月13日(日) 園部俊晴 

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3446名(2019年7月7日時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. トップアスリートのからだの秘密 その1

  2. 片脚バランスの重要性

  3. 症例検討会(一般参加)

  4. トップアスリートのからだの特徴 その2

  5. knee-in・knee-outテストの解釈

  6. 最近の臨床で見えてきたこと

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 今年は1月4日から臨床スタートです。臨床に戻ってくるとワクワクするんです。やっぱり、…
  2. あけましておめでとうございます今年もよろしくお願い申し上げます…
  3. 皆さんこんにちは。園部俊晴です。2019年ももうすぐ終わりますね…

Facebook

twitter

Instagram

  • 先日、子供にどうしてもイニエスタを見たいとせがまれて、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合を見に行きました。
チケットは今屋大先生のコネでもらいました。
今屋先生ありがとうございます。

イニエスタはだいぶ年取ったなとは思いますが、それでもやはり決定的なパスを何度も出していました。
試合は5対3と点の取り合いでフロンターレが勝ちました。
イニエスタ見れるし、ファンのフロンターレも勝つし、ゴールシーンがいっぱい見れたし、全てにおいて息子が大満足していました。
次の日大阪行きで、始発の新幹線に乗るので、ナイターを見るのはめちゃめちゃきついのです。
でも・・・
息子のめちゃくちゃ興奮する姿を見て、私もなんだか嬉しくなりました。(^_^;) #イニエスタ
#川崎フロンターレ
#ヴィッセル神戸
#決定的パス
#サッカー
#Jリーグ
  • 久しぶりに、ANAのプレミアムクラスに乗せさせて頂きました。(^_^)
手の込んだ機内食に感激です!
そのうち、母と妻にもプレミアムクラスを体験させたいんです。 
特に、母には近いうちに機会があれば、体験させてあげたいんです(^_^) #ANAプレミアムクラス
#機内食
  • 9月18日(火)にTVに出演します!! テレビ東京
「なないろ日和」
9月18日(火) 9:28~11:13
薬丸裕英さんと香坂みゆきさんの情報番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nanairo/index.html

薬丸さん香坂さんと生出演です!
お時間ある方はご覧になってみてください。

フォロー

ページ上部へ戻る