menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 誰も教えてくれない“成長し続ける”ための4つの心得 1つ目は「臨床で正…
  2. 誰も教えてくれない “成長し続ける”ための4つの心得
  3. つらいひざ痛が1分でよくなる!
  4. 医師や弁護士を治療するということ
  5. 自分の人生を変える環境づくり
  6. あなたは自信を持って膝の痛みのある患者と向き合ってますか?
  7. トップアスリートのからだの特徴 その2
  8. トップアスリートのからだの秘密 その1
  9. 先着100名限定! 私が認める最高の学び方
  10. 脚のシビレは腰からと決めつけてはいけない
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

1年で5000時間越え

先日、八木・今屋・園部のコラボセミナーを行いました。

肩・膝・腰のどれも“臨床に即した内容”

とても充実していたと思います。

最後の3人での質疑応答で、より深い内容を知れたと思います。

今後もさらに進化していきますので、楽しみにしていてください。

 

 

 

さて・・・、本題にはいります。

私は1年間を通じて
ほぼ毎日“朝3時”に起きています。
そして朝ごはんをとらないので、
3時に起きたら12時まで仕事をし続けます”

 

これだけで合計9時間になります(^-^)
そして昼食をとって午後1時から仕事を再開し、
ラボを出るのは午後の7時位なので
昼食後は約6時間仕事をします。

 

つまり“1日15時間”働いています。

 

そして1年間を通じ月に1度か2度程度しか休まないので、
夏休みや正月休みを入れてもおそらく“340日”は働いていると思います。
しかも朝3時からの7時までの4時間の仕事は、ほぼ1日も欠かすことがありません。

 

15時間× 340日は…

少なく見積もっても5000時間を超えてしまいます。

 

8時間労働で働いている人は
8時間× 約220日

(土日、有給、夏・正月休みを入れると実は働いている日数はこのくらいらしいです)
になりますので、1760時間と言うことになります。

 

あくまでも数字上の問題ですが、人の3倍働いていることになります。

これって「働き方改革」と逆行しますよね。

 

ただ純粋にこの文章を読んでくれている人は

「働きすぎだろ…」とか

「体を壊さないか心配だな…」とか

「そんなの良くないな…」など

様々な批判を受けそうですが…(笑)

 

でも私は今後、人の働き方は多様化して良いのだと思っています。

 

私の働き方を見て、

あなたはどう感じ、行動するか

が大切なのだと思います。

 

「私は仕事もそうだけど余暇も含めて豊かな人生を歩きたい」とか

「家族との時間を中心に人生を過ごしたい」とか

「遊んで暮らせる人生を目的としたい」など

人生の価値観はたくさんあって当然です。

私はどの人生に対しても、

その人が1番幸福な人生を歩めばそれで良いのだと思っています(^-^)

そして命をいただいている我々が

幸福な人生を歩むことが義務だとも思っています。

 

なぜなら…

どの人も、自分の子供ができたら
「豊かで、幸福な人生を歩んでほしい」
と思うはずです

 

そして、親もあなたに対して、

「豊かで、幸福な人生を歩んでほしい」

と思っているはずです。

 

 

わが子に望んだ、

親の願いでもある生き方を

自分自身がしないなんて嘘だと思いませんか

 

 

だから、命をいただいている我々が

幸福な人生を歩むことが義務だとも思っているわけです。

 

 

私は自分の生き方として、若い頃から
働き者でありたい!という思いがあります。

というのは、私の実家は小さなスーパーをしていました。
そしてそのお店の上に自宅があったので、
両親の働く姿を目の前で見ていました。

 

その環境下で、たくさんの仕事を両親と一緒に行ってきて、
両親が必死で働く姿を見て来れた事は、私の大きな財産だと思っています。

だから私には兄と弟の2人の兄弟がいますが、

兄弟全員が働き者でありたいと思っています。

 

これだけたくさんの時間を仕事に費やして、

そして家族も大切にするという両立は

少し大変なところもありますが…

それでも妻の麻衣子さんは、私の生き方をよく理解し、

そして私を大切にしてくれると同時に、

私と家族の関係を大切にしてくれます

 

だからこそ…

働き者でありたいと言うその思いを持ち続け、

自分自身がどこまで成長できるのか、

自分自身がどこまで社会に貢献できるのか、

自分自身がどこまでの高みを目指せるのか、

 

そういったことを私が命をいただいている間、

ずっと追求していきたいと思っています。

 

 

私の働き方を見て、

あなたはどう感じ、行動しますか

 

何かのきっかけになればとても嬉しいです(^-^)

 

それでは、また次回!

推薦セミナー

中村尚人先生と園部俊晴先生 大人気コラボセミナー
『体幹機能を追求する』

2019年11月10日(日)東京
【園部からの推薦文】
体幹の理学療法(ピラティス・ヨガを応用した理学療法) 担当:中村尚人先生
体幹は四肢を除いた根幹部分を指しますがその範囲は広範囲で、重要性は理解しつつもとらえ難い部分でもあります。今回は、体幹の役割を「関節のニュートラル」の観点から力の発生源と考え、どのように運動療法で誘導し機能改善を行うかをお伝えします。評価についても触診を含めておさらいしたいと思います。また、「進化学・比較解剖学」の視点から、頭位や足部との関連も、ヨガやピラティスのエクササイズの実践を通して体幹してい頂きたいと思います。
姿勢(立位・座位)の臨床意義を考える 担当:園部
体幹の機能を考える上で、“姿勢”に対する概念は欠かすことができません。なぜなら「全ての動作の開始肢位」となるからです。全てのトップランナーが“姿勢”の臨床的意義をよく知っています。そして、必ず、不良姿勢の改善に着手していますし、不良姿勢から運動させることもありません!
“姿勢“は、「痛みのメカニズム」「低下した運動機能の改善」「からだの動かしやすさ」「容姿」「筋緊張」「心」などと強く関連しています。こうしたことから、“姿勢“の意義を理解し、姿勢および動作を変える方法を知ることはどの分野の療法士にとっても決めて重要です。今回のセミナーでは、姿勢の意義と改善方法について、説明します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

 

遠藤優先生(歯科医)と古泉貴章先生(理学療法士)のコラボセミナー
顎関節をリハビリに応用する

2019年11月17日(日)東京
【園部からの推薦文】
額関節は現在の理学療法士教育において、講義の聴くことが非常に少ない関節です。 しかし、からだの動きに大きく影響しています。今回、からだの動きと顎関節に精通した歯科医と理学療法士をお招きし、顎関節をリハビリにどの様に応用すれば良いのかをお伝えします。今回の講習会では基礎編として口腔・顎関節と顎関節症についてお話し、応用編として、顎関節の臨床応用についてこの分野の第一人者である古泉先生に講義してもらいます。
・午前中 遠藤優先生「顎関節をリハビリに応用する(基礎編)」
・午後 古泉貴章先生「顎関節をリハビリに応用する(応用編)」
・講演終了後 質疑応答(15:40~16:00)  先生2人によるコラボアンサー!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

畠中泰彦先生(バイオメカの権威)と園部俊晴(力学的臨床応用のスペシャリスト)のコラボセミナー
『歩行の知識を臨床に活かす!!』

2019年11月24日(日)東京
【園部からの推薦文】
あなたはプロとして、自信を持って、患者の歩行を分析し、そして改善することができるでしょうか。「うまく歩けないから歩く練習をしている」だけならば、プロであるあなたが診る必要はありません。
今回の講演では、ひとりの患者を自信を持って歩行評価と治療ができるようになるための方法をお伝えします。今回の講演にご参加いただくことで、「なるほど!!」と感じていただけるだけでなく、これからあなたが何を学んでいけばよいのかがわかると思います。
・午前中 畠中泰彦先生「歩行の知識と臨床応用」
・午後 園部俊晴先生「実践的な歩行の見方と改善方法」
・講演終了後 質疑応答(15:40~16:00)  先生2人によるコラボアンサー!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

赤羽根良和先生と園部俊晴先生 大人気コラボセミナー
『足関節と膝関節の理学療法』

2019年12月1日(日)東京
【園部からの推薦文】
いつも満席の大人気セミナーです。今回は赤羽根先生が「足部・足関節」、園部が「膝関節」の講演をします。毎年、赤羽根先生も、園部もリニューアルして、いつも新しいエキスを私自身も頂いています。我々は真に臨床に活かせる知識と技術だけを伝えることをポリシーとしています。今回も明日から役立つ技術満載でお伝えいたします。真のプロフェッショナルの理学療法とは何かをお伝えすることを約束します。楽しみにしていてください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

 

松田 現先生と園部 俊晴先生 大人気コラボセミナー
『理学療法に活かせる治療手技(入谷式、PNFの治療概念)』

2019年12月15日(日)東京
【園部からの推薦文】
PNFと入谷式の治療概念が1日で学べるってすごくないですか。しかも、PNFはあの国際アドバンスインストラクター松田現先生ですよ。我々の業界には様々な治療手技がありますが、その本質を学ぶことは多くのヒントがあり、皆さんの臨床にも応用できることがたくさんあると思います。今回も明日から役立つ技術満載でお伝えいたします。真のプロフェッショナルの理学療法とは何かをお伝えすることを約束します。楽しみにしていてください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

 

阿部浩明先生 2日間連続セミナー!

『リハビリテーションにおける脳画像のみかた』(前編/後編)

2019年12月21日(土)、22日(日)東京
【園部からの推薦文】:
私は阿部先生の脳画像の見方の話は、セラピストはもちろんのこと、医師も含めて、すべての医療人に一度は聞いてほしいと思っています。その理由は脳の障害に対する考え方が変わるからです。変わると言う言葉では足りないかもしれません。革命的に変わるのがわかると思います。だからこそ、分野を問わず1度は参加してみてください。必ず生涯役立つ話になると約束いたします。

阿部先生の話を二日間でこの価格で聞ける機会はあまりないかと思います。ぜひご参加ください!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://2019122122undouki.peatix.com/view

あの山本伸一先生と園部のコラボセミナー!

二人のセラピストが迫る!脳卒中の運動療法

2020年1月12日(日)東京
【園部からの推薦文】:
ボバース国際インストラクターの山本伸一先生と園部が脳卒中の運動療法を上肢機能(担当:山本先生)と下肢機能(担当:園部)を中心にお話しします。分野を問わず必ず生涯役立つ話になると約束いたします。
是非、楽しみにいていてくださいね(^_^)

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200112ugoita.peatix.com/view

 

世界的なスター選手たちに愛された日本人トレーナー!

ACミラン20年間のトレーナー活動

2020年1月13日(祝)東京
【園部からの推薦文】:
ACミラン在籍16年、世界的なスター選手たちに愛された日本人トレーナー
皆さん、元、イタリア代表のフィリッポ・インザーギってしってますか? サッカー界では知らない人がいないすごい選手です。そのインザーギ選手に「この人抜きに、俺はピッチに立てなかった」と言わせた日本人トレーナーがいます。
その人こそ、ACミランでトレーナーをしていた遠藤友則先生です。遠藤先生はミランで「エンドーチェック」という言葉があったほど、チーム内でその医療的手腕が重要視され、ミランの優勝に大きく貢献したトレーナーです。これほどのことができた日本人がいたことを、日本人としてとても誇りに思いませんか。

今回、その遠藤先生を動きと痛みLabの講演にお招きします。
セラピストのの可能性を知りたい方、世界で活躍するセラピストがどんなことを考えてどんなことを行っているのかそんなことを知りたい方など是非、ご覧ください。
応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200113ugoita.peatix.com/view

 

あの林 典雄先生が伝える最高峰の運動療法!

理学療法士が治すべき肩関節障害~自分の知識にプライドを持とう~

2020年1月25日(土)東京
【園部からの推薦文】:
林典雄先生は肩関節障害の運動療法の目的を次のように述べています。「可動域を改善する?」、「疼痛の消失を図る?」、「筋力をアップする?」、、、、、、。もちろん全部大切です。肩関節機能の主演は「肩甲上腕関節」です。助演が「肩甲胸郭関節」です。講演ではあえて「肩甲上腕関節」を深く掘り下げます。肩関節機能解剖と超音波機能解剖とを踏まえつつ臨床との接点を探ります。真のプロフェッショナルの理学療法とは何かをお伝えすることを約束します。楽しみにしていてください。
応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200125ugoita.peatix.com/view

 

あの福井 勉先生と園部のコラボセミナー!

皮膚の運動学を臨床に活かす

2020年 2月2日(日)東京
【園部からの推薦文】:
皮膚と筋膜は、我々の臨床において「動きの改善」「拘縮の改善」 「痛みとしびれの改善(皮神経)」の主に3つのことに応用できます。このことが理解できると、臨床は画期的に変わっていきます。なぜならば運動器疾患を診る際、「動き」「拘縮」「痛み」 が我々の治療の中核を担うからです。
「動き」を変えることができれば、1人の患者に対して、 我々がどの方向に動きを誘導すれば良いのか、それが分かるようになります。「拘縮」の改善に皮膚や筋膜が関与していることを知れば、 特に術後の症例には皮膚と筋膜のアプローチが必ず必要だということが分かります。そして「痛み」への影響を理解できれば、 これまでよりも痛みや痺れに対する視野が大きく変わることが分かります。
今回の講演は、皮膚運動学の第一人者の福井 勉教授と園部で皮膚の臨床応用をお伝えします。皆様の臨床の視野を拡げる一助になると思います。 ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200202ugoita.peatix.com/view

 

出版記念! 橋本貴幸先生・熊谷匡晃先生のコラボセミナー!

臨床的に最も多い膝関節・股関節拘縮の評価と運動療法

2020年 2月9日(日)東京
【園部からの推薦文】:
運動と医学の出版社の大ヒット作「肩関節拘縮の評価と運動療法」に続く林典雄先生監修の「股関節拘縮の評価と運動療法(著・熊谷匡晃)」 「膝関節拘縮の評価と運動療法(著・橋本貴幸)」が2020年1月までに出版されます。各関節の拘縮を真に捉え、病態を把握すると多くの疼痛が改善することをご理解いただけると思います。運動器疾患の基盤となるセミナーだと思います。運動器の「何から学んだらよいか分からない」という方はまず「拘縮の評価と運動療法」の概念を学ぶ事をお勧めいたします。是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200209ugoita.peatix.com/view

 

八木茂典・今屋 健・園部俊晴 夢のコラボセミナー!

膝の理学療法をとことん追求

2020年 2月11日(祝)東京
【園部からの推薦文】:
このセミナーでは膝関節の理学療法で本邦最高峰の治療をしている3名の理学療法士で、スポーツ、高齢者、力学の視点で膝の理学療法をとことん追求したいと思います。「前十字靭帯損傷の理学療法」を今屋 健先生、「変形性膝関節症の理学療法」を八木茂典先生、「力学から考える膝関節の理学療法」を園部でお伝えいたします。これだけの内容を1日で学べる機会はないです。是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200211ugoita.peatix.com/view

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

2020年

2月16日(日) 村木孝行先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

3月8日(日) 財前知典先生 東京

3月15日(日) 成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

3月22日(日) 吉尾雅春先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月12日(日) 千葉慎一先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月19日(日) 財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月26日(日) 赤羽根良和先生 東京

5月17日(日) 園部俊晴 東京

6月7日(日) 千葉慎一先生・西中直也先生 コラボセミナー 東京

6月14日(日) 廣戸聡一先生 東京

6月28日(日) 赤羽根良和先生 東京

7月5日(日) 小野志操先生 東京

8月23日(日) 鈴木俊明先生 東京

8月30日(日) 成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

9月6日(日) 園部俊晴 東京

9月27日(日) 財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

10月4日(日) 成田崇矢先生 東京

10月25日(日) 赤羽根良和先生 東京

11月1日(日) 千葉慎一先生 東京

11月8日(日) 浅野昭裕先生 

11月15日(日) 財前知典先生

12月6日(日) 赤羽根良和先

12月13日(日) 園部俊晴 

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3446名(2019年7月7日時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 臨床における膝関節痛の対応方法 ~あなたは間違っていませんか?~…

  2. 自分の生き方を見つけた瞬間

  3. スティーブ・ジョブズがなくなる前に残した言葉

  4. 何から学べばよいのか?

  5. 膝の内視鏡術後にずっと痛みが取れない症例

  6. 最年長の患者様

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 1つ目は「臨床で正しい考え方・とらえ方をする」前回のブログの映像はご覧になり…
  2. 突然ですが、まずは下記の映像を見てください。↓ ↓ ↓https://youtu.be/…
  3. 先日、娘の学校の文化祭があったんです。文化祭の屋台をお手伝いすることになって、カレーライスを…

Facebook

twitter

Instagram

  • 先日、子供にどうしてもイニエスタを見たいとせがまれて、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合を見に行きました。
チケットは今屋大先生のコネでもらいました。
今屋先生ありがとうございます。

イニエスタはだいぶ年取ったなとは思いますが、それでもやはり決定的なパスを何度も出していました。
試合は5対3と点の取り合いでフロンターレが勝ちました。
イニエスタ見れるし、ファンのフロンターレも勝つし、ゴールシーンがいっぱい見れたし、全てにおいて息子が大満足していました。
次の日大阪行きで、始発の新幹線に乗るので、ナイターを見るのはめちゃめちゃきついのです。
でも・・・
息子のめちゃくちゃ興奮する姿を見て、私もなんだか嬉しくなりました。(^_^;) #イニエスタ
#川崎フロンターレ
#ヴィッセル神戸
#決定的パス
#サッカー
#Jリーグ
  • 久しぶりに、ANAのプレミアムクラスに乗せさせて頂きました。(^_^)
手の込んだ機内食に感激です!
そのうち、母と妻にもプレミアムクラスを体験させたいんです。 
特に、母には近いうちに機会があれば、体験させてあげたいんです(^_^) #ANAプレミアムクラス
#機内食
  • 9月18日(火)にTVに出演します!! テレビ東京
「なないろ日和」
9月18日(火) 9:28~11:13
薬丸裕英さんと香坂みゆきさんの情報番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nanairo/index.html

薬丸さん香坂さんと生出演です!
お時間ある方はご覧になってみてください。

フォロー

ページ上部へ戻る