menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 変形性膝関節症にまさか、こんな治療していませんよね?
  2. トップランナーが行っている動作分析の秘訣!痛みをとるには理由がある
  3. コロナ自粛で痛みが強くなった患者いませんか? その真の理由って何?
  4. 鼡径部の痛みについて理解しよう! 腸腰筋の痛みの発生メカニズムを園部所…
  5. 医療知識を活かした新たな仕事! 私と一緒に働きませんか?
  6. 患者が病院に行く理由とは?
  7. 腰の伸展痛で最も多い椎間関節障害
  8. 腰痛に対してこんなリハビリしていませんか?
  9. 臨床における法則の重要性
  10. 伏在神経の痛みと評価の実際
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

満席! 赤羽根の足関節、園部の膝関節

先日、赤羽根良和先生と園部のコラボセミナーを行いました。
今回は赤羽根先生が足関節、園部が膝関節の内容で、半日ずつ行わせて頂きました。
前回とは逆の組み合わせです!!

会場は満席です!

私と赤羽根先生は、治療の手技は全く違います。
でも二人でいろいろディスカッションしていくと、結果的に治療の目標がとても似ているんです。
つまり・・・、
一人の患者に対する“狙い”がとても似ているんです。

私は常々思うのですが、若い療法士は、卓越した技術ばかりを求めます。
確かに治療技術はとても重要です。
しかしながら、“狙い”が定まらなければ、その技術を活かすことができません。
だから仮説検証の中で、まずは「目の前の一人の患者に対して、何を“狙い”として治療するのか」、これが1番重要なんだと思います。
そして”狙い”が明確になってこそ、治療技術が上がっていくのだと考えています。
なぜならば、”狙い”が明確で、そこに自分の治療技術を施行すると、その結果が分かるからです。

この意味がわかるでしょうか・・・。

どういったことかと言うと・・・、
”狙い”が明確になっていない人は、治療後の結果に対して、”狙い”が間違っていたから結果が出なかったのか、それとも治療技術が足りなくて結果が出ないのか、その違いが分からないからです。
しかし”狙い”が明確になっていれば、自分の治療技術を施行したときに、その治療技術の良し悪しが分かってきて、より適正な技術を身につけられるんだと思います。

例を一つ挙げましょう。

例えば、「膝が120度までしか曲がらない」といった患者がいます。
この患者に対して、膝が曲がらない理由が絞り込めない療法士は、“狙い”を定めて治療することができません。
だから、やみくもにただ習ってきた様々な治療技術を施行しようとします。
しかし・・・、
この過程では、なぜ効果が出ないのか、出たとしても何の組織にどんな技術が有効だったのかがよく分からないのです。
しかし評価の中から、「明らかに膝蓋上嚢の外側部に癒着がある」と判断できたとします。そうすれば、「膝蓋上嚢の外側部の滑走をよくする」という明確な“狙い”をもって治療をすることができます。
ここまで分かれば・・・、
自分の技術として、癒着の滑走を促す治療技術をこの部位に施行し、もしその場で膝の屈曲角度が明らかに改善すれば、“狙い”通りに上手くいった、ということになります。
この過程であれば、さらにより滑走を促すためにはどのような工夫が必要なのかということを考えるようになり、治療技術も患者を診るたびに向上してくるわけです。

当たり前のことなんですが・・・、
きっとこうした当たり前の過程をずっと繰り返していくことが、10年後の自分の姿を変えていくことなんだと思います。

臨床はこういった当たり前のことの繰り返しなんだと思います!!

追伸①

サッカー日本代表ワールドカップ出場決めましたね!めっちゃ、興奮しました。(^_^)
それとケーヒルが出てくると、めっちゃ恐ろしいですね。
「近頃の若い子は・・・」という言葉をよく聞きますが、今の代表の若い選手はとてもしっかり考えを持っているし、チームのために走り続ける清い心を持っていると感じました。
すごい!!
若手の療法士も、明確な考え方と、純粋な気持ちを自分を育んでください!!

私もいつまでも初心の気持ちで前進していきます。

追伸②

下記はフットサル元日本代表の金山友紀選手です。
フットサル界ではとても有名な選手です。
いちど試合も見に行きましたが、極めて卓越した技術を持っている選手です。
さすがです。。。。。

 

Zoomセミナー・ライブ「体幹と骨盤の評価と運動療法」

◆講 師:鈴木俊明先生
◆開催日:2020年08月22日 (土)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

弊社出版の鈴木先生執筆「体幹・骨盤の評価と運動療法」書籍の中から重要なポイントについてご紹介いただきます。
「体幹の評価と運動療法」は全ての療法士にとって必要な技術であり、鈴木先生は体幹の運動療法において、私が出会った最高の臨床家です。鈴木先生の評価・治療法を学べる絶好のチャンスですので、ぜひご参加ください。

セミナー内容
1.健常者での座位における体幹機能
2.健常者での立位における体幹機能
3.上肢運動における体幹機能

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200822.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「腰痛の疾患別アプローチと力学的アプローチ」

◆講 師:成田崇矢先生・園部俊晴
◆開催日:2020年08月30日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

成田先生には、腰痛の疾患別アプローチ椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を中心にお話して頂きます。特に病院勤務の方にとってよく見る疾患の1つだと思いますが、機能解剖を理解した上で病態を判別する機能評価・治療を学ぶことが大切です。
そして私園部は、腰痛の力学的アプローチについてお話します。私の臨床では、組織学的推論から行い、「痛みを発している組織」を見出し、力学的推論からその組織に加わる力学的負荷を見出して治療を行っています。今回の講演では、私が最も得意としている力学的推論を腰痛にフォーカスを当ててわかりやすく力学的な特性について説明しますよ。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200830.peatix.com

Zoomセミナー・ライブ「大腰筋に着目した股関節機能~吉尾雅春が深い知見から迫る~」

◆講 師:吉尾雅春先生
◆開催日:2020年09月05日 (土)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

大腰筋は自動的な肩関節屈曲にとって重要な存在です。筋電図から知ることが難しい大腰筋の働きを解剖学的・神経学的視点から説明していただきます。
以前、吉尾先生と対談させていただいた時に、大腰筋のエクササイズについて伺いましたが、大腰筋の重要性は私も大変勉強になりました。さすが、大腰筋博士の吉尾雅春先生です!今回のセミナーも明日から役立つ知識が満載です。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200905.peatix.com/

Zoomセミナー「顎関節から考える運動器疾患への臨床応用~それぞれの視点から顎関節の謎に迫る~」

◆講 師:遠藤優先生・古泉貴章先生・園部俊晴
◆開催日:2020年09月06日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、事前に収録した映像を配信します。

理学療法士でもあり歯科医師でもある遠藤優先生と、この分野の第一人者である古泉貴章先生、そして園部の3人のコラボセミナーです!
遠藤先生には顎関節の基礎として顎関節・口腔の解剖及び運動学と顎関節症について解説していただきます。その応用として、古泉先生に顎関節からの展開(下行性の臨床応用)について解説していただき、最後に園部から顎関節、顔、頸椎、胸椎、腰椎、骨盤の関連性についてお話しします。口腔・顎関節も身体の大きな影響を及ぼしていることが分かると思います。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200906.peatix.com/

Zoomセミナー「超音波エコーからみえる足関節拘縮の評価と運動療法」

◆講 師:村野勇先生
◆開催日:2020年09月13日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、事前に収録した映像を配信します。

足関節外傷術後に生じた関節拘縮の要因となる筋、筋膜、脂肪組織を対象として、超音波エコー観察からみえてきた評価ポイントや運動療法について解説していただきます。外傷性疾患をはじめ、多くの疾患で良好な治療成績を出している先生です。超音波画像を用いて、外傷後に硬くなりやすい組織を明確にしています。今まで以上に治療成績が出せるようになりますよ!ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200913.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「Pusher syndromeの評価,疫学,メカニズムそしてアプローチ」

◆講 師:阿部浩明先生
◆開催日:2020年09月20日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

阿部先生は、日本で一番多くのpusher現象を診ている先生だと思います。
今回は、Pusher現象の特徴や定義、評価法、出現に関わるメカニズム、関連病巣、治療概念について紹介していただきます。脳卒中後のpusher現象は、多くのセラピストが経験する現象の一つです。この現象を理解しているかどうかで、リハの計画も大きく変わってくると思いますよ。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200920.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「運動連鎖を臨床に活かす」

◆講 師:財前知典先生・園部俊晴
◆開催日:2020年09月27日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

「上肢と体幹の運動連鎖」を財前先生が、「下肢の運動連鎖」を園部が行う毎回大好評のセミナーです。
財前先生は「体幹と四肢の関係性」「良方向の運動連鎖評価方法」「体幹と上肢の関わり」について解説していただきます。
園部は「体幹の見方と誘導方法」「体幹のマルアライメントの改善方法」「下肢の運動連鎖との関連」について、運動療法とインソールパッドの考え方を中心に説明します。
身体は体幹も含め、全身でリンクしていることを理解できるようになります。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200927.peatix.com/

Zoom症例検討「こう診てこう治す 腰痛の評価と治療編」

◆講 師:成田崇矢先生
◆開催日:2020年10月04日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、実際の症例動画を用いて評価~治療に至るプロセスを通じ、受講生同士がディスカッションし、講師が解説していく形式で進行します。

今回は、 成田先生が最も得意とする「腰痛患者」 の評価と治療を紹介します。腰痛患者を診る際に成田先生が行っている一通りの手順を説明していただきます。成田先生は、新人でも分かる内容が多く、シンプルな理論だけで症状が変わることを実践しています。セラピストの人生を変えるほどの力がある先生だと思いますよ。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201004.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「足関節・足部障害の捉え方と運動療法 ~拘縮及び疼痛に対する徒手的介入を中心に~」

◆講 師:中宿伸哉先生
◆開催日:2020年10月11日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

中宿伸哉先生は、林典雄先生の指導の元、赤羽根良和先生と切磋琢磨してお互いの技術を磨き合ってきたという経歴があります(孫悟空とクリリンのような関係)。また、足部・足関節を専門として、足部・足関節で今非常に注目されている先生です。
今回は、足関節部における拘縮・疼痛へのアプローチと、踵部痛を題材に足部内在筋への徒手的アプローチの可能性を解説していただきます。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201011.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「最高のセラピストから学ぶ足関節と膝関節の治療」

◆講 師:赤羽根良和先生・園部俊晴先生
◆開催日:2020年10月25日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

赤羽根先生には、私の考える足関節・足部疾患の見方と理学療法について講義していただきます。
私は、膝関節の病態と力学の融合治療 について解説します。
日々新しい発見を求め惜しみなく教えてくださる赤羽根先生の講演は、いつも刺激を受けています。赤羽根先生も、私も、このコラボセミナーは毎年リニューアルし、何度受講しても満足いただけるように改善を繰り返しています。実際に、何度も何度も受講する人が多いセミナーの1つですし、必ず受講してほしいセミナーでもあります。是非、ご参加下さい。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201025.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「末梢神経の走行から考える関節機能障害に対する運動療法 ”エコーとハイドロリリースから得た知見と実践”」

◆講 師:河端将司先生
◆開催日:2020年11月01日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

関節の疼痛や機能障害はさまざまな要因が複雑に絡み合い、ときに病態解釈が難しいことがあります。セミナーでは、肩関節や肘関節を中心に、末梢神経の解剖・エコー動態・疼痛評価・運動療法の展開について理論と実践を解説していただきます。河端先生の仰る『関節機能障害の新たな捉え方』を理解することで、今後の臨床が大きく変わると思いますよ。河端先生の考えはとても参考になります。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201101.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「運動療法に必要な単純X線像の見方・捉え方」

◆講 師:浅野昭裕先生
◆開催日:2020年11月08日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

単純X線像をもとに痛み、可動域制限、筋力不全などの臨床症状の読み解き方を解説していただきます。適切に対応することができれば、あるいは、それらを予測して、先回りした治療ができれば、臨床成績は格段に良くなります。
浅野昭裕先生は、林典雄先生、赤羽根良和先生、松本正知先生らが所属する整形外科リハビリテーション学会の代表理事を務める「素晴らしい臨床家」です。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201108.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「やってはいけないセルフケア」

◆講 師:財前知典先生
◆開催日:2020年11月15日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

「なぜやってはいけないセルフケアやトレーニングがあるのか?」個人個人を評価する理由とセルフでのパターンチェックと具体的な運動方法について実技を交えてお話していただきます。
財前知典先生は、若い療法士に絶大な人気を誇る先生です。独自の発想や展開力を持って治療を展開しており、講演内容もわかりやすく、いつも好評をいただいています。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201115.peatix.com/

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3446名(2019年7月7日時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. “凡人”の私のやり方

  2. 出版社の社長就任

  3. マッサージ屋さんと、療法士の筋へのアプローチの違い

  4. 理学療法士である私が開業した理由

  5. 動作特性から骨癒合を考える

  6. 療法士の未来予測

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. あなたは患者と真摯に向き合い、適切な評価と仮説検証を繰り返し行っていますか?まずは下…
  2. 動作分析をしながらアプローチをしていくと、同じような動きをしているのに、アプローチをした結果…
  3. さて、今回はコロナウィルスの自粛によって、自宅にいることが長くなったことで生じる「症状の悪化…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

フォロー

ページ上部へ戻る