menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違
  2. 足関節外反捻挫後の粘り強い痛み
  3. そうだ!コンディション・ラボがあるじゃない!
  4. 獲得可動域と実用可動域を知ってますか?
  5. 私と弟子たちの未来への構想
  6. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!
  7. 何年も正座ができない患者っていますよね!「歳だから…」と思ってませんか…
  8. 滑走障害の病態がイメージできてますか?
  9. 夢が叶った瞬間!
  10. 足関節底屈制限を改善するテクニックを紹介!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

動作特性から骨癒合を考える

今年のお盆は皆さんはどう過ごされましたか?

私は、アームストロング中山と登山に行ったんですが、上高地は最高にきれいでした。

人生は素晴らしいですね。(^_^)

 

 

 

さて、皆さんの患者さんの中でも

なかなか骨癒合が得られない症例”っていませんか。

 

また骨癒合したと思ったら再骨折してしまう症例、

これもいますよね。

 

骨癒合が得られにくい症例というのは

“いろいろな理由”があると思います。

 

もちろん個人の特性と言う場合もあるでしょうし、

栄養の問題もあるでしょうし、

様々な要因があるのが事実です。

 

しかし私は臨床経験28年の中で、

骨癒合が得られない症例の特徴として

“力学の要因も”影響があると思っています。

 

一つ症例を挙げましょう。

サッカー選手でジョーンズ骨折はよく見受けられます。

多くの場合、スクリューを入れる手術をして、

通常は12週でスポーツ復帰をします。

 

しかし相当数の時間を要しても骨癒合が

悪い例は決して少なくありません(遷延治癒)。

 

なぜこの例のように骨癒合が得られない症例がいるのでしょうか。

その理由の1つが症例の動作特性にあると私は考えています。

 

つまり、このような症例では、ただ歩いたり、動いたりするだけで

常に第5中足骨に弯曲力が加わっていることが多いのです。

骨折後に骨癒合が悪い例では、

こうしたことは実は多いと私は感じています。

 

だから骨癒合が得られない症例の特徴として

“力学の要因も”影響があると思っているんです。

 

先ほどの例もそうですが、

外傷後・手術後に生じる異常なメカニカルストレスは、

外傷後・手術後に生じるようになったわけでは無いのです。

もともとこうした動き方をしているのです。

 

怪我をする前の正常な状態では、特に問題になりません。

ですが、一旦このメカニカルストレスに関わる組織が損傷すると、

「そこにストレスがかかり続けるので治りが悪い」といったことが臨床上よくあるんです。

 

 

こうした視点を持つと、骨折後の骨癒合に対する考え方が少し変わってきませんか?

 

 

骨癒合の悪い症例というのは結構多く存在しています。

しかし、この視点があれば、

「なぜ骨癒合が得られないんだろう?」という疑問に対し、

「個人の特性だからしょうがない」とかたづけて納得するのではなく、

力学の要因もあるかもというように、

もっと臨床を追求するようになります。

 

 

これが大事なんだと私は思っています(^-^)

実際に私の経験では骨癒合の悪い例は、

やはりそこにメカニカルストレスが加わっていることが

臨床上とても多いと感じています。

もちろん力学とは無関係な症例もいます。

 

これは私が動作分析を得意とする臨床家だから

言えることだとも思っています。

 

思い込みをすて、

骨癒合の悪い症例を診る機会があれば、

この視点を含め、多角的に評価してみてください。

新しい発見があるかもしれません(^-^)

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM「【宮武和馬先生】宮武先生の新・運動器診療アルゴリズムーエコー×理学療法の化学反応ー」

◆講 師:宮武和馬先生
◆開催日:2021年10月31日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

運動器診療は変革の時に差し掛かっている。
構造が壊れていても痛くない症例、手術をしたが痛みが残存している症例など、様々な不思議な現象が明るみになってきた。この事実により運動器診療は混沌としてしまった。

そのような中で、理学療法だけがもつ「治せる」治療があることに私は気づいた。
理学療法の魅力に気づき、気づけば理学療法の虜になっていた。

そんなある時、私はエコーに出会った。
エコーは今まで整形外科医が治せなかった痛みを知ること、治せることができることに気づいた。
そして、今まで理学療法士がなんとなく治していたものが何であったのかが少しずつ見え、自分でも治療介入できることがわかった。

そこで改めて見つめ直した組織が「末梢神経」である。

痛みを出している「組織」を明確にし、それがなぜ痛くなったのか「原因」をはっきりさせていく。
エコーはそのような力を秘めており、今回の講演がぜひ理学療法士がエコーを触れるきっかけになればと思う。

【セミナー内容】
・痛みの「原因」が何であるかを明確にする方法を説明します。
・末梢神経の痛みの評価と治療を説明します。
・患者や選手のために、最速の復帰を目指すには、医師と理学療法士の協力が不可欠です。エコーを通じた共通言語をどのように確立するか説明します。

【到達目標】
・痛みの原因を明確にできる
・痛みの原因を治療するために、どのようなアプローチが最短かディスカッションできる
・末梢神経の痛みの評価と治療ができる

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211031.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【中山昇平先生】わかりやすい運動器エコー ~正常と疾患の比較編~」

◆講 師:中山昇平先生
◆開催日:2021年11月14日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

【わかりやすい運動器エコー ~正常と疾患の比較編~】
運動器エコーは,身体内部の情報をセラピストに提供し,運動療法の効果を押し上げます。

この効果を押し上げる手順は,この3つです。
①正常例を知る
②疾患例と正常例を比較する
③改善すべき点にアプローチする

【セミナー内容】
画像の見方を説明し,身体部位を3つの部位に焦点を当てます。

⓪画像の見方:超音波画像の特徴,対象となる組織の静の評価と動の評価
①肩関節 :・腱板機能     ・肩関節周囲炎,腱板断裂例を比較
②膝関節 :・筋収縮の伝達方向 ・変形性膝関節症を比較
③腰部 : ・腰部の安定化機構 ・腰部疾患を比較

【講演の目的】
現場の運動器エコー活用が,短時間にアプローチ方法を決める手段として革新されることが目的です。
運動器エコーによる身体内部の理解は,セラピストと対象者にとって有益だと実感してください。

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211114.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【中村尚人先生】骨格特性と運動の関係について」

◆講 師:中村尚人先生
◆開催日:2021年11月21日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

———————————-
セミナー内容
———————————-
【骨格特性と運動の関係について】
多くの障害は骨格特性と実際のアライメントとの不一致によって起こることも多くあります。
扁平足、腰部側弯、腰痛、坐骨神経痛、関節唇損傷、膝痛などは特に安定性が高いものです。
各人の骨格特性を把握することは全ての評価の基本です。

今回は、骨格特性の中でも特に重要なもの「前捻角」、「脚長差」、「腸骨回旋偏位」、「脊柱側弯」、「ラキシティ」、「FAI」などを紹介し、実際にその影響も紹介します。

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211121.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM「【赤羽根良和先生】膝関節伸展制限を深堀りする」

◆講 師:赤羽根良和先生
◆開催日:2021年11月28日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

———————————-
セミナー内容
———————————-
【膝関節伸展制限を深堀りする】
膝関節は支持性と運動性の相反する機能が求められている。
そのため、荷重が支持できても可動性に乏しいようでは満足した結果は得られない。
また正座ができても不安定性が生じるようでは満足した結果は得られない。

今回は、臨床で獲得することが困難な膝関節の伸展制限に対して焦点を当ててみたい。

膝関節は適切な伸展可動域が得られていないと、関節の安定性は低下する。
膝関節の理学所見には外反不安定症や外旋不安定症という表現を散見されるが、基本的に膝関節の伸展可動域が得られていないケースに多い現象である。
膝関節は伸展することで静的安定性が緊張し、不安定症が減少するわけである。
そのため、膝関節の屈曲拘縮を認める場合、速やかに伸展可動域を獲得する必要がある。
この屈曲拘縮は制限因子を的確に検出し、滑走や伸張刺激を加えることが出来れば改善してくる。
そのためには機能解剖学的知見や評価は重要な所見となる。
さらに治療技術も必要である。

本講義ではこれらの一助になるような内容にしていきます。宜しくお願い致します。

 

是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20211128.peatix.com/

 

 

 

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 今年1年を振り返って2017

  2. 気付いたら会員1000名を越えていました!

  3. 自分の人生を変える環境づくり

  4. 顎や頚部のズレ

  5. 医療人が医療を受けることでわかること

  6. 園部の弟子たちが少しずつ育っています!

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 臨床においてスポーツ損傷を診るうえで、まず理解しなければならないことがあります。それは一般整形疾患に…
  2. 先日、バスケットの実業団選手で、外反捻挫の後、痛みが長く取れない患者が来ました。…
  3. 先日、 首が痛くて本当に困っている患者がコンディション・ラボに来てくれました。なんと4年も前…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る