menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 生涯をかけて突き詰めた!変形性膝関節の保存療法
  2. 学生からの大切な質問!馬鹿げたエビデンス信者のお話
  3. 旅立ち!俺たちはさらなる高みを目指す
  4. 術後20年間、力の入らなかった症例
  5. 園部セレクト5選
  6. 未来が見える!エコーを使った運動療法(症例映像付)
  7. 術後の筋力…ずっと鍛えさせるつもりですか?
  8. 滑走障害が生じる理由!教えちゃいます!
  9. 骨関節の形態特性の重要性!知ってますか
  10. 痛みが生じやすい「屈折部位」に着目せよ!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

踵後面の痛み! ときどき診ませんか?(映像付)

 

臨床をやっていると、たくさんの発見があります。

 

そこでいつも気づくことがあるんです。

 

それは「こんな病態あるんだ!」と珍しい病態を発見した後に、よくよく臨床で注目していくと、珍しいと思っていた病態も、そこそこいるということです。

 

今回はそういった病態の1つ、「踵後面の痛み」を訴える患者についてご紹介します。

 

踵のアキレス腱付着部の圧痛を訴える患者は、時々見かけます。

 

先日、圧痛が底屈位で認められ、背屈位で消失する患者が来ました。

 

なぜこのような現象が生じるのか?

あなたは想像できますか。

 

次の映像を見ると納得すると思いますよ(^-^)

是非、ご覧ください。

⇓ ⇓ ⇓

いかがでしたか?

 

アキレス腱の痛みであれば、底屈位でも背屈位でも圧痛が認められるはずですが、この患者は底屈位のみ痛みを訴えていました。

 

実際にエコーで確認すると、Kager’s fad padの第3partといわれる脂肪組織の痛みであることが分かり、底屈位と背屈位の脂肪組織の動態が理解できると思います。

 

珍しいと思っていた病態も、そこそこいるものです。

 

今回の症例のように、アキレス腱付着部の圧痛を訴える患者が来たら、底屈位と背屈位の両方の圧痛を確認するようにしてください。

 

この症例に出合ってから私は必ず、底屈位と背屈位の両方で圧痛を確認し、アキレス腱の問題か、脂肪組織の問題かを評価するようにしています。

 

臨床って本当に面白いですよね(^-^)

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM【山本伸一先生・園部俊晴先生】運動器・脳卒中で最も多い症状をこう治療する

講 師:山本伸一先生/園部俊晴先生

開催日:2022年1月16日(日)

 

山本伸一先生(10:00~12:15)
「脳卒中Shoulder‐ Painに対する臨床推論~山本伸一先生はこう治療する〜」
脳卒中対象者の上肢機能の状態は個別性が高いと言えます。
そのなかでも肩の痛みは、対象者の切なる悩みであり、解決しなくてはならない課題です。
今回、脳卒中対象者の肩の痛みの機序や種類等を整理いたします。そのうえで、それを解決するための具体的介入を動画等で説明いたします。宜しくお願いいたします。

園部俊晴先生(13:15~15:30)
「変形性膝関節に対する痛みの臨床推論〜園部俊晴先生はこう治療する〜」
実際の症例動画を用いて評価~治療に至るプロセスを通じ、 講師が解説していく形式で進行します。 臨床の現場で真に役立つ臨床推論を学ぶために、 実際の患者で学ぶことは極めて重要であるとご理解頂けると思います。
治療1年待ちには理由がある。 園部先生がここまで教えちゃいます!
明日から役立つ知識が満載です。
セラピストの人生を変えるほどの力があるセミナーです!
今回は、 園部先生のとっておきの治療として、「変形性膝関節症」 の評価と治療を紹介します。

● 評価
変形性膝関節症を診る際の私が行っている一通りの手順を説明しま す。
特に「組織学的な見方」と「力学的な見方」 の両方を理解する過程が重要です。
この2つがマッチングすると股関節疾患が非常に理解しやすくなり ます。
● 治療への展開
疾患別に「主要な問題点」「何を改善すれば良いか」「手段」 を説明します。
明日からすぐに使える技術満載します。
——————-
到達目標
——————-
1.「力学」と「組織学」がリンクしていることを理解する。
2.仮説検証作業とは何かを理解する。
3.「何が痛みを拾っているのか」を評価できるようになる。
コラボアンサー(15:30~16:00)

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220116.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【橋本貴幸先生】膝関節の急性期に対する拘縮予防の取り組みとアプローチ

講 師:橋本貴幸先生

開催日:2022年1月23日(日)

 

【膝関節の急性期に対する拘縮予防の取り組みとアプローチ】
膝関節の急性期に対する拘縮予防の取り組みとアプローチについてお話させていただきます。対象は、膝関節における外傷・骨折の術後症例が中心となります。

急性期には、RICE処置が必要となりますが、術前術後の創部、術後の固定強度などにより、禁忌事項を守り、禁忌事項以外で可能な運動療法は何かということ、それが今後予測される問題として予防へ生かせることができれば、早期に対応することは患者さまにとっても、医療としても良いことになります。
運動療法では、確実な安全は症例毎に異なり、強度、頻度、回数にセラピストの「塩梅」が求められてしまいます。

まずは、「できること」、「できないこと」から優先順位を決め、予防ができる場合は予防し、予防が難しい場合は最小限の拘縮で済むように対応します。

このような取り組みとアプローチについて、今回お話させていただきます。日々の臨床の1プラスに貢献できればと思います。

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220123.peatix.com/

 

 

LIVEセミナー/ZOOM【畠中泰彦先生】日常生活動作に必要なバイオメカニクス(歩行・立ち上がり・寝返り)

講 師:畠中泰彦先生

開催日:2022年1月30日(日)

 

「歩行」に歩行訓練
「立ち上がり」に起立訓練
「寝返り」に寝返り訓練
 それ、あってますか?
病院やクリニック、施設で患者様を担当した際、
「できない動作」に対して「できない動作訓練」を繰り返していませんか?
今までは歩行には歩行訓練、立ち上がりには起立訓練、寝返りには寝返り訓練を行っていたと思います。
しかし、それで本当に良くなったのでしょうか。 動作を行えないから動作訓練というのは理学療法士でなくてもできることです。そこで、今回の畠中先生のセミナーでは難解な知識は使わず、機能解剖学を用いて日常生活動作にアプローチいたします。
本セミナーをきっかけに日常生活動作が「なんとなくできた」ではなく「だからできた」となるよう、機能解剖学を学んでみませんか。本セミナーは初学者の方、復習したい方にも安心してご受講していただける内容となっております。

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220130.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【熊谷 匡晃 先生】股関節疾患の歩行に対する評価と理学療法

講 師:熊谷匡晃先生

開催日:2022年2月6日(日)

 

荷重関節である股関節には、「支持性」と「可動性」という2つの異なる機能を両立させることが求められます。
歩行において、下肢と体幹を連結する股関節の機能は特に重要です。股関節症や大腿骨近位部骨折症例では、股関節の機能障害を補うための代償的な歩行パターンを呈します。
可動域制限、筋力低下、疼痛、脚長差などいろいろな要因が絡みあって生じる異常歩行(跛行)を改善させるためには、各要因について十分に検討する必要があります。

本セミナーでは、正常歩行のメカニズムを確認しながら、歩行における股関節機能に主眼を置き、臨床で多くのセラピストが扱う疾患を通してその評価とアプローチの実際について解説させて頂きます。

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220206.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【西守 隆 先生】健常と異常の歩行分析 ~何をもって異常とするか~

講 師:西守 隆 先生

開催日:2022年2月13日(日)

 

前回は「臨床活用するための実践!歩行分析」‐機能不全と代償‐を見抜く術(すべ)というテーマでお話させていただきました.
それは健常な歩行動作の知識を踏まえて上での動作分析スキルを促すものでした.<前半>
歩行動作の関節運動の運動学的解釈,そして筋活動や床反力といった運動力学的解釈を丁寧に説明いたします.
つまり「 養成校時代の勉強の再学習の位置づけ」にあたります.
皆様の養成校時代,歩行動作の勉強は,必要な関節角度の丸暗記のような学習方法であったのであれば,臨床における逸脱歩行の解釈は難解となることは容易に想像できます.
正常な歩行動作についてイラストを豊富に用いて不明瞭な点を一発で解決できるよういたしました.
今回の講演を受けることで, 運動学と運動力学のバラバラになっている知識を整理できるようになると思います.

<後半>
前半での正常動作で必要な機能が不十分であった場合(機能障害を有する場合),具体的にどのようなフォームの変化,つまり正常歩行動作時の関節運動の逸脱(逸脱動作)がみられるかを説明します.
そのことによって,臨床で観察される逸脱動作が,どのような機能障害によって引き起こされるかを推測でき,動作障害の原因を抽出する幅が広がることになります.

今回の講義を聴講してもらった後は,歩行動作についての知識(点)を,臨床的活用できるような知識(線)につながるようになってくれるでしょう.

初学者の方、復習したい方でも安心してご受講できる講演です.

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20220213.peatix.com/

 

 

 

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 後十字靭帯損傷後の痛み!その特徴と診るポイントについて解説!

  2. 「足」が担うセンサーとしての役割について

  3. 股関節伸展制限が与える影響!腰椎では前弯だけじゃない!

  4. 滑走障害の病態がイメージできてますか?

  5. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 昨年、盟友である山田英司先生が逝去されました。写真にある私と、今屋 健先生、山田英司先生は、…
  2. 先日、久しぶりに大学で授業を行いました。その授業の終わりに学生からこんな質問を受けました。…
  3. 明けましておめでとうございます。皆さんはどんな年末年始でしたか。私は、毎年、年末はス…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

フォロー

ページ上部へ戻る