閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. こんな運動連鎖って本当?スクインティングパテラに対する臨床での考え方は…
  2. スポーツ選手に時々見かける距骨下関節の障害
  3. テクノロジーの変化が歩行を変える!
  4. 皆さんはこの足を見てどう思いますか?
  5. スポーツ選手の腰痛治療! そのプロセスを紹介!
  6. 足関節の踏み込みの痛み!とても多いと思いませんか!
  7. 脊柱管狭窄症の保存療法の限界とは
  8. 『臀筋ほぐし』
  9. ギックリ腰の予防
  10. 神経症状が出現する領域!考えたことありますか。
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違

臨床においてスポーツ損傷を診るうえで、まず理解しなければならないことがあります。それは一般整形疾患に比べ、「スポーツ活動に耐えうる機能を再獲得し競技復帰させることを念頭に置かなければならない」ということです。

一般整形疾患においては日常生活レベルが最終ゴールとなることが多いですが、スポーツ損傷では、走る飛ぶ投げるというスポーツ動作に加え、高負荷・高頻度に耐えうる身体機能を獲得する必要があります。

 

例えば、アキレス腱断裂を例に考えてみましょう。アキレス腱断裂をした場合、日常生活レベルが最終ゴールであれば、アキレス腱がつながり、歩行が普段通りに出来るようになれば、治療的役割の大半は終えたことになります。

 

しかし、スポーツレベルが最終ゴールであればアキレス腱がつながるだけなく、高い成熟度が求められ、筋力、腱の長さ、腱と周囲組織との滑走性、他関節の連動性など、元の身体状況に復活させることが必要となります。

 

そして最終的には、元の極めて高いパフォーマンスレベルに復帰させることが、我々セラピストに求められているのです。

 

このため、 単に壊れた組織が戻ったり、痛みが改善すれば、それで事足りるわけではありません。 スポーツ選手の場合、構造だけでなく、機能も元の状態に回復しなければならないことを知っておかなければなりません。

 

だからこそ医師と連携を図りながら、構造と機能の回復に全力を尽くす必要があり、スポーツ損傷を診るセラピストはある意味「とても厳しい環境」であると言えるかもしれません。

 

私自身、もっと力があればオリンピックに出場させてあげることができた選手が何人もいます。「きっと入谷先生だったら助けられたかも…」と考えたことがたくさんあります。

 

でも、だからこそ目を背けず、逃げずに、真摯に結果を受け止めながら臨床を続けると、構造と機能回復の原理原則が分かるようになり、治療成績も年々高まってきました。

 

私は今の結果に満足せず、さらに高みを目指してこれからも臨床を行っていきたいんです。

そしてもっともっと、多くのスポーツ選手に貢献したいと思っています(^-^)

 

Youtubeで「スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違」について解説していますのでご覧ください。

 

みなさんも今の自分に満足せず、もっと成長できるよう仕事を楽しんでくださいね。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【追伸】

今度の4月に入社する新しい弟子を募集します。

10月25日募集開始です。

詳しくはこちら

⇓ ⇓ ⇓

https://ugoitalab.com/sonobe-deshi/

 

 

 

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM【西中直也先生 千葉慎一先生】医師と理学療法士2つの視点で肩関節周囲炎に迫る!

講 師:西中直也先生 千葉慎一先生

開催日:2022年10月16日(日) 10:00~16:00

 

西中直也先生(10:00~12:20)
【医師の視点から考える肩関節周囲炎の見方と治療の仕方】
明らかな原因がなく肩関節周囲の組織に炎症が発症し、肩関節の〝痛み〟と〝可動域制限〟という2つを主な症状とする症候群を『肩関節周囲炎』とよびます。
そして中年以後の人に発生し易いことから、加齢的要素と経過において拘縮を伴うものに対して五十肩と呼ぶのが一般的です。

しかし、外傷などの明らかな原因がなく、単純X線でも明らかな異常所見がないと・・・「肩関節周囲炎でしょう」、

そしてこれが四十代に起きたら「四十肩でしょう」、

五十代におきたら「五十肩でしょう」、

さらに六十代に生じたら「少し遅めの五十肩でしょう」

と患者さんに説明している整形外科医に遭遇します。

しかし、これはレントゲンで異常なし=肩関節周囲炎と言っているようなもの。
今回のセミナーでは肩関節周囲炎とは?という疑問に対して私の考える肩関節周囲炎の正体と治療法についてお話します。

【セミナー内容】
肩関節周囲炎には病期があります。
炎症期(急性期)、拘縮期(凍結期)、回復期 それぞれに対応した保存療法と手術療法についてお話します。
保存療法では理学療法士との連携の大切さも解説します。

千葉慎一先生(13:20~15:40)
【肩関節周囲炎の理学療法] 肩関節周囲炎とは、明らかな誘因も無く、40歳以降の年齢層に好発する、肩関節の疼痛と運動制限を主症状とする肩関節疾患の総称で、
五十肩や四十肩、凍結肩などとも呼ばれています。

英語圏では「adhesive capsulitis(癒着性関節包炎)」「frozen shoulder(凍結肩)」などと呼ばれています。

肩関節周囲炎の症状は、炎症期、拘縮期、回復期という経過をたどります。

炎症期は安静時痛や夜間痛が認められる痛みが主症状の時期です。
拘縮期は疼痛は軽減してくるが可動域制限が強くなる時期です。
回復期は痛みはほとんど無くなり、可動域制限が主症状の時期で、可動域も徐々に回復してくる時期です。

このように肩関節周囲炎は時期により症状が異なるため、治療を行うためにはその患者さんの病期を把握し病期に合わせた治療を行わなければなりません。

今回は肩関節周囲炎の病期に合わせた理学療法についてお話ししたいと思います。

コラボアンサー(15:40~16:00)

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20221016.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM【財前知典先生 園部俊晴先生】運動連鎖から考える理学療法の展開~体幹の運動連鎖を紐解く~

講 師:財前知典先生 園部俊晴先生

開催日:2022年10月23日(日) 10:00~16:00

 

財前知典先生(10:00~12:20)
【体幹の運動連鎖に波及する部位とその誘導】
運動連鎖の概念は古くからありますが、臨床で使用するとなると多くの矛盾点に当たります。

例えば下肢で骨盤前傾-股関節内旋-下腿内旋-距骨下関節回内などの運動連鎖が有名ですが、
これを臨床で用いると矛盾点が生じることに気がつきます。

臨床では患者様を骨盤前傾に誘導するケースが多いですが、距骨下関節を回内に誘導するケースは少ないです。

先生方も骨盤を前傾誘導すために「内側縦アーチを低下させる」運動療法を行うことは少ないのではないでしょうか?
そう考えると一般的な運動連鎖の概念をそのまま臨床に使用することは一種の危険をはらむことが予測されるかと思います。
これは体幹や上肢の運動連鎖でも同様です。

今回のセミナーで、私は体幹や上肢の運動連鎖を中心に臨床に基づいた運動連鎖を中心にお話させていただきたいと思います。


園部俊晴先生(13:20~15:40)
【下肢と体幹の運動連鎖】
リハビリ医療に携わっているセラピストは誰もが体幹の機能異常が 動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを認識しています。
しかし、 体幹の機能異常がどのように動作にリンクしているのか、 また下肢の運動連鎖とどのように関連し合っているのかを理解して いるセラピストはほとんどいません。

今回、「 体幹の見方と誘導方法」「下肢の運動連鎖との関連」 について説明します。

【具体的内容】
1.体幹のマルアライメント改善の考え方
2.下肢の運動連鎖と体幹との関連
3. 治療概念

【到達目標】
1.体幹のマルアライメントの考え方を理解する。
2.下肢の運動連鎖と体幹との関連を理解する。

【参考映像】

体幹機能       →  https://www.youtube.com/watch? v=mOFKm6c73zo

園部コンディション・ラボ→ https://www.youtube.com/watch? v=bq5wr_LmAyg

動作分析       →  https://www.youtube.com/watch? v=M87-ydVIKhM

臨床映像(中枢)   →  https://youtu.be/N3uo_2hFUG4

臨床映像(外側偏位) →  https://youtu.be/GYAJHyn-7ns

臨床映像(外傷・術後)→  https://youtu.be/BxNdwFsWQkQ

コラボアンサー(15:40~16:00)

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20221023.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM【赤羽根良和先生】赤羽根良和先生は足関節の可動域をこう改善する

講 師:赤羽根良和先生

開催日:2022年10月29日(土) 17:30~20:30

 

【赤羽根良和先生は足関節の可動域をこう改善する】
足関節の可動域改善に関する知識をお話しさせて頂きます。

足関節は背屈制限底屈制限に関する組織に分かれます。
また、多くの腱や神経・血管が走行を変えるため摩擦刺激が生じやすい部位でもあります。

これらの知識を理解しておくことは可動域の改善においてとても重要です。
必要な知識が多くなる分、情報量も必然と多くなりますが、当日はしっかりと学んで頂ければ幸いです。

当日は宜しくお願い致します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20221029.peatix.com/

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 職場の後輩の初マラソン

  2. プロが教える!骨模型で解剖・運動学を網羅し、治療へ応用するための…

  3. プロ野球 S投手

  4. こんなの5年ぶり!その場でみるみる膝が曲がる技術を動画で公開!

  5. 私と弟子たちの未来への構想

  6. 後十字靭帯損傷後の痛み!その特徴と診るポイントについて解説!

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 一般的なバイオメカニクスの文献で、次のような図を見ることってありませんか。…
  2. 足関節と踵底面の間の痛みで、原因がよくわからない症例は時々います。先日、下記のような症状を訴…
  3. 先日、靴医学会のパネルディスカッションで発表してきました。この学会に参加してみて、テ…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

フォロー

ページ上部へ戻る