閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. PNFの3つの実技と臨床応用
  2. 強い力はいらない!徒手操作における皮膚の重要性
  3. トップランナーの特徴!絶対的な味見力
  4. 片麻痺患者の歩行を実用的にするためには何が必要か
  5. 関節軸と軟部組織の位置関係について
  6. 融合! 私たちの技術はまだまだ発展できる!
  7. 患者を診るのが怖くなるとき!立場よりも成長を重んじる重要性
  8. 理学療法士であることを活かしたビジネスモデル
  9. 膝関節伸展制限が改善すると何で良いの?
  10. 椎間板ヘルニアと診断された症例の3つのパターン
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

術後20年間、力の入らなかった症例

先日、術後20年もの間「膝屈曲の筋力が極端に低下」している症例が来ました。

でも2回目にいらした時、「筋力の左右差がほとんどなくなったんです!」と喜んでくれました(^_^)

 

今回の症例のように、術後長期間、力が入らなくなったり、可動域が狭かったりする症例は多いものです。

 

その状態で数年が経過してしまうと、医療者も患者も「もう戻る事はない」と諦めてしまうことが多いです。

 

でも私は、日々の臨床でこうした症例でも「かなりの確率で改善する事は多い」と感じています。もちろん全てではありません。

 

ただ、ここで言いたいことは「術後長期間、筋力が弱かったり、可動域が狭かったりする症例でも、まずその原因は何かを突き止めてあげることが大切」と言うことです。

そしてその要因が可逆的か、不可逆的かは別として、原因がわかれば患者も安心するのだと思います。このことは非常に重要で、その後の信頼関係や治療成績に影響を及ぼします。皆さんも是非、このことを念頭に置いて臨床を行ってみてください。

 

さて、今回の症例に対して私は、次のように考えました。

筋肉が収縮すると言うことは、骨と骨が近づくと言うことです(図A)。

しかし、図Bのように、部分的に癒着や滑走障害が生じると、同じパワーで筋が収縮しても、骨を近づける距離は短くなってしまいます。

これこそが「多くの術後に生じるパワー低下」だと感じています(^-^)

 

           

セラピストの多くは「患者の努力が足りない」、とひたすら筋力エクササイズをさせますが、順調に筋力が回復しない場合、それには理由があります

さらに言うと、たいした努力もしていないのに勝手に筋力のつく場合にも理由があります

 

いつも臨床と真摯に向き合い、そして謎解きを楽しむように臨床を行うことで、さらに臨床は深みを増すといつも感じています。

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました(^-^)

 

 

推薦セミナー

ナイトLIVEセミナー/ZOOM【中村尚人先生】予防運動アドバイザーのダイジェストセミナー版

講 師:中村尚人先生

開催日:2023年6月9日(金) 20:00~21:30

 

概要

予防運動アドバイザーとは、主に骨関節疾患について予防運動の視点で障害予防について助言を行う専門家をいいます。
多くの障害はdisuse、overuse、misuseから起こります。
disuseは運動不足ということで運動を促せば防げます。
overuseはやり過ぎを制限し適正な負荷によって防げます。
misuseは自身の何が正常から逸脱してるかを骨格特性を踏まえて客観的な評価に基づいて見極める必要性があります。
しかし、現在そのような予防運動の視点で助言を行う専門家はいません。
各種トレーニングや整体技術は存在しますが、適切な評価がある様には思えません。
その場限りの対症療法ではなく、再発しない予防視点の専門家が必要です。
今回は、予防運動とは何かをダイジェストでお伝えします。

目標:予防運動の概念を理解し、予防事業の具体的な業務を把握する。

参考資料)「コメディカルのためのピラティスアプローチ」NAP、予防運動研究会 https://healthfoundation.or.jp/preventive-exercise

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20230609z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【松田現先生】セラピストに役立つ体幹機能の再構築の実際

講 師:松田現先生

開催日:2023年6月17日(土) 17:30~20:30

 

概要

人体は体幹を中心にして、四肢と頭頸部が付いた構造をしています。
このことはつまり、人間のあらゆる活動に体幹が関わる事を意味しています。

動作において体幹が無関係であることは有り得ない、ただどの場面で、どのくらい、どのように体幹が関わるかは個体差もありセラピストを悩ませる原因ともなります。

今回のセミナーでは私自身が姿勢・動作分析をする際に体幹を診るポイントをお伝えし、体幹機能を促通する方法をPNFを中心にして考えていきたいと思います。

PNFは約40ほどのパターンとマット動作、歩行介入からなる治療コンセプトで、特に麻痺性疾患の回復段階には著しい効果があります。

このセミナーを受講したセラピストの皆様が翌日から用いることのできるような方法を多く紹介しますので、当日はよろしくお願いいたします。

 

応募はこちらから
↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20230617z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【宮田徹先生】膝関節周囲の疼痛をエコーを使って捉える! 〜1単位で活かせるエコーを使った理学療法〜

講 師:宮田徹先生

開催日:2023年6月25日(日) 10:00~13:00

 

概要

【講演概要】
従来の触診や疼痛評価では分からなかった細かな末梢神経をエコーで描出し触診できるようになり、疼痛の解釈が変わってきました。
膝関節は中間関節や荷重関節という特徴から組織損傷に伴う侵害受容性疼痛が多いと考えます。
一方で、画像所見と疼痛を訴える部位が異なる症例や画像所見に乏しいにもかかわらず疼痛がある症例を日常的に経験します。
膝関節の疼痛を炎症性の侵害受容性疼痛だけで考えると病態の理解できない疼痛があるように感じます。
患者の訴えに耳を傾け疼痛と向き合うと”末梢神経”という新たな視点から膝関節の疼痛を考えるようになってきました。
今回は膝関節の疼痛のうち,膝関節前面や内側の疼痛について,どのようにエコーを使い、どのように理学療法を展開するかを中心にお話しさせて頂きます。

【セミナー内容】
・膝関節の評価治療において,限られた時間の中,どのようにエコーを使用しているか演者の使用方法をお伝えします。
・膝関節周囲の疼痛に対して原因となりうる末梢神経の描出方法や判別方法をお伝えします。
・膝関節周囲の末梢神経の問題点に対する一連の理学療法を症例ベースに紹介します。

【到達目標】
・膝関節周囲の疼痛評価について理解を深める(参考にしていただく)。
・短時間で使えるエコーを使った理学療法評価と治療を理解する。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20230625z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【豊田和典先生】大腿骨近位部骨折に対する運動療法の考え方

講 師:豊田和典先生

開催日:2023年7月2日(日) 10:00~13:00

 

概要

《大腿骨近位部骨折の理学療法について》
大腿骨近位部骨折は高齢者に多い骨折の一つであり、当院でも年間100例前後の整形外科的治療が行われている。
受傷機転の多くは転倒であり、大腿骨近位部骨折症例は受傷前から何らかの機能低下を生じていると考えられる。
つまり、整形外科的治療後の運動療法では、受傷による要因・手術による要因とともに、受傷前からの要因も考慮する必要がある。
本講演では自験例を踏まえながらそれぞれの要因について学び、それらに対する具体的な運動療法を提示できればと思います。

具体的なセミナー内容
1.大腿骨近位部骨折と整形外科的治療について
2.運動療法で考慮すべき要因の理解と運動療法について

1) 受傷前からの要因と運動療法
2) 手術による要因と運動療法
3) 受傷に伴う要因と運動療法
4) あぐら座位獲得と歩行能力向上に対する運動療法について

●到達目標
大腿骨近位部骨折後の運動療法に影響を与える要因とそれに対する運動療法を理解する

応募はこちらから
↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20230702z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【中谷知生先生】脳卒中の歩行再建 ~歩行のメカニズムに基づいた実践的トレーニング~

講 師:中谷知生先生

開催日:2023年7月9日(日) 10:00~13:00

 

概要

脳血管疾患症例の理学療法において、歩行再建は非常に重要な位置を占めるトレーニングです。

近年では課題指向型トレーニングのエビデンスが明確になりつつあり、重度の運動麻痺を呈した症例においてもより早期から積極的な歩行トレーニングを実施する機会が増えています。

しかし実際に歩行トレーニングを進める上では、脳血管疾患の病態の多様性のため、様々な身体機能・能力を呈する個々の症例に対してどのようなデバイスを選択して、どのような介助を行えばよいのか迷うことも多いと思います。

そこで本講義は、まずヒトの歩行の力学的なメカニズム、ならびに脳血管疾患症例に共通してみられる歩行の特徴を整理します。

これがしっかりと理解できれば、目の前の症例の歩容に対してどのように修正するべきか、悩むことが確実に減ると思います。

講義では実際の臨床場面も提示しながら、理論に基づいた実践について考えられる力をつけられるように講義します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20230709z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【鈴木俊明先生】臨床に活きる!!腰背筋群の解剖学と運動学

講 師:鈴木俊明先生

開催日:2023年7月16日(日) 10:00~13:00

 

概要

《講演概要》
腰背筋群に関する解剖、運動学の特徴を把握して、腰背筋群が作用する動作に関して講義させていただきます。
具体的には、多裂筋、最長筋、腸肋筋の作用を十分に理解することによって明日からの運動療法に活かせる講義にさせて頂きたいと思います。

《セミナーの内容》
1 座位保持に必要な腰背筋群
2 座位からの側方移動に必要な腰背筋群
3 立位からの前方移動に必要な腰背筋群
4 歩行で必要な腰背筋群

《到達目標》
腰背筋群を一つの筋群としてではなく、各筋の特徴を把握できるようになれる

応募はこちらから
↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20230716z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【熊谷匡晃先生】股関節拘縮の評価と運動療法 アップデートセミナー

講 師:熊谷匡晃先生

開催日:2023年7月30日(日) 10:00~13:00

 

概要

2020年1月に書籍『股関節拘縮の評価と運動療法』を出版いたしました。

股関節疾患のリハビリテーションにおいて、セラピストが評価・治療の根底に置くべき「股関節の拘縮」をテーマに、解剖学、バイオメカニクスの総論、股関節拘縮の詳細な評価方法、関節拘縮に起因する痛みや異常歩行など多岐にわたる内容を掲載いたしました。
しかし、医学は日進月歩であり、運動器リハビリテーションも発展し続けています。
本セミナーでは、書籍の中で書ききれなかったこと、出版時から現在までの3年で起こった変化や新しい知見について私見を含め解説させていただきます。

【詳細】
・関節可動域や鼡径部痛に関わる股関節の求心位、translationについては、肩関節とは少しニュアンスが異なると考えています。
・疼痛や関節拘縮の原因として、新たな病態が注目されてきています。
・最近の臨床の中で注目している股関節拘縮の原因組織と治療アプローチについて紹介させていただきます。
・整形外科治療における近年の考え方やエビデンスについても知っておく必要があります。
・我々が臨床で扱う股関節疾患としては、大腿骨近位部骨折と変形性股関節症が大半を占めており、急性期、回復期、整形外科クリニックでリハビリテーションが行われています。時間をかけて進行し、次第に症状が重くなる変形性股関節症はもとより、大腿骨近位部骨折においても初期から最終まで一貫して介入できる施設は多くなく、時期に応じてそれぞれの施設が担う役割や治療内容も変わってきます。

普段臨床で診ていて造詣が深い病態のみならず、直接は診ていない病態まで含めて総合的に理解を深めることで、術前に診た症状がそれとリンクして理解できますし、手術に至る前に対処すべき問題や着目する視点につながると考えます。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/2023073030z/

 

 

その他の園部企画の講演・セミナー

 

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 鼡径部痛・殿部痛!あなたは自信満々で変えることができますか?

  2. 梨状筋症候群!とても有効な第3水準の評価

  3. 代償動作を見極める臨床力! マッスルインバランスからの気づき

  4. 夢が叶った瞬間!

  5. プロ野球 S投手

  6. 強い力はいらない!徒手操作における皮膚の重要性

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 現在、松田 現先生と一緒にPNFの書籍を制作しています。正直言ってめちゃめちゃ勉強になってい…
  2. 皆さんは、徒手操作の際に、皮膚を意識して操作を行なっていますか?私はこれまでに多くのトップラ…
  3. 先日、今年はじめての「3日間集中講座」を行いました。この講座は3日間徹底的に「動作分析」を行…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

フォロー

ページ上部へ戻る