menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 入谷式の集まりの講演
  2. 私の行っているプロ野球選手の治療
  3. キングカズの人生の糧となる言葉
  4. 成田崇矢先生との臨床および人生談議
  5. 治療6ヶ月待ちの理学療法士の評価と治療
  6. 最近の臨床で見えてきたこと
  7. 最年長の患者様
  8. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
  9. 千葉慎一先生の評価方法をみて感じたこと
  10. 書籍のちから
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

診断名だけで治療をしていませんか?

さて今回は、毎日の臨床を行うにあたり、とても大切な概念を話したいと思います。

通常、医療機関では、医師が診断して、そして、その後に我々療法士のところに処方が出されます。

しかし・・・、

特に運動器の場合は、医師が診断したその診断名は、大半は画像診断です。

例えば、腰に痛みがあり、足にも痺れがあり、MRIを撮ってヘルニアが出ていれば・・・、大半の医師は迷いもなく椎間板ヘルニアと診断します。

そして、その診断名が我々療法士のもとに指示箋として送られてくるわけです。

この過程で、大半の療法士も、患者も、何ら迷いもなく椎間板ヘルニアが今の症状を作っていると思い、椎間板ヘルニアのリハビリが行われるわけです。

といっても通常は、ストレッチングをしたり、体幹筋を鍛えたり、物理療法をしたりといった程度でしょう。

私の若い頃もそうでした。

でもよく考えてみてください。

この過程で、本当に椎間板ヘルニアが今の症状を作っていると言えるでしょうか。

椎間板ヘルニアが画像上あるのは事実です。

しかし大事なのは、いま出ている症状が本当に椎間板ヘルニアによるものなのか?ということです。

なぜなら、例えば中高年の人で全く無症状の人を1,000人集めてMRIをとれば、おそらくかなりの頻度で椎間板ヘルニアの画像所見があるとおもいます。

そう考えると、この患者で画像上、椎間板ヘルニアがある事は事実ですが、本当に椎間板ヘルニアが症状の原因かどうかは分かりませんよね

だから・・・、

もう少し踏み込んだ仮説検証が必要だと思います。

実際に、いろいろな評価技術を取得し臨床で応用していくと、実際には痛みを拾っているのはヘルニアではないことも非常に多いんです(もちろん、やはり椎間板ヘルニアが症状の原因のこともあります)。

具体例を挙げるなら、椎間板ヘルニアがあり下肢の痛みがあっても・・・、

その原因が梨状筋孔であったり、仙腸関節だったり、また下肢自体だったりすることは決して少なくありません。

また臀部・大腿の疼痛までなら、椎間関節や腰背部のコンパートメントが原因のこともあると思います

実際に、梨状筋症候群や仙腸関節、椎間関節痛、腰背部のコンパートメント症候群の評価方法や疼痛部位について学んで欲しいです。

そうすれば、この意味が良く分かると思います。

(詳しく知りたい人は、まずこちら → http://motion-medical.co.jp/?pid=127202760

誤解して欲しくないのは、これは医師に対する批判ではありません。

医師には医師の盲点、療法士には療法士の盲点、各々立場によって盲点が異なります。

だから、お互いが、一人ひとりの医療人が患者のために、助言しあえる関係を作っていくことがとても大事だと思います

この関係を作るには時間がかかるでしょう。

この関係を作れないからといって、相手を批判する人もいるでしょう。

でもそれではダメです。

まず我々がしっかりとした結果を出し、「あの患者はどうしたらあんなに良くなったの?」と言われるようになって、はじめていろいろディスカッションが出来ると思うんです。

我々は、医師の診察に基づいて治療を行います。

しかし療法士も、良い治療への一助を医師に与える立場と責任を負っていないといけない。

そのためには、治療結果と豊富な知識が必要です。

それが一人一人の患者のためになることを若い療法士は知ってほしいです。

追伸

桜ジャパンの藤本麻衣子選手がコンディション・ラボに来てくれました。これまでたくさんの怪我を経験してきた選手ですが、いつも前向きで、その姿勢にはとても参考になることがあります。復帰の手助けに少しでも貢献できればうれしく思います。

成田崇矢先生と園部俊晴のコラボセミナー!
腰痛の評価と治療

2019年4月28日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今回は、成田崇矢先生に理学療法士の視点からみた腰痛の評価とアプローチを紹介していただきます。理学療法士が疼痛を主訴とする患者を対応する場合の考え方について、症例を提示しながら解説します。また、午後からは園部が仙腸関節障害に焦点を絞り、組織学的な評価方法と力学的な特性について説明します。その上で、私の考える治療法を紹介します。
最後に質疑応答があるので、先生2人の意見を聞くことができますよ!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190428undouki.peatix.com/

 

5月GW恒例!今屋健先生・勝木秀治先生・園部俊晴コラボセミナー
「術後のリハビリテーション実技セミナー3日間」

2019年5月4日(土)・5日(日)・6日(月)神奈川
【園部からの推薦文】:
5月4日は今屋健先生による膝関節、5月6日は園部による下腿・足関節・足部、5月5日は勝木秀治先生による肩関節について解説します。
今屋健先生は、半月板損傷後・ACL損傷後の術後リハビリテーションを軸に「手術の詳細」とそれに基づく「リスク管理」や「リハビリテーションの理論・評価・実際」を詳しく説明します。
園部は、リハビリに対する考え方、基礎知識を実技たっぷりで丁寧におさらいします。園部流テーピングの実技も解説しますよ!
勝木秀治先生は、腱板断裂・反復性肩関節脱臼の術後のリハビリテーションを座学と実技を交えて解説します。
3日とも同じ場所なので、参加しやすいと思いますよ!もちろん1日だけでも大丈夫です!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
5月4日(土)今屋健先生
https://20190504undouki.peatix.com/

5月5日(日)園部俊晴
https://20190505undouki.peatix.com/

5月6日(月)勝木秀治先生
https://20190506undouki.peatix.com/

 

アウトプットの場です!
第3回 治療治術集会「臨床における私の評価・治療の工夫」

2019年5月19日(日)神奈川
【園部からの推薦文】:
今回の治療技術集会は、疾患や部位に囚われず、“臨床”に焦点をあて、皆様が日々行っている臨床の工夫や技術をアウトプットしていただきます。実際に、自分が臨床で行っていることで「この技術は、臨床で真に役立つ!」と思えることだけを発表する機会にしたいと考えております。治療を見せ合いっこすることで臨床のヒントをたくさん手にすることができると思っています!より多くの人にご参加いただくために参加しやすい価格にしました。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190519undouki.peatix.com/

 

廣戸聡一先生の神の技術到来!
「日常行動における動作戦略としての4スタンス理論と障害について」

2019年5月26日(日)東京
【園部からの推薦文】:
廣戸総一先生は、私が出会った5人の怪物のうちの一人です。廣戸先生の4スタンス理論を知ることは臨床役立つ点がたくさんあると思います。
4スタンス理論とは、人間にはそれぞれ生まれつき決まった身体特性(動作戦略)があり、それを4種類に分けて解明しようとする理論のことです。今回の講演では、その戦略に従って身体を連動させると最も効率よく動作が行なえること、間違った戦略の連動を是正することで障害や故障が改善されることなどを膝や肘などの部位を例にとって解説していただきます。
廣戸聡一先生に提唱する「4スタンス理論」をご本人から学べるチャンスです!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190526undouki.peatix.com/

 

西中直也先生と千葉慎一先生のコラボセミナー
「肩関節の治療」

2019年6月2日(日)東京
【園部からの推薦文】:
千葉慎一先生の「肩関節疾患の術後理学療法」では、肩関節の運動機能と評価について肩関節を構成する関節ごとに説明します。また、反復性肩関節脱臼や腱板断裂、投球障害肩に対する手術後の理学療法の進め方と注意点について疾患ごとに解説します。
肩関節のプロフェッショナルによる肩関節セミナーです。明日からの治療に生かせる技術満載です!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190602undouki.peatix.com/

 

財前知典先生と園部俊晴の大人気コラボセミナー
「体幹の理学療法」

2019年6月9日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今回は、財前先生が上肢と体幹について、園部が下肢と体幹について解説します。リハビリ医療に携わっているセラピストは誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを認識しています。
財前先生は、上肢と体幹の関係性を理解した上での体幹を良方向にコントロールするための評価方法を解説します。園部は「体幹の見方と誘導方法」「下肢の運動連鎖との関連」について説明します。
上肢と体幹、体幹と下肢、それぞれの関係性について1日で学ぶことができますよ。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190609undouki.peatix.com/

 

小野志操先生 再来!今回は膝関節!
「膝関節疾患の評価と治療」

2019年6月23日(日)東京
【園部からの推薦文】:
症状再現操作と症状消失操作の双方が見つかれば運動療法の方針は決定されます。小野先生にはこうしたプロセスの評価と治療を行う力があります。局所の圧痛所見が確認できれば運動療法のターゲットとなる軟部組織を決定することが可能となります。今回のセミナーでは膝関節可動域制限改善に必要な解剖学的病態解釈とそれに基づいた評価(臨床推論過程)と運動療法について分かりやすく解説します。
丁寧な解説で人気な小野志操先生による数少ない膝関節セミナーです!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190623undouki.peatix.com/

 

赤羽根良和先生と園部俊晴の夢のコラボセミナー!
「私の考える膝関節・足関節の理学療法」

2019年6月30日(日)神奈川
【園部からの推薦文】:
今回は、赤羽根良和先生に膝関節の解剖を主体とした機能障害について解説していだだきます。膝関節は下肢の中でも荷重がより加わる関節であることはよく知られています。セラピストだからこそ回復できる運動療法について紹介します。
園部は、運動連鎖を主体とした理学療法の「評価」「治療」について、足部・足関節を中心に説明します。運動連鎖を有効に利用した方法が分かれば、治療の展開は格段に容易なものになりますよ。
今回も必ず役に立つ1日になると思います!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190630undouki.peatix.com/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

2019年

6月23日(日)  小野志操先生 再来! 

7月14日(日)  工藤慎太郎先生 今一番注目の臨床家! 

7月28日(日) 木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナ 膝関節の理学療法(スポーツ・変形性膝関節症・力学) 川崎

8月25日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

9月8日(日)  山田英司先生・園部俊晴 コラボセミナー  

10月13日(日) 今屋健先生・宇戸友樹先生・園部俊晴 コラボセミナー 今年もやります! 

12月1日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3102名(2019/02/19時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 50歳にリーチとなった誕生日

  2. キングカズの人生の糧となる言葉

  3. 息子の臨床見学

  4. 私の原動力である「頂いている」という かけがえのない気持ち

  5. 満席! 赤羽根の足関節、園部の膝関節

  6. 膝蓋骨の前下方が腫れた症例

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 先日、私たち夫婦の14回目の結婚記念日がありました。私たちはとても仲の良い夫婦ですが、…
  2. 林典雄先生監修・赤羽根良和先生執筆の肩関節拘縮「臨床編」はAmazonリ…
  3. 先日、関東労災病院でずっと一緒にサッカーをやってきた仲間が、北海道の釧路…

Facebook

twitter

Instagram

  • 先日、子供にどうしてもイニエスタを見たいとせがまれて、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合を見に行きました。
チケットは今屋大先生のコネでもらいました。
今屋先生ありがとうございます。

イニエスタはだいぶ年取ったなとは思いますが、それでもやはり決定的なパスを何度も出していました。
試合は5対3と点の取り合いでフロンターレが勝ちました。
イニエスタ見れるし、ファンのフロンターレも勝つし、ゴールシーンがいっぱい見れたし、全てにおいて息子が大満足していました。
次の日大阪行きで、始発の新幹線に乗るので、ナイターを見るのはめちゃめちゃきついのです。
でも・・・
息子のめちゃくちゃ興奮する姿を見て、私もなんだか嬉しくなりました。(^_^;) #イニエスタ
#川崎フロンターレ
#ヴィッセル神戸
#決定的パス
#サッカー
#Jリーグ
  • 久しぶりに、ANAのプレミアムクラスに乗せさせて頂きました。(^_^)
手の込んだ機内食に感激です!
そのうち、母と妻にもプレミアムクラスを体験させたいんです。 
特に、母には近いうちに機会があれば、体験させてあげたいんです(^_^) #ANAプレミアムクラス
#機内食
  • 9月18日(火)にTVに出演します!! テレビ東京
「なないろ日和」
9月18日(火) 9:28~11:13
薬丸裕英さんと香坂みゆきさんの情報番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nanairo/index.html

薬丸さん香坂さんと生出演です!
お時間ある方はご覧になってみてください。

フォロー

ページ上部へ戻る