menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 治療6ヶ月待ちの理学療法士の評価と治療
  2. 最近の臨床で見えてきたこと
  3. 最年長の患者様
  4. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
  5. 千葉慎一先生の評価方法をみて感じたこと
  6. 書籍のちから
  7. マッサージ屋さんと、療法士の筋へのアプローチの違い
  8. 最高峰の臨床家
  9. 片脚バランスの重要性
  10. 医療人が医療を受けることでわかること
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

読者からの質問(療法士の身体の管理)

年に一度は母の身体のメンテナンスをしています。

 

メンテナンスは、

 

チェックをすることがたくさんあります。

 

こうやって、自分の周りの大切な人たちの健康に携わっていくことも、

療法士としてとても大事だと考えています。

 

 

さて・・・

 

今回は「療法士の身体の管理」についてお話ししたいと思います。

 

読者から下記の質問がありました。このことは我々療法士にとって、結構大事だと思います。

 

ぜひ読んでみてください。

 

初めまして、千葉で理学療法士をしている● ● です。

先日、赤羽根先生と園部先生のコラボのご講義を受講させて頂き、とても充実した時間を過ごしました。ありがとうございました。

講義内容も非常に有益な情報でタメになるものばかりだったのですが、特に印象的だったのは、園部先生の姿勢の良さと力強い言葉です。
あと、モノマネの上手さです。笑

今回ご質問させて頂きたい内容は
①園部先生自身が姿勢を良くすることを特別意識されているのか?
②良い身体の状態を保つセルフエクササイズはありますか?
この2つです。

わたくし自身、坐骨神経痛など症状もあり、姿勢も悪く、日々ストレッチなど行っているのですが、セラピストとして姿勢が良いほうがカッコイイし説得力もあると思っていまして。あとは、状態が良くなってきたお客様へのセルフエクササイズも知りたかったので、
ご質問させて頂きました。
お時間があるときにどうぞ宜しくお願い致します。

どうですか・・・。

 

皆さんは自分の身体の管理ができているでしょうか。

 

自分の身体と向き合うことは・・・

 

我々の仕事にとって、役に立つことが多いと思います。

 

また職場の仲間と自分の身体を見せ合いっこすることも役に立ちます。

 

評価の中で自分の身体の特性を知って、それを改善するためのエクササイズをすることが・・・

 

患者の治療に役立つからです。

 

自己管理のエクササイズとして、

 

「硬さの改善」「マルアライメントの改善」「筋力バランスの改善」などがよいと思います。

 

まず「硬さの改善」ですが・・・、気をつけなければならないことがあります。

 

それは・・・

 

ただ硬いところを見つけてそこを伸ばすだけでは絶対にダメです。

 

なぜならば多くのトップアスリートを見てきた経験から言うと、トップアスリートも意外に身体が硬いからです。

 

だから体前屈をして床に手がつかないなんていうのはよくあることなんです。

 

つまり「硬さ」に関して言えば・・・、

 

自分の身体の硬さの中で、バランスはり感痛みに影響している硬さだけを改善することがとても大事なんです。

 

そして何よりも大事なのは「マルアライメントの改善」です。

 

特に体幹のアライメントです。

 

自分の体幹の特徴がどうなっているのかをよく知って、この体幹アライメント改善するエクササイズを自分で行っていくことが大事です。

 

思い込みを捨て、自分のエクササイズに取り組んでください。

 

大切な事は、自分自身で「自分に合ったエクササイズ」、「自分に必要なエクササイズ」を見つけていくことです。

 

こうしたことを行っていくことが・・・、

 

各々の特徴ごとに、

 

どのようなエクササイズをすれば良いのか・・・

 

どのような概念で治療すれば良いのか・・・

 

といった実際の患者治療に役立てていくことができるわけです。

 

 

ちなみに私のことを話しておきます。

 

私は毎日、5、6分でできるエクササイズを欠かさず行っています。

 

もちろん・・・、

 

私だけに必要な私だけのエクササイズを行っているわけです。

 

私はカイホロードシスなので、胸椎の弯曲を予防するエクササイズをいくつか行います。

 

そして前額面の自分の身体の曲がりと、首の曲がりの改善に必要なエクササイズも行います。

 

また体重が左に流れやすい特性があるので、腸脛靭帯のストレッチングと、その他にこれを改善するエクササイズを行います。

 

こうしたエクササイズを一つずつ30秒程度で行い、順序よく行って、5、6分で終わる内容を毎日行っています。

 

こうしたエクササイズを朝ニュースを見る時間に日課にしています。

 

テレビを見ながらできるので、

 

私にとっては効率よく時間を使うことができるわけです。

 

皆さんも自分の身体の管理をする中で・・・、

 

患者さんに寄与できるいろいろなことを発見していってください

推薦セミナー

臨床一筋の赤羽根良和先生が教える
肩関節拘縮<臨床編>の出版記念セミナー!

2019年3月31日(日)東京
【園部からの推薦文】:
2019年春 発売予定の新刊「肩関節拘縮の評価と運土療法 臨床編」の出版記念セミナーです。
肩関節拘縮に対して、解剖から機能解剖までを基本的なことから進めていき、これらをベースとした評価や運動療法について展開します。さらに、臨床に多い病態についても解説していただきます。
今回は、臨床編の書籍についての内容を含めています。基礎編の知識と臨床編の知識を組み合わせることで、臨床がさらに楽しくなると思います。是非、臨床編について学んでみてください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190331undouki.peatix.com/

 

脳血管障害の最高峰 吉尾雅春先生が教える!
脳卒中の動作特性と理学療法の展開

2019年4月14日(日)神奈川
【園部からの推薦文】:
脳卒中患者の動作特性の原因は脳にあり、その損傷は人それぞれです。だからこそ、その脳を紐解く必要があります。脳のシステム・姿勢制御・視覚経路、それぞれの障害よる動作障害を理解することで、アプローチが自ずと見えてきます。
脳血管障害の理学療法における最高峰の考え方や技術が学べる素晴らしい機会です!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190414undouki.peatix.com/

 

成田崇矢先生と園部俊晴のコラボセミナー!
腰痛の評価と治療

2019年4月28日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今回は、成田崇矢先生に理学療法士の視点からみた腰痛の評価とアプローチを紹介していただきます。理学療法士が疼痛を主訴とする患者を対応する場合の考え方について、症例を提示しながら解説します。また、午後からは園部が仙腸関節障害に焦点を絞り、組織学的な評価方法と力学的な特性について説明します。その上で、私の考える治療法を紹介します。
最後に質疑応答があるので、先生2人の意見を聞くことができますよ!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190428undouki.peatix.com/

 

5月GW恒例!今屋健先生・勝木秀治先生・園部俊晴コラボセミナー
「術後のリハビリテーション実技セミナー3日間」

2019年5月4日(土)・5日(日)・6日(月)神奈川
【園部からの推薦文】:
5月4日は今屋健先生による膝関節、5月6日は園部による下腿・足関節・足部、5月5日は勝木秀治先生による肩関節について解説します。
今屋健先生は、半月板損傷後・ACL損傷後の術後リハビリテーションを軸に「手術の詳細」とそれに基づく「リスク管理」や「リハビリテーションの理論・評価・実際」を詳しく説明します。
園部は、リハビリに対する考え方、基礎知識を実技たっぷりで丁寧におさらいします。園部流テーピングの実技も解説しますよ!
勝木秀治先生は、腱板断裂・反復性肩関節脱臼の術後のリハビリテーションを座学と実技を交えて解説します。
3日とも同じ場所なので、参加しやすいと思いますよ!もちろん1日だけでも大丈夫です!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
5月4日(土)今屋健先生
https://20190504undouki.peatix.com/

5月5日(日)園部俊晴
https://20190505undouki.peatix.com/

5月6日(月)勝木秀治先生
https://20190506undouki.peatix.com/

 

アウトプットの場です!
第3回 治療治術集会「臨床における私の評価・治療の工夫」

2019年5月19日(日)神奈川
【園部からの推薦文】:
今回の治療技術集会は、疾患や部位に囚われず、“臨床”に焦点をあて、皆様が日々行っている臨床の工夫や技術をアウトプットしていただきます。実際に、自分が臨床で行っていることで「この技術は、臨床で真に役立つ!」と思えることだけを発表する機会にしたいと考えております。治療を見せ合いっこすることで臨床のヒントをたくさん手にすることができると思っています!より多くの人にご参加いただくために参加しやすい価格にしました。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190519undouki.peatix.com/

 

廣戸聡一先生の神の技術到来!
「日常行動における動作戦略としての4スタンス理論と障害について」

2019年5月26日(日)東京
【園部からの推薦文】:
廣戸総一先生は、私が出会った5人の怪物のうちの一人です。廣戸先生の4スタンス理論を知ることは臨床役立つ点がたくさんあると思います。
4スタンス理論とは、人間にはそれぞれ生まれつき決まった身体特性(動作戦略)があり、それを4種類に分けて解明しようとする理論のことです。今回の講演では、その戦略に従って身体を連動させると最も効率よく動作が行なえること、間違った戦略の連動を是正することで障害や故障が改善されることなどを膝や肘などの部位を例にとって解説していただきます。
廣戸聡一先生に提唱する「4スタンス理論」をご本人から学べるチャンスです!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190526undouki.peatix.com/

 

西中直也先生と千葉慎一先生のコラボセミナー
「肩関節の治療」

2019年6月2日(日)東京
【園部からの推薦文】:
千葉慎一先生の「肩関節疾患の術後理学療法」では、肩関節の運動機能と評価について肩関節を構成する関節ごとに説明します。また、反復性肩関節脱臼や腱板断裂、投球障害肩に対する手術後の理学療法の進め方と注意点について疾患ごとに解説します。
肩関節のプロフェッショナルによる肩関節セミナーです。明日からの治療に生かせる技術満載です!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190602undouki.peatix.com/

 

財前知典先生と園部俊晴の大人気コラボセミナー
「体幹の理学療法」

2019年6月9日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今回は、財前先生が上肢と体幹について、園部が下肢と体幹について解説します。リハビリ医療に携わっているセラピストは誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを認識しています。
財前先生は、上肢と体幹の関係性を理解した上での体幹を良方向にコントロールするための評価方法を解説します。園部は「体幹の見方と誘導方法」「下肢の運動連鎖との関連」について説明します。
上肢と体幹、体幹と下肢、それぞれの関係性について1日で学ぶことができますよ。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190609undouki.peatix.com/

 

小野志操先生 再来!今回は膝関節!
「膝関節疾患の評価と治療」

2019年6月23日(日)東京
【園部からの推薦文】:
症状再現操作と症状消失操作の双方が見つかれば運動療法の方針は決定されます。小野先生にはこうしたプロセスの評価と治療を行う力があります。局所の圧痛所見が確認できれば運動療法のターゲットとなる軟部組織を決定することが可能となります。今回のセミナーでは膝関節可動域制限改善に必要な解剖学的病態解釈とそれに基づいた評価(臨床推論過程)と運動療法について分かりやすく解説します。
丁寧な解説で人気な小野志操先生による数少ない膝関節セミナーです!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190623undouki.peatix.com/

 

赤羽根良和先生と園部俊晴の夢のコラボセミナー!
「私の考える膝関節・足関節の理学療法」

2019年6月30日(日)神奈川
【園部からの推薦文】:
今回は、赤羽根良和先生に膝関節の解剖を主体とした機能障害について解説していだだきます。膝関節は下肢の中でも荷重がより加わる関節であることはよく知られています。セラピストだからこそ回復できる運動療法について紹介します。
園部は、運動連鎖を主体とした理学療法の「評価」「治療」について、足部・足関節を中心に説明します。運動連鎖を有効に利用した方法が分かれば、治療の展開は格段に容易なものになりますよ。
今回も必ず役に立つ1日になると思います!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190630undouki.peatix.com/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

2019年

6月23日(日)  小野志操先生 再来! 

7月14日(日)  工藤慎太郎先生 今一番注目の臨床家! 

7月28日(日) 木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナ 膝関節の理学療法(スポーツ・変形性膝関節症・力学) 川崎

8月25日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

9月8日(日)  山田英司先生・園部俊晴 コラボセミナー  

10月13日(日) 今屋健先生・宇戸友樹先生・園部俊晴 コラボセミナー 今年もやります! 

12月1日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3102名(2019/02/19時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 倒立振り子の後半相の動きで患者に指導していること

  2. 読者からの質問(足関節背屈制限の改善について)

  3. 坐骨神経痛に対する評価と運動療法

  4. 読者からの質問「倒立振り子」の見方

  5. 読者からの質問(脚長差への介入)

  6. 読者からの質問(後足部角とレッグヒール角)

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 先日、なんと朝の7時から夜の7時半まで・・・、昼の休憩は30分程度だった…
  2. 最近、「あること」が分かったことで、また臨床が大きく変わってきました。…
  3. 先日、コンディション・ラボ最年長の患者様のお話です。コンディション・ラボ…

Facebook

twitter

Instagram

  • 先日、子供にどうしてもイニエスタを見たいとせがまれて、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合を見に行きました。
チケットは今屋大先生のコネでもらいました。
今屋先生ありがとうございます。

イニエスタはだいぶ年取ったなとは思いますが、それでもやはり決定的なパスを何度も出していました。
試合は5対3と点の取り合いでフロンターレが勝ちました。
イニエスタ見れるし、ファンのフロンターレも勝つし、ゴールシーンがいっぱい見れたし、全てにおいて息子が大満足していました。
次の日大阪行きで、始発の新幹線に乗るので、ナイターを見るのはめちゃめちゃきついのです。
でも・・・
息子のめちゃくちゃ興奮する姿を見て、私もなんだか嬉しくなりました。(^_^;) #イニエスタ
#川崎フロンターレ
#ヴィッセル神戸
#決定的パス
#サッカー
#Jリーグ
  • 久しぶりに、ANAのプレミアムクラスに乗せさせて頂きました。(^_^)
手の込んだ機内食に感激です!
そのうち、母と妻にもプレミアムクラスを体験させたいんです。 
特に、母には近いうちに機会があれば、体験させてあげたいんです(^_^) #ANAプレミアムクラス
#機内食
  • 9月18日(火)にTVに出演します!! テレビ東京
「なないろ日和」
9月18日(火) 9:28~11:13
薬丸裕英さんと香坂みゆきさんの情報番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nanairo/index.html

薬丸さん香坂さんと生出演です!
お時間ある方はご覧になってみてください。

フォロー

ページ上部へ戻る