閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. インソールを行う人必見!誰も知らない踵のズレの謎!
  2. 肩関節の評価から治療までの流れ
  3. 頚部痛患者に対して効果的な頭位コントロール法
  4. 膝の腫れに有効な圧迫治療
  5. 良好な動きとは何か? 動作分析の真髄!
  6. 腸腰筋が痛みを発しているときの評価について
  7. 「大腿前面が鉛のように重くなって歩けない」と言って来た母の友人
  8. リハビリ先進国の理学療法士から学んだ私達の近未来
  9. 病態理解の意義
  10. 距骨外旋を助長する4つの因子
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

読者からの質問(脚長差への介入)

いつもこのブログをご愛顧いただきありがとうございます。
読者から下記の質問がありました。

========
ひとつ質問させて下さい。以前、脚長差に対する補高について3センチあっても1ミリ程度の挿入で良くなった(確か長年跛行で苦労していた地方から来た年配の方だったと…)と仰っていたことがあったと思います。もちろん症例によって異なるとは思いますが、その方の場合どういった機序だったのでしょうか?詳しく知りたいです。入谷式と名のつくものは手当たり次第に勉強し、園部先生のDVDも穴が開くほど見て、勉強会にも何度か参加させて頂いてますので多少専門的な用語が入っても理解出来ると思います。大変ご多忙とは思いますが、ご返答の程よろしくお願い致します。
========

臨床で疑問に感じることの多い良い質問だと思います。
私の場合、脚長差の補正には、まず機能解剖学的なアプローチが必要だと考えています。というのは、長さが違うことは変えられませんが、機能的に脚長差を作る要素を取り除いていくことがまず大事だと考えています。

例えば膝の伸展制限や、股関節の内転制限は機能的な脚長差を作ることを知っておくことが必要だと考えます。
そしてその後に、インソールで調整するのですが、この補正は昔とはずいぶん脚長差の調整の仕方が私なりに変わってきています

昔は後足部やヒールレイズの調整で長さを変えていたのですが、それよりもむしろ倒立振り子を優先してまず動きを誘導します。
なぜなら、倒立振り子の動きをよくすると、それほど特別な操作をしなくても脚長差の感覚が少なくなるのが事実なんです。
つまり倒立振り子がスムースな動きになると、機能的脚長差はかなり補正されます。
その上で、本人との感覚で、長さが揃ってくる程度まで、踵全体に補高をしています。
脚長差が3センチ位の症例では、最後に補高するのはおよそ1ミリから8ミリ程度に収まります

下記は最近来た脚長差のある実際の症例です。
20年程前に両方のTHAをやって、股関節はガチガチ拘縮しています。
脚長差は3センチぐらいはあると思います。
まずは下記の映像を見て下さい。

この患者さんの場合、最終的に補高したのは2ミリです。これ以上足すと、倒立振り子が崩れるし、また本人も腰に違和感を感じるので、2ミリ補高するのが最も安定した歩行になりました。
たった2ミリで・・・、これだけ体がまっすぐの感じになり、痛みもほとんどなくなっています。
本人からは「ずっと悩んできたけど、歩くのが本当に本当に楽になりました」と喜んでいただいています。
(^_^)

 

赤羽根先生が執筆した腰椎のガイドブックも、園部が編集に関わりました。
これは素晴らしい書籍です(^_^)
5月9日発売!
先行販売は下記です。
→ http://motion-medical.co.jp/?pid=116062758

 

臨床家のための運動器研究会の講演(園部が企画しました)

赤羽根先生と藤縄先生の2つのセミナーを比べることで、腰痛の「考え方」で見えてくることがたくさんあると思います。

腰痛疾患の仮説検証作業の実際(藤縄 理 先生)

日時:平成29年6月10日(土)10:00-16:00 東京
園部からの推薦文:藤縄先生の話を聞くと、徒手療法が仮説検証のもとに成り立っているということが良く分かるんです。そして、様々な分野の運動療法に非常に多く応用できることが分かると思います。しかも今回は、実際に腰痛の症例を提示して、仮説検証のもとに、評価と治療を行って頂きます。おそらく、この要望を受けてくれる先生はそうはいないと思います。
そして、午後はいろいろな身体の動かし方の技術をデモして頂けるとのことです。絶対、臨床に役立つ講演です!
是非、下記の映像を参照ください!
→ https://youtu.be/L14PiMYrIFc
応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/03/20170610fujinawa/

LIVEセミナー/ZOOM【松田現先生】変形性膝関節症に対するPNFの臨床応用

講 師:松田現先生

開催日:2024年7月27日(土) 18:00~21:00

 

概要

【講演概要】
多くの方が苦しんでいる膝痛、特に変形性膝関節症に対して自分たちは何ができるのかを考える時間にします。

膝痛は内側広筋を強化するだけでは全ての症例は良くなりません。また、減量するだけでも全ての症例は良くなりません。

なぜ膝が痛いのか、どの構造物の機能を良くすれば膝痛が軽減するのかを考えながら評価する必要があります。

本セミナーでは私が日頃膝OA患者様に行っている評価方法と、主な痛みの原因に対するPNFを用いた改善方法を紹介します。

明日から膝疾患を診るのが楽しみになる、そんなセミナーにしますのでお楽しみに。

 

【参考資料】

臨床に役立つPNF(運動と医学の出版社)

PNFチャンネル→ https://www.youtube.com/@pnf_channel

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240727z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【千葉慎一先生】胸郭出口症候群に対する理学療法〜確かな評価から適切な治療を考える〜

講 師:千葉慎一先生

開催日:2024年8月3日(土) 18:00~21:00

 

概要

胸郭出口症候群とは、
腕神経叢や鎖骨下動脈・静脈が斜角筋三角、肋鎖間隙、小胸筋間隙で絞扼されることで、
上肢の痛みや痺れ、握力低下などの症状を発生することを言います。

胸郭出口症候群は基本的に運動療法を中心とした保存療法が行われます。
胸郭出口症候群は神経や血管が絞扼される場所により斜角筋症候群、肋鎖間隙症候群、過外転症候群の3つに分類されますが、現れる症状は各症候群ともに同じです。

したがって、運動療法で治療効果を出すためには、
神経、血管がどの部位で絞扼されているかを判別し、なぜそのような絞扼が起こっているのか、
その理由を探り的確に対処していかなければなりません。

今回の講習会では胸郭出口症候群の病態や評価、運動療法を各症候群ごとに解説します。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240803z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【久須美雄矢先生】変形性膝関節症における臨床に多い痛みを改善するための評価と運動療法

講 師:久須美雄矢先生

開催日:2024年8月10日(土) 20:00~21:30

 

概要

皆様は、変形性膝関節症の保存症例にどのようなリハビリテーションを行っていますか?

『痛いのは軟骨がすり減ってるから仕方がない?』

『とにかく膝の力をつけることが大切なので大腿四頭筋のセッティング?』

その結果、全ての患者さんに同じ説明と治療を行なっていませんか?

変形性膝関節症の膝内側部痛は、臨床においても最も多い痛みといっても過言ではありません。

局所的のどこに圧痛部位があるのか?

どのような所見から内側部痛が起こっているのか?

下腿過外旋が内側半月板や内側側副靭帯にどのような影響を与えているのか?

エコー評価や詳細な評価からどこの組織が問題なのかを把握することが重要です。

また、どのようなストレスが加わることで痛みが出現するか全体像を捉えながら行っていく必要があります。

今回、
・変形性膝関節症の病態
・エコーを用いた評価方法(内側半月板と内側側副靭帯)
・具体的な評価と治療方法
をご紹介します。

本研究会は、症例の供覧を特徴として、実際に介入する様子をご提示させて頂いております。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240810z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【財前知典先生】理論的な運動連鎖 vs 臨床で使える運動連鎖

講 師:財前知典先生

開催日:2024年8月17日(土) 17:30~20:30

 

概要

運動連鎖を運動療法や施術、トレーニングに取り入れているセラピストは多くいらっしゃいますが、
なかなか効果が出にくいケースもあるのではないでしょうか?

これには現在提唱されている運動連鎖の矛盾が和ることに起因しています。

本セミナーでは臨床で効果が得られやすい運動連鎖の考えについてお伝えさせていただきます。

到達目標
・理論的な運動連鎖と臨床で効果的な運動連鎖の違いについて理解を深める

・明日からすぐに使える運動連鎖を身につける

・運動連鎖を運動療法にどのように活かす方法を理解する

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240817z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【勝木秀治先生】初学者のための肩関節疾患のみかた〜臨床でよく遭遇する肩関節疾患の評価と対応〜

講 師:勝木秀治先生

開催日:2024年8月25日(日) 9:00~12:00

 

概要

肩関節の臨床では、多種多様な肩関節疾患に対してリハビリテーションを実施しなければなりません。

そのためには、疾患の特性や病態、患部および患部外の機能解剖学、整形外科的な治療方針などの多くの情報を統合して治療戦略を立てる必要があります。

本セミナーでは、臨床でよく遭遇する肩関節疾患のリハビリテーション治療戦略についてご説明していきます。

<本セミナーで取り扱う肩関節疾患>

・肩鎖関節脱臼・鎖骨骨折・腱板損傷,腱板断裂

・不安定肩関節症(外傷性・非外傷性)

・上腕二頭筋腱炎・脱臼 など

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240825z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【阿部浩明先生】Pusher現象の機序とアプローチについて 〜阿部先生はこう考えてこう介入する〜

講 師:阿部浩明先生

開催日:2024年9月1日(日) 10:00~13:00

 

概要

Pusher現象(Pusher syndrome, Pusher behavior)は脳卒中後に出現する著しい姿勢定位障害の一つです。この現象は脳卒中全体の10〜15%程度に出現する事が明らかになっています。

前額面上で麻痺側に身体軸が傾斜し、それを修正しようとする他者の介助に対して抵抗するように積極的に非麻痺側の上下肢で床や座面を押してしまう現象を指します。この現象は介助に抵抗してしまうため介助量は著しく増大し、結果的に座位や立位の保持さえ困難となるためリハビリテーションの進行を妨げてしまい、多くのセラピストは治療に難渋してしまうことでしょう。

しかし、この現象をよく知ることによって、セラピストとして設定すべき具体的な治療目標が確立できたり、治療の方針が明確化できるようになると思います。多くの症例においてこの現象は改善していくことが知られていますが、その消失が早い症例ほど予後良好であることがわかっています。つまり、本現象を理学療法士の介入によって早期に改善させることは非常に意味があることなのです。

本現象を理解して治療にあたる上で必要となる、本現象の定義や特徴、評価方法、出現に関わるメカニズム、関連病巣、治療概念そして具体的な介入方法について解説いたします。

【セミナー内容】
●前半 本現象の定義や特徴、評価方法、出現率や回復特性などの疫学について解説します。
●後半 本現象の出現メカニズム、関連病巣、治療概念、介入方法について解説します。

【到達目標】
本現象を正しく説明でき、他の姿勢定位障害との鑑別が自信を持ってできるようになることを目指します。鑑別が正しければ治療プログラムは的確なものになる事が期待できます。またメカニズムを考慮した具体的治療プログラムの選定を行えるようになることを目指します。

【参考資料】
高次脳機能障害に対する理学療法 文光堂 本書籍ではpuhser現象について詳細な解説がなされております。

 

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240901z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【齊藤正佳先生】1単位で診れる!!鼡径部痛を末梢神経から考える

講 師:齊藤正佳先生

開催日:2024年9月7日(土) 18:00~21:00

 

概要

運動器疾患に関わるセラピストに求められることの一つに、痛みを取り除くことが挙げられます。

鼡径部の痛みも同様ですが、鼡径部の痛みは腰痛や股関節周囲の痛みと関連しあい、広範囲に渡ることがあります。これらの痛みを取り除くためには身体所見と画像所見とから病態を探ることが求められるものの、画像からは病態が得られないこともあり、困ることが多いのも事実です。

しかし、(末梢)神経により引き起こされた痛みと考えれば、腰痛や股関節周囲に幅広く出現していると理解できます。そのため、身体所見では、圧痛だけでなく伸長テストや筋出力などから病態を把握することが極めて重要となってきます。

本セミナーでは、末梢神経障害由来の鼡径部痛について、身体所見の取り方や運動療法の進め方を、症例を交えて紹介します。

【セミナー内容】
●前半
・鼡径部、股関節の機能解剖
・鼡径部、股関節を走行する(末梢)神経

●後半
・機能解剖を基にした評価、運動療法
・症例紹介

【到達目標】
・(末梢)神経障害による鼡径部痛を理解する
・圧痛が認められる理由を理解する
・末梢神経障害に伴う身体所見を知る
・運動療法の進め方を知る

【参考資料】
・お手持ちの解剖学書
・坂 雅之:臨床の疑問に答える軟部組織の障害と理学m療法〜解剖と病態の理解に基づく評価と治療. 羊土社, 2023

 

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240907z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【山本伸一先生】脳卒中患者の上肢・体幹機能へのアプローチ〜臨床に多い上肢の痛みと動きを体幹との関連から考える〜

講 師:山本伸一先生

開催日:2024年9月21日(土) 18:00~21:00

 

概要

上肢・手の機能アプローチは個別性であることから、それぞれ悩むことが多いと思います。しかし、一方では共通要素もあり、その原則・指針を理解することで介入のバリエーションにつながることになります。

今回の研修会では、これら含めた脳卒中の障害像の基礎理解とともに上肢・手の機能の問題点と介入について整理します。そのうえで脳卒中における肩の痛みの機序から種類等をご説明いたします。それぞれの臨床に活かせていただければと思います。

初めての方でも全くだいじょうぶです。わかりやすく説明いたします。また、これまでに参加された方でもOKです。宜しくお願いいたします。

翌日には実技セミナーを開催します。合わせて受講すれば理解が深まります。
【山本伸一先生】脳卒中患者の上肢・体幹機能へのアプローチ〜臨床に多い上肢の痛みと動きを体幹との関連から考える〜(実技セミナー)

 

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240921z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【中村尚人先生】側弯症の保存療法について〜SOSORTのガイドラインと日本の現状〜

講 師:中村尚人先生

開催日:2024年9月29日(日) 9:00~12:00

 

概要

側弯症について日本では手術以外のエビデンスは構築されておらず、医療保険で保存療法を積極的に提供する施設はほとんどない。
しかし、海外では2006年にSOSORT(The International Society on Scoliosis Orthopaedic and Rehabilitation Treatment)が設立され、保存療法の可能性についての研究を行い、2016年にガイドラインを作成して、そのガイドラインを準拠する技術を8つ認定しています。残念ながら日本にはこれらの情報が入ってきておらず、一部の患者さんは保存療法のために海外に出ているのが実情です。
今回は、このSOSORTのガイドラインを概説し、またここ10年間側弯症の保存療法に関わってきた臨床的知見をお伝えします。
【内容】
・SOSORTの概説と保存療法のガイドライン
・海外の側弯症治療の現状と日本
・側弯症の保存療法のポイント
・保存療法のエビデンスと課題
・日本で理想的な保存療法を実現するために必要なこと

 

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240929z/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

 

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 読者からの質問(足関節背屈制限の改善について)

  2. 読者からの質問(療法士の身体の管理)

  3. 読者からの質問「膝関節の外旋と膝蓋下脂肪体との関連性について」

  4. 読者からの質問「倒立振り子」の見方

  5. 読者からの質問(後足部角とレッグヒール角)

  6. 倒立振り子の後半相の動きで患者に指導していること

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 毎日インソールを行っているとたくさんの発見があります。そういえば、こうした発見についてあまりブロ…
  2. 今回は、千葉慎一先生の『肩の極意』を一部抜粋して、肩の評価から治療までの一連の流れを紹介したいと思い…
  3. 頚部痛を有する患者を診る中で、その場で痛みが改善しても、次に来た時には再び痛みが再発してしまうことが…

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る