menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違
  2. 足関節外反捻挫後の粘り強い痛み
  3. そうだ!コンディション・ラボがあるじゃない!
  4. 獲得可動域と実用可動域を知ってますか?
  5. 私と弟子たちの未来への構想
  6. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!
  7. 何年も正座ができない患者っていますよね!「歳だから…」と思ってませんか…
  8. 滑走障害の病態がイメージできてますか?
  9. 夢が叶った瞬間!
  10. 足関節底屈制限を改善するテクニックを紹介!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

つらいひざ痛が1分でよくなる!

先日、娘の学校の文化祭があったんです。

文化祭の屋台をお手伝いすることになって、カレーライスを販売しました。

朝からカレーの仕込みをみんなでやって、

そして10時半から2時までカレーを売り続けました・・・完売です(^_^)

毎日あくせく働いていますが、こんな1日があるのもいいなと思いました。

 

 

さて、重大報告がございます…

この度、園部が執筆しました!

つらいひざ痛が1分でよくなる!」 

が全国書店およびコンビニで発売されました!10月31日発売

 

自分の書いた本が書店やコンビニあるとなんだか照れますね(^-^)

 

ただ、とても良い本に仕上がりました!

一般の方には分かりやすく理解でき、

医療人には臨床のヒントになる

とても役立つ本になっていると思います。

 

是非、立ち読みせず、購入してくださいね!

 

内容は下記の通りです。

本邦で2400万にいると言われる

変形性膝関節症は軟骨が減って

膝が変形する病気です。

 

でも、よく考えると軟骨は痛くないですよね…

だって、神経がないじゃないですか。

(無麻酔で関節鏡をして、痛覚の程度を研究したデータでも

痛みを拾っていないことが証明されています)

 

では、何が痛いのですか?と質問され、

答えられる医療人は医師も含め、どの位いるのでしょうか?

おそらくそれほど多くはないと思います。

 

私は変形性膝関節症で痛みを拾っている組織は、

主に4つの組織だと考えています

(他にもありますが多くはこの4つです)。

 

この4つのうち、この本では

最も多い2つの組織について記載しました。

 

書籍全ての記事に、私の考えを盛り込んだ

超!自信作!!です。

是非、是非、書店やコンビニに立ち寄って

立ち読みせず、購入してください!!

 

そして、実際に私はこの本を広めていきたいと思っています。

ですので、共感してくれた方は、

SNSなどで拡散のほど宜しくお願い致します!

※あなたの親にプレゼントするのもオススメです(^-^)

 

これからも医療人として多くの人の

健康寿命に関わる仕事をして参りたいと思います。

今後も楽しみにしていてください!

関連記事

  1. 電子ジャーナル10号発刊!!

  2. ついに、鈴木俊明先生の書籍が予約販売開始!

  3. そこが知りたい!「園部社長の解説TV」開設

  4. 腰の伸展痛について

  5. 宮田重樹先生

  6. 伝説の理学療法士の治療概念を一部公開!

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 臨床においてスポーツ損傷を診るうえで、まず理解しなければならないことがあります。それは一般整形疾患に…
  2. 先日、バスケットの実業団選手で、外反捻挫の後、痛みが長く取れない患者が来ました。…
  3. 先日、 首が痛くて本当に困っている患者がコンディション・ラボに来てくれました。なんと4年も前…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る