menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. ユーチューバーという仕事、本当にこれからも稼げる仕事になる?
  2. いきなり電気が走るような痛みが生じた後、動けなくなる!これってなんだろ…
  3. 入谷先生が世界を変えると言っていた『カウンター理論』とは
  4. 素晴らしい臨床家の治療を実際にみる!その経験は一生の宝になる!
  5. インソール作製までの一通りの治療を全て見せちゃいます!
  6. 筋のストレッチングの臨床映像公開!1分で改善!
  7. アフターコロナ、セラピストの職域も拡大する!
  8. アフターコロナでセラピストの差は加速する!
  9. 「年だから・・・」、こんな説明の医療人って多くないですか!?
  10. 我々がまず習得すべき技術は何か
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

麻痺性疾患の筋機能アプローチ(映像付)

さて・・・、

今回は麻痺性疾患の筋機能のアプローチ

についてお話いたします

 

脳卒中患者の筋機能を考えるとき

多くのセラピストは

筋機能、つまり随意運動の能力は

神経学的な影響によって決まる

と考えます

もちろん神経学的な影響は大きいですし

神経学的な知識もわれわれは有していないといけません

しかし、決してそれだけではありません

 

脳卒中患者の場合

脳が損傷されているから

筋機能がダメなんだ

と考えてしまったら

我々のすることはかなり限られてしまいます

 

臨床家として大切な視点は

だからどうする

とさらに考えることです

 

ちなみに私は次の3つのことを考えます

 

 

1つ目は、荷重肢位をみて

その筋肉が働ける位置にあるかです

荷重肢位によってどの筋肉が

働きやすいかが変わります

 

つまり、筋肉が働きにくい位置で

荷重し続けていたら、いつまでたっても

その筋肉は働きにくいままです

 

だからどうする」と考えたら

 

しっかりとその筋肉が

働ける荷重肢位で運動を行うことです

 

こうした運動学習を反復的に行うことで

筋肉の機能が改善してくることがたくさんあります

 

あなたはこうした視点で

リハビリを行えていますでしょうか?

 

 

 

2つ目は、近位筋と遠位筋の

連結ができているかです

例えば、下肢(遠位筋)を持ち上げようと思っても

なかなか持ち上がらない症例の場合

遠位筋である下肢の屈筋が弱いから

持ち上がらないとは限りません

 

それを固定する体幹(近位筋)が

機能していないから持ち上がらない

ということが多くあります

 

近位筋の機能の問題なのに

遠位筋の機能が高まるように

脚を持ち上げる運動を主体としていたら

この症例はどうなると考えますか??

 

そして、あなたはこうした視点をもって

リハビリを行えていますでしょうか?

 

 

 

そして最後の3つ目はとても重要です

それは滑走障害です

(イラストはイメージです)

 

 

まずはこの映像をみてください。

このように、わずかな時間で

背屈の筋機能が明らかに改善しました

 

慢性期の脳卒中の患者は必ずと言っていいほど

滑走障害によって筋機能が低下していることがあります

 

明日以降、実際に目的とする筋の滑走を引き出してみると

「滑走が相当悪くなっている」ことに気づきますよ(^-^)

 

筋肉が上手く使えていない状態が長く続くと

滑走障害によって筋機能がさらに低下してしまう

このため、実際に滑走障害に対してアプローチすると

その場で」筋機能が改善する

 

この3つの視点だけでも

神経学的な影響だけではない

ということが言えるでしょ?

 

だからどうするか」という視点で

我々が対応すると様々な発見があります

 

今回お伝えした3つの中でも特に

慢性期の脳卒中患者は滑走障害を起こしやすい

この概念はとても役立つと思いませんか?

 

これは私が

運動器を主体として診ている

からこそ、言える視点だと思っています

 

このように多角的にいろんな疾患を見ていると

見えてくるところがたくさんあります

 

あなたも是非、多角的に捉えてみてください

 

 

 

追伸:

 

臨床家として大切な視点は

だからどうする

とさらに考えることです

 

とは言っても、

どう考えたらいいかよくわからないあなたに

 

考え方のヒントとなる情報をこちらでご紹介しています

 

動きと痛みLab

オンライン講座

セミナー

とくにセミナーは私が

絶対本物だと思う先生しか

お呼びしていません

是非、たくさんのヒントを学んでいただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

推薦セミナー

Zoomセミナー・ライブ「最高のセラピストから学ぶ足関節と膝関節の治療」

◆講 師:赤羽根良和先生・園部俊晴先生
◆開催日:2020年10月25日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

赤羽根先生には、私の考える足関節・足部疾患の見方と理学療法について講義していただきます。
私は、膝関節の病態と力学の融合治療 について解説します。
日々新しい発見を求め惜しみなく教えてくださる赤羽根先生の講演は、いつも刺激を受けています。赤羽根先生も、私も、このコラボセミナーは毎年リニューアルし、何度受講しても満足いただけるように改善を繰り返しています。実際に、何度も何度も受講する人が多いセミナーの1つですし、必ず受講してほしいセミナーでもあります。是非、ご参加下さい。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201025.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「末梢神経の走行から考える関節機能障害に対する運動療法 ”エコーとハイドロリリースから得た知見と実践”」

◆講 師:河端将司先生
◆開催日:2020年11月01日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

関節の疼痛や機能障害はさまざまな要因が複雑に絡み合い、ときに病態解釈が難しいことがあります。セミナーでは、肩関節や肘関節を中心に、末梢神経の解剖・エコー動態・疼痛評価・運動療法の展開について理論と実践を解説していただきます。河端先生の仰る『関節機能障害の新たな捉え方』を理解することで、今後の臨床が大きく変わると思いますよ。河端先生の考えはとても参考になります。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201101.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「運動療法に必要な単純X線像の見方・捉え方」

◆講 師:浅野昭裕先生
◆開催日:2020年11月08日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

単純X線像をもとに痛み、可動域制限、筋力不全などの臨床症状の読み解き方を解説していただきます。適切に対応することができれば、あるいは、それらを予測して、先回りした治療ができれば、臨床成績は格段に良くなります。
浅野昭裕先生は、林典雄先生、赤羽根良和先生、松本正知先生らが所属する整形外科リハビリテーション学会の代表理事を務める「素晴らしい臨床家」です。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201108.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「やってはいけないセルフケア」

◆講 師:財前知典先生
◆開催日:2020年11月15日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

「なぜやってはいけないセルフケアやトレーニングがあるのか?」個人個人を評価する理由とセルフでのパターンチェックと具体的な運動方法について実技を交えてお話していただきます。
財前知典先生は、若い療法士に絶大な人気を誇る先生です。独自の発想や展開力を持って治療を展開しており、講演内容もわかりやすく、いつも好評をいただいています。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201115.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「ねじれひざ~下腿外旋によるひざの症状からセルフケアまで~」

◆講 師:土屋元明先生
◆開催日:2020年11月29日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

現在、土屋元明先生は私の弟子として一緒にコンディションラボでインソールの作成を行っていますが、その姿勢は勉強熱心で向上心が高いと感じています。まさに私の自慢の弟子です。そんな土屋先生に、今回は下腿の過外旋に伴う「ひざの症状」と「セルフケア」の指導について解説していただきます。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201129.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「肩関節拘縮に対する評価と運動療法~臨床上多く経験する疾患を交えて~」

◆講 師:赤羽根良和先生
◆開催日:2020年12月06日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

肩関節拘縮は、肩関節周囲炎における拘縮期、上腕骨近位端骨折術後、鎖骨骨折術後など、様々な疾患の後に続発する機能障害です。今回は臨床上多く経験する疾患を交えて、知識と技術を組み合わせた肩関節拘縮の評価と運動療法について解説していただきます。今回も現場で役立つ知識と技術が満載のセミナーになると思います。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201206.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「わかりやすい運動器エコー(肩関節編)」

◆講 師:中山昇平先生
◆開催日:2020年12月13日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

肩関節の超音波解剖を理解した後、どのように動くのかリアルタイムに観察し、これら基本的な要素を踏まえて疾患による変化の特徴について紹介していただきます。中山昇平先生は、以前弊社から運動器エコーについて電子ジャーナルを出版していただきました。今回もわかりやすく明日から使える技術が満載です。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201213.peatix.com/

Zoomセミナー・ライブ「歩行の知識を臨床に活かす!」

◆講 師:畠中泰彦先生・鈴木俊明先生・園部俊晴
◆開催日:2020年12月20日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

今回の講演では、バイオメカニクスの権威である畠中泰彦先生、脳槽中の権威である鈴木俊明先生をお招きし、「臨床に必要な歩行の知識」「脳卒中の歩行」「運動器疾患の歩行」の3つの視点でします。歩行でこの3人が共演できることは奇跡的だと思います。リハビリに関わるすべての分野においてとても役立つ内容になると思います。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20201220.peatix.com/

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3446名(2019年7月7日時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 頚部(首)が身体に与える影響

  2. 私の矢状面の体幹の理学療法の基盤となる考え方

  3. 動作分析で陥りやすい過ち 前編

  4. いきなり電気が走るような痛みが生じた後、動けなくなる!これってな…

  5. 臨床における法則の重要性

  6. 仙腸関節痛について

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 近年、子どもたちの「なりたい職業ランキング」で、ユーチューバーが上がるようになりまし…
  2. 今回はTHA後数年経って、「電気が走るような痛みが起こった後、膝の痛みに変わった」症例の話で…
  3. 『入谷誠の理学療法』を解説したPR映像の後編も公開されました(^-^)…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る