閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 首の痛みの真の原因って何?
  2. 膝蓋下脂肪体が膝関節の伸展制限にも屈曲制限にも成り得る理由
  3. ガングリオンの痛みに対する2つの改善方法
  4. スポーツ界の巨星との出会い!プロがプロと向き合うこと
  5. その治療でよくなった場合、何もしなくても良くなった?
  6. 可動域を征する者は運動機能をも征する
  7. 本田圭佑さんから学ぶ「成長のための環境作り」
  8. それって本当にプロの仕事? 効果的な可動域ex.のプロガイド
  9. 脊柱管狭窄症の腰痛と下肢痛の関係性とは
  10. 皮膚テーピングの臨床応用!誘導を主体とするテーピングの有効性
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

インソールの本当の難しさとは?

今年から毎朝、子供たちと一緒にランニングをしています。

運動ができるし、走りながら子供たちとたくさんの話ができるので、毎日楽しみながら行っています。

 

子供たちにとっても、私にとっても、きっと良い思い出として残ると思います。

 

子供たちとこんなふうに一緒に運動できるって、最高の幸せですね(^_^)

 

 

 

さて、今回はインソールについてのお話をしたいと思います。

 

この1年、弟子たちを教育してきて、すごくわかってきたことがあるんです

 

それは…

 

・ただ見せるだけでは、できない

 

・指導者が「本気で伝える気持ち」がなければ、できない

 

・本当に理屈通りにその場で変わることを見せなければ、イメージができない

 

・一つ一つの現象を言語化しなければ、理解できないし伝わらない

 

・わかること、理解すること、実行できること、これら3つはすべて意味が全く違う

 

・教える事は学ぶこと

 

といったことです。

 

こうしたことも含め、今回は皆さんに「インソールの本当の難しさ」とは何かについてお伝えします。

 

 

コンディション・ラボでは、必ず「組織学的推論と力学的推論を組み合わせた治療介入」をしており、力学的推論による治療展開の根幹がインソールです。

 

このインソールの作製過程をシンプルに述べると、

 

① 評価

 

② 削り

 

③ 調整

 

の3つになります。

 

 

さてここで皆さんに質問です。この中で結果を出すために、1番重要な過程は何だと思いますか?

 

 

② 削り

と答えた人は少なくないと思います。

 

 

でも違います。

だって削りがうまい事は必要ですが、それだけでは良い方向にも悪い方向にも誘導できてしまいます。

 

結果を出すために、1番重要な過程は、①評価です。

 

評価で患者の病態と誘導すべき方向を把握することが、まずはじめの最も重要な入り口といえます。そして、これにより“狙い”を定めた治療ができます。

 

 

では次の質問です。

 

先ほどの3つの中で結果を出すために、1番難しいのは何だと思いますか?

 

 

これも

② 削り

と答えた人は少なくないと思います。

 

 

でも違います。

結果を出すために、1番難しいのは③ 調整です。

 

なぜなら、患者の動き、違和感、症状…などから、何が足りないのかを動作の中で見つける能力が必要になるからです。

 

これが本当に難しいんです。

 

インソールを長くやっている人なら、「うんうん」と頷いているはずです(^-^)

 

 

私は若い頃、2回目以降にきた患者の症状がまだ残っていると、よくはじめから評価をやり直したりしていました。

 

つまり2回目の状態から『動作分析』だけで問題点を見つけることができなかったのです。

 

実は私が③ 調整を人前で、自信を持ってできるようになったのは45歳位からです。

(※できるようになったはっきりとしたきっかけはありますが、ここでは割愛します)

 

今では、弟子たちと動きの中で何が足りないのかを議論しあって、そして最終的に私が足りない部分を指摘し、そして理屈通りにその場で変えてみせます

 

これを行っていると私も、弟子たちも、本当の意味の力学的な仮説検証ができるので、お互いが成長できるわけです。

 

先日開催された入谷式の上級編のセミナーでも、最後に③ 調整を私が全員に行いました。

 

私のインソールのセミナーでは必ずこれを行います

理由はこれが1番難しいことでありながら、インソールの本質がたくさん詰まっており、受講生にその本質を捉えて欲しいからです

 

もちろん、入谷先生も最後の③ 調整をすべての受講生に行っていました。

 

受講生が削ったインソールを調整するわけですから、もちろん不十分な点がたくさんあります。そして、習ってもいない難しいパットを出して調整することもできません。

不完全ではありますが、それでも一人ひとりのインソール作成後の状態の中から、動きの不具合・違和感・あたり…など、

全員で確認し、何がおかしいのかを指摘し、そして理屈通りにその場で変えてみせています。しかも最短の時間で行うようにしています。

 

 

 

さて、私の「臨床」「教育」そして「出版の活動」…まだまだ不完全だと感じています。

 

でも・・・

完全はないとも感じています。

 

なぜなら、アップル社の天才集団が作ったあのiPhoneですら、常に不完全だからです。

 

だからこそ今後も「臨床」「教育」「出版」すべての分野で成長だけを重んじ、まだまだ成長していきます。

 

私の人生、成すべきことがまだまだたくさんあります!

 

今後も期待していてくださいね(^-^)

推薦セミナー

 

LIVEセミナー/ZOOM【財前知典先生】イチから始める歩行分析 〜財前知典が考える歩行の診方と変化の出し方

講 師:財前知典先生

開催日:2023年10月1日(日) 10:00~13:00

 

概要

歩行分析で大切な事は正常歩行との比較に終わらないことです。
もちろん正常歩行を知っておく事は大切ですが、正常歩行に近づけるような運動療法では思うように結果が出ない事も事実です。
例えば歩行時立脚後期に股関節伸展が出現しない患者様に股関節伸展運動やROMexerciseを行っても歩行時の股関節伸展運動に反映されないということも経験するかと思います。
そのときに必要なことは「歩行時に股関節伸展が出現しないのはなぜか?」という臨床推論を多く持つことです。歩行で考えると股関節伸展運動が減少するのは股関節伸展を制限する軟部組織の滑走不全も考えらますが、股関節屈筋群が活動しないことによる安定性の低下によって結果として股関節伸展運動が減少することも考えられます。歩行の基礎を理解するとこのように臨床推論の引き出しが多くなります。

本セミナーでは歩行の基礎から臨床での展開方法までをお伝えいたします。

【セミナー内容】
・歩行分析の基礎知識(歩行分析とは何か?歩行分析の特徴と意義)
・歩行の診かた(歩行分析のポイント)
・歩行の変化出しかた

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20231001z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【赤羽根良和先生】赤羽根先生はFasciaが由来する痛みと痺れをこう改善する-上肢編-

講 師:赤羽根良和先生

開催日:2023年10月14日(土) 17:30~20:30

 

概要

<セミナー内容>
近年、運動器の治療においてFascia(筋膜)と神経の重要性がますます高まっています。
本セミナーでは、その関係性に焦点を当てながら、私の考えるFasciaと神経の評価とアプローチについてご紹介いたします!

神経の滑走障害が疼痛の原因となるケースは多く、臨床経験からもその重要性が浮き彫りになっています。
そこで、このセミナーでは、上肢Fasciaと神経周膜・血管周囲の滑走性について、具体的な事例とともにご説明します。
さらに、解剖学的な内容を視覚的に理解するために図を用いて説明し、実際の運動療法との関連性にも触れます。

このセミナーを通じて、Fasciaと神経の滑走障害が疼痛に与える影響について新たな気づきを得ることができます。
そして、その知識を武器に、より多様な治療選択肢を手に入れることでしょう。
これからは、疼痛の評価において神経の滑走障害を見落とすことのないよう、より高度な理学療法を展開していくことが可能になります。
これまでのアプローチにとらわれず、Fascia・神経の滑走障害を含めた包括的な治療を取り入れてみませんか?
刻々と進化する医療の世界において、新たな知識を身につけることは必須です。
是非、本セミナーで理学療法士としてのスキルを高めてみてください。
また11月にも、下肢編を行います。
【赤羽根良和先生】赤羽根先生はFasciaが由来する痛みと痺れをこう改善する-下肢編-(LIVEセミナー/ZOOM)

【セミナーの到達目標】
•上肢のFascia(筋膜)と神経の理論背景を理解できる
•上肢のFasciaと神経の解剖学を学ぶことできる
•上肢のFasciaと神経の評価と治療を学ぶことできる

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20231014z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【豊田和典先生】整形外科疾患と跛行~症例を通して下肢関節機能障害の歩行への影響と運動療法を考える~

講 師:豊田和典先生

開催日:2023年10月22日(日) 10:00~13:00

 

概要

変形性疾患や外傷後に跛行を生じる例は多く、その原因は身体構造上の問題、疼痛の問題、神経の問題、筋の問題、血行の問題など様々である。
跛行は歩行エネルギーの非効率化や二次性疼痛発生、隣接関節等への負担増加などを引き起こすため、歩行能力向上のためには跛行の改善が必要である。
本研修では整形外科疾患の症例(主に術後の症例になります)を通して、跛行の特徴や観察すべきポイント、問題点の抽出とそれを改善するための運動療法を学んでいきたいと思います。

【セミナー内容】
1.跛行を引き起こす原因とその影響について
2.各整形外科疾患で生じることが多い跛行と観察すべきポイントについて
3.跛行を引き起こす原因とそれに対する運動療法について

【到達目標】

1.各整形外科疾患で生じる跛行の特徴を理解すること                                                                         2.跛行を引き起こす原因とそれに対する運動療法を理解すること

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20231022z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【中村尚人先生】比較解剖学の視点、アフォーダンス理論について

講 師:中村尚人先生

開催日:2023年10月29日(日) 10:00~13:00

 

概要

私たちの体は長い進化の中で形作られました。
医学教育の中で、解剖学を通して体の特徴を学びますが、なぜ今の形状になっているのかの意義について学ぶ機会はありません。
比較解剖学は、ヒトとそれ以外の動物との骨格などを比較することで、ヒトの特徴やその形状の意義を導き出してくれます。
アフォーダンス理論は1950年代に認知心理学者のギブソンによって提唱された概念で、環境などの外の刺激が人間の行動を決定しているという主客反転のユニークな視点を持っています。進化から考えると、今存在している生物は環境適応で選択されたものですから、環境の要因が主であるというのも頷けます。

【セミナー内容】
類人猿を中心とした人類との比較解剖学から、ヒトの機能や骨格的な特徴を見ていきます。アフォーダンスに関しては、社会の環境や自宅の環境が身体に及ぼす影響を見ていきたいと思います。
【到達目標】
・比較解剖学に基づいたヒトの機能の優先順位を理解する。
・ヒトとはどのような動物なのかを理解する。
・アフォーダンス理論から環境が身体に与える影響を理解する。
・患者さんの背景として環境を確認する必要性を理解する。
・問診として何を確認するかを学ぶ。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20231029z/

会員無料LIVEイベント/ZOOM【土屋元明先生】デイサービス・訪問リハビリの若手セラピストに伝えたい現場で活かす臨床思考と介入のクリニカルヒント

講 師:土屋元明先生

開催日:2023年11月4日(土) 19:00~20:30

 

概要

<セミナー内容>
デイサービスや訪問リハビリの現場で働くセラピストの悩みは、病院やクリニックで働くセラピストとは少し違います。
例えば…
・介護保険の現場は、対象者の情報をすぐに得ることが難しく、疾患も多岐に渡るため、どう介入して良いか悩む。
・認知機能や意欲の問題もあって、運動機会や頻度を増やすことができず介入方法に困っても、相談できる相手がいない。
・研修制度やそのシステム効率が悪く、効果的に学ぶことができない。
といった悩みが挙げられます。こうした悩みによって、自分が本当に成長できているか不安になっていませんか?
そして、「様々な手法で介入」していたはずなのに、いつの間にか「ルーチン化」になっていませんか?
ルーチン化することは大切ですし、効率も高まるのですが、それで本当に良いのでしょうか?

そこで今回、デイサービス・訪問リハビリの立ち上げから、現場指導までこなしている元明先輩から、こうした悩みを解決するためのクリニカルヒントについて講演をしていただきます。元明先輩がどういった思考過程でサービスを提供し、スタッフと働いているのかを知ったり、具体的にどう介入しているのかを知ったりすることで、悩みを解決するヒントを得て下さい。

〜元明先輩より〜
皆さんが抱えている悩みは、私も抱えていたり、現在も抱えている内容が多いと思います。
大切なのはこうした悩みに対して、他のセラピストはどうしているかを知り、自分ならどうするかを考えることだと思います。
だからこそ、今回の講演のテーマは「KPO」です!!
KPOとは、勝手にパクってオリジナルの略です。
デイサービスの立ち上げや訪問リハの立ち上げ依頼を受け、介護保険下のセラピスト指導を行ってきた私の考えを聞いて、良いと思ったものは勝手にパクってください。
そして、実践しながら自分のオリジナルにしてください。
皆様にお会いできること、楽しみにしております。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20231104e/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

 

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. テレビ生出演してきました!

  2. 体のバランスを診る視点と重要性

  3. 成長過程の重要性

  4. 先着100名限定! 私が認める最高の学び方

  5. 顎や頚部のズレ

  6. 誰も教えてくれない“成長し続ける”ための4つの心得 4つ目は「成…

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. これまでほとんどの運動器医療は、レントゲンを撮って・・・「薬を出して、様子を見ましょう」「牽…
  2. 近年、「膝蓋下脂肪体が膝の痛みの原因になりやすい」ということが広く知られるようになってきました。…
  3. 皆さんはガングリオンによる痛みについて考えたことはありますか?ガングリオンによる痛みで治療院を訪…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る