閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 知って、治す、必勝パターン!摩擦負荷!
  2. 外反母趾の人のセルフストレッチング
  3. プロのセラピストとして、あなたは膝関節屈曲をどのように行っていますか?…
  4. 「今の自分」に変われた たった一つの理由
  5. 扁平足は先天性?それとも後天性?
  6. 痛みの解釈に重要な整形外科テスト
  7. 筋の攣縮と短縮ってどう違うの?なぜ痛みが生じるようになるの?
  8. 学会発表って、意味あるの?
  9. 首の回旋の評価〜カップリングモーションについて〜
  10. こんな運動連鎖って本当?スクインティングパテラに対する臨床での考え方は…
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

こんな運動連鎖って本当?スクインティングパテラに対する臨床での考え方は?

 

一般的なバイオメカニクスの文献で、次のようなを見ることってありませんか。

 

大腿が内旋すると下腿も内旋し、後足部は回内するといった運動連鎖の

でも実際の臨床は、このような研究者が理想とする症例ばかりではありません。

 

例えば、スクインティングパテラを呈するような症例でも、足部が回内している場合もあれば、回外している場合もあります

だから、実際の臨床では思い込みを捨て、目の前の現象を常に素直な視点で評価することが大切です

 

つまり、目の前の患者が「本当はどうなっているのか」を的確に捉えることが大切なのです。そして、このことは評価だけではなく、私たち自身のアプローチを考える際も同じことが言えます。

 

例えば、大腿と下腿が過度に内旋している症例に対して足からアプローチする場合、皆さんは何をしようと考えますか?

 

おそらく「回外方向に誘導」しようと考えるのではないでしょうか?

 

答えとして、それが良い場合はもちろんあると思います。

しかし、大切なことは実際に操作を行った後に「どのように変化したかを確認すること」です。

 

私なら、回外方向に誘導して、良好な変化が得られたら、さらに・・・、

後足部から回外するか、前足部から回外するかを確認し、良好な誘導を中心に下肢の内旋の動きをコントロールします。

また、回内方向に誘導した方が良い場合も同様です。

つまり、さらに、誘導の方法を複数試みて、動きをコントロールします。

 

すなわち、評価するときも、アプローチするときも、思い込みを捨て、素直な視点で臨床の実態と向き合う必要あるのです。

 

こうした視点を持って臨床を展開することが出来れば、たくさんの発見が得られるはずです。そして、理想的な運動連鎖の図にとらわれることなく、「この症例に対してはこう誘導する」と自信をもって臨床を行うことが出来るようになります。

 

運動連鎖についてまとめました。映像もあわせてご覧ください。

 

 

10月23日(日)に私と財前知典先生とで運動連鎖について話します

興味のある方是非御覧ください。

https://ugoitalab20221023.peatix.com/

 

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM【赤羽根良和先生・園部俊晴先生】私の考える足関節・膝関節の理学療法 2022

講 師:赤羽根良和先生・園部俊晴先生

開催日:2022年12月4日(日) 10:00~16:00

 

赤羽根良和先生(10:00~12:15)
「 私の考える足関節疾患の見方と理学療法2022 」

毎年恒例の園部先生とのコラボ講演を行います。今回は私の方では足関節の方を担当させて頂きます。

私の講演では、まずは疼痛を引き起こしている組織を明らかにすることを目的としています。
また、その疼痛がなぜ生じるのか?をしっかりと捉えていきます。
ある程度の推測の中で対象を絞っていく過程については否めません。
しかし、精度の高い理学所見やカメラを用いて動作分析を行うことで、疼痛部位と疼痛動作との関連性が明確となります。
疼痛を引き起こしている組織は、伸張位となる、あるいは伸張位からの収縮によるものです。
これにより、組織が伸びていないのか?滑っていないのか?を想像することが出来るかと思います。

今回も疾患を交えながら臨床で使える知識や技術を提供していきます。当日は宜しくお願い致します。

園部俊晴先生(13:15~15:30)
「 私の考える膝関節疾患の見方と理学療法2022 」
臨床は、どんな理屈を並べても、どんなにエビデンスで理論武装しても、目の前の患者を変えられなければ、プロのセラピストの仕事とは言えません。皆さんが患者なら、エビデンスをよく知っているセラピストより、「今の痛み」を変えてくれるセラピストに診てほしいはずです。

膝関節を診る上で、病態の評価と治療は不可欠です。またその一方で膝関節の力学的な知識と解釈も不可欠となります。
今回、組織学的推論と力学的推論をどのように融合するのかを実際に治療した症例の映像を交えながら解説致します。
膝関節の機能障害を診る際、「病態」「力学」がリンクしていることが分かれば、治療の展開は格段に変わってきます。

私も、赤羽根先生も、このコラボセミナーは毎年リニューアルし、何度受講しても満足いただけるように改善を繰り返しています。
実際に、何度も、何度も受講する人が多いセミナーの1つですし、必ず受講してほしいセミナーでもあります。
是非、ご参加下さい。

コラボアンサー (15:30~16:00)

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20221204.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM【工藤慎太郎先生】末梢神経の「なぜ?」がわかる機能解剖学

講 師:工藤慎太郎先生

開催日:2022年12月11日(日) 10:00~13:00

 

【末梢神経の「なぜ?」がわかる機能解剖学】
末梢神経は関節可動域制限や疼痛に対する運動療法を行う上で、重要な構造の1つである。
神経に対する運動療法は、神経モビライゼーションという手技が古くから知られている。

近年、超音波画像装置の進化に伴い、国内では神経に注目した理学療法の結果を示した講演も多いが、
実は、国際的にも神経モビライゼーションに関する研究は増えてきている。

今回は末梢神経に対する運動療法のエビデンスを紹介するとともに、その構造の理解に取り組みたい。
是非、ご参加ください!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20221211.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【中村尚人先生】問診の重要性〜ヨガ的な心身相関とアフォーダンス理論から見た環境因子と身体〜

講 師:中村尚人先生

開催日:2022年12月18日(日) 10:00~13:00

 

【問診の重要性〜ヨガ的な心身相関とアフォーダンス理論から見た環境因子と身体〜】
理学的検査の重要性は多くの方が当然理解されていますが、問診に関してはそこまで重きを置いていないのではないでしょうか。
しかし、理学療法の分野であっても再発予防の観点からは、原因追求が必須であり、そのための問診はとても大切です。
多くの運動に関する機能障害は不良姿勢や誤った運動方法によって引き起こされます。
しかし、その不良姿勢や誤った運動もまた、環境によってもたらされている部分が多いのです。

環境に関してはアフォーダンス理論が理解しやすく、我々は自らの意思のみでなく、無意識のうちに環境から姿勢や動きを誘導されています。
心と姿勢は連動しており、心身相関と言われていますが、では実際に障害と心身相関の関係はどのようになっているのでしょうか。

今回は、文献的考察の他に、著者が実践してきたヨガの視点から、インドの思想から見た心と体の関係についても考察してみたいと思います。
ぜひ、実際に体を動かして体験してみて下さい。日々の臨床での問診の意義が変わってもらえれば幸いです。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20221218.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM【坂田 淳 先生】肘関節の機能障害別マネジメント 〜他関節からの影響の評価と治療〜

講 師:坂田 淳先生

開催日:2023年1月15日(日) 10:00~13:00

 

膝関節の理学療法において、股関節からと足関節からのアプローチがなされるのと同様に、
肘関節の理学療法では、肘関節(腕尺関節・腕橈関節・橈尺関節)へのアプローチはもとより、
肘関節より近位(肩複合体・胸郭)や遠位(手関節・手部)への対応が重要となる。
肩関節の可動性低下や固定性の低下は、肘関節の過度な運動や肘関節への過剰なストレスを生み出す。

さらに肘関節の機能障害が肩関節に与える影響も考慮し、早期より肩複合体・肘関節双方にアプローチすることが必要である。

また、肘関節理学療法で難渋する場合に、前腕も含めた手関節・手部への影響が強いことがある。特に把握機能が重要であり、
手関節固定性が低下で、肘関節をまたぐ前腕筋の過活動につながりやすい。

本セミナーでは、肩⇔肘⇔手の関係性を整理するとともに、具体的な疾患を提示しながら、
どのようにアプローチを進めていくべきか、その流れを紹介する。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20230115.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM【橋本 貴幸 先生】機能解剖学から考える膝蓋骨骨折後の理学療法~屈曲可動域獲得を中心に~

講 師:橋本貴幸先生

開催日:2023年1月22日(日) 10:00~13:00

 

機能解剖学から考える膝蓋骨骨折後の理学療法について、屈曲可動域獲得を中心にスポットをあててお話させていただきます。

第1は、膝蓋骨骨折について、解説します。
第2は、拘縮のメカニズムを紐解いて解説します。
第3は、術後の疼痛と腫れ(腫脹・浮腫)が生じている中での処置とアプローチについて解説します。
第4は、可動域制限の予防について、各軟部組織のアプローチを解説します。
第5は、筋力としてExtension lagについて、アプローチを解説します。
第6は、屈曲可動域獲得に難渋したケースを踏まえて、屈曲可動域獲得(深屈曲含む)のアプローチを解説します。
最終的に一連の考え方、アプローチが結びつき、日々の臨床成績と患者様の改善に貢献できれば幸いです。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20230122.peatix.com/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 効果的に触診技術を身につける!起始停止だけでは足らない理由

  2. 片麻痺の姿勢と振り出しの特徴を深掘りする!

  3. テクノロジーの変化が歩行を変える!

  4. 術後20年間、力の入らなかった症例

  5. 膝OAに大腿四頭筋強化のエビデンスがあるって、本当なの?

  6. 足関節の踏み込みの痛み!とても多いと思いませんか!

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 今回は、痛みの要因となる「拘縮に伴う摩擦負荷」について、お伝えしたいと思います。知っているの…
  2. 今回は、外反母趾がある人に対する効果的なストレッチングを紹介します。まずは、この動画を御覧く…
  3. 運動器疾患に限らず、脳血管障害の患者も含め、私たちの臨床で「膝関節の可動域エクササイズ」は、…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る