menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 財前知典先生の新たなスタート
  2. 福井勉・成田崇矢・園部俊晴の座談会
  3. ぎっくり腰予防のためのノウハウ
  4. 廣戸総一先生、参上!
  5. 50歳になりました!
  6. 吉尾雅春先生から学んだこと!!
  7. 入谷式の集まりの講演
  8. 私の行っているプロ野球選手の治療
  9. キングカズの人生の糧となる言葉
  10. 成田崇矢先生との臨床および人生談議
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

出版社の社長就任

6月15日に出版した林典雄先生執筆の書籍「運動器疾患の機能解剖学に基づく評価と解釈 上肢編」
は、おかげさまでAmazonリハビリテーション医学部門第1位を獲得しました。(^_^)


この書籍は本当に我々の業界の底上げに絶対必要な書籍だと思っております。
全ての療法士のデフォルトとして、是非読んで頂きたい書籍です!!
読み終えて・・・
「読んで良かった!」
「運動器って面白いな」
「療法士って、魅力ある仕事だな!」
・・・と思うことを約束できる書籍です(^_^)
是非、ご覧下さい。
→ http://amzn.to/2stkWGg

さて今回の記事は出版社の代表取締役社長に就任したことについてです。
実は病院を退職してから、運動と医学の出版社の代表取締役社長に就任致しました。
肩書はすでに代表取締役になっていたのですが、法的な登記上で正式に代表取締役になりましたので、このブログで報告させていただきます。

実は運動と医学の出版社の書籍は、もともとほとんど私が企画した書籍なんです。
この出版社では、リハビリテーション医療に関わる「臨床の書籍」「スキルアップに必要な書籍」、そして「一般の方の健康に関わる書籍」を主に出版して、医療と社会に真に貢献できる会社を目指しています!
→ http://motion-medical.co.jp

特に臨床書籍に関しては、私の理念があります。
それは・・・
臨床書籍に関しては
本物の臨床家が書いた書籍だけを出版する。
本物の臨床家が書いた文面を3年目の療法士でもわかる文面にまで掘り下げて校正する。

たったこれだけですが、他の医学系出版社が、本当の意味でこの条件を満たすのは、とても難しいことだと思います。
まず1つ目の「本物の臨床家が書いた書籍だけを出版する」についてですが・・・・
通常の医学系出版社は、誰が臨床家として優れているのか、判断が難しいと思います。
これは決して他の出版社を否定している訳ではなく、実際に患者を診ている臨床家の視点でしか、臨床家を評価することはできないと思います。
また、原稿を読んだり、講演を聴いたりしても、その臨床家が現場で実際に良好な結果を出しているかどうかを判断することはなかなか難しいと思います。

そして2つ目の「3年目の療法士でもわかる文面にまで掘り下げて校正する」ことですが・・・
私はこれまでいろいろな医学系出版社からたくさんの原稿を依頼されてきましたが、その修正や校正は「てにをは」と誤字脱字程度のことで、内容については一度も出版社から直されたことがありません。
つまり医学書の場合、その内容の本質を出版社の人間が理解することが困難なので修正することができないし、また内容を理解していても原稿を頼む先生の大半は高名な先生なので、内容を修正することができないわけです。
しかし・・・我々がこれまで行ってきた校正(文面を修正する作業)は、原稿が真っ赤っ赤になるほど修正させて頂きました。
なぜならば、トップランナーの臨床家と、3年目の療法士では、知識はもちろんのこと、思考回路や視点・盲点があまりにも違うからです。
なので、普通の療法士には理解できない文面になってしまうことも多々あります。
このため3年目の療法士が理解するためには、どうしてもハシゴをかける役割の人が必要になるわけです。
この校正作業は、本当に気の遠くなる作業です。
例えばボバースの書籍は、原稿を全ていただいてから出版するまでに3年かかりました。
原稿も原型をとどめないほど修正や加筆要求、図の追記などをさせて頂きましたが、筆者の古澤先生は、あれだけ高名な方でありながら、本当に本当に粘り強く付き合ってくれました。
普通の器の人なら憤慨していたと思いますので、古澤先生の器の大きさと、良いものを分かりやすく伝えたいという執念のような強い想いにとてもとても感謝しております。

このように書籍を出版するまでには、本当に気の遠くなるような大変な作業がたくさんあります。
今後もたくさんの苦難があるかと思います。
でも「本当に現場で役立つ書籍」、そして「本当に社会に貢献できる出版社」を目指して、これからも日々、全力で前進していきます。
そして、今回の林典雄先生の書籍のような誰が読んでも「臨床に役立つ書籍!」をどんどん出版していきます!!

まだまだ出版社社長としましては、新参者ではございますが、もっともっと「良い書籍」「分かりやすい書籍」「臨床の現場に役立つ書籍」を出版していきたいと真摯に考える次第です。
皆さんのご助言やご指導の程、宜しくお願い致します。
そして、皆さんのお力添えをお借りして、より良い出版社に育てていただけるとありがたく存じます。
これも合わせて何卒宜しくお願い申し上げます。

追伸1

先日、関内で講演があったので、久しぶりにラーメン二郎に行ってきました。
これまで数え切れないほどのラーメンを食べてきました(関東労災ラーメンクラブの部長をしてました)が、やはり二郎が1番うまいと思います。
今回も並び始めてから食べ始めるまで1時間かかりました。おかげで本1冊読めました。(^_^)

 

追伸2

出版社のイラストを作ってくれる療法士のイラストレーターを募集してます。
絵心があり、AdobeのIllustratorも使えるような療法士の方がいれば、下記のフォームから、是非、私に連絡頂けると幸甚です。
→ https://pt-sonobe.com/question

西中直也先生と千葉慎一先生のコラボセミナー
「肩関節の治療」

2019年6月2日(日)東京
【園部からの推薦文】:
千葉慎一先生の「肩関節疾患の術後理学療法」では、肩関節の運動機能と評価について肩関節を構成する関節ごとに説明します。また、反復性肩関節脱臼や腱板断裂、投球障害肩に対する手術後の理学療法の進め方と注意点について疾患ごとに解説します。
肩関節のプロフェッショナルによる肩関節セミナーです。明日からの治療に生かせる技術満載です!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190602undouki.peatix.com/

 

財前知典先生と園部俊晴の大人気コラボセミナー
「体幹の理学療法」

2019年6月9日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今回は、財前先生が上肢と体幹について、園部が下肢と体幹について解説します。リハビリ医療に携わっているセラピストは誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを認識しています。
財前先生は、上肢と体幹の関係性を理解した上での体幹を良方向にコントロールするための評価方法を解説します。園部は「体幹の見方と誘導方法」「下肢の運動連鎖との関連」について説明します。
上肢と体幹、体幹と下肢、それぞれの関係性について1日で学ぶことができますよ。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190609undouki.peatix.com/

 

赤羽根良和先生と園部俊晴の夢のコラボセミナー!
「私の考える膝関節・足関節の理学療法」

2019年6月30日(日)神奈川
【園部からの推薦文】:
今回は、赤羽根良和先生に膝関節の解剖を主体とした機能障害について解説していだだきます。膝関節は下肢の中でも荷重がより加わる関節であることはよく知られています。セラピストだからこそ回復できる運動療法について紹介します。
園部は、運動連鎖を主体とした理学療法の「評価」「治療」について、足部・足関節を中心に説明します。運動連鎖を有効に利用した方法が分かれば、治療の展開は格段に容易なものになりますよ。
今回も必ず役に立つ1日になると思います!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190630undouki.peatix.com/

 

工藤慎太郎先生と園部俊晴の大人気コラボセミナー!
「腰部の機能障害の「なぜ?」がわかる評価セミナー」

2019年7月14日(日)東京
【園部からの推薦文】:
あの工藤慎太郎先生をお招きし、工藤先生・園部で「腰部」についてのコラボセミナーを開催します。工藤慎太郎先生には腰部・体幹の機能障害と運動療法について解説して頂きます。近年の超音波エコーの進化は体幹筋、特に深部の多裂筋や腹横筋の機能を可視化し、定量的な計測も可能にしています。それを利用した理学療法で得た最新の研究に基づく運動療法を紹介します。
園部は午後から、高齢者の姿勢評価と腰痛治療についてお話しさせて頂きます。どの分野で働いていても役立つ内容ですよ(^_^)
運動器を追求する真の臨床家の1人である工藤先生と園部のコラボセミナーです!
是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190714undouki.peatix.com/

 

今屋健先生・八木茂典先生・園部俊晴から臨床でよく診る疾患を伝授!
「プロ中のプロが教える!「膝」「肩」「腰」の評価と治療」

2019年7月28日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今回は、臨床でよく診る各部位の疾患をそれぞれの先生から伝授します。
今屋健先生は膝をテーマに、正しい運動療法について紹介します。また、陥りやすい落とし穴についても説明します。八木茂典先生は肩関節拘縮をテーマに、機能解剖学を踏まえて何を良くするのかターゲットをはっきりさせて、治療方法を紹介します。園部は腰をテーマに、組織学的な主要な問題点(痛みを拾っている組織)をどのように見つけるのか、力学的な主要な問題点をどのように捉えるのかを説明し、そのための改善方法を提示します。
明日の臨床から役立つものがたくさん得られることを約束します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190728undouki.peatix.com/

 

卓越した技術の持ち主、赤羽根良和先生
「臨床に役立つ肩関節拘縮の見方と運動療法」

2019年8月25日(日)東京
【園部からの推薦文】:
大人気の赤羽根先生に肩関節拘縮の見方と運動療法について、臨床的に重要とされる組織を中心に講演してきただきます。まずは解剖と機能解剖について、続いて臨床に多い拘縮の発生部位について解説します。実際の治療はお見せするだけとなりますが、ポイントをしっかりと述べますので、参考にしてください。
赤羽根先生の書籍「肩関節拘縮の評価と運動療法 臨床編」が発売されて2カ月が経ちますが、1作目に続いて大人気の書籍となりました。その赤羽根先生による肩関節拘縮セミナーです!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190825undouki.peatix.com/

 

毎年大好評の荒木茂先生による
「マッスルインバランスの理学療法」

2019年9月15日(日)東京
【園部からの推薦文】:
大ヒット書籍「マッスルインバランスの理学療法」の著者である荒木茂先生をお招きして実際に荒木先生が行っている評価と治療についてお話していただきます。痛みのある場所を治療するだけでなく、その痛みの原因となる物理的ストレスを見つけ出し治療しなければ再発を防ぐことはできません。運動器疾患に対して基本的な評価方法と過緊張筋抑制のためのテクニック、弱化筋の活性化エクササイズ、運動パターン修正エクササイズについて紹介します。
荒木先生のセミナーはいつも大好評です!きっと役に立つ1日になると思いますよ。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190915undouki.peatix.com/

 

五輪ドクター金岡恒治先生による
「腰痛のプライマリケア」

2019年9月23日(月・祝)東京
【園部からの推薦文】:
金岡先生は、あの成田崇矢先生が信頼している素晴らしい整形外科医であり、理学療法士の可能性を理解して下さっている先生です。また日本水泳連盟理事・医事委員長、JSPOアスレティックトレーナー部会員、JOC情報医科学専門部会員、Tokyo 2020組織委員会アドバイザーとして現在ご活躍されております。
身体機能の低下によって腰部組織に加わる物理的負荷の継続によって腰痛が発生します。画像所見を認めない腰部障害は詳細な問診、丁寧な触診、さまざまな機能評価を行い、病態を評価し、その病態に最適な対処が求められます。画像所見を認めない機能的腰部障害の評価方法を解説し、最適な対処方法、運動療法を紹介していただきます。我々が知らなければならない病態の知識をたくさん与えてくださると思います。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190923undouki.peatix.com/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

2019年

9月1日(日) 鈴木俊明先生 東京 

9月8日(日) 園部俊晴 東京 

9月29日(日) 財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京 

10月12日(土) 今屋健先生・園部俊晴 福岡 今年もやります!

10月13日(日) 今屋健先生・宇戸友樹先生・園部俊晴 コラボセミナー 福岡

10月27日(日) 千葉慎一先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

11月24日(日) 畠中泰彦先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

12月1日(日) 赤羽根良和先生・園部俊晴 コラボセミナー 神奈川

12月15日(日) 松田現先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3102名(2019/02/19時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 最年長の患者様

  2. 3年目までの療法士は何から学べばよいのか?

  3. スティーブ・ジョブズがなくなる前に残した言葉

  4. 高齢化社会に療法士が貢献できること

  5. “凡人”の私のやり方

  6. 開業して一年が経ちました

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 最近、食事が終わると、娘にせがまれて神経衰弱をします。夜はくたくたに疲れているんですが、…
  2. 先日、成田崇矢・園部俊晴の『腰痛コラボセミナー』を開催しました&…
  3. 先日、入谷式の岡山支部長の小林先生に呼ばれて腰痛の講演を1日半行…

Facebook

twitter

Instagram

  • 先日、子供にどうしてもイニエスタを見たいとせがまれて、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合を見に行きました。
チケットは今屋大先生のコネでもらいました。
今屋先生ありがとうございます。

イニエスタはだいぶ年取ったなとは思いますが、それでもやはり決定的なパスを何度も出していました。
試合は5対3と点の取り合いでフロンターレが勝ちました。
イニエスタ見れるし、ファンのフロンターレも勝つし、ゴールシーンがいっぱい見れたし、全てにおいて息子が大満足していました。
次の日大阪行きで、始発の新幹線に乗るので、ナイターを見るのはめちゃめちゃきついのです。
でも・・・
息子のめちゃくちゃ興奮する姿を見て、私もなんだか嬉しくなりました。(^_^;) #イニエスタ
#川崎フロンターレ
#ヴィッセル神戸
#決定的パス
#サッカー
#Jリーグ
  • 久しぶりに、ANAのプレミアムクラスに乗せさせて頂きました。(^_^)
手の込んだ機内食に感激です!
そのうち、母と妻にもプレミアムクラスを体験させたいんです。 
特に、母には近いうちに機会があれば、体験させてあげたいんです(^_^) #ANAプレミアムクラス
#機内食
  • 9月18日(火)にTVに出演します!! テレビ東京
「なないろ日和」
9月18日(火) 9:28~11:13
薬丸裕英さんと香坂みゆきさんの情報番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nanairo/index.html

薬丸さん香坂さんと生出演です!
お時間ある方はご覧になってみてください。

フォロー

ページ上部へ戻る