menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 医療人が医療を受けることでわかること
  2. 「第3回 臨床に役立つ治療技術集会!」の演題募集
  3. 頚部(首)が身体に与える影響
  4. テレビ撮影
  5. 私の原動力(今年も目一杯前進します!)
  6. 10年間!がむしゃらに・・・
  7. 矢状面の下肢の動き
  8. 読者からの質問(療法士の身体の管理)
  9. お詫びと臨床でとても重要なこと
  10. 私の矢状面の体幹の理学療法の基盤となる考え方
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

本物を伝える

先日、「運動連鎖を臨床に活かす!」の講演が終わりました。

会場は満席で、はじめから普段と異なる波動を感じました。

 

講演を終えて、とても反響が大きかったように思います。

 

書籍もなんと100冊以上売れたそうです。

 

驚いたのは、数多くの人が講演終了後に園部ブログの「力学推論を理解するためのステップ講座」に登録してくれたんです。

 

登録の状況を見てみると、その多くが講演の終わった4時半から5時までの間に登録されていました。

 

つまり、会場を出たらすぐに登録したわけです。

 

すごい行動力です!

 

 

 

 

さて・・・

 

今回は、タイトルにあるように「本物を伝えていく」ことについて、わたしの想いを話します。

 

私は自分で研究会を持っていると同時に、他の団体からもたくさん依頼を受けておりますので、そこで講演もします。

 

また自分でも普通にお金を払って注目する講演を聞きに行ったりもします。

 

だからよく分かることがあります。

 

それは・・・

 

この業界で有名であることと、臨床力は一致しないということです。

 

これは否定ではありません

 

さすがに臨床27年もやっていれば、本物と偽物ぐらいは、話を聞けば分かるものです。

 

 

 

現在この業界にはさまざまなセミナー団体がありますが、お呼びする講師をどのように選んでいるか、分かりますか?

 

それは・・・

 

 

集客力です。

 

 

これも否定ではなく、セミナーを運営する団体の立場に立ってみれば、当たり前の話です。

 

 

もちろん、いろいろな団体がありますので、すべての団体がそうであると言っているわけではありません。

 

しかし多くの団体は、その講師が、集客力があるかどうかでお呼びする講師を選んでいることが多いのは事実だと思います。

 

ただ・・・

 

私はこれまでたくさん講演を聞いて、そして、この業界のトップランナーとたくさんの交流があるので、はっきり分かります。

 

それは、集客力臨床力は、決して一致しません

 

毎週のように講演をして、たくさん人を集める講師はいますが、その中には臨床家としては力を有していない人もいるわけです。

 

でも、よく考えてみてください。

 

大事なことは、私たちが何のために学んでいるかということです。

 

なぜ学ぶのか・・・

 

それは目の前の患者さんを良くするために学ぶんじゃないですか。

 

臨床家として成長したくて、学ぶんじゃないですか。

 

少なくとも学ぶために学んでいるわけでは無いはずです。

 

 

だから・・・、

少なくとも治療に関することを学ぶときには・・・、

 

学んでいる講師が本当に患者をよくしているのか

 

机上の理論だけなのかをよく見極めてください。

 

だって、治療に関することを学ぶのに、どんなに理論が面白くてもその講師自身が、患者を良くできないまたは治療すら普段していない人から学ぶ意味があるんでしょうか。

 

私は、臨床はそんな甘いものだと思っていません

 

 

だから、私の代表する臨床家のための運動器研究会では・・・

 

本物の臨床家だけをお呼びしたいんです。

 

その講師が本物の臨床家であるかを焦点にしたいんです。

 

それは書籍も同じなんです。

 

本物の臨床家が書いた・・・現場で役立つ書籍を出したいんです。

 

 

こうした想いを持ち続け・・・

 

出版社を通じ、本物の臨床家が書いた・・・現場で役立つ書籍を出版し、

 

臨床家のための運動器研究会を通じ、本物の臨床家の、患者をよくするための技術を伝えて行く

 

そして、書籍を読んだが・・・、講演に参加した人が、そして私自身も、臨床家として成長する。

 

その先に、我々のできる社会貢献があると思うんです。

 

追伸

下記はホッケー日本代表の瀬川真帆選手です。

日本のホッケー界を支えるスーパーアスリートの1人です。

東京オリンピックで、最高のパフォーマンスが出来るよう少しでも貢献できればうれしいです。

治療6ヶ月待ちの理学療法士が実践している痛みを取るための評価と治療技術
”痛み”を変えられる自信が身に付く!

2019年2月23日(土)東京
【園部からの推薦文】:
あなたは”痛み”を有する患者が来たときに、「自分は変えることができる!」という自信を持っているでしょうか。もしあなたがそういった自信を持っていないなら、まずは本当に痛みが変わるという経験をすることが重要です。そのためにまず必ず網羅しておきたい臨床でよく見られる代表的疾患の治療技術を1日で教えます。明日からすぐに使える技術が満載です。
絶対に参加して良かったと思うセミナーになると思います。
座学で学んだことを実技でお伝えする翌日の実技セミナーもお見逃しなく!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190223undouki.peatix.com/

 

人気講師 財前先生による
歩行の診かたと変化のさせかた-基礎から臨床応用まで-

2019年3月3日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今回は、歩行の基礎、臨床での歩行の診かた、臨床推論の検証方法、歩行を変える方法を解説していただきます。
歩行の基礎では、床反力と筋活動についてと、疾患との関係や特徴。
臨床での歩行の診かたでは、臨床の視点から歩行を診るにあたっての着目点や評価方法。
臨床推論の検証方法では、股関節屈曲を促通させたほうが歩行において股関節伸展がでるケースのメカニズム。
歩行を変える方法では、歩行を変化させるための方向性と部位の診かたと、変化をおこす様々な方法について。
歩行の基礎から応用まで1日で理解できますよ!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190303undouki.peatix.com/

 

膝OAで最も著名な先生の一人 山田英司先生による
変形性膝関節症の理学療法

2019年3月10日(日)東京
【園部からの推薦文】:
変形性膝関節症は臨床で遭遇する頻度の高い疾患の1つですが、治療ガイドラインで示されているエビデンスレベルの高い項目のみでは個々の症例に対応することが困難であるのが現状です。これは、多彩な症状を示す変形性膝関節症にもかかわらず、1つの疾患として捉えた結果であり、今後、症状や病態により様々なサブグループ化を行っていく必要があります。
今回は、変形性膝関節症に対してではなく、変形性膝関節症に伴うさまざまな症状に合わせた理学療法とそれらを引き起こすメカニカルストレスが大きくなる原因を力学的に考え、変形性膝関節症に対する治療戦略について講義と実技を行っていただきます。
山田英司先生は、変形性膝関節症の理学療法において最も著名な先生の一人です。明日からの臨床に必ず役立つと思います。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190310undouki.peatix.com/

 

臨床一筋の赤羽根良和先生が教える
肩関節拘縮<臨床編>の出版記念セミナー!

2019年3月31日(日)東京
【園部からの推薦文】:
2019年春 発売予定の新刊「肩関節拘縮の評価と運土療法 臨床編」の出版記念セミナーです。
肩関節拘縮に対して、解剖から機能解剖までを基本的なことから進めていき、これらをベースとした評価や運動療法について展開します。さらに、臨床に多い病態についても解説していただきます。
今回は、臨床編の書籍についての内容を含めています。基礎編の知識と臨床編の知識を組み合わせることで、臨床がさらに楽しくなると思います。是非、臨床編について学んでみてください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190331undouki.peatix.com/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

2019年

4月14日(日)  な、なんと吉尾雅春先生の脳卒中の理学療法  「脳卒中の動作特性と理学療法の展開」予定

4月28日(日)  成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京 

5月19日(日) 第3回治療技術集会 予定 多摩市民館ホール  

        アウトプットの場です! 発表も、聴衆も、どんどんご参加下さい。 

5月26日(日)  廣戸聡一先生 到来!   神の技術! 

6月23日(日)  小野志操先生 再来! 

6月30日(日)  赤羽根良和先生・園部俊晴 コラボセミナー 川崎  度肝抜かれます! 

7月14日(日)  工藤慎太郎先生 今一番注目の臨床家! 

7月28日(日) 木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナ 膝関節の理学療法(スポーツ・変形性膝関節症・力学) 川崎

8月25日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

9月8日(日)  山田英司先生・園部俊晴 コラボセミナー  

10月13日(日) 今屋健先生・宇戸友樹先生・園部俊晴 コラボセミナー 今年もやります! 

12月1日(日) 赤羽根良和先生 東京  度肝抜かれます! 

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:2777名(2018.9.23時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 本物! 林典雄先生!

  2. プロ野球 S投手

  3. 韓国から5人のバスケット代表選手来院!

  4. 可動域を改善することの意義

  5. 職場の後輩の初マラソン

  6. 岡部大地先生(医師)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 2、3年前から左目に涙が溜まって、濁って見えるようになりました。知人に紹…
  2. 2019年も治療の見せ合いっこの場として、「臨床に役立つ治療技術集会」を開催します。…
  3. 先日、「入谷式インソール・上級セミナー」の講師をしてきました。入谷先生の…

Facebook

twitter

Instagram

  • 先日、子供にどうしてもイニエスタを見たいとせがまれて、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合を見に行きました。
チケットは今屋大先生のコネでもらいました。
今屋先生ありがとうございます。

イニエスタはだいぶ年取ったなとは思いますが、それでもやはり決定的なパスを何度も出していました。
試合は5対3と点の取り合いでフロンターレが勝ちました。
イニエスタ見れるし、ファンのフロンターレも勝つし、ゴールシーンがいっぱい見れたし、全てにおいて息子が大満足していました。
次の日大阪行きで、始発の新幹線に乗るので、ナイターを見るのはめちゃめちゃきついのです。
でも・・・
息子のめちゃくちゃ興奮する姿を見て、私もなんだか嬉しくなりました。(^_^;) #イニエスタ
#川崎フロンターレ
#ヴィッセル神戸
#決定的パス
#サッカー
#Jリーグ
  • 久しぶりに、ANAのプレミアムクラスに乗せさせて頂きました。(^_^)
手の込んだ機内食に感激です!
そのうち、母と妻にもプレミアムクラスを体験させたいんです。 
特に、母には近いうちに機会があれば、体験させてあげたいんです(^_^) #ANAプレミアムクラス
#機内食
  • 9月18日(火)にTVに出演します!! テレビ東京
「なないろ日和」
9月18日(火) 9:28~11:13
薬丸裕英さんと香坂みゆきさんの情報番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nanairo/index.html

薬丸さん香坂さんと生出演です!
お時間ある方はご覧になってみてください。

フォロー

ページ上部へ戻る