menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. スポーツ損傷と一般整形疾患を診るときのセラピストの役割の相違
  2. 足関節外反捻挫後の粘り強い痛み
  3. そうだ!コンディション・ラボがあるじゃない!
  4. 獲得可動域と実用可動域を知ってますか?
  5. 私と弟子たちの未来への構想
  6. その痛みは関節内?それとも関節外?病態判断が大切!
  7. 何年も正座ができない患者っていますよね!「歳だから…」と思ってませんか…
  8. 滑走障害の病態がイメージできてますか?
  9. 夢が叶った瞬間!
  10. 足関節底屈制限を改善するテクニックを紹介!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

廣戸総一先生、参上!

私は・・・、

 

これまでに臨床家として

 

4人の傑物に出会いました。

廣戸総一先生はその一人です!

 

廣戸先生の講演に参加いただければ、

 

真の怪物の凄みを感じることができると思います。

 

 

「本物を知る」・・・

 

ただ、それだけでも

 

皆さんの生涯にとって、

 

大きな意味があることが分かると思いますよ(^_^)

 

是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

https://20190526undouki.peatix.com/view

===========

【日  時】2019年5月26日(日)10:00~15:00(質疑応答後終了予定)
【講  師】​廣戸 聡一先生

【会  場】全労連会館 (東京都文京区湯島2丁目4-4)
JR御茶ノ水駅から徒歩10分
地下鉄御茶ノ水駅・本郷三丁目駅から徒歩10分
地下鉄湯島駅徒歩13分・新御茶ノ水駅徒歩12分

 

私はすべての療法士に、

 

いちどは4スタンス理論を知ってほしいと思っています。

 

その理由は、体を動かすという概念が変わるからです。

 

廣戸聡一先生の提唱する身体特性に関する「4スタンス理論」では、

 

 

各部位の果たす役割を動作戦略として選択する源は、立位姿勢にあるとしています。

 

立位をあくまで動作の一環(始まり)と捉え、

 

同姿勢において4種類の動作戦略が存在し、

 

続く行動は立位時の戦略に基づいて行われるとします。

 

同理論では、このシステムを「軸」と評しています。

 

 

 

参加したみんなが、

 

下記の到達目標が達成できると思います。

 

到達目標:

ヒトの身体の使いかた(動作戦略)は、4種類に分かれており、各人はいずれかを生まれながらに選択していること、この戦略に従って身体を連動させるともっとも効率よく動作が行なえること、間違った戦略の連動を是正することで障害や故障が改善されること、などを学んでもらいます。

↓ ↓ ↓

https://20190526undouki.peatix.com/view

関連記事

  1. 最近あみだした膝OAのテーピング

  2. 入谷誠先生が直接評価した秘蔵映像

  3. 園部のテクニックおいしいとこ取りで教えます !

  4. 一般の方を対象とした講座

  5. 今年もやります!林典雄先生のセミナー

  6. 素晴らしい臨床家の治療を実際にみる!その経験は一生の宝になる!

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 臨床においてスポーツ損傷を診るうえで、まず理解しなければならないことがあります。それは一般整形疾患に…
  2. 先日、バスケットの実業団選手で、外反捻挫の後、痛みが長く取れない患者が来ました。…
  3. 先日、 首が痛くて本当に困っている患者がコンディション・ラボに来てくれました。なんと4年も前…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る