menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 足からからだを変える! 矯正と機能改善の相違について
  2. 「足」が担うセンサーとしての役割について
  3. 変形性膝関節症! 立脚終期(Tst)の股関節の特徴
  4. すべての患者で重要!立脚終期(Tst)の股関節伸展の複合運動の重要性と…
  5. 世界三大金持ちが残したセラピストにも通ずる偉大な概念とは
  6. 後十字靭帯損傷後の痛み!その特徴と診るポイントについて解説!
  7. 入谷誠先生が常々言っていた、歩行動作における前後成分の概念!
  8. たった4つの技術から広がる私たちの無限の可能性!
  9. 股関節伸展制限が与える影響!腰椎では前弯だけじゃない!
  10. 治療手技に支配されてはダメ!それでよいのは先駆者だけです!
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

我々セラピストができることはなにか? 基本は4つです!

私たちセラピストが臨床でできることにはどのようなことがあるでしょうか?

 

 

少しだけ考えてみてください。

 

 

様々な答えが浮かぶと思いますが、私は次の4つを考えています。

 

そして臨床でできる4つのことは、同時に私たちセラピストが臨床で果たすべきことでもあります。

 

その4つとは…

 

①可動域・柔軟性の改善

 

②筋力・筋出力の改善

 

③バランスの改善

 

④アライメント・動作の改善です。

 

例えば、膝関節の伸展制限が認められる症例(変形性膝関節症)がいたとします。

 

この症例は、膝関節の伸展制限により大腿四頭筋の筋力低下が認められ、片脚立位バランスの不安定性と歩行の代償動作が出現しています。

 

そして、これらの問題が機能的障害であると判断したら、我々はこの症例に対して先ほどの4つのことを行う必要があります。

 

それは…

①膝関節の伸展制限を改善させることで

②大腿四頭筋の筋出力の回復を促し

③下肢の支持性を高めることで片脚立位バランスの改善を図り

④歩行の代償動作の改善を図ることです。

 

このように臨床でできる4つのことは、同時に私たちセラピストが臨床で果たすべきことでもあるのです。

 

今回のブログのように、自分に何ができるのかを言語化することって大切だと思いませんか。

 

臨床だけでなく、これからの働き方、生き方についてもたくさん見えてくることがあると思いますよ(^-^)

 

お時間ある時に、皆さんも考えてみてください。

 

さて、次回のブログでは、臨床で果たすべき4つのことで私が一番重要視していることについてお伝えしたいと思います。

 

 

ここでは最後に、臨床で果たすべき4つのことについての豆知識を皆さんにお伝えしたいと思います。

 

①可動域・柔軟性

②筋力・筋出力

③バランス

④アライメント・動作

 

この4つの能力を一言で表現すると「体力」と言えます。

 

東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利先生は、体力について下記のように述べています。

年をとっても自立した生活を送るためには、生涯を通じて体力をいかに維持するかが重要である。若年者では体力の構成要素はそれぞれ独立した、バラバラな能力であるが、年をとるとこれらの能力は互いに関連性が強くなってくる。

 

先ほどの4つの能力が何らかの要因で低下してくると、それぞれの能力は互いに影響しあい、青柳先生は特に歩行動作に表出されるということを述べています。

 

つまり我々ができることは、自立した生活を送るための健康寿命に大きく貢献できる可能性があると言えるのではないでしょうか。

 

これって、とってもワクワクしませんか?(^-^)

 

手前味噌ですが、このことをメチャクチャ分かりやすく解説しているのが、園部俊晴の「健康寿命が10年延びるからだのつくり方」です。

 

あなたと、あなたの家族に大変役立つ一冊となっております(^-^)

https://amzn.to/3fE5ECO

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM「【河端将司先生】関節運動と末梢神経の”つながり”から考える投球障害の診方〜全身運動を変える末梢神経アプローチ〜」

◆講 師:河端将司先生
◆開催日:2021年6月20日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

本セミナーでは,エコー動態とハイドロリリースから得た知見をもとに,肩肘の投球障害を中心に(時間が許せば体幹や股関節も含めて),我々の診療の実践例をご提示します。普段は投球障害にかかわらない方にとっても,これまでの定説にとらわれることなく関節運動と末梢神経のつながりについて再考する機会をご提供できればと考えています。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20210620.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM「【赤羽根良和先生・園部俊晴先生】私の考える膝・足関節の理学療法」

◆講 師:赤羽根良和先生・園部俊晴先生
◆開催日:2021年6月27日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

赤羽根良和先生(10:00~12:15)
「私の考える膝関節疾患の見方と理学療法」
膝関節疾患は臨床上ありふれており、特に有痛性疾患は非常に多く経験します。本セミナーでは,痛みという症状に対し何が痛みを誘発しているのか、痛みの多くは圧刺激でありその緩和が回復への糸口となること等を説明していきながら、治療に役立つ知識を伝授していきます。
園部俊晴先生(13:15~15:30)
「私の考える足関節疾患の見方と理学療法」
このセミナーでは足部・ 足関節疾患の評価から治療までのアルゴリズムをお伝えします。運動連鎖も応用した理学療法の「評価」「治療」について、足部・ 足関節を中心に説明します。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20210627.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM「【小野志操先生】アスリートにおける股関節前部痛の評価と治療〜エビデンスに基づいたFAIとグロインペインに対するリハビリテーションの考え方〜」

◆講 師:小野志操先生
◆開催日:2021年7月11日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

本セミナー午前の部ではgroin pain in athletesに対する評価と治療を、午後の部ではFAIに対する評価と治療について解説します。
評価と治療には詳細な股関節の解剖を理解する必要があります。ここの理解さえあれば、病態解釈が適切に行えます。
病態を解釈できる能力を身につけること、つまり明確に理学療法診断が付けることさえ出来れば、自ずと実施すべき治療方法が決定されます。股関節前部痛に対する解釈が深まる内容をシェアできればと思います。是非参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20210711.peatix.com/

LIVEセミナー/ZOOM「【福島八枝子先生】日本人初となるスタンフォード大学運動器リハビリテーション・スポーツ医学診療部での経験」

◆講 師:福島八枝子先生
◆開催日:2021年8月9日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

運動器リハビリテーション・スポーツ医学領域での治療法において、治療家を悩ませるのは 慢性障害である。スポーツ医学の本場、米国スタンフォード大学では各種医療スタッフで 構成されるチームアプローチを取り、超音波ガイド下最小侵襲手術や注射療法を用いた根本的な治療法の確立について多岐に渡る内容となっています。是非参加ください。
応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20210809.peatix.com/

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

関連記事

  1. インソール作製までの一通りの治療を全て見せちゃいます!

  2. 頚部(首)が身体に与える影響

  3. 変形性膝関節症にまさか、こんな治療していませんよね?

  4. 踏み込み時の足関節痛の謎。なぜ外に踏み込む方が痛いの?

  5. 膝のゴリゴリ音の正体

  6. 必見!! 膝OAの簡単テーピング

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 30年間、足を中心に診てきたからこそ言えることがあります。それは、『単に…
  2. おそらく日本の理学療法士の中で、私が最も多くの足を診てきたと思います。小…
  3. 前回のブログでは、立脚終期(Tst)の 股関節の伸展が我々の臨床でいかに重要であるかを説明しました。…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る