閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 臨床で効果絶大!筋間の滑走障害に対する治療
  2. その動作分析は無駄! 姿勢・動作の評価で重要なこと
  3. 前足部の痛み 靴を履いていないときも痛いですか?
  4. セラピストの絶対的知識!oblique translation理論
  5. 知らないと損する、小殿筋の痛みの第3水準の評価!
  6. 実はとても多い!小殿筋による鼡径部痛
  7. こんなことで本当に痛みの改善が可能か? 必見!関節包の滑走テクニック
  8. 知って、治す、必勝パターン!摩擦負荷!
  9. 外反母趾の人のセルフストレッチング
  10. プロのセラピストとして、あなたは膝関節屈曲をどのように行っていますか?…
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

腰痛:成田先生への質疑応答part 1

さて・・・、

今回は、成田先生との腰痛セミナーの質疑応答の様子を紹介します。

 

成田先生の提案で、講演の最後に30分ほど質疑応答の時間を設け、ディスカッションしました

 

受講生からの質問・・・、

 

私から成田先生への質問・・・、

 

成田先生から私への質問・・・、等も含め、

 

下記に質疑応答の内容を紹介させていただきます。

 

編集してみて気付いたのですが、あまりにも長いので、この質疑応答の様子を2回に分けて紹介します。

 

 

 

 

 

「質疑応答part①」では、まずは成田先生への質問をまとめました。

 

受講生からの質問 ①

椎間関節の痛みの原因が滑膜や関節包にあることはわかったのですが、骨と軟骨との兼ね合いが分からないのですが、それを教えて頂けますでしょうか。

 

成田先生

多くの患者で関節に変性や変形が生じています。

腰部では、椎間板や椎間関節にも変性が起こります。このことにより、正常の関節運動ではなく(滑り)、異常な関節挙動(転がり)になってしまい、痛みを感知する滑膜や関節包に負荷が掛かるということだと考えています。

これについては、他の変形疾患と同じような疼痛メカニズムがあると考えられます。

 

 

受講生からの質問 ②

椎間関節の伸展時の疼痛は理解できますが、屈曲時の疼痛のメカニズムが理解できなかったので、もう一度教えていただけますか。

 

成田先生

椎間関節は、正常では、平面関節なので、滑り運動が主体に起こります。(屈曲の場合、上関節突起が下関節突起に対して上方に動く。)

しかし疼痛が生じる患者の場合、関節運動の軌道がズレて滑り運動ではなく、回転運動になってしまっています。

正常から逸脱したこうした動きによって(挙動の変化)、関節包が伸ばされる部分と圧迫されるところが生じます。

こうしたことが痛みの要因になっていると思われます。

 

 

受講生からの質問 ③

サブグループ化を4つに分けていますが、おそらく複合している患者も多いと思います。

複合している場合、実際に治療するときは自分がやりやすいところから行えば良いですか。

 

成田先生

いや私は違います。

1番痛みを出しているところからアプローチした方が良いと思います。

複合していることは多々あると思いますが、その患者さんが1番痛みを出している箇所があると思います。

そこからアプローチした方が良いと思います。

 

 

園部から成田先生への質問 ①

園部

今の質問で、みんなが知りたいと思うので、1つ質問させてください

椎間関節の伸展時の痛みが何の組織によって痛いかは別として、圧縮応力が生じるときに痛いのは事実ですよね。

 

成田先生

はい。

 

園部

つまり右の椎間関節であれば、伸展して右に側屈した方が痛みは強くなりますよね。

 

成田先生

そういうことになりますね。

 

園部

そう考えると、痛みを拾っている組織として、それが滑膜か関節包であるかは別として、とにかく圧縮されるときに痛みを生じるということが事実で良いですね。

 

成田先生

ここを整理すると、確かに受ける力は圧縮応力なんですが、圧縮されるだけでは痛みを出す組織がありません

だから私が考えているのは、本来は滑り運動で起こらないといけない動きが、異常な回転運動になっている(挙動の変化)ことが問題なんです。それによって伸ばされる組織があるはずです(図①の緑線が関節包を示す)。つまりこの異常な挙動によってテコの原理(上関節突起、下関節突起の衝突が支点)が生じ、異常なかたちで関節包(滑膜)などが引っ張られ痛みを出していると考えています。つまり、結局は挙動の問題だと考えているんです。

園部

なるほど。。。

先生がそう考えているということが、私にとっては重要です

そして・・、

皆さんにも参考になったと思います

 

成田先生

だからその挙動が変化すれば、痛みが取れるんだと考えています。

腰椎全体で伸展していれば、滑り運動だけで運動が生じてくれます

しかしここに異常な挙動が生じることで先ほど言ったように、圧縮する部分と、それを支点として伸ばされる部分が生じ、これが痛みの原因となっているのではないかと考えています。

 

 

受講生からの質問 ④

新体操などハイパーに動くときに、仙腸関節も含め、固定する部位が多いので、手が足りないといったことがあるかと思うのですが、そういった場合の対処方法を教えてください。

成田先生

多分節で痛みがあっても、まずは一つだけ固定して痛みを確認します。

手は1つしかないので、そこで他の関節も同時に診ることはしません。

つまりどの場合もやり方は一緒なんです。

局所の1カ所を固定して、そして痛みが変わるかどうかを診ます。

そして他の部位も同じように診ていきます。

伸展痛の場合であれば、考え方は概ね一緒で、1分節だけが過剰に動いていることが問題なわけです

たとえば、昨日は分離症の患者が2人来たんですが、どちらの患者も原因は違うんです

でも・・・、

1分節だけが過剰になっているという意味では同じです

この2例の場合、1人は股関節伸展可動性が低いから腰椎の1分節が過剰に動いていました

もう一人は胸椎が動かないから腰椎の1分節が過剰に動いていましただからハイパーの症例の場合、一見全体の可動性があるように見えても、その人の中で硬いところと柔らかいところがあるんです。

そういった視点で診ることができれば、新体操等のハイパーな人たちでも、同じ考え方で評価と治療することができます。

 

 

受講生からの質問 ⑤

デモンストレーションの中で、「大腿直筋は硬くない」と判断したところがあったかと思うのですが、股関節伸展位で膝関節が何度くらい曲がったから硬くないなと判断したんですか。

 

成田先生

トーマステストの変法の事ですね。

片側の膝を抱えて、もう片方を股関節伸展した肢位で、膝関節が90度曲がらないと怪しいなと判断します。

さらに徒手的に膝を曲げて硬さを感じたら、大腿直筋は硬いなと判断します。

 

 

 

 

=======================

どうですか・・・。

 

めちゃめちゃ勉強になったと思いませんか。

 

私自身もとても勉強になりましたし、

 

そして・・・、

 

コラボセミナーの講演の後のこのディスカッションの企画は

 

受講者にとっても

 

講師にとっても

 

そしてなにより、にとって

 

とても勉強になり、よい企画だなと感じました。

 

次回以降も、この企画をどんどん取り入れたいと思います。

 

ちなみに、11月11日に行う山田英司先生と私の「変形性膝関節症のコラボセミナー」でも同じように質疑応答を行う予定です。

絶対に参考になりますよ(^_^)

↓ ↓ ↓

https://undouki1111-2.peatix.com/view

 

 

今後も臨床家のための運動器研究会のコラボセミナーにぜひご参加ください。(^_^)

 

次回は、「腰痛に関する質疑応答part②」を紹介します。

 

 

追伸

下記は変股の患者です。

 

左右どちらが患側かわかりますか。

 

変股の人は概ねこの肢位を取り、この背臥位の姿勢には大きな意味があります。

 

臨床って、本当に最高に楽しいですね。

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM【尾崎純先生】肩痛・肩こりをSpine Dynamics療法から考える

講 師:尾崎純先生

開催日:2023年2月5日(日) 10:00~13:00

 

【肩痛・肩こりをSpineDynamics療法から考える】

【講演概要】
物事には必ず原因と結果が存在します。
例えば、「腰痛」を結果と捉えるならば、なぜそのような結果へ至ったのかという原因を追究しなければ、
結果=腰痛を変えることはできません。

 Spine Dynamics療法は運動力学を基礎として、患部が形成されたプロセス(原因と結果)を推察します。

そして、腰痛ではなく、腰痛になる身体とその解決について、お話させて頂ければと思います。

【セミナー内容】
●前半
SpineDynamics療法の核となる全体論的臨床推論について解説します。
全体論から考えると、身体も物理の法則に従わなければならない物質です。
そして、従えない身体になってしまうことが痛みや障害といった結果に繋がり、腰痛に繋がることを理解いただけると治療法は自ずと導き出されます。

●後半
腰痛になる身体を解決するための一例をご紹介します。
また、原因から考えていくできれば、治療だけではなく、予防することにも通じます。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20230205.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【山本 伸一 先生】脳卒中患者の三角巾からの解放~肩の痛みの理解から具体的な治療まで~

講 師:山本伸一先生

開催日:2023年2月11日(土) 17:00~20:00

 

【脳卒中患者の三角巾からの解放~肩の痛みの理解から具体的な治療まで~】

「感覚‐知覚‐運動」の観点から脳卒中対象者を理解することはとても重要なことです。
運動には欠かせない「感覚-知覚」とともに中枢神経系との相互作用を再構築することも「活動のため」に必要なひとつです。

今回の研修会では、上述を含めた脳卒中の障害像の基礎理解とともに上肢機能の問題点について整理します。
そのうえで脳卒中における肩の痛みの機序から種類等をご説明いたします。
それぞれの臨床に活かせていただければと思います。

初めての方でもだいじょうぶです。わかりやすく説明いたします。
また、これまでに参加された方でも、もちろんOKです。宜しくお願いいたします。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20230211.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【小泉圭介先生】「小泉先生が考えるコンディショニングトレーニング 上肢・体幹編」

講 師:小泉圭介先生

開催日:2023年2月19日(日) 10:00~13:00

 

【小泉先生が考えるコンディショニングトレーニング 上肢・体幹編】
概要上肢・体幹では細かい関節が複数しかも複雑に作用するため、様々な代償動作が繰り広げられます。
これらをコントロールしながらエクササイズを進めるためには、理学療法「Art & Science」のArtの部分が求められることになります。

今回の講習では、私が日頃行っているコンディショニングトレーニング小泉メソッドのArtの部分について、胸椎・胸郭エクササイズのデモンストレーションを通じてご紹介できればと思っています。

セミナー内容
・上肢と体幹の運動学を簡単に復習し、一般的に求められる機能と競技スポーツで求められるレベルの機能について再確認いただきます。
・競技者のコンディショニングで実施しているトレーニングについて、特にOver Head Sportsを例にご説明します。
・実際に小泉がどのようにエクササイズを行うか、デモンストレーションを通じてご紹介します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20230219.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【河重俊一郎先生】腰部脊柱管狭窄症に対する評価と治療 〜症候への対応と体幹機能の獲得〜

講 師:河重俊一郎先生

開催日:2023年2月26日(日) 10:00~13:00

 

【腰部脊柱管狭窄症に対する評価と治療〜症候への対応と体幹機能の獲得〜】

「脊柱管の狭小化」という病態から、理学療法の適応が疑問視されることもある脊柱管狭窄症ですが、
適切な介入によって一定の症候改善が期待できます。

本セミナーでは脊柱管狭窄症の病態生理や手術についてなどの基礎的な知識をはじめ、
症候を改善させるためのアプローチ、脊椎を語るうえで欠かせない体幹機能への介入などを紹介します。

人体の大黒柱たる脊椎についての学びは、きっとこれからの臨床に役立つことと思います。

内容
〇脊柱管狭窄症の病態生理
〇手術について
〇病態に基づいた理学療法介入
〇脊椎・体幹機能についての考え方、エクササイズ

ねらい
・腰部脊柱管狭窄症の病態について基礎的理解を深める
・病態理解のもと、適切なアプローチを考えられるようになる
・体幹機能の考え方と、強化に有効なエクササイズを学ぶ

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20230226.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【村木孝行先生】肩腱板断裂の可動域制限と痛みを村木孝行先生はこう評価しこう治療する 〜肩甲帯と上腕骨頭の動きに着目して〜

講 師:村木孝行先生

開催日:2023年3月5日(日) 10:00~13:00

 

【肩関節は自由度や可動性が高いため、異常運動がわかりやすい一方で、様々なパターンを呈します。
この異常運動が症状の原因なのか、代償として起こる結果なのかが曖昧のまま治療をしてしまうと、期待していた結果に辿り着けません。
闇雲に腱板筋群を鍛える、筋緊張を緩めるなどをしても可動域や痛みがまったく改善しないことも多々あります。

肩腱板断裂は”腱板が切れている”以外の絶対的な共通項はなく、症状や機能障害も多彩です。
また、その原因となる機能障害に関しても、原因の原因、そのまた原因が存在することもあり、その原因の層の深さが、同じ介入を行ったときに一定の効果を上げる障壁となります。

本講演では肩腱板断裂で起きうる症状のパターンを提示し、それらに対する介入方針や介入すべき原因の見つけ方について解説いたします。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20230305.peatix.com/

 

LIVEセミナー/ZOOM【小野志操先生】機能解剖に基づいた股関節痛を改善するために必要な知識と技術

講 師:小野志操先生

開催日:2023年3月12日(日) 10:00~13:00

 

【機能解剖に基づいた股関節痛を改善するために必要な知識と技術】

股関節に変形がないにも関わらず出現する鼠径部痛や臀部痛は以前から認識されていました。
その病態は大部分が不明であり、診断がなされず十分な治療ができないまま症状の長期化と遷延化に悩まされる症例は少なくありません。
2003年にGanzによりFemoroacetabular Impingement(以下 FAI)の概念が報告されて以降、原因不明の股関節痛の中に股関節を構成する寛骨臼蓋と大腿骨頸部の骨形態異常に由来するものが存在する可能性が示唆されるようになりました。

またSports Herniaなどとされていたアスリートに好発する鼠径部痛に対して、2012年のBritish Hernia Societyにおいて”Inguinal Disruption(鼠径部の破綻)”という呼称の使用と診断基準の採用が提案され、2014年開催のthe 1st World Groin Pain Conference in Dohaでは、”Groin Pain in Athletes”と表現することを採択し、内転筋関連、腸腰筋関連、鼠径部関連、恥骨関連、股関節関連(含む FAI) の5つに分類しています。
FAIおよびGroin Pain in Athletesの病態解釈については未だに曖昧であり、運動療法についても確立されているとは言えません。

今回のセミナーでは、FAIおよびGroin Pain in Athletesの病態解釈に必要な解剖と知識を整理して、画像所見と理学所見による評価と私が実際に臨床で行なっている治療技術について動画を交えて解説させて頂きます。
有痛性股関節疾患治療の本質に迫りたいと思います。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20230312.peatix.com/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

 

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 第1回学術集会を終えて

  2. 治療6ヶ月待ちの理学療法士の評価と治療

  3. 「第3回 臨床に役立つ治療技術集会!」の演題募集

  4. 福井勉・成田崇矢・園部俊晴の座談会

  5. 腰痛に関する質疑応答part2

  6. セラピストが成長するための新たな仕組み作り

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 以前のブログで、滑走障害についてお伝えしました。滑走障害による痛みは臨床ではあまりも多いので…
  2. いま、赤羽根良和先生と一緒に大きなことに取り組んでいます。その際、連絡を取り合っていて、気づいたこと…
  3. 外反母趾を始め、前足部に痛みを有する症例は、かなり多いものです。例えば、膝関節、股関節疾患の患者…

Facebook

twitter

Instagram

Instagram は200を返しませんでした。

フォロー

ページ上部へ戻る