menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 入谷誠の仕事の流儀 パート②
  2. 入谷誠の仕事の流儀 パート①
  3. 卓球協会の育成から学ぶ成長のヒント
  4. 私の臨床の工夫(患者指導編)
  5. スティーブジョブズの演説
  6. 革命的な整形外科医 宮武和馬先生!
  7. セラピストが成長するための新たな仕組み作り
  8. 帯状疱疹のあとの痛み
  9. 超簡単! 多裂筋の筋緊張テクニック
  10. 財前知典先生の新たなスタート
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

腰痛:成田先生への質疑応答part 1

さて・・・、

今回は、成田先生との腰痛セミナーの質疑応答の様子を紹介します。

 

成田先生の提案で、講演の最後に30分ほど質疑応答の時間を設け、ディスカッションしました

 

受講生からの質問・・・、

 

私から成田先生への質問・・・、

 

成田先生から私への質問・・・、等も含め、

 

下記に質疑応答の内容を紹介させていただきます。

 

編集してみて気付いたのですが、あまりにも長いので、この質疑応答の様子を2回に分けて紹介します。

 

 

 

 

 

「質疑応答part①」では、まずは成田先生への質問をまとめました。

 

受講生からの質問 ①

椎間関節の痛みの原因が滑膜や関節包にあることはわかったのですが、骨と軟骨との兼ね合いが分からないのですが、それを教えて頂けますでしょうか。

 

成田先生

多くの患者で関節に変性や変形が生じています。

腰部では、椎間板や椎間関節にも変性が起こります。このことにより、正常の関節運動ではなく(滑り)、異常な関節挙動(転がり)になってしまい、痛みを感知する滑膜や関節包に負荷が掛かるということだと考えています。

これについては、他の変形疾患と同じような疼痛メカニズムがあると考えられます。

 

 

受講生からの質問 ②

椎間関節の伸展時の疼痛は理解できますが、屈曲時の疼痛のメカニズムが理解できなかったので、もう一度教えていただけますか。

 

成田先生

椎間関節は、正常では、平面関節なので、滑り運動が主体に起こります。(屈曲の場合、上関節突起が下関節突起に対して上方に動く。)

しかし疼痛が生じる患者の場合、関節運動の軌道がズレて滑り運動ではなく、回転運動になってしまっています。

正常から逸脱したこうした動きによって(挙動の変化)、関節包が伸ばされる部分と圧迫されるところが生じます。

こうしたことが痛みの要因になっていると思われます。

 

 

受講生からの質問 ③

サブグループ化を4つに分けていますが、おそらく複合している患者も多いと思います。

複合している場合、実際に治療するときは自分がやりやすいところから行えば良いですか。

 

成田先生

いや私は違います。

1番痛みを出しているところからアプローチした方が良いと思います。

複合していることは多々あると思いますが、その患者さんが1番痛みを出している箇所があると思います。

そこからアプローチした方が良いと思います。

 

 

園部から成田先生への質問 ①

園部

今の質問で、みんなが知りたいと思うので、1つ質問させてください

椎間関節の伸展時の痛みが何の組織によって痛いかは別として、圧縮応力が生じるときに痛いのは事実ですよね。

 

成田先生

はい。

 

園部

つまり右の椎間関節であれば、伸展して右に側屈した方が痛みは強くなりますよね。

 

成田先生

そういうことになりますね。

 

園部

そう考えると、痛みを拾っている組織として、それが滑膜か関節包であるかは別として、とにかく圧縮されるときに痛みを生じるということが事実で良いですね。

 

成田先生

ここを整理すると、確かに受ける力は圧縮応力なんですが、圧縮されるだけでは痛みを出す組織がありません

だから私が考えているのは、本来は滑り運動で起こらないといけない動きが、異常な回転運動になっている(挙動の変化)ことが問題なんです。それによって伸ばされる組織があるはずです(図①の緑線が関節包を示す)。つまりこの異常な挙動によってテコの原理(上関節突起、下関節突起の衝突が支点)が生じ、異常なかたちで関節包(滑膜)などが引っ張られ痛みを出していると考えています。つまり、結局は挙動の問題だと考えているんです。

園部

なるほど。。。

先生がそう考えているということが、私にとっては重要です

そして・・、

皆さんにも参考になったと思います

 

成田先生

だからその挙動が変化すれば、痛みが取れるんだと考えています。

腰椎全体で伸展していれば、滑り運動だけで運動が生じてくれます

しかしここに異常な挙動が生じることで先ほど言ったように、圧縮する部分と、それを支点として伸ばされる部分が生じ、これが痛みの原因となっているのではないかと考えています。

 

 

受講生からの質問 ④

新体操などハイパーに動くときに、仙腸関節も含め、固定する部位が多いので、手が足りないといったことがあるかと思うのですが、そういった場合の対処方法を教えてください。

成田先生

多分節で痛みがあっても、まずは一つだけ固定して痛みを確認します。

手は1つしかないので、そこで他の関節も同時に診ることはしません。

つまりどの場合もやり方は一緒なんです。

局所の1カ所を固定して、そして痛みが変わるかどうかを診ます。

そして他の部位も同じように診ていきます。

伸展痛の場合であれば、考え方は概ね一緒で、1分節だけが過剰に動いていることが問題なわけです

たとえば、昨日は分離症の患者が2人来たんですが、どちらの患者も原因は違うんです

でも・・・、

1分節だけが過剰になっているという意味では同じです

この2例の場合、1人は股関節伸展可動性が低いから腰椎の1分節が過剰に動いていました

もう一人は胸椎が動かないから腰椎の1分節が過剰に動いていましただからハイパーの症例の場合、一見全体の可動性があるように見えても、その人の中で硬いところと柔らかいところがあるんです。

そういった視点で診ることができれば、新体操等のハイパーな人たちでも、同じ考え方で評価と治療することができます。

 

 

受講生からの質問 ⑤

デモンストレーションの中で、「大腿直筋は硬くない」と判断したところがあったかと思うのですが、股関節伸展位で膝関節が何度くらい曲がったから硬くないなと判断したんですか。

 

成田先生

トーマステストの変法の事ですね。

片側の膝を抱えて、もう片方を股関節伸展した肢位で、膝関節が90度曲がらないと怪しいなと判断します。

さらに徒手的に膝を曲げて硬さを感じたら、大腿直筋は硬いなと判断します。

 

 

 

 

=======================

どうですか・・・。

 

めちゃめちゃ勉強になったと思いませんか。

 

私自身もとても勉強になりましたし、

 

そして・・・、

 

コラボセミナーの講演の後のこのディスカッションの企画は

 

受講者にとっても

 

講師にとっても

 

そしてなにより、にとって

 

とても勉強になり、よい企画だなと感じました。

 

次回以降も、この企画をどんどん取り入れたいと思います。

 

ちなみに、11月11日に行う山田英司先生と私の「変形性膝関節症のコラボセミナー」でも同じように質疑応答を行う予定です。

絶対に参考になりますよ(^_^)

↓ ↓ ↓

https://undouki1111-2.peatix.com/view

 

 

今後も臨床家のための運動器研究会のコラボセミナーにぜひご参加ください。(^_^)

 

次回は、「腰痛に関する質疑応答part②」を紹介します。

 

 

追伸

下記は変股の患者です。

 

左右どちらが患側かわかりますか。

 

変股の人は概ねこの肢位を取り、この背臥位の姿勢には大きな意味があります。

 

臨床って、本当に最高に楽しいですね。

推薦セミナー

工藤慎太郎先生と園部俊晴の大人気コラボセミナー!
「腰部の機能障害の「なぜ?」がわかる評価セミナー」

2019年7月14日(日)東京
【園部からの推薦文】:
あの工藤慎太郎先生をお招きし、工藤先生・園部で「腰部」についてのコラボセミナーを開催します。工藤慎太郎先生には腰部・体幹の機能障害と運動療法について解説して頂きます。近年の超音波エコーの進化は体幹筋、特に深部の多裂筋や腹横筋の機能を可視化し、定量的な計測も可能にしています。それを利用した理学療法で得た最新の研究に基づく運動療法を紹介します。
園部は午後から、高齢者の姿勢評価と腰痛治療についてお話しさせて頂きます。どの分野で働いていても役立つ内容ですよ(^_^)
運動器を追求する真の臨床家の1人である工藤先生と園部のコラボセミナーです!
是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190714undouki.peatix.com/

 

今屋健先生・八木茂典先生・園部俊晴から臨床でよく診る疾患を伝授!
「プロ中のプロが教える!「膝」「肩」「腰」の評価と治療」

2019年7月28日(日)東京
【園部からの推薦文】:
今回は、臨床でよく診る各部位の疾患をそれぞれの先生から伝授します。
今屋健先生は膝をテーマに、正しい運動療法について紹介します。また、陥りやすい落とし穴についても説明します。八木茂典先生は肩関節拘縮をテーマに、機能解剖学を踏まえて何を良くするのかターゲットをはっきりさせて、治療方法を紹介します。園部は腰をテーマに、組織学的な主要な問題点(痛みを拾っている組織)をどのように見つけるのか、力学的な主要な問題点をどのように捉えるのかを説明し、そのための改善方法を提示します。
明日の臨床から役立つものがたくさん得られることを約束します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190728undouki.peatix.com/

 

卓越した技術の持ち主、赤羽根良和先生
「臨床に役立つ肩関節拘縮の見方と運動療法」

2019年8月25日(日)東京
【園部からの推薦文】:
大人気の赤羽根先生に肩関節拘縮の見方と運動療法について、臨床的に重要とされる組織を中心に講演してきただきます。まずは解剖と機能解剖について、続いて臨床に多い拘縮の発生部位について解説します。実際の治療はお見せするだけとなりますが、ポイントをしっかりと述べますので、参考にしてください。
赤羽根先生の書籍「肩関節拘縮の評価と運動療法 臨床編」が発売されて2カ月が経ちますが、1作目に続いて大人気の書籍となりました。その赤羽根先生による肩関節拘縮セミナーです!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190825undouki.peatix.com/

 

世界最高峰の臨床家 鈴木俊明先生による
「体幹と骨盤の評価と運動療法」

2019年9月1日(日)東京
【園部からの推薦文】:
中枢神経障害の治療において世界最高峰の鈴木俊明先生に講演をしていただきます。
体幹機能を高めることは、下肢や上肢の良好な反応を引き出すことにつながります。今回のセミナーでは筋電図のデータ等を交えながら、それぞれの筋の役割の違いをどのようにとらえるか、臨床的にどのような評価・治療が効果的か実技を交えてご講義していただきます。
鈴木先生ご執筆の書籍「体幹と骨盤の評価と運動療法」も大人気の一冊で、セミナーも毎回多くの方にご参加いただいています。この機会にぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190901undouki.peatix.com/

 

毎年大好評の荒木茂先生による
「マッスルインバランスの理学療法」

2019年9月15日(日)東京
【園部からの推薦文】:
大ヒット書籍「マッスルインバランスの理学療法」の著者である荒木茂先生をお招きして実際に荒木先生が行っている評価と治療についてお話していただきます。痛みのある場所を治療するだけでなく、その痛みの原因となる物理的ストレスを見つけ出し治療しなければ再発を防ぐことはできません。運動器疾患に対して基本的な評価方法と過緊張筋抑制のためのテクニック、弱化筋の活性化エクササイズ、運動パターン修正エクササイズについて紹介します。
荒木先生のセミナーはいつも大好評です!きっと役に立つ1日になると思いますよ。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190915undouki.peatix.com/

 

五輪ドクター金岡恒治先生による
「腰痛のプライマリケア」

2019年9月23日(月・祝)東京
【園部からの推薦文】:
金岡先生は、あの成田崇矢先生が信頼している素晴らしい整形外科医であり、理学療法士の可能性を理解して下さっている先生です。また日本水泳連盟理事・医事委員長、JSPOアスレティックトレーナー部会員、JOC情報医科学専門部会員、Tokyo 2020組織委員会アドバイザーとして現在ご活躍されております。
身体機能の低下によって腰部組織に加わる物理的負荷の継続によって腰痛が発生します。画像所見を認めない腰部障害は詳細な問診、丁寧な触診、さまざまな機能評価を行い、病態を評価し、その病態に最適な対処が求められます。画像所見を認めない機能的腰部障害の評価方法を解説し、最適な対処方法、運動療法を紹介していただきます。我々が知らなければならない病態の知識をたくさん与えてくださると思います。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190923undouki.peatix.com/

 

財前知典先生と園部の上肢下肢コラボセミナー
「運動連鎖を臨床に活かす」

2019年9月29日(日)東京
【園部からの推薦文】:
「上肢と体幹の運動連鎖」を財前先生が、「下肢の運動連鎖」を園部が行います。身体は体幹も含め、全身でリンクしています。この全身の運動連鎖に精通し、体幹の機能改善を臨床でしっかり実践している二人がそれぞれ解説します。
財前先生は、「体幹と四肢の関係性」、「良方向の運動連鎖評価方法」、「体幹と上肢の関わり」について解説します。園部は「体幹の見方と誘導方法」「体幹のマルアライメントの改善方法」「下肢の運動連鎖との関連」について、運動療法とインソールパッドの考え方を中心に説明します。
いつも大変好評をいただいているセミナーです。参加して良かったと思える1日になるはずです!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20190929undouki.peatix.com/

治療9ヶ月待ちの理学療法士が実践している
痛みを取るための評価と治療技術

2019年10月6日(日)東京
【講 師】園部俊晴先生(コンディション・ラボ 所長)
あなたは”痛み”を有する患者が来たときに、「自分は変えることができる!」という自信を持っているでしょうか。もしあなたがそういった自信を持っていないなら、まずは本当に痛みが変わるという経験をすることが重要です。そのためにまず必ず網羅しておきたい臨床でよく見られる代表的疾患の治療技術を1日で教えます。明日からすぐに使える技術が満載です。絶対に参加して良かったと思うセミナーになると思います。
疾患別に「主要な問題点」「何を改善すればよいか」「手段」を説明します。
明日からすぐに使える技術満載します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191006undouki.peatix.com/view

治療9ヶ月待ちの理学療法士が実践している
痛みを取るための評価と治療技術

2019年10月12日(土)in福岡
【講 師】園部俊晴先生(コンディション・ラボ 所長)
あなたは”痛み”を有する患者が来たときに、「自分は変えることができる!」という自信を持っているでしょうか。もしあなたがそういった自信を持っていないなら、まずは本当に痛みが変わるという経験をすることが重要です。そのためにまず必ず網羅しておきたい臨床でよく見られる代表的疾患の治療技術を1日で教えます。明日からすぐに使える技術が満載です。絶対に参加して良かったと思うセミナーになると思います。
疾患別に「主要な問題点」「何を改善すればよいか」「手段」を説明します。
明日からすぐに使える技術満載します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://2019101202undouki.peatix.com/view

膝の理学療法をとことん追求

2019年10月13日(日)in福岡
【講 師】宇戸 友樹先生・今屋 健先生・園部 俊晴先生
この講演では膝の理学療法をとことん追求するために、宇戸友樹先生に「膝関節周囲の解剖~組織学から考えた運動学の視点~」をご講義頂きます。宇戸先生は肉眼解剖を追求している先生であり、機能解剖を極めた先生です。
次に、今屋健先生に「膝関節疾患の運動療法と軟部組織に対するアプローチ」をご講義頂きます。今屋先生は膝の靱帯損傷を日本一診ている理学療法士です。実践に即した内容で臨床に活かせることがたくさんあると思います。
そして園部は「変形性膝関節症の理学療法」について講義します。変形性膝関節症が膝関節の中で最も多い疾患です。その治療の糸口がわかれば、「温めて」「電気かけて」「クアド鍛えて」なんていう意義の少ない治療から脱却できると思います。
すべての講義がとても参考になると思います。是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191013undouki.peatix.com/view

千葉慎一先生と園部俊晴先生 大人気コラボセミナー
『療法士のための上肢と下肢の評価と運動療法

2019年10月27日(日)東京
【園部からの推薦文】
上肢障害の理学療法(担当:千葉慎一先生)
上肢の運動は下肢と同様に運動連鎖の中で行われますが、上肢には空間上での作業が求められます。そのため、上肢の障害はオープン・キネティックチェーンの状態で加わるストレスが原因となることが多くいです。したがって、上肢障害の理学療法は、いかに、空間上での機能を改善させるかがポイントとなります。それを可能にするのが、何故、患部に負担がかかってしまったのか、そのメカニズムを解明することが重要になってきます。今回の講習会では肩関節と肘関節の評価と治療の方法についてお話ししたいと思います。

下肢編(股関節・膝・足)の理学療法(担当:園部)
人類は、四足歩行から二足直立歩行を獲得したが、臨床を追求すると、人間が二足になったことによる異常が基点となり、障害を誘発していることは非常に多いと感じます。このことが分かると、臨床の見え方が変わってきますし、臨床の糸口が大きく広がります。
今回は四足から二足に進化したことで、「股関節」「膝関節」「足部」にはどんな負担が生じるようになったのかを説明します。そして、これら四足から二足に進化したことで生じた各関節の負担をどのように変えるのか、その治療概念を説明します。
このことを理解することで、各関節で生じやすい病態がより深く理解でき、臨床がめちゃめちゃ面白くなりますよ(^_^)

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://peatix.com/event/728835/view

 

中村尚人先生と園部俊晴先生 大人気コラボセミナー
『体幹機能を追求する』

2019年11月10日(日)東京
【園部からの推薦文】
体幹の理学療法(ピラティス・ヨガを応用した理学療法) 担当:中村尚人先生
体幹は四肢を除いた根幹部分を指しますがその範囲は広範囲で、重要性は理解しつつもとらえ難い部分でもあります。今回は、体幹の役割を「関節のニュートラル」の観点から力の発生源と考え、どのように運動療法で誘導し機能改善を行うかをお伝えします。評価についても触診を含めておさらいしたいと思います。また、「進化学・比較解剖学」の視点から、頭位や足部との関連も、ヨガやピラティスのエクササイズの実践を通して体幹してい頂きたいと思います。
姿勢(立位・座位)の臨床意義を考える 担当:園部
体幹の機能を考える上で、“姿勢”に対する概念は欠かすことができません。なぜなら「全ての動作の開始肢位」となるからです。全てのトップランナーが“姿勢”の臨床的意義をよく知っています。そして、必ず、不良姿勢の改善に着手していますし、不良姿勢から運動させることもありません!
“姿勢“は、「痛みのメカニズム」「低下した運動機能の改善」「からだの動かしやすさ」「容姿」「筋緊張」「心」などと強く関連しています。こうしたことから、“姿勢“の意義を理解し、姿勢および動作を変える方法を知ることはどの分野の療法士にとっても決めて重要です。今回のセミナーでは、姿勢の意義と改善方法について、説明します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

2019年

11月17日(日) 遠藤優先生 古泉貴章先生コラボセミナー 東京

11月24日(日) 畠中泰彦先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

12月1日(日) 赤羽根良和先生・園部俊晴 コラボセミナー 神奈川

12月15日(日) 松田現先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

12月21日(土)、22日(日) 阿部浩明先生・脳画像の見方セミナー 東京  脳卒中を診るなら絶対一度は参加してください!

2020年

1月12日(日) 山本伸一先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

1月25日(土) 林典雄先生到来! 肩関節セミナー 東京  絶対見逃さないでください!

2月2日(日) 井勉先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

2月9日(日) 熊谷匡晃先生・橋本貴幸先生 コラボセミナー 東京

2月11日(火・祝) 八木茂典先生・今屋健先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

2月16日(日) 村木孝行先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

3月8日(日) 財前知典先生 東京

3月15日(日) 成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

3月22日(日) 吉尾雅春先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月12日(日) 千葉慎一先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月19日(日) 財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月26日(日) 赤羽根良和先生 東京

5月17日(日) 園部俊晴 東京

6月7日(日) 千葉慎一先生・西中直也先生 コラボセミナー 東京

6月14日(日) 廣戸聡一先生 東京

6月28日(日) 赤羽根良和先生 東京

7月5日(日) 小野志操先生 東京

8月23日(日) 鈴木俊明先生 東京

8月30日(日) 成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

9月6日(日) 園部俊晴 東京

9月27日(日) 財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

10月4日(日) 成田崇矢先生 東京

10月25日(日) 赤羽根良和先生 東京

11月1日(日) 千葉慎一先生 東京

11月8日(日) 浅野昭裕先生 

11月15日(日) 財前知典先生

12月6日(日) 赤羽根良和先

12月13日(日) 園部俊晴 

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3446名(2019年7月7日時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 怪物!鈴木俊明先生

  2. 第1回学術集会を終えて

  3. 腰痛に関する質疑応答part2

  4. 体幹から考える理学療法

  5. 福井勉・成田崇矢・園部俊晴の座談会

  6. 研究会の2つの体幹実技講演

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 我が家で一番早く家を出るのは小学1年生の娘なんです。3階のベランダから娘が見えなくなるまで毎…
  2. 臨床で成長し続けるためのシステム作りをスタッフ一丸となって行ってます!…
  3. 時々、娘と宮崎台の駅まででの通学路を一緒に歩きます娘との駅までの5分間は、私の最高の…

Facebook

twitter

Instagram

  • 先日、子供にどうしてもイニエスタを見たいとせがまれて、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合を見に行きました。
チケットは今屋大先生のコネでもらいました。
今屋先生ありがとうございます。

イニエスタはだいぶ年取ったなとは思いますが、それでもやはり決定的なパスを何度も出していました。
試合は5対3と点の取り合いでフロンターレが勝ちました。
イニエスタ見れるし、ファンのフロンターレも勝つし、ゴールシーンがいっぱい見れたし、全てにおいて息子が大満足していました。
次の日大阪行きで、始発の新幹線に乗るので、ナイターを見るのはめちゃめちゃきついのです。
でも・・・
息子のめちゃくちゃ興奮する姿を見て、私もなんだか嬉しくなりました。(^_^;) #イニエスタ
#川崎フロンターレ
#ヴィッセル神戸
#決定的パス
#サッカー
#Jリーグ
  • 久しぶりに、ANAのプレミアムクラスに乗せさせて頂きました。(^_^)
手の込んだ機内食に感激です!
そのうち、母と妻にもプレミアムクラスを体験させたいんです。 
特に、母には近いうちに機会があれば、体験させてあげたいんです(^_^) #ANAプレミアムクラス
#機内食
  • 9月18日(火)にTVに出演します!! テレビ東京
「なないろ日和」
9月18日(火) 9:28~11:13
薬丸裕英さんと香坂みゆきさんの情報番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nanairo/index.html

薬丸さん香坂さんと生出演です!
お時間ある方はご覧になってみてください。

フォロー

ページ上部へ戻る