閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. なんで膝が捻れるの?膝が過外旋を生じる理由を解説!
  2. レアだけどとても参考になる腰痛の症例
  3. プロとして実力と同等に必要な事
  4. 肩こりの原因となる肩甲挙筋への滑走操作
  5. 梨状筋が過緊張を起こす病態力学
  6. 長続きする殿部痛は寛骨三筋が原因かも?寛骨三筋の機能解剖と評価を解説!…
  7. 滑走障害はなぜ起こるのか?④
  8. 滑走障害はなぜ起こるのか?③
  9. 滑走障害はなぜ起こるのか?②
  10. 滑走障害はなぜ起こるのか?①
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

腰痛:成田先生への質疑応答part 1

さて・・・、

今回は、成田先生との腰痛セミナーの質疑応答の様子を紹介します。

 

成田先生の提案で、講演の最後に30分ほど質疑応答の時間を設け、ディスカッションしました

 

受講生からの質問・・・、

 

私から成田先生への質問・・・、

 

成田先生から私への質問・・・、等も含め、

 

下記に質疑応答の内容を紹介させていただきます。

 

編集してみて気付いたのですが、あまりにも長いので、この質疑応答の様子を2回に分けて紹介します。

 

 

 

 

 

「質疑応答part①」では、まずは成田先生への質問をまとめました。

 

受講生からの質問 ①

椎間関節の痛みの原因が滑膜や関節包にあることはわかったのですが、骨と軟骨との兼ね合いが分からないのですが、それを教えて頂けますでしょうか。

 

成田先生

多くの患者で関節に変性や変形が生じています。

腰部では、椎間板や椎間関節にも変性が起こります。このことにより、正常の関節運動ではなく(滑り)、異常な関節挙動(転がり)になってしまい、痛みを感知する滑膜や関節包に負荷が掛かるということだと考えています。

これについては、他の変形疾患と同じような疼痛メカニズムがあると考えられます。

 

 

受講生からの質問 ②

椎間関節の伸展時の疼痛は理解できますが、屈曲時の疼痛のメカニズムが理解できなかったので、もう一度教えていただけますか。

 

成田先生

椎間関節は、正常では、平面関節なので、滑り運動が主体に起こります。(屈曲の場合、上関節突起が下関節突起に対して上方に動く。)

しかし疼痛が生じる患者の場合、関節運動の軌道がズレて滑り運動ではなく、回転運動になってしまっています。

正常から逸脱したこうした動きによって(挙動の変化)、関節包が伸ばされる部分と圧迫されるところが生じます。

こうしたことが痛みの要因になっていると思われます。

 

 

受講生からの質問 ③

サブグループ化を4つに分けていますが、おそらく複合している患者も多いと思います。

複合している場合、実際に治療するときは自分がやりやすいところから行えば良いですか。

 

成田先生

いや私は違います。

1番痛みを出しているところからアプローチした方が良いと思います。

複合していることは多々あると思いますが、その患者さんが1番痛みを出している箇所があると思います。

そこからアプローチした方が良いと思います。

 

 

園部から成田先生への質問 ①

園部

今の質問で、みんなが知りたいと思うので、1つ質問させてください

椎間関節の伸展時の痛みが何の組織によって痛いかは別として、圧縮応力が生じるときに痛いのは事実ですよね。

 

成田先生

はい。

 

園部

つまり右の椎間関節であれば、伸展して右に側屈した方が痛みは強くなりますよね。

 

成田先生

そういうことになりますね。

 

園部

そう考えると、痛みを拾っている組織として、それが滑膜か関節包であるかは別として、とにかく圧縮されるときに痛みを生じるということが事実で良いですね。

 

成田先生

ここを整理すると、確かに受ける力は圧縮応力なんですが、圧縮されるだけでは痛みを出す組織がありません

だから私が考えているのは、本来は滑り運動で起こらないといけない動きが、異常な回転運動になっている(挙動の変化)ことが問題なんです。それによって伸ばされる組織があるはずです(図①の緑線が関節包を示す)。つまりこの異常な挙動によってテコの原理(上関節突起、下関節突起の衝突が支点)が生じ、異常なかたちで関節包(滑膜)などが引っ張られ痛みを出していると考えています。つまり、結局は挙動の問題だと考えているんです。

園部

なるほど。。。

先生がそう考えているということが、私にとっては重要です

そして・・、

皆さんにも参考になったと思います

 

成田先生

だからその挙動が変化すれば、痛みが取れるんだと考えています。

腰椎全体で伸展していれば、滑り運動だけで運動が生じてくれます

しかしここに異常な挙動が生じることで先ほど言ったように、圧縮する部分と、それを支点として伸ばされる部分が生じ、これが痛みの原因となっているのではないかと考えています。

 

 

受講生からの質問 ④

新体操などハイパーに動くときに、仙腸関節も含め、固定する部位が多いので、手が足りないといったことがあるかと思うのですが、そういった場合の対処方法を教えてください。

成田先生

多分節で痛みがあっても、まずは一つだけ固定して痛みを確認します。

手は1つしかないので、そこで他の関節も同時に診ることはしません。

つまりどの場合もやり方は一緒なんです。

局所の1カ所を固定して、そして痛みが変わるかどうかを診ます。

そして他の部位も同じように診ていきます。

伸展痛の場合であれば、考え方は概ね一緒で、1分節だけが過剰に動いていることが問題なわけです

たとえば、昨日は分離症の患者が2人来たんですが、どちらの患者も原因は違うんです

でも・・・、

1分節だけが過剰になっているという意味では同じです

この2例の場合、1人は股関節伸展可動性が低いから腰椎の1分節が過剰に動いていました

もう一人は胸椎が動かないから腰椎の1分節が過剰に動いていましただからハイパーの症例の場合、一見全体の可動性があるように見えても、その人の中で硬いところと柔らかいところがあるんです。

そういった視点で診ることができれば、新体操等のハイパーな人たちでも、同じ考え方で評価と治療することができます。

 

 

受講生からの質問 ⑤

デモンストレーションの中で、「大腿直筋は硬くない」と判断したところがあったかと思うのですが、股関節伸展位で膝関節が何度くらい曲がったから硬くないなと判断したんですか。

 

成田先生

トーマステストの変法の事ですね。

片側の膝を抱えて、もう片方を股関節伸展した肢位で、膝関節が90度曲がらないと怪しいなと判断します。

さらに徒手的に膝を曲げて硬さを感じたら、大腿直筋は硬いなと判断します。

 

 

 

 

=======================

どうですか・・・。

 

めちゃめちゃ勉強になったと思いませんか。

 

私自身もとても勉強になりましたし、

 

そして・・・、

 

コラボセミナーの講演の後のこのディスカッションの企画は

 

受講者にとっても

 

講師にとっても

 

そしてなにより、にとって

 

とても勉強になり、よい企画だなと感じました。

 

次回以降も、この企画をどんどん取り入れたいと思います。

 

ちなみに、11月11日に行う山田英司先生と私の「変形性膝関節症のコラボセミナー」でも同じように質疑応答を行う予定です。

絶対に参考になりますよ(^_^)

↓ ↓ ↓

https://undouki1111-2.peatix.com/view

 

 

今後も臨床家のための運動器研究会のコラボセミナーにぜひご参加ください。(^_^)

 

次回は、「腰痛に関する質疑応答part②」を紹介します。

 

 

追伸

下記は変股の患者です。

 

左右どちらが患側かわかりますか。

 

変股の人は概ねこの肢位を取り、この背臥位の姿勢には大きな意味があります。

 

臨床って、本当に最高に楽しいですね。

推薦セミナー

LIVEセミナー/ZOOM【赤羽根良和先生】膝関節伸展制限を深掘りする〜膝関節伸展機構に着目して〜

講 師:赤羽根良和先生

開催日:2024年5月18日(土) 17:30~20:30

 

概要

「もう少し膝を伸ばすことができたら…」
「もう少し膝の支持機能を高めることができたら…」

と、臨床の現場で感じることはありませんでしょうか?

また、膝を伸ばすことができれば膝の痛みを軽減し、歩行の安定性が得られるはずです。膝関節の伸展可動域が確保されると、荷重をかける際に支持脚としての機能が向上します。逆に伸展可動域が制限されると、回旋不安定が発生し、下腿の外旋につながります。膝関節は股関節や足関節とも相互に影響し合いますが、膝関節伸展可動域が維持されることで下腿の外旋が軽減されます。

要するに、臨床においては膝関節の伸展制限を明確に把握し、それに対する適切な治療が必要です。

膝関節伸展制限の改善の重要性を理解した上で、膝関節伸展制限の原因となる組織について説明できるでしょうか?

私が現在臨床で行っている治療部位としては、以下の6つが挙げられます。

① 鵞足部と伏在神経が可動域制限に影響する

② 半月板・MCL

③ 半膜様筋と腓腹筋内側頭

④ 大腿二頭筋・LCL

⑤ 大腿二頭筋短頭・腓腹筋外側頭

⑥ 大腿二頭筋短頭と関節包と腸脛靱帯の後外側複合組織

これらの組織に対する機能解剖学的特徴を理解し、正確なアプローチが身につけられれば、多くの膝関節伸展制限を改善する手がかりとなるでしょう。

本講座では、膝関節伸展制限に関わる組織に焦点を当て、それらの特徴を詳しく説明します。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/202400518z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【宮田徹先生】見えればできる!エコーによる可視化を活かした膝関節周囲の評価と徒手/運動療法

講 師:宮田徹先生

開催日:2024年5月25日(土) 18:00~21:00

 

概要

【講演概要】
エコーによる身体内部の可視化は運動器疾患の治療に大きな恩恵をもたらしました。
従来の触診や疼痛評価では分からなかった細かな組織をエコーで描出することで問題点が整理しやすくなり,我々理学療法士もエコーによる可視化の恩恵を受けられるようになってきました。

一方,エコーはあるけれど臨床的に使用するのには難しいという声を少なからず耳にします。エコーによる可視化の恩恵を多く受けるためには,臨床的な使用方法を確立する必要があると感じています。発展途上ではありますが,運動器疾患に対してエコーを使った理学療法を展開し,今までとは別世界が見えるようになってきました。

今回は膝関節周囲の諸問題(疼痛,筋力低下,関節可動域制限,アライメント不良)に対して,身体所見とエコーによる身体内部の可視化を組み合わせ,どのように病態の解釈し徒手/運動療法を展開するかを中心にお話しさせて頂きます。

【セミナー内容】
膝関節周囲の諸問題(疼痛,筋力低下,関節可動域制限,アライメント不良)に対して評価,徒手/運動療法を症例ベースに紹介します。
膝関節周囲の評価治療において,どのようにエコーを使用しているか演者の使用方法をお伝えします。

エコーを使える環境にある方は実臨床でも使えるように,エコーを使える環境にない方は日々の臨床に役立つように/エコーを使いたくなるように思えるような内容を心がけます。

【到達目標】
・エコーを実際の臨床で使ってみたいと思える。
・膝関節周囲の臨床的に使用するエコー解剖が理解できる。
・膝関節周囲の問題に対してエコーを使った病態解釈と徒手/運動療法の一例を知る。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/202400525z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【吉尾雅春先生】一歩先のリハビリを目指すための脳画像の知識と臨床推論〜見逃していませんか? 運動麻痺・感覚障害・高次脳機能障害〜

講 師:吉尾雅春先生

開催日:2024年6月2日(日) 10:00~13:00

 

概要

本セミナーでは以下の事項に焦点を当てながら、思考を深めていきたいと考えています。

1.CTとMRIの画像の違いを考える。
2.出血と梗塞との違いを考える。
3.血管の供給領域を考える。
4.損傷部位を通る線維束の存在と役割を考える。
5.近似の視床出血から学ぶ。
6.被殻出血の部位や拡がりから考える。
7.血管内治療の影響を考える。
8.その他

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240602z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【赤羽根良和先生】膝関節屈曲制限を深掘りする〜膝関節屈曲機構に着目して〜原因組織を狙い撃ち

講 師:赤羽根良和先生

開催日:2024年6月8日(土) 17:30~20:30

 

概要

伸ばしても痛くない!!歩いても痛くない!!

これまでの3回の講義で、しっかり伸びる膝と支持できる膝の基本を学んできました。

しかし、これはまだ始まりに過ぎません。

今回は、「膝関節の新たな挑戦」をテーマに、膝関節屈曲制限に焦点を当て、更なる自由な動きを手に入れる方法をお伝えします。

3回の講義を受講して頂き、実際の臨床場面で「膝が伸びやすくなりました。」や「歩いても痛みが減りました。」といった臨床結果が出た方もいらっしゃることだと思います。

この結果は、伸びる膝と支持できる膝の機能を高めることができれば、膝関節痛を改善するための不可欠なステップであることを示しています。

正座することはできますか?

今回の挑戦では、歩行時の膝の痛みが軽減され、

患者さんから「先生、正座ってできますか?」「あぐらをかけるようになりたいです」といった新たな悩みが増えることが予想されます。

これに応えるべく、次なるステージに進んでいきましょう。

伸びる膝と支持できる膝が獲得できたならば、次なる挑戦は「しっかり曲がる膝」の機能を手に入れることです。

膝関節改善するシリーズの最終章では、「膝関節屈曲制限を深堀りする」〜膝関節伸展機構に着目して〜に焦点を当て、どのようにすれば痛みのない屈曲が可能になるのかをお話します。

なぜ曲がらない??

膝関節屈曲制限の改善のためには、

・伸展機構を構成する組織の滑走性や伸張性の低下

・後方組織のインピンジメント

・関節内圧と筋内圧の上昇に伴う疼痛などが考えられます。

これらの理由により、屈曲制限が生じます。

どの組織が原因??

発生機序が理解できたとしても、何が制限されているかわからないといけません。

膝関節屈曲制限となる組織は、大腿四頭筋(大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋)、前大腿脂肪体、膝蓋上脂肪体、膝蓋下脂肪体などが制限因子になります。

これらの組織がどのように屈曲制限に関与しているかを詳しく解説します。

本講義は、「膝関節屈曲制限を深堀りする」ことです。

膝関節改善するシリーズの最終章では、膝関節伸展機構に焦点を当て、痛みのない屈曲を可能にする方法について詳しくお話します。

なぜ膝が曲がらないのか、その発生機序を理解し、具体的な組織や要因に焦点を当てることで、効果的な改善が可能となります。

正しい知識を身につけることで、正座ができたり、あぐらをかけるようになるなど、可能になります。

これまで以上の満足感と充実感を感じながら、

膝関節の新たな可能性に挑戦していきましょう。

セミナーでお会いできることを楽しみにしています。

お申し込みをお待ちしております。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240608z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【坂田淳先生】肩関節後方タイトネスに対する理学療法の考え方〜こう評価してこう治療する〜

講 師:坂田淳先生

開催日:2024年6月9日(日) 10:00~12:00

 

概要

投球障害肩において、肩後方タイトネスは重要な機能不全の一つである。肩後方タイトネスが生じると骨頭の異常運動が生じ、結果として局所へのストレスが増大する。肩後方タイトネスの要因には肩後方に位置する筋タイトネスに加え、後方・後下方・下方関節包の肥厚、ベネット骨棘の出現などがある。また、関節包の硬さは相対的なものであり、前方関節包の弛緩とのバランスも考慮する必要がある。

後方タイトネスが生じる原因には,Hyper Angulationや肩最大内旋での過剰な肩水平内転動作といった投球動作の不良に加え,肩甲骨周囲筋機能低下や股関節柔軟性の低下といった全身の機能不全が挙げられる。後方タイトネスが繰り返し生じるゆえんである。

本講演では、肩後方タイトネスの評価に加え、年代別・要因別のアプローチ方法を紹介するとともに、繰り返しの後方タイトネスの出現を緩和させるために必要な全身・投球動作への対処について詳述する。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240609z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【今屋健先生】術後膝関節疾患の屈曲・伸展制限の評価と治療〜結果を出すために必要な治療戦略〜

講 師:今屋健先生

開催日:2024年6月23日(日) 9:00~12:00

 

概要

関節可動域(ROM)は膝にかかわらず関節機能の中でも最も重要な機能であり、ROM制限はほかの機能に悪影響を及ぼします。

そして、膝の手術後において、ROM制限は必ず生じると言っても過言ではない機能障害です。よって、ROMは臨床において何よりも優先して改善させるべき機能であると考えています。
ROMの改善に際して、まずは膝の構造や運動学を知る必要があります。

そのうえで、正しいROMエクササイズの方法を理解し、ちょっとしたコツを知っておくと臨床の引き出しが広がると思います。

本セミナーでは、半月板損傷やACL・MCL損傷などの、術後のROMにかんする運動療法の考え方や臨床の実際についてお話ししていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

セミナー内容
■膝関節の機能解剖
■膝関節の運動学
■ROMの評価方法
■伸展可動域エクササイズ 考え方と実際
■屈曲可動域エクササイズ 考え方と実際

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240623z/

 

対面セミナー【赤羽根良和先生・園部俊晴先生】UGOITA FES 2024

講 師:赤羽根良和先生・園部俊晴先生

開催日:2024年6月30日(日) 10:00~16:00

 

概要

治療家の業界において様々な分野で著名な臨床家は多くいるが、その中でも『圧倒的な変化』を起こすことができる臨床家は少ない。

そんな『圧倒的な変化』を起こせる臨床家を私達は『超一流』と呼ぶ。

運動と医学の出版社が主催するUGOITAは

長年、臨床現場に即したコンテンツ発信にとことんこだわり、

『圧倒的変化』を起こせるような一流の臨床家の”熱”を伝え続けてきた。

私たちはコロナ禍になっても学びの機会を失わないように、

オンラインでセミナーを開催し続け、

少しでも超一流の臨床家の”熱”を伝える努力をしてきた。

しかし、オンライン学習では徒手操作における力方向や、細かいニュアンスが伝えるのに限界があり、学んだ知識を臨床で応用させるのが難しい。

コロナ禍も落ち着き、会場セミナーができるようになった今こそ、本物の臨床家の技術を体感できるようなイベントを開催したい!

そんな想いのもと、満を持して超一流の臨床家の”熱”を体感できる会場イベントを開催することになった。

超一流が巻き起こす圧倒的変化を体感し、様々な臨床家との交流の中で、治療家としての熱を一緒にたぎらせよう。

園部俊晴の臨床 体験会
テーマ『膝関節の内側の痛みに対するアプローチ』
グループに分かれて、実技を講師・アシスタントと一緒に体験してもらいます。また最後に、講師による一連のデモンストレーションを実施します。

赤羽根良和の臨床 体験会
テーマ『肩関節の夜間時痛の改善』

グループに分かれて、実技を講師・アシスタントと一緒に体験してもらいます。また最後に、講師による一連のデモンストレーションを実施します。

豪華景品付きグループ対抗戦■
UGOITA クイズ大会

参加者同士のグループに分かれて、豪華賞品をかけたクイズ大会を行います。

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240630e/

 

LIVEセミナー/ZOOM【赤羽根良和先生】赤羽根先生は仙腸関節痛をこう改善する

講 師:赤羽根良和先生

開催日:2024年7月6日(土) 17:30~20:30

 

概要

皆さんは仙腸関節に対して、特別な関節と見なしていませんか?

仙腸関節に治療すると、腰の痛みや他の関節の痛みが軽減したり、可動性が増大したりします。

魔法のような経験から、私たちは仙腸関節を異質な関節として捉えがちではないでしょうか?

世間では、さまざまな解釈がされてきていると思います。

今回は私の仙腸関節に対する考え方についてお話させていただきたいと思います。

私は仙腸関節も他の関節と同様であると考えています。

なぜそのような考えをしているかというと、仙腸関節の周辺には靭帯・fascia・皮膚皮下組織に分布する神経終末といった様々な組織が存在するからです。

これらの組織を一つ一つ理解することができると、仙腸関節の痛みや隣接関節の可動性や痛みについても説明することができると考えています。

このように仙腸関節の痛みや可動性の変化を理解するためには、まず仙腸関節周辺組織の解剖を理解する必要があります。

 

本セミナーでは、仙腸関節周辺の靭帯・fascia・皮膚皮下組織に分布する神経の解剖を再確認しながら、私が考える仙腸関節に対する治療戦略と評価方法について説明します。

参加者の皆様にも、臨床現場で仙腸関節の痛みの解釈に悩んでいる方がいると思います。

なぜ可動域が変化したり、痛みが変わるのか悩んでいる方もいるでしょう。

ぜひこの機会に、仙腸関節の解剖と治療戦略について一緒に学んでいきましょう。

 

<講師からの一言>

仙腸関節は体幹の治療において基盤となる部位ですので、セラピストとして重要な部位となります。

また、四肢の治療においても重要であり、この部位の安定性が確保されていないと、不良な運動連鎖を惹起する要因にもなります。

ぜひ、この関節を治療できるようにしましょう!

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240706z/

翌日の実技セミナーの応募はこちらから

↓  ↓  ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240707p/

LIVEセミナー/ZOOM【上田泰久先生】臨床に多い頚部痛・肩こり・頭痛を末梢神経から考える 〜機能解剖・運動連鎖に基づいた評価と運動療法〜

講 師:上田泰久先生

開催日:2024年7月14日(日) 10:00~13:00

 

概要

【概要】

頚部痛・肩こり・頭痛を有する症例を担当した場合、どのような評価と運動療法を実施しますか?

本講演では、これらの問いについて、丁寧に解説したいと思います。

頚部痛・肩こり・頭痛を誘発する原因を紐解いていくと、末梢神経と関係が深い症状であることが分かります。

近年、超音波診断装置を用いたエコーガイド下のハイドロリリースや運動療法で症状の緩和に繋がると報告されています。

今回、筆者が取り組んできた臨床・研究を踏まえて、機能解剖・運動連鎖に基づいた評価と運動療法について紹介させて頂きます。

この評価と運動療法により、症状緩和や再発予防に繋がる知識・技術を習得して、明日から臨床で使って頂けるよう解説したいと思います。

【内容】

1)頭頚部の機能解剖とリスク管理

2)機能解剖に基づく評価と運動療法

3)運動連鎖に基づく評価と運動療法

【参考資料】

首・肩こり(文京学院大学YouTube)

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240714z/

LIVEセミナー/ZOOM【塩多雅矢先生】身体機能・感覚機能向上に必要なトレーニングの実践 〜体幹機能とケガ予防に着目して〜

講 師:塩多雅矢先生

開催日:2024年7月21日(日) 9:00~12:00

 

概要

関節可動域(ROM)は膝にかかわらず関節機能の中でも最も重要な機能であり、ROM制限はほかの機能に悪影響を及ぼします。

そして、膝の手術後において、ROM制限は必ず生じると言っても過言ではない機能障害です。
よって、ROMは臨床において何よりも優先して改善させるべき機能であると考えています。
ROMの改善に際して、まずは膝の構造や運動学を知る必要があります。

そのうえで、正しいROMエクササイズの方法を理解し、ちょっとしたコツを知っておくと臨床の引き出しが広がると思います。

本セミナーでは、半月板損傷やACL・MCL損傷などの、術後のROMにかんする運動療法の考え方や臨床の実際についてお話ししていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

<セミナー内容>
■膝関節の機能解剖
■膝関節の運動学
■ROMの評価方法
■伸展可動域エクササイズ 考え方と実際
■屈曲可動域エクササイズ 考え方と実際

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240721z/

 

LIVEセミナー/ZOOM【松田現先生】変形性膝関節症に対するPNFの臨床応用

講 師:松田現先生

開催日:2024年7月27日(土) 18:00~21:00

 

概要

【講演概要】
多くの方が苦しんでいる膝痛、特に変形性膝関節症に対して自分たちは何ができるのかを考える時間にします。

膝痛は内側広筋を強化するだけでは全ての症例は良くなりません。また、減量するだけでも全ての症例は良くなりません。

なぜ膝が痛いのか、どの構造物の機能を良くすれば膝痛が軽減するのかを考えながら評価する必要があります。

本セミナーでは私が日頃膝OA患者様に行っている評価方法と、主な痛みの原因に対するPNFを用いた改善方法を紹介します。

明日から膝疾患を診るのが楽しみになる、そんなセミナーにしますのでお楽しみに。

 

【参考資料】

臨床に役立つPNF(運動と医学の出版社)

PNFチャンネル→ https://www.youtube.com/@pnf_channel

応募はこちらから

↓ ↓ ↓

https://seminar.ugoitalab.com/event/20240727z/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

 

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

 

関連記事

  1. 入谷式神奈川支部の症例検討会

  2. 治療6ヶ月待ちの理学療法士の評価と治療

  3. 腰痛に関する質疑応答part2

  4. 「第3回 臨床に役立つ治療技術集会!」の演題募集

  5. 本当の意味で臨床に役立つ新しい企画

  6. セラピストが成長するための新たな仕組み作り

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 私はこれまで、膝関節で痛みを発しやすい組織の多くが過外旋と関連が大きいことを述べてきました。これ…
  2. 先日、 とても勉強になる症例が来ました。1ヵ月半前に、筋トレをしていて腰痛になり、それ以降ずっと…
  3. 私の妻の話しになってしまいますが・・・、麻衣子さんは、 プロのバレリーナとして活動してきたので、…

Instagram

Instagram は無効なデータを返しました。

フォロー

ページ上部へ戻る