menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. あなたは自信を持って膝の痛みのある患者と向き合ってますか?
  2. トップアスリートのからだの特徴 その2
  3. トップアスリートのからだの秘密 その1
  4. 先着100名限定! 私が認める最高の学び方
  5. 脚のシビレは腰からと決めつけてはいけない
  6. 何から学べばよいのか?
  7. 療法士がスポーツを行う意義
  8. 1年で5000時間越え
  9. 動作特性から骨癒合を考える
  10. 臨床における膝関節痛の対応方法 ~あなたは間違っていませんか?~
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

トップアスリートのからだの特徴 その2

私の大好きな三浦知良選手が強く影響を受けた言葉

決して頂点に到達することはなく、常に学び続けるものだ

これ、クロアチアのゴラン・ユーリッチ選手の言葉だそうです。

 

めちゃくちゃ大切な言葉ですね!!!

 

 

 

さて、前回のブログで

トップアスリートのからだの特徴として、

意外とからだが硬いということをお伝えしました。

 

そして、このからだの硬さは、

「関節の硬さ」

「筋の硬さ」

「膜(皮膚や筋膜など)」

「可動域」

の4つに分けて私は考えていることもお伝えしました。

 

今回はこれらの意味を解説していきます。

 

 

まず、「関節の硬さ」とは、主に関節の遊びの量を意味しています。

これは可動域とは異なります。

 

例えば、膝が過伸展しても、関節の遊びは小さい人も、大きい人もいます。

 

逆に、膝窩が床に接せず膝が伸びていなくても、関節の遊びは小さい人も大きい人もいます。

 

つまり、関節の硬さと可動域はそれほど相関しないのです。

 

私は、関節の硬さは主に軟部組織の性質に依存していて、

可動域は主に構造に依存しているのだと考えています。

 

 

次に、「筋の硬さ」とは、筋の伸長性を意味しています。

いわゆる一般の人たちが「体が柔らかい」と表現するときは

この筋の硬さを意味しています。

 

関節が硬く、筋も硬い人はもちろんいますが、

関節は硬いけど、筋が柔らかい人もいます。

 

この人はどうだろうと確認することがやっぱり大切なんです。

 

 

そして、「膜(皮膚や筋膜など)」とは、触った時の身体を包んでいる膜の張り感を意味しています。

 

腸詰のウィンナーを考えてみてください。

中の肉が硬い場合も触った感じは硬くなりますし、

皮が張っている場合も触った感じは硬くなります。

 

私たち人間も同じで皮膚や筋膜が張っている場合も、

からだの硬さを構成する要因になります。

 

 

最後に、「可動域」とは、ROMの計測の角度を意味しています。

筋は柔らかくても、関節が柔らかくても、可動域が硬い人は結構います。

 

こうしたからだの硬さを構成する4つの要因をそれぞれ考察すると、

様々な発見が生まれてくると思いますよ(^-^)

 

 

さて、改めてこう言われてみると

臨床でも確かにこの4つは違うなと

感じた人が多いのではないでしょうか。

 

そして、4つの硬さのうち、

「関節の硬さ」については、

ほとんどのトップアスリートで硬いんです。

 

特に野球やサッカー、短距離走のように、

強いパワーとスピードを必要とする競技の選手は、

「関節も、筋も、膜も硬い」ことが多いんです。

筋が柔らかいこともありますが、

少なくとも「関節」と「膜」は硬いのです。

 

また、前回もお伝えしましたが、

バレリーナも関節は硬いといった意味が

より分かってもらえたでしょうか。

 

バレリーナを含め、トップダンサーに共通した特徴は、

「関節は硬く、筋は異常に柔らかく、可動域は異常に大きい」です。

 

つまり、関節が硬いからこそ、

グラグラしない安定した軸をつくれて、

なおかつ筋の柔軟性と可動域の大きさがあるからこそ、

しなやかに、そして大きく動けるのです。

 

さらに、私の師匠である入谷誠先生は

「箱根駅伝の山の神の一人は、

体前屈がマイナス30cmくらいだった」と言っていました。

 

この場合、「硬さを利用している」と考える方が妥当だと思いませんか(^-^)

おそらくこれをストレッチングして柔らかくしてはダメだと思いますよね。

 

だからこそ前回のブログでも強調しましたが、

硬いから柔らかくするという概念は、

痛みに対しては良いとしても、

パフォーマンスを上げることにつながるかどうかは「わからない」

ということなんです。

(もちろん、良い場合もあります)

 

 

また、こんなことも言えます。

それは日本を代表するようなトップアスリートでも、

意外とからだの異常があると言うことです。

 

例えば、体幹が曲がっている、首が曲がっている、膝が捻じれている、足が外転しているなど…

 

逆を言えば、そういった異常を見つけて、より良好なからだを作れるようにサポートすると必ず喜ばれます。

 

でもここからは良好とは?の概念が重要になりますよ(^_^)

 

 

いかがでしたか。

 

とても参考になる話だと思っています。

こうしたことは、たくさんのトップアスリートを診ないとわからない意見です。

そして、どこにも載っていない情報です。

 

だからこそ、これからもこのブログではどんどん有益な情報を発信していきますよ!

それでは次回も楽しみにしていてくださいね(^_^)

 

 

推薦セミナー

治療9ヶ月待ちの理学療法士が実践している
痛みを取るための評価と治療技術

2019年10月12日(土)in福岡
【講 師】園部俊晴先生(コンディション・ラボ 所長)
あなたは”痛み”を有する患者が来たときに、「自分は変えることができる!」という自信を持っているでしょうか。もしあなたがそういった自信を持っていないなら、まずは本当に痛みが変わるという経験をすることが重要です。そのためにまず必ず網羅しておきたい臨床でよく見られる代表的疾患の治療技術を1日で教えます。明日からすぐに使える技術が満載です。絶対に参加して良かったと思うセミナーになると思います。
疾患別に「主要な問題点」「何を改善すればよいか」「手段」を説明します。
明日からすぐに使える技術満載します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://2019101202undouki.peatix.com/view

膝の理学療法をとことん追求

2019年10月13日(日)in福岡
【講 師】宇戸 友樹先生・今屋 健先生・園部 俊晴先生
この講演では膝の理学療法をとことん追求するために、宇戸友樹先生に「膝関節周囲の解剖~組織学から考えた運動学の視点~」をご講義頂きます。宇戸先生は肉眼解剖を追求している先生であり、機能解剖を極めた先生です。
次に、今屋健先生に「膝関節疾患の運動療法と軟部組織に対するアプローチ」をご講義頂きます。今屋先生は膝の靱帯損傷を日本一診ている理学療法士です。実践に即した内容で臨床に活かせることがたくさんあると思います。
そして園部は「変形性膝関節症の理学療法」について講義します。変形性膝関節症が膝関節の中で最も多い疾患です。その治療の糸口がわかれば、「温めて」「電気かけて」「クアド鍛えて」なんていう意義の少ない治療から脱却できると思います。
すべての講義がとても参考になると思います。是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191013undouki.peatix.com/view

千葉慎一先生と園部俊晴先生 大人気コラボセミナー
『療法士のための上肢と下肢の評価と運動療法

2019年10月27日(日)東京
【園部からの推薦文】
上肢障害の理学療法(担当:千葉慎一先生)
上肢の運動は下肢と同様に運動連鎖の中で行われますが、上肢には空間上での作業が求められます。そのため、上肢の障害はオープン・キネティックチェーンの状態で加わるストレスが原因となることが多くいです。したがって、上肢障害の理学療法は、いかに、空間上での機能を改善させるかがポイントとなります。それを可能にするのが、何故、患部に負担がかかってしまったのか、そのメカニズムを解明することが重要になってきます。今回の講習会では肩関節と肘関節の評価と治療の方法についてお話ししたいと思います。

下肢編(股関節・膝・足)の理学療法(担当:園部)
人類は、四足歩行から二足直立歩行を獲得したが、臨床を追求すると、人間が二足になったことによる異常が基点となり、障害を誘発していることは非常に多いと感じます。このことが分かると、臨床の見え方が変わってきますし、臨床の糸口が大きく広がります。
今回は四足から二足に進化したことで、「股関節」「膝関節」「足部」にはどんな負担が生じるようになったのかを説明します。そして、これら四足から二足に進化したことで生じた各関節の負担をどのように変えるのか、その治療概念を説明します。
このことを理解することで、各関節で生じやすい病態がより深く理解でき、臨床がめちゃめちゃ面白くなりますよ(^_^)

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://peatix.com/event/728835/view

 

中村尚人先生と園部俊晴先生 大人気コラボセミナー
『体幹機能を追求する』

2019年11月10日(日)東京
【園部からの推薦文】
体幹の理学療法(ピラティス・ヨガを応用した理学療法) 担当:中村尚人先生
体幹は四肢を除いた根幹部分を指しますがその範囲は広範囲で、重要性は理解しつつもとらえ難い部分でもあります。今回は、体幹の役割を「関節のニュートラル」の観点から力の発生源と考え、どのように運動療法で誘導し機能改善を行うかをお伝えします。評価についても触診を含めておさらいしたいと思います。また、「進化学・比較解剖学」の視点から、頭位や足部との関連も、ヨガやピラティスのエクササイズの実践を通して体幹してい頂きたいと思います。
姿勢(立位・座位)の臨床意義を考える 担当:園部
体幹の機能を考える上で、“姿勢”に対する概念は欠かすことができません。なぜなら「全ての動作の開始肢位」となるからです。全てのトップランナーが“姿勢”の臨床的意義をよく知っています。そして、必ず、不良姿勢の改善に着手していますし、不良姿勢から運動させることもありません!
“姿勢“は、「痛みのメカニズム」「低下した運動機能の改善」「からだの動かしやすさ」「容姿」「筋緊張」「心」などと強く関連しています。こうしたことから、“姿勢“の意義を理解し、姿勢および動作を変える方法を知ることはどの分野の療法士にとっても決めて重要です。今回のセミナーでは、姿勢の意義と改善方法について、説明します。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

 

遠藤優先生(歯科医)と古泉貴章先生(理学療法士)のコラボセミナー
顎関節をリハビリに応用する

2019年11月17日(日)東京
【園部からの推薦文】
額関節は現在の理学療法士教育において、講義の聴くことが非常に少ない関節です。 しかし、からだの動きに大きく影響しています。今回、からだの動きと顎関節に精通した歯科医と理学療法士をお招きし、顎関節をリハビリにどの様に応用すれば良いのかをお伝えします。今回の講習会では基礎編として口腔・顎関節と顎関節症についてお話し、応用編として、顎関節の臨床応用についてこの分野の第一人者である古泉先生に講義してもらいます。
・午前中 遠藤優先生「顎関節をリハビリに応用する(基礎編)」
・午後 古泉貴章先生「顎関節をリハビリに応用する(応用編)」
・講演終了後 質疑応答(15:40~16:00)  先生2人によるコラボアンサー!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

畠中泰彦先生(バイオメカの権威)と園部俊晴(力学的臨床応用のスペシャリスト)のコラボセミナー
『歩行の知識を臨床に活かす!!』

2019年11月24日(日)東京
【園部からの推薦文】
あなたはプロとして、自信を持って、患者の歩行を分析し、そして改善することができるでしょうか。「うまく歩けないから歩く練習をしている」だけならば、プロであるあなたが診る必要はありません。
今回の講演では、ひとりの患者を自信を持って歩行評価と治療ができるようになるための方法をお伝えします。今回の講演にご参加いただくことで、「なるほど!!」と感じていただけるだけでなく、これからあなたが何を学んでいけばよいのかがわかると思います。
・午前中 畠中泰彦先生「歩行の知識と臨床応用」
・午後 園部俊晴先生「実践的な歩行の見方と改善方法」
・講演終了後 質疑応答(15:40~16:00)  先生2人によるコラボアンサー!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

赤羽根良和先生と園部俊晴先生 大人気コラボセミナー
『足関節と膝関節の理学療法』

2019年12月1日(日)東京
【園部からの推薦文】
いつも満席の大人気セミナーです。今回は赤羽根先生が「足部・足関節」、園部が「膝関節」の講演をします。毎年、赤羽根先生も、園部もリニューアルして、いつも新しいエキスを私自身も頂いています。我々は真に臨床に活かせる知識と技術だけを伝えることをポリシーとしています。今回も明日から役立つ技術満載でお伝えいたします。真のプロフェッショナルの理学療法とは何かをお伝えすることを約束します。楽しみにしていてください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

 

松田 現先生と園部 俊晴先生 大人気コラボセミナー
『理学療法に活かせる治療手技(入谷式、PNFの治療概念)』

2019年12月15日(日)東京
【園部からの推薦文】
PNFと入谷式の治療概念が1日で学べるってすごくないですか。しかも、PNFはあの国際アドバンスインストラクター松田現先生ですよ。我々の業界には様々な治療手技がありますが、その本質を学ぶことは多くのヒントがあり、皆さんの臨床にも応用できることがたくさんあると思います。今回も明日から役立つ技術満載でお伝えいたします。真のプロフェッショナルの理学療法とは何かをお伝えすることを約束します。楽しみにしていてください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20191110undouki.peatix.com/view

 

阿部浩明先生 2日間連続セミナー!

『リハビリテーションにおける脳画像のみかた』(前編/後編)

2019年12月21日(土)、22日(日)東京
【園部からの推薦文】:
私は阿部先生の脳画像の見方の話は、セラピストはもちろんのこと、医師も含めて、すべての医療人に一度は聞いてほしいと思っています。その理由は脳の障害に対する考え方が変わるからです。変わると言う言葉では足りないかもしれません。革命的に変わるのがわかると思います。だからこそ、分野を問わず1度は参加してみてください。必ず生涯役立つ話になると約束いたします。

阿部先生の話を二日間でこの価格で聞ける機会はあまりないかと思います。ぜひご参加ください!

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://2019122122undouki.peatix.com/view

あの山本伸一先生と園部のコラボセミナー!

二人のセラピストが迫る!脳卒中の運動療法

2020年1月12日(日)東京
【園部からの推薦文】:
ボバース国際インストラクターの山本伸一先生と園部が脳卒中の運動療法を上肢機能(担当:山本先生)と下肢機能(担当:園部)を中心にお話しします。分野を問わず必ず生涯役立つ話になると約束いたします。
是非、楽しみにいていてくださいね(^_^)

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200112ugoita.peatix.com/view

 

世界的なスター選手たちに愛された日本人トレーナー!

ACミラン20年間のトレーナー活動

2020年1月13日(祝)東京

【園部からの推薦文】:
ACミラン在籍16年、世界的なスター選手たちに愛された日本人トレーナー
皆さん、元、イタリア代表のフィリッポ・インザーギってしってますか? サッカー界では知らない人がいないすごい選手です。そのインザーギ選手に「この人抜きに、俺はピッチに立てなかった」と言わせた日本人トレーナーがいます。
その人こそ、ACミランでトレーナーをしていた遠藤友則先生です。遠藤先生はミランで「エンドーチェック」という言葉があったほど、チーム内でその医療的手腕が重要視され、ミランの優勝に大きく貢献したトレーナーです。これほどのことができた日本人がいたことを、日本人としてとても誇りに思いませんか。

今回、その遠藤先生を動きと痛みLabの講演にお招きします。
セラピストのの可能性を知りたい方、世界で活躍するセラピストがどんなことを考えてどんなことを行っているのかそんなことを知りたい方など是非、ご覧ください。
応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://20200113ugoita.peatix.com/view

 

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

2020年

1月25日(土) 林典雄先生到来! 肩関節セミナー 東京  絶対見逃さないでください!

2月2日(日) 井勉先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

2月9日(日) 熊谷匡晃先生・橋本貴幸先生 コラボセミナー 東京

2月11日(火・祝) 八木茂典先生・今屋健先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

2月16日(日) 村木孝行先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

3月8日(日) 財前知典先生 東京

3月15日(日) 成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

3月22日(日) 吉尾雅春先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月12日(日) 千葉慎一先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月19日(日) 財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

4月26日(日) 赤羽根良和先生 東京

5月17日(日) 園部俊晴 東京

6月7日(日) 千葉慎一先生・西中直也先生 コラボセミナー 東京

6月14日(日) 廣戸聡一先生 東京

6月28日(日) 赤羽根良和先生 東京

7月5日(日) 小野志操先生 東京

8月23日(日) 鈴木俊明先生 東京

8月30日(日) 成田崇矢先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

9月6日(日) 園部俊晴 東京

9月27日(日) 財前知典先生・園部俊晴 コラボセミナー 東京

10月4日(日) 成田崇矢先生 東京

10月25日(日) 赤羽根良和先生 東京

11月1日(日) 千葉慎一先生 東京

11月8日(日) 浅野昭裕先生 

11月15日(日) 財前知典先生

12月6日(日) 赤羽根良和先

12月13日(日) 園部俊晴 

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3446名(2019年7月7日時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 私の矢状面の体幹の理学療法の基盤となる考え方

  2. 頚部(首)が身体に与える影響

  3. 健康寿命に我々が関われること

  4. 必見!! 膝OAの簡単テーピング

  5. 超簡単! 多裂筋の筋緊張テクニック

  6. 膝OAの私の治療テクニック公開

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 先日、「治療9か月待ちのセラピストの評価と治療」の少人数実技セミナーを開催しました。このセミナーの特…
  2. 私の大好きな三浦知良選手が強く影響を受けた言葉「決して頂点に到達することはなく、常に学び続け…
  3. ここ数日で大きなイベントが2つありました。1つ目は、9月20日に…

Facebook

twitter

Instagram

  • 先日、子供にどうしてもイニエスタを見たいとせがまれて、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合を見に行きました。
チケットは今屋大先生のコネでもらいました。
今屋先生ありがとうございます。

イニエスタはだいぶ年取ったなとは思いますが、それでもやはり決定的なパスを何度も出していました。
試合は5対3と点の取り合いでフロンターレが勝ちました。
イニエスタ見れるし、ファンのフロンターレも勝つし、ゴールシーンがいっぱい見れたし、全てにおいて息子が大満足していました。
次の日大阪行きで、始発の新幹線に乗るので、ナイターを見るのはめちゃめちゃきついのです。
でも・・・
息子のめちゃくちゃ興奮する姿を見て、私もなんだか嬉しくなりました。(^_^;) #イニエスタ
#川崎フロンターレ
#ヴィッセル神戸
#決定的パス
#サッカー
#Jリーグ
  • 久しぶりに、ANAのプレミアムクラスに乗せさせて頂きました。(^_^)
手の込んだ機内食に感激です!
そのうち、母と妻にもプレミアムクラスを体験させたいんです。 
特に、母には近いうちに機会があれば、体験させてあげたいんです(^_^) #ANAプレミアムクラス
#機内食
  • 9月18日(火)にTVに出演します!! テレビ東京
「なないろ日和」
9月18日(火) 9:28~11:13
薬丸裕英さんと香坂みゆきさんの情報番組です。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nanairo/index.html

薬丸さん香坂さんと生出演です!
お時間ある方はご覧になってみてください。

フォロー

ページ上部へ戻る