menu
閉じる
  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!
閉じる
閉じる
  1. 伝説の理学療法士の治療概念を一部公開!
  2. 動作分析で陥りやすい過ち 後編
  3. 動作分析で陥りやすい過ち 前編
  4. 理学療法士である私が開業した理由
  5. その痛みは、外傷か、障害か?
  6. 自分の弱みを強みに変える!
  7. 膝が痛くなるエクササイズの特徴とは?
  8. インソールの本当の難しさとは?
  9. 脳卒中の巨匠!吉尾雅春先生との対談
  10. 皮膚の癒着や滑走障害を考える
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

トップアスリートのからだの特徴 その2

私の大好きな三浦知良選手が強く影響を受けた言葉

決して頂点に到達することはなく、常に学び続けるものだ

これ、クロアチアのゴラン・ユーリッチ選手の言葉だそうです。

 

めちゃくちゃ大切な言葉ですね!!!

 

 

 

さて、前回のブログで

トップアスリートのからだの特徴として、

意外とからだが硬いということをお伝えしました。

 

そして、このからだの硬さは、

「関節の硬さ」

「筋の硬さ」

「膜(皮膚や筋膜など)」

「可動域」

の4つに分けて私は考えていることもお伝えしました。

 

今回はこれらの意味を解説していきます。

 

 

まず、「関節の硬さ」とは、主に関節の遊びの量を意味しています。

これは可動域とは異なります。

 

例えば、膝が過伸展しても、関節の遊びは小さい人も、大きい人もいます。

 

逆に、膝窩が床に接せず膝が伸びていなくても、関節の遊びは小さい人も大きい人もいます。

 

つまり、関節の硬さと可動域はそれほど相関しないのです。

 

私は、関節の硬さは主に軟部組織の性質に依存していて、

可動域は主に構造に依存しているのだと考えています。

 

 

次に、「筋の硬さ」とは、筋の伸長性を意味しています。

いわゆる一般の人たちが「体が柔らかい」と表現するときは

この筋の硬さを意味しています。

 

関節が硬く、筋も硬い人はもちろんいますが、

関節は硬いけど、筋が柔らかい人もいます。

 

この人はどうだろうと確認することがやっぱり大切なんです。

 

 

そして、「膜(皮膚や筋膜など)」とは、触った時の身体を包んでいる膜の張り感を意味しています。

 

腸詰のウィンナーを考えてみてください。

中の肉が硬い場合も触った感じは硬くなりますし、

皮が張っている場合も触った感じは硬くなります。

 

私たち人間も同じで皮膚や筋膜が張っている場合も、

からだの硬さを構成する要因になります。

 

 

最後に、「可動域」とは、ROMの計測の角度を意味しています。

筋は柔らかくても、関節が柔らかくても、可動域が硬い人は結構います。

 

こうしたからだの硬さを構成する4つの要因をそれぞれ考察すると、

様々な発見が生まれてくると思いますよ(^-^)

 

 

さて、改めてこう言われてみると

臨床でも確かにこの4つは違うなと

感じた人が多いのではないでしょうか。

 

そして、4つの硬さのうち、

「関節の硬さ」については、

ほとんどのトップアスリートで硬いんです。

 

特に野球やサッカー、短距離走のように、

強いパワーとスピードを必要とする競技の選手は、

「関節も、筋も、膜も硬い」ことが多いんです。

筋が柔らかいこともありますが、

少なくとも「関節」と「膜」は硬いのです。

 

また、前回もお伝えしましたが、

バレリーナも関節は硬いといった意味が

より分かってもらえたでしょうか。

 

バレリーナを含め、トップダンサーに共通した特徴は、

「関節は硬く、筋は異常に柔らかく、可動域は異常に大きい」です。

 

つまり、関節が硬いからこそ、

グラグラしない安定した軸をつくれて、

なおかつ筋の柔軟性と可動域の大きさがあるからこそ、

しなやかに、そして大きく動けるのです。

 

さらに、私の師匠である入谷誠先生は

「箱根駅伝の山の神の一人は、

体前屈がマイナス30cmくらいだった」と言っていました。

 

この場合、「硬さを利用している」と考える方が妥当だと思いませんか(^-^)

おそらくこれをストレッチングして柔らかくしてはダメだと思いますよね。

 

だからこそ前回のブログでも強調しましたが、

硬いから柔らかくするという概念は、

痛みに対しては良いとしても、

パフォーマンスを上げることにつながるかどうかは「わからない」

ということなんです。

(もちろん、良い場合もあります)

 

 

また、こんなことも言えます。

それは日本を代表するようなトップアスリートでも、

意外とからだの異常があると言うことです。

 

例えば、体幹が曲がっている、首が曲がっている、膝が捻じれている、足が外転しているなど…

 

逆を言えば、そういった異常を見つけて、より良好なからだを作れるようにサポートすると必ず喜ばれます。

 

でもここからは良好とは?の概念が重要になりますよ(^_^)

 

 

いかがでしたか。

 

とても参考になる話だと思っています。

こうしたことは、たくさんのトップアスリートを診ないとわからない意見です。

そして、どこにも載っていない情報です。

 

だからこそ、これからもこのブログではどんどん有益な情報を発信していきますよ!

それでは次回も楽しみにしていてくださいね(^_^)

 

 

推薦セミナー

Zoomセミナー「歩行の診かた~基礎から臨床応用まで~」

◆講 師:財前知典先生
◆開催日:2020年 6月7日(日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、事前に収録した映像を配信します。

歩行を学ぶ上での最高講師、財前知典先生のZoomセミナーです。
歩行の基礎から臨床推論の検証方法および解釈、良い変化を引き出す方法について解説していただきます。
財前先生のセミナーでは、歩行の基礎から臨床展開まで通して理解できます。「自信を持って歩行分析が得意です」と言える、セラピストを目指しましょう!!一人でも多くの方に財前先生の「凄さ」を実感していただきたいと思いますので、是非この機会にご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200607.peatix.com

Zoomセミナー・ライブ「私が考える膝関節・足関節の理学療法」

◆講 師:赤羽根良和先生・園部俊晴
◆開催日:2020年 6月14日(日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

赤羽根先生は膝関節拘縮の見方と運動療法について、解剖・機能解剖を含めて、さらに新しい知見を踏まえて解説します。
園部は足部・足関節の理学療法を行う上で、組織学的および力学的な「評価」「治療」をご紹介し、理学療法をどのように展開するかについて解説します。
赤羽根先生とはよくコラボさせていただていますが、赤羽根先生の講演は何度聞いても新しい発見があります。それは、赤羽根先生が常に新しい情報を取り入れ、ご自身のグレードアップを繰り返しているからです。ご参加される方それぞれ、今回セミナーでの一番の発見を見付けてほしいです!きっと役に立つ1日になると思いますよ。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200614.peatix.com

Zoomセミナー「リハビリテーションに必要な顎関節の知識と臨床応用」

◆講 師:古泉貴章先生
◆開催日:2020年 6月21日(日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、事前に収録した映像を配信します。

今回は、顎関節の分野の第一人者である古泉先生に顎関節の基礎を中心に臨床的な展開まで講義していただきます。
顎関節セミナー自体は多くありませんが、顎関節が身体に大きな影響を及ぼしていることが分かると思います。是非ご参加ください!

【セミナー内容】
・顎関節の概要、解剖、運動学
顎関節の位置や実際にランドーマークや触診を通し、顎関節の解剖学的な知識、そして運動学を学び顎関節の基礎知識を身に付けてもらいます。

・顎関節の評価、臨床へのヒント
問診やアライメント評価のポイント、臨床場面でどの様に顎関節を応用していくかを学んでもらいます。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200621.peatix.com

Zoomセミナー・ライブ「エビデンスに基づく腰痛の評価と治療~どのように評価して、どう治すべきか~」

◆講 師:小野志操先生
◆開催日:2020年07月05日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

小野先生は、知識・技術・根拠のある医療、全てがバランスよく備わっていてすごいと感じる先生の1人です。どの分野を学んでも、他の講師にはない深い領域の知識と教養を与えてくれる先生だと思います。
今回は、腰痛という症状がどのように発生しているのか、画像所見から何を読み解くべきか、理学所見から疼痛発生要因をどう導くのかについてエビデンスを基に小野先生の見解を解説していただきます。腰痛治療の本質に迫る1日になります!是非ご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200705.peatix.com

Zoomセミナー・ライブ「エビデンスに基づくTHA・TKA術後リハビリテーションの実際~脱臼予防と可動域の改善について~」

◆講 師:小野志操先生
◆開催日:2020年07月12日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

2週連続で小野先生によるセミナーを開催します。
TKAとTHAの治療において最高峰の知識と技術を有する先生のセミナーにぜひご参加ください。今後の礎になると思いますよ。

【セミナー内容】
治療のターゲットはどの軟部組織なのか、どの時期から如何に可動域を拡大していくのかが大切です。本セミナーではこれらの点に着目して、THAに至る変形性股関節症の一次性と二次性の特徴について解説した上で、脱臼を予防する上で必要な解剖とX線画像の見方について解説していただきます。TKAに至る内反型変形性膝関節症の特徴と軟部組織バランスの術後変化について解説した上で、TKA術後運動療法におけるターゲットと運動療法の考え方について説明します。我々療法士が臨床で遭遇する問題点について過不足なくお話させていただきます。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200712.peatix.com

Zoomセミナー・ライブ「膝と足の理学療法 評価の戦略と治療」

◆講 師:工藤慎太郎先生
◆開催日:2020年07月19日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

工藤先生は研究者として、臨床家として、真に運動器を追求している臨床家のお一人です。
大学教員でありながら、臨床に対する熱意が非常に強く、多角的に物事を捉えることができる素晴らしい先生だと思います。
昨年ご登壇してくださった後のアンケートでは、大変ご好評をいただき、また開催して欲しいとの声をたくさんいただきました。そのご要望にお応えして今年も企画し、工藤先生にご快諾いただきました!是非この機会にご参加ください。

[セミナー内容]
・評価の総論と膝関節機能
・足部・足関節の機能障害と徒手療法のポイント

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200719.peatix.com

Zoomセミナー・ライブ「予防運動療法の考え方~アライメント評価から症状の原因を紐解く~」

◆講 師:中村尚人先生
◆開催日:2020年07月26日 (日)

自宅でもセミナーにご参加いただけます!
※ウェビナーツール「Zoom」を使って、リアルタイムで配信します。

中村尚人先生は、ピラティスやヨガとリハビリの分野を融合したパイオニアであり、起業家でもあります。中村先生の社会貢献に対する考え方は共感でき、尊敬しています。また、かっこいいですよね!
今回は、アライメントの評価方法とそこから紐解く障害、症状の発生メカニズムを解説し、実践を通して、予防運動療法を行う基礎を解説していただきます。ぜひご参加ください。

応募はこちらから
↓ ↓ ↓
https://ugoitalab20200726.peatix.com

その他の園部企画の講演・セミナー

※新型コロナウイルスの影響により、現在会場セミナーは中止しております。
Zoomセミナーは詳細が決まり次第、掲載していきます。

メール講座・メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:3446名(2019年7月7日時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

関連記事

  1. 膝蓋下脂肪体が硬い人の特徴

  2. 必見!! 膝OAの簡単テーピング

  3. 入谷式インソールとは

  4. 動作分析で陥りやすい過ち 前編

  5. その痛みは、外傷か、障害か?

  6. 仙腸関節由来の股関節痛について

おすすめ記事

  1. 林典雄先生監修!赤羽根良和執筆! ついに登場!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 5月17日のyoutubeライブセミナーが無事終わりました。なんと1000名参加の業界最大規…
  2. 先週の「母の日」は、家の前に花屋さんがあり、娘と一緒にカーネーションを買ってきました。園部家…
  3. 先日、51歳になってしまいました。(◎_◎;)誕生日は、いつも家族が祝ってくれます。…

Facebook

twitter

Instagram

  • ★公開! 『入谷誠の理学療法』のあとがき★
いよいよ今月末に入谷誠の書籍が発売です!!
facebookの読者に私が執筆した「あとがき」を公開しています。
是非、facebookをご覧下さい。

#入谷誠
#最後の書
#入谷誠の理学療法
#あとがき
#facebook
#5月31日
#運動と医学の出版社
  • 連休があけ、この10日ほどは執筆、編集、臨床、セミナー、会社のマーケティング改革、撮影・リハーサルなど、激務の連続です(◎_◎;) 気づくと、 先週は1番の楽しみの1つである少年ジャンプを読む時間がありませんでした。
こういう働き方は良くないですね・・・
社長の会で、これまでたくさんの経営者と話してきましたが、みんなこういったジレンマに陥ります。
私は常に「働き者でいたい!」という気持ちが強いのですが、
その中でも何かを見失わないようにしないといけませんね。 
焦らず、たゆまず、おこたらず、少しずつ働き方も改善していきます。

#連休明け
#相変わらず忙しい
#少年ジャンプ
#何かを見失わないように
  • 餃子パーティ
日曜日のyoutubeライブセミナーは、子供たちも見てくれたんです。
その日に、臨床の弟子でもある長男が、お父さんのお疲れさま会をしようと提案してくれて、子供たちふたりが協力して「餃子」をたくさん作ってくれ、家族で餃子パーティーをしました。 
ご覧の通り、不細工な餃子ですが、私にはこの世で1番おいしい餃子です! 
家族ってよいですね(^_^)v

#餃子パーティー 
#ライブセミナーの日に
#この世で一番美味しい

フォロー

ページ上部へ戻る