menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 成長過程の重要性
  2. 腰の伸展痛について
  3. 診断名だけで治療をしていませんか?
  4. そこが知りたい!「園部社長の解説TV」開設
  5. 今年もやります!林典雄先生のセミナー
  6. こんなもんかな・・・。
  7. 第2回 臨床に役立つ治療技術集会!のお知らせ
  8. 可動域を改善することの意義
  9. 新年、あけましておめでとうございます。
  10. 今年1年を振り返って2017
閉じる

理学療法士園部俊晴のブログ

成長過程の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、プロゴルファーの川岸史果選手がコンディション・ラボに来てくれました。
昨年、優勝してかなり有名になりましたが、素直な話し方やひたむきな感じは変わりません。
今回は自身のカレンダーを持参頂きました。
今回はお互い納得する動きが作れたので、今年の活躍が楽しみです(^_^)

 

さて、今回は、うれしいお知らせがあります。

 

メルマガ登録者がなんと2000名を越えました!

 

私のメール講座も、2,000名以上の方に学んで頂けると思うと、身が引き締まります。

 

今後も改定を続けながら、『良質な情報を伝えられる講座』に育てていきたいと思っております。

 

今回はメルマガ登録2000名越えを記念して、とても重要な記事をご紹介します(ちょっと長いですが、最後まで読んで見てください)。

 

それは・・・

成長過程の重要性です。

 

臨床に限らず、仕事、趣味、日常生活など様々な分野において、人間の成長過程を理解しておくことは極めて重要なことであると私は考えています。

 

「何が適正な成長過程であるのか」を考えることは、成長のための近道であり、自身が望む臨床家に成長するために重要なことだということができます

 

ここで・・・、

一旦寄り道をさせて頂き、ルービックキューブの話をさせてください。

 

ルービックキューブは日本でも40年ほど前から爆発的にヒットし、世界中で数億人の人が行った遊びです。

 

私が子供の頃も、ルービックキューブが流行り、クラスの男子は全員ルービックキューブ持っていました。

 

そして、6面を達成できる人はその地域でヒーローだったのをよく覚えています。

 

そんな世界的ヒットを遂げたルービックキューブですが、日本では1981年に第1回全日本大会が開催されました。

 

当時の優勝者の6面達成時間は、52.3秒(3回の平均)であったそうです。

 

おそらく、日本中でも1分以内に6面を達成する人はほんの一握りの人しかいなかったのだと推測されます。

 

そして、翌年の1982年には世界大会も開催されるようになり、世界で数億人もの人が行う遊びは、徐々に発展を遂げました。

 

その攻略法や練習方法などが分かってきて、6面達成がかなり容易にできるようになっていったのです。

 

さて、現在の世界大会がどのくらいの時間で6面達成を競い合っているのでしょうか。なんと、10を切る時間で競い合っているというのです。

 

ボルトより早い・・・・!

 

偶然にも私の患者様にルービックキューブの元世界チャンピオンがいます。

 

私はふと彼にこんな質問をしてみました。「あなたが直接指導すれば、普通の人はどのくらいの期間で6面が達成できるようになりますか?」

 

この質問に対し、彼はこう答えたのです。「私が直接指導すれば、どの人でも3日間で6面を達成できるようになると思います。しかも、1分以内で・・・。」

 

彼からこの答えを聞いたとき、気付いたんです・・・。

 

多くの分野において、持って生まれた能力より、成長過程の方が重要であることを私は確信しました

 

6面を1分以内で達成することは、第1回の全日本大会が開催された当時、日本中で一握りの人しかできなかったことです。

 

しかし、それが適正な成長過程を辿ることでわずか3日間の練習によって、しかも、普通の能力の人が達成できるのです。

 

おそらく、第1回全日本大会に出場した選手は、ルービックキューブに関しては選りすぐりの能力を持っていた人達であり、そして、大会に向け一日数時間もの練習を繰り返していたと予測されます。

 

しかし、現在では普通の能力の人が3日間の練習で達成できるのです。

 

これは、人間が持って生まれた能力より成長過程の方がはるかに重要であることを証明していると私は考えています。

 

こうしたことは、ルービックキューブだけでなく、様々な分野で確かに肯ける事実があります。

 

例えば、スポーツの分野を例に挙げると、水泳では数十年前のオリンピックの金メダリストの記録を、現在では小学生が上回っています

 

数十年前の金メダリストの記録は、世界最高峰の身体能力を持った人が厳しい練習を繰り返して達成したものです。

 

しかし、長い年月の中で水泳の技術や理論は発展し、現在、その世界記録は現在の適正な成長過程を辿った小学生にも及ばないのです

 

その他にも学術の分野を例に挙げると、読む速度は一流大学に進学するレベルでも1分間に2000文字程度です。

 

しかし、適正な練習を行えば、わずか1週間程度の練習によって1分間に10000文字を読むレベルに達することができるといわれます(私も速読を行うようになって読むスピードがかなり早くなりました(^_^))。

 

こうした例をみても、適正な成長過程を辿ることがいかに重要であるかを理解することができます。 

 

こうしたことから、臨床家においても年々成長していくためには、まず適正な成長過程に入ることが極めて重要であると考えるようになりました。

 

私の場合、「体幹機能」「運動連鎖」「皮膚の運動学」を理解してから自身の臨床の力が何倍にも膨れ上がっていくことを感じることができました

 

そして、これを基盤として様々な治療を展開していき、実践を積み重ねていくことが適正な成長過程と今は感じています

 

理学療法の分野も専門領域が細分化され、その成長過程は分野によって異なると思います。

 

各々の分野における成長過程のレールに乗った上で、実践を繰り返すことで効果的な成長が得られるのだと思います。

 

追伸

速読の技術の習得は、人生において生涯とても役立つ技術になると思います。

私が読んだ速読の書籍について下記に紹介いたします。

 

だから速読できへんねん! ~脳のブレーキを解き放て~

http://amzn.to/2E5d17K

あなたもいままでの10倍速く本が読める

http://amzn.to/2nuC6yi

頭の回路が変わる1冊10分の速読法

http://amzn.to/2E5dXZO

 

40歳からの人生を変える1日10分速読勉強法

http://amzn.to/2nxbQ6m

 

 

 

追伸

このブログのメルマガ登録をすると下記の情報をお知らせします

■力学的推論を理解するためのメール講座
このメール講座では49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。

登録はこちらから

→ http://pt-sonobe.com/mail-lecture

私の考える脳卒中の理学療法

1.PNFを用いた脳卒中患者の評価と治療(松田現先生)

2.効果的な理学療法の実現(佐藤房郎先生)

日時:平成30年3月4日(日)東京

【園部からの推薦文】:
脳卒中を学ぶのに、信頼できる最高の2人の先生をお招きしました。
この2人のトップランナーの脳卒中の講演を1日で同時に学べる機会はまずありません。最高のセラピストが、脳卒中を「どのように捉え」そして「どのように治療に展開しているのか」、そういったことを学んでおくことは全ての治療においてとても重要です!

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://youtu.be/CorsnIbwbvE

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180304cva2/

日常行動における動作戦略としての4スタンス理論と障害について(廣戸聡一先生)

日時:平成30年3月11日(日)東京

【園部からの推薦文】:
この人は本物の怪物です。
私は4スタンス理論をリハビリの分野を・・・、必ず融合させたいと思っています。そのくらい臨床的にあまりに意義のある概念です。先入観を持たず、廣戸先生の話を一度は聞いて下さい。これまでの概念が一変するような、度肝抜かれる理論と技術であることがわかります。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
→ https://youtu.be/klvPLFnnT_M

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180311hiroto/

 

『腰痛症に対する多面的考察と筋の連動性を用いた臨床アプローチ(川井筋系帯療法を応用したアプローチ)

日時:平成29年3月21日(祝)東京
【園部からの推薦文】:
今回は川井筋系帯療法治療センター院長の川井太郎先生をお招きします。我々の業界において、筋のアプローチをできることはとても重要な技術になります。しかもその技術は複数習得しておくとさらに印象に行かしやすくなります。そういった意味で、川井筋系帯療法は、科学的理論に立脚しながら従来の西洋医学や一般的な常識にはとらわれず、斬新な着想と方法で研究と実践を積み重ねております。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演です。是非、ご参加下さい。

応募はこちらから
→ http://undouki.com/2017/11/20180321kawai/

 

慢性腰痛に対する機能解剖学的運動療法(林 典雄 先生)

日時:平成30年3月31日(土)東京・発明会館(公式サイト )(アクセス )(MAP )
【園部からの推薦文】:
今年は林典雄先生に慢性腰痛に関するセミナーをお願いしました。
林先生のセミナーは、豊かな経験と確かな技術に裏打ちされた仮説検証の流れがあります。
画像上(レントゲン・MRI)で疼痛の原因が特定できない腰痛は非特異的腰痛と呼ばれ、腰痛患者のほとんどはこれに属します。画像に写らない以上は、画像以外の所見をしっかり評価して解釈することが大切です。また、静止画では見えない病態が、動画とすることで見えてくる病態もあります。だから、非特異的腰痛に対する運動療法は、腰痛のタイプを分類するための評価が治療技術の精度と同じくらい大切です。腰痛の出所が分かれば、選択すべき運動療法も必然的に決まります。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/othvs8ueb9w

応募はこちらから
http://motion-medical.co.jp/?pid=127202760

 

歩行の診方と変化のさせ方(財前知典先生)

日時:平成29年4月14日(土)東京

【園部からの推薦文】:
理学療法を行う上で「歩行」を対象とする機会は非常に多いです。評価においては歩行分析を行うことによって様々な身体機能的情報を得ることができ、臨床推論に基づいた理学療法効果の判定としても使用することができます。今回の講義では歩行の基礎から臨床推論の検証方法および理学療法アプローチについて解説して頂きます。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/ZkSC40lCYnY
応募はこちらから
http://motion-medical.co.jp/?pid=127637953

 

中高齢者の整形外科疾患に対する機能解剖学的運動療法(八木茂典先生)

日時:2018年4月30日(月・祝)東京 発明会館
【園部からの推薦文】
整形外科疾患の理学療法において、もっとも対象者が多いのは中高齢者です。今回は本物の理学療法士八木茂典先生をお招きし、中高齢者に多い変形性膝関節症、五十肩、腱板断裂などの疾患について評価と治療戦略について、八木先生の視点で鋭く解説いただきます。
高齢化社会の現代において、必ず役立つ講演になると思います。

まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://youtu.be/aSojD8xmh3U
応募はこちらから
http://undouki.com/2018/01/20180430yagiseminer/

 

エビデンスに基づくTHA・TKA術後運動療法の実際(小野志操先生)

日時:2018年5月12日(土)川崎市産業振興会館
【園部からの推薦文】
運動器疾患の術後リハビリで、最も多いのはTHAとTKAです。このためこの2つのより深い知識を有しておく事は絶対に必要です。今回は人工関節の精通する小野志操先生をお招きし、THAとTKAの臨床上重要な知識とリハビリのポイントについてエビデンスをに基づいて説明いただきます。THAの脱臼予防や、TKA術後の可動域の改善など、治療のターゲットはどの軟部組織なのか、どの時期から如何に可動域を拡大していくのかがお分かり頂けると思います。我々療法士が臨床で遭遇する問題点について過不足なくお話をしてもらいます。明日からの臨床に役立つ、当研究会自信を持って推奨できる講演ですので、是非、ご参加下さい。
まずはこの映像を見て下さい。(園部解説!)
https://www.youtube.com/watch?v=TxsfOgI26ds
応募はこちらから
http://undouki.com/2018/01/20180512onozagaku/

 

その他の園部企画の講演・セミナー

下記の講演・セミナーは開催3-4ヶ月前から随時応募を開始していきます。是非、ご参加下さい。

4月14日(土) 財前知典先生 歩行の見方と改善方法 東京・共和会館

 

4月30日(祝) 八木茂典先生 中高齢者の整形外科疾患(変形性膝関節症、五十肩、腱板断裂、その他) 東京・発明会館

 

5月12日(土) 小野志操先生 エビデンスに基づくTHATK A術後リハビリテーションの実際 川崎・産業振興会館

 

6月3日(日) 財前知典先生・園部俊晴先生コラボセミナー 「私の考える体幹の理学療法」東京・発明会館

 

6月9日(土) 阿部浩明先生 リハビリテーションに活かす脳画像の見方(基礎編)東京・日本印刷会館

 

6月10日(日) 阿部浩明先生 リハビリテーションに活かす脳画像の見方(応用編)東京・日本印刷会館

 

6月24日 千葉慎一先生 肩関節の理学療法 東京(会場未定)

 

7月22日(日) 工藤慎太郎 先生 タイトル未定 発明会館

 

8月5日(日) 赤羽根良和先生、園部俊晴先生コラボセミナー 「私の考える膝関節・足関節の理学療法」 東京・発明会館

 

9月8日(土) 木俊明先生 体幹の運動療法 東京・発明会館

 

9月29日(土) 成田崇矢先生・園部俊晴先生コラボセミナー  「私の考える腰痛の理学療法」 川崎・産業振興会館

 

10月6日(土)まだ未定     川崎・産業振興会館

 

10月7日(日) 山本伸一先生 タイトル未定 川崎・産業振興会館

 

10月21日(日)赤羽根良和先生 タイトル未定  川崎・産業振興会館

 

11月3日(祝) 赤羽根良和先生 肩関節の理学療法 東京・損保会館

 

11月11日(日) 山田英司先生 変形性膝関節症の理学療法 東京・会場未定

 

12月16日(日) 赤羽根良和先生、園部俊晴先生コラボセミナー 「私の考える膝関節・足関節の理学療法」 東京・会場未定

 

2019年

1月13日(日) 木茂典・園部俊晴・今屋健 夢のコラボセミナ 膝関節の理学療法(スポーツ・変形性膝関節症・力学) 多摩市民館

メールマガジンの登録

メルマガ登録すると下記の情報をお知らせします(現在までの登録者数:2006名(2018.2.4時点))

■力学的推論を理解するためのメール講座(無料)
このメール講座では全49回に渡って力学的推論を理解するための基本的な知識をステップ形式でお伝えします。
後半にいくほど面白い内容が待ってますよ(^_^)

全49回の内容はコチラ

※ 全49回の講座のうち、とても重要な講座の一例を下記に公開します。絶対参考になりますので、是非、ご覧ください。
 メール講座第16回 → https://www.youtube.com/watch?v=xLqqbMH5F8A

 

■臨床に役立つリアルな情報メール
このメールでは下記の情報をお伝えします。
・ブログ更新のお知らせ
・ メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
・ ブログで紹介する臨床より、その先の説明(映像解説など)。
・ ブログでは書けないその先のとっておき内容

登録はこちらから

メールマガジン登録

*お名前(姓・名)  
*メールアドレス
*都道府県
*所属

なお、メールマガジンに登録していただいた方には「無料レポート:脊柱弯曲の決定因子について」をお送りいたします。

メールマガジンが届かない場合

<メールマガジンに登録したがメールが何も届かない場合>

まずは迷惑メールフォルダをご確認ください。

Gmail などのフリーメールアドレスでは迷惑メールと判断される場合があります。
お手数ですが、今一度迷惑メールフォルダをご確認ください。

もし迷惑メールにも見当たらない場合は
登録されたメールアドレスが間違っている場合があります。

<携帯キャリアのメールアドレスを登録した場合>

携帯電話会社のメールアドレスはドメイン設定をしていただく必要がある場合があります。

master@voice-ex.com

からメルマガが届きますので、
下記のサイトを参考にドメイン設定をお願い致します。

【Docomo】
Docomoの迷惑メール設定方法

【AU】
AUの迷惑メール設定方法

【Softbank】
Softbankの迷惑メール設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 『考え方』×『力量』×『熱意』

  2. 新年、あけましておめでとうございます。

  3. 力学を学ぶ上で最高に良いものができました!

  4. 新たなスタートから1週間が立ちました!

  5. すごい臨床家が狙う3つの身体部位

  6. 本当に死ぬかもしれないと真剣に思った出来事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 先日、プロゴルファーの川岸史果選手がコンディション・ラボに来てくれました。昨…
  2. あの文京学院大学教授の福井勉先生が、先日出版した荒木茂先生の書籍に下記のコメントをfacebookに…
  3. さて今回は、毎日の臨床を行うにあたり、とても大切な概念を話したいと思います。通常、医療機関で…
ページ上部へ戻る